スクランブルエッグの作り方・アレンジレシピまとめ!【簡単にふわふわ】

皆に愛されている卵料理であるスクランブルエッグは、朝食の定番ともいえるメニューです。作り方は、簡単ですが、そのスクランブルエッグをさらに美味しくするための作り方があります。そんなスクランブルエッグの作り方やオリジナルレシピなどのさまざまなレシピを総まとめです。

スクランブルエッグの作り方・アレンジレシピまとめ!【簡単にふわふわ】

目次

  1. 1日のスタートはスクランブルエッグで!
  2. スクランブルエッグの豆知識
  3. スクランブルエッグが人気の理由って?
  4. スクランブルエッグでよくある失敗は?
  5. スクランブルエッグの栄養価は?
  6. スクランブルエッグの作り方のコツ
  7. ふわふわスクランブルエッグの簡単な作り方レシピ
  8. ふわふわ簡単スクランブルエッグの作り方をちょっと一工夫!
  9. ふわふわスクランブルエッグの作り方レシピ【生クリーム編】
  10. ふわふわスクランブルエッグの作り方レシピ【マヨネーズ編】
  11. ふわふわスクランブルエッグの作り方レシピ【チーズ編】
  12. ふわふわスクランブルエッグの作り方レシピ【ヨーグルト編】
  13. フライパンいらず!?スクランブルエッグ超簡単作り方レシピ
  14. 暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【パン編】
  15. 暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【ご飯編】
  16. 暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【野菜編】
  17. 暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【サラダ編】
  18. 暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【和風編】
  19. 暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【世界編】
  20. まとめ【スクランブルエッグを朝のお供に色んな味を楽しもう!】

1日のスタートはスクランブルエッグで!

暮らしの中で、卵は栄養価が高くて、欠かすことのできない、誰もが大好きな食材の1つです。その中でもスクランブルエッグは、簡単に作れてなおかつ美味しいメニューです。今回は、そんなスクランブルエッグの作り方レシピをたくさんご紹介します。

朝ごはんの卵料理レシピまとめ!定番の和食からアレンジ料理まで紹介!

スクランブルエッグの豆知識

まずは、作り方レシピに行く前に、スクランブルエッグの豆知識からご紹介します。なかなかこういう機会もないと思うので、よかったらレシピの前に一緒に見ていきましょう。

スクランブルエッグとは?

スクランブルエッグは、卵と塩、コショウなどので味付けしたものをフライパンでかき混ぜた料理です。世界の定番メニューでもあり、暮らしの中にも馴染んで忙しい朝にも簡単に作れるので大人気です。

「スクランブルエッグ」と「炒り卵」との違いは?

まずスクランブルエッグは、使用する材料は似ていますが、作り方が少し違います。油を使い、半熟の状態で仕上げます。一方で、炒り卵は油を使用せず端でパラパラとバラしながら仕上げていくのが特徴です。どちらも作り方は簡単ですが、「ふわふわ」か「ほろほろ」かで大きな違いがあります。

スクランブルエッグが人気の理由って?

毎日の暮らしの中で大人気料理となっているスクランブルエッグは、なぜこんなにも人気となっているのでしょうか?その理由は、シンプルさとその味にあるようです。

人気の理由①【簡単に作れる】

先程もお話ししたように、スクランブルエッグは忙しい朝や食べたいと思った時に簡単に作れる時短料理です。簡単に作れるということは、作り方も簡単だということです。さらに、美味しいときたら人気になるのもわかります。

人気の理由②【何度食べても飽きない】

どんな料理も何度か食べていると飽きてくることがあります。それにも関わらず、食べ飽きないどころかまた次の日も食べたくなってしまうようなとこ良い意味で中毒性があるところも、スクランブルエッグの魅力です。

人気の理由③シンプルな食材で美味しく出来る

スクランブルエッグの材料は、卵、牛乳、塩こしょうの4つの材料で出来ます。作り方が簡単な理由の1つですが、時にシンプルなものの方が素材の味がケンカをせず、引き立って美味しいということがあります。

スクランブルエッグでよくある失敗は?

スクランブルエッグを作る時に、失敗した事はありますか?次は、スクランブルエッグを作る時によくある失敗例をご紹介していきます。

失敗例①【ぐちゃぐちゃになる】

スクランブルエッグの特徴は、大きくてなめらかな感じがあります。それが料理をしていくとぐちゃぐちゃ、べちゃべちゃになってしまうという失敗が多いようです。

失敗例②【焦げてしまう】

スクランブルエッグを作る時、火加減の調節が難しかったり、強すぎたりして焦げ付いたしまったことはありませんか?全てを均一にしようと思ったら、料理中の火加減の調節がポイントになってくるのです。

失敗例③【変な塊が出来る】

スクランブルエッグに変な塊が出来てしまうのは、先ほどの火加減も関係して来ますが、卵を解きほぐす時に、細かくかきまぜすぎるということも失敗をしてしまう原因の1つとしてあげられます。

スクランブルエッグの栄養価は?

ここで、スクランブルエッグを栄養面から見ていく事にしましょう。スクランブルエッグの主役と言えば、卵になります。実は、この卵の栄養価から見てもとても万能な食材です。

卵の栄養価は?

卵は、手に収まるくらいの小さな大きさです。しかし、その中には、食物繊維以外の栄養素がたっぷり含まれていると言われています。主な栄養素としては、タンパク質、脂質、ミネラル類、ビタミン類、カルシウムなどが配合されています。そのため、卵は健康だけでなく、美容にも最適の食材です。

スクランブルエッグの作り方のコツ

スクランブルエッグは暮らしの中でも欠かすことの出来ない料理です。そんな暮らしの中の定番になっているスクランブルエッグを簡単にふわふわに作るための作り方のポイントがいくつかあります。それをご紹介してから、スクランブルエッグの作り方レシピに進んでいきましょう。

作り方のコツ①泡立て器かフォークで

卵をかき混ぜる時に泡立て器かフォークを使うようにします。お箸でも混ぜることが出来ますが、泡立て器かフォークで混ぜた方がダマが少なくてしっかり混ぜる事が出来ます。

作り方のコツ②調理する時は外から内へ

スクランブルエッグを作る際、フライパンに卵を流し入れたら、ぐちゃぐちゃをかき混ぜるのではなく、ヘラなどを使って外から内へゆっくり寄せるように火を通しましょう。

作り方コツ③余熱で調理

全体的に火が通ったら、最後は余熱で仕上げます。これも焦げるという失敗を防ぐポイントになります。卵は、余熱でも十分に固まってくれるので大丈夫です。

ふわふわスクランブルエッグの簡単な作り方レシピ

お待たせしました。いよいよスクランブルエッグのふわふわに作る簡単な作り方のレシピをお届けしていきます。ふわふわで優しい味がどこか安心感をくれる暮らしの定番メニューの作り方、早速スタートです。

作り方レシピ①【ポイントは…牛乳】

卵2個、塩こしょう、バター適量、牛乳大さじ2と1/2、ボウルに卵を割り入れて、牛乳と塩こしょうを加えてフォークか泡立て器を使ってかき混ぜます。牛乳を少し多く加えるのがポイントです。フライパンにバターを引いたら、バターが溶け切る直前に卵を加えて、ゴムベラで外から内へと寄せながら火を通します。お皿に盛りつけたら完成です。

作り方レシピ②【ポイントは…コーヒーフレッシュ】

卵3個、コーヒーフレッシュ3個、バター10g、塩こしょう少々、冷たいままのフライパンにコショウ以外の材料を全て入れて泡立て器で混ぜます。弱火にフライパンをかけて、ゴムベラで混ぜてとろみがついてきたら時々火から下ろしながら混ぜていきます。とろみがついて来たら完成です。

ふわふわ簡単スクランブルエッグの作り方をちょっと一工夫!

スクランブルエッグをふわふわにするアイテムは、先ほどご紹介した牛乳とコーヒーフレッシュ以外にも4つあります。味は、変わりますがまた違った風味のスクランブルエッグが楽しめます。

アイテム①【生クリーム】

生クリームは、お菓子作りのレシピの中でも欠かせないアイテムです。その原料は、乳脂肪でその比率は、18%以上で余分な添加物が入っていないものを定義されています。スクランブルエッグに、生クリームを入れる事でコクがアップします。

アイテム②【マヨネーズ】

マヨーネーズは、食用油、酢、卵黄などを原料とした半固体のドレッシングです。サラダなどの料理や私たちの暮らしの中でも欠かせない調味料です。マヨネーズの中には、塩分も入っているので、スクランブルエッグを作る時にも、塩は不要です。マヨネーズは、コクが出ますが、生クリームとは違い、少しメリハリのある風味が出ます。

アイテム③【チーズ】

チーズは、牛乳を発酵させて作られるアイテムです。牛乳に乳酸菌と凝乳酵素を加えて固まらせて、ホエイの一部を取り除き、そこから発酵、熟成を重ねてチーズは出来上がります。スクランブルエッグにチーズを入れることでコクを食感の違いが生まれます。

アイテム④【ヨーグルト】

ヨーグルトは、牛乳を原料にした発酵食品です。ヨーグルトのルーツは、数千年前に遡るほど古くから愛されている食べ物です。栄養価も高く、健康食品としても人気です。それをスクランブルエッグに入れるとコクとふわふわ感もアップします。

ふわふわスクランブルエッグの作り方レシピ【生クリーム編】

今までスクランブルエッグのプラスαの食材をご紹介してきました。次は、その食材を使ってふわふわのスクランブルエッグを作る料理レシピをお届けします。まず1つめは、生クリームを使ったスクランブルエッグの料理レシピです。

生クリームを使った作り方レシピ

卵(M)2個、生クリーム50g、塩2g、バター10g、卵をほぐして生クリームと塩1つまみ〜2つまみを混ぜ合わせます。バターを中火で熱して溶かしたら、卵液を入れて底が固まってきたら、ヘラで外から内へ引き寄せるように加熱します。

コツは、ひだを寄せるように行う事です。最初は、固まるのが遅いですが、だんだん早くなってきます。早くなってきたら火から下ろして完成です。

ふわふわスクランブルエッグの作り方レシピ【マヨネーズ編】

2つめは、マヨネーズを使ったふわふわのスクランブルエッグの料理レシピです。

マヨネーズを使った作り方レシピ

卵2個、マヨネーズ30g、牛乳大さじ2、バター適量、ボウルにバター以外の材料を入れて、混ぜ合わせます。泡立て器かフォークで混ぜ合わせたらバターをフライパンに引いたら、卵液を注ぎ入れましょう。お好みの固さまで、火を通したら完成です。

ふわふわスクランブルエッグの作り方レシピ【チーズ編】

3つめは、チーズをスクランブルエッグに加えた料理レシピです。チーズを加えるだけでスクランブルエッグだけでなく、暮らしでなじみのある料理にも幅やコクが広がります。

チーズを使った作り方レシピ

バター5g、卵1個、牛乳大さじ1、ピザ用チーズ10g、塩ひとつまみ、砂糖小さじ1/2、ボウルに卵を割り入れてほぐしたら牛乳とピザ用チーズ、塩、砂糖を加えてよく混ぜます。フライパンにバターを引いて、バターが溶けたら卵液を手早く流し入れてゆっくりかき混ぜながら固まるのを待ちます。外から内に混ぜるように料理したら完成です。

ふわふわスクランブルエッグの作り方レシピ【ヨーグルト編】

最後は、ヨーグルトを使ったふわふわのスクランブルエッグの料理レシピです。簡単になおかつふわふわとしたスクランブルエッグ独特の食感を実感してみて下さい。

ヨーグルトを使った作り方レシピ

卵2個、ヨーグルト大さじ1、マヨネーズ少々、塩こしょう少々、バターorマーガリン適量、ボウルにバタ−以外の材料を全て入れてかき混ぜて、フライパンを火にかけてパターorマーガリンを溶かしてから卵液を一気に加えます。大きくかき混ぜながら、弱火にしてこ好みの固さになったら完成です。

フライパンいらず!?スクランブルエッグ超簡単作り方レシピ

スクランブルエッグを料理する時の道具と言えば、フライパンが連想されますが、スクランブルエッグは、フライパンがなくても作る事が出来ます。それも暮らしで馴染みのある道具を使うだけです。

作り方レシピ①レンジで作るスクランブルエッグ

卵1個、ピザチーズ大さじ1、マヨネーズ大さじ1、塩こしょう少々、材料は全てマグカップに入れて、フォークで混ぜ合わせます。200wのレンジで1分ほど加熱して、ふわふわと盛り上がってきたら、取り出してフォークでほぐします。

作り方レシピ②湯煎で作るスクランブルエッグ

卵2個、牛乳大さじ1、バター10g、マヨネーズ大さじ1、塩こしょうお好みで、小さめの鍋にお湯を溜めたら鍋におさまるくらいの耐熱ボウルを用意して、ボウルにバターを入れて、湯煎で溶かします。

別のボウルに卵黄を1つだけ省いた卵と牛乳、マヨネーズを泡立て器で混ぜたら、それをバターを引いたボウルに入れ、湯煎にかけながら混ぜます。トロトロしてきたら卵黄と塩こしょうを一緒に混ぜたら完成です。

暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【パン編】

スクランブルエッグは、そのままでも美味しいですが、いつもスクランブルエッグの同じメニューだと飽きてしまうのも正直な所です。ここからは、スクランブルエッグを活かした美味しいオリジナルレシピをご紹介します。

レシピ①ベーコン&チーズ入りスクランブルエッグトースト

材料…食パン2枚、とろけるスライスチーズ2枚、卵3個、牛乳少々、ペーコン1パック、バター少々、塩こしょう少々

作り方

ブラックペッパーとケチャップお好みで、パンをトーストにし、ボウルに卵を割ほぐして牛乳と細かくしたベーコンを入れて、塩こしょうしたら軽くかき混ぜます。バターを敷いたフライパンに卵液を入れ、あまり混ぜすぎないようにスクランブルエッグを作ります。

トーストの上にスライスチーズとスクランブルエッグを乗せ、ケチャップブラックペッパーをかけて完成です。

レシピ②アボカドとスクランブルエッグのトースト

食パン2枚、ココナッツオイル適量、アボカド1個、レモン汁少々、卵2個、牛乳大さじ2、塩こしょう少々、マヨネーズ小さじ1、ココナッツオイル大さじ2

作り方

卵、牛乳、塩こしょう、マヨネーズをボウルに入れて、混ぜ合わせます。熱したフライパンにココナッツオイルを入れて、卵液を流し入れ、周りが固まってきたら大きくかき混ぜ、火が通る前にお皿に取り出します。おボカドの皮をむいてスライスしたらレモン汁をかけておきます。

トーストにココナッツオイルを塗ってアボカド、スクランブルエッグを乗せて、マヨネーズや塩こしょうをかけて完成です。

レシピ③スクランブルエッグとキュウリのサンドイッチ

食パン3枚、卵2個、きゅうり1本、マヨネーズ大さじ3、粒マスタード小さじ1〜1と1/2、塩こしょう少々、砂糖小さじ2、マヨネーズ大さじ1、バター10g、塩&マヨネーズ&こしょう(全てきゅうり味付け用)

作り方

卵をボウルに溶きほぐして、塩こしょう、砂糖、マヨネーズを入れて混ぜ、バターを敷いたフライパンでスクランブルエッグを作ります。すぐに、スクランブルエッグを茶碗に入れて、しっかり押さえこみ、ラップをし500w20秒加熱します。キッチンペーパーにひっくり返して、形を整えて冷まします。

きゅうりを輪切りにして、塩もみして軽く絞り、マヨネーズと塩こしょうで味を整えます。パンに塗るソースもマヨネーズと粒マスタードを混ぜて作り、パンに塗ったらスクランブルエッグを乗せて、パンを重ね、またソースを塗ってきゅうりを敷く、再びパンを重ねてラップをし包んでおきます。

レシピ④とろとろ玉ねぎとふわふわ卵サンド

食パン(6枚切り)1枚、玉ねぎ半分、バター5〜10g、酢大さじ半、しょうゆ大さじ半、卵2個、塩少々、こしょう少々、コーヒーフレッシュ1個、レタス1枚、バター適量

作り方

食パンは横にスライスして片面ずつにバターを塗ります。玉ねぎを5mmの厚さにスライスして、パターを敷いたフライパンで玉ねぎを炒め、ある程度炒めたら酢としょうゆを入れて弱火で炒めます。玉ねぎを取り出し、フライパンをキレイにしておきます。

卵と塩こしょう、コーヒーフレッシュをボウルに入れてよく混ぜ、フライパンに多めの油を入れてよく熱し、半熟のスクランブルエッグを作ります。食パンに玉ねぎとスクランブルエッグを乗せて、パンで挟んだら完成です。

卵を使った定番トーストレシピまとめ!人気のチーズやマヨネーズの組み合わせも!

暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【ご飯編】

次は、ご飯とスクランブルエッグの組み合わせです。一見、洋風のイメージが強いスクランブルエッグですが、ご飯にもよく合う簡単で美味しい、暮らしに取り入れやすいスクランブルエッグのご飯レシピをご紹介します。

レシピ①スクランブルエッグ乗せキムチチャーハン

ごはん1人分、キムチ適量、卵1個、ごま油適量

作り方

ごま油を引いたフライパンでキムチとごはんを炒めて、キムチチャーハンを作ります。ボウルに卵を入れて、溶きほぐしたらフライパンで、スクランブルエッグを作り、出来たキムチチャーハンの上に乗せたら完成です。

レシピ②スクランブルエッグのアボカド丼

アボカド1/2個、卵1個、白だし小さじ1/2、ごはんお茶碗1杯分、しょうゆ小さじ1、わさび少々、カイワレ、ゴマなどお好みで、油適量

作り方

アボカドを一口サイズにカットし、ボウルで卵、白だしを混ぜ込んだ卵液を作ったら、フライパンでスクランブルエッグを作ります。ごはん、スクランブルエッグ、アボカドの順に乗せて、合わせたわさびじょうゆをかけてお好みでゴマをトッピングしたら完成です。

レシピ③鶏肉とピーマンのケチャップライス丼

ごはん2杯、鶏ひき肉100g、ピーマン2個、オリーブオイル大さじ1.5、ケチャップ大さじ2〜3、しょうゆ大さじ1/2、卵2個、牛乳大さじ2、塩こしょう少々

作り方

ピーマンを食べやすい大きさにカットして、オイルを引いたフライパンでひき肉を炒めます。そこにピーマンを入れて炒め、ごはんをケチャップとしょうゆを入れてさらに炒め、お皿に乗せます。別のフライパンで卵、牛乳、塩こしょうを混ぜてスクランブルエッグを作ります。お好みの固さになったらケチャップライスの上に乗せます。

暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【野菜編】

次は、シンプルなスクランブルエッグではなく、スクランブルエッグに野菜を混ぜ込んだ食べ応えのあるオリジナルのスクランブルエッグレシピをご紹介します。

レシピ①トマトとピーマンのスクランブルエッグ

卵(M)2個、トマト1個、ピーマン1個、サラダ油大さじ1、塩こしょう少々

作り方

トマトとピーマンは一口サイズに切って、卵は割ほぐしておきます。フライパンにサラダ油を入れて、熱したらピーマンとトマトと卵を順に加えて、塩こしょうで味付けします。

レシピ②たっぷり野菜ときのこのスクランブルエッグ

卵2個、お好みの野菜ときのこ適量、クリームチーズ適量、あごだしつゆ小さじ1、水小さじ2

作り方

野菜を細かくカットしてレンジで加熱しておきます。卵を割ほぐして、あごだしつゆ、水、細かく切ったクリームチーズ、野菜を入れて混ぜます。フライパンで油を熱してスクランブルエッグを作っていきます。

レシピ③すりおろし人参のスクランブルエッグ

卵2個、人参大さじ2、マヨネーズ大さじ1、コンソメ顆粒小さじ1/2、塩こしょう少々、パセリお好みで

作り方

卵と人参すりおろし、マヨネーズ、コンソメの顆粒を混ぜます。フライパンに油を熱して、卵液を入れてお好みの固さに炒めたら塩こしょうで味を整えたら完成です。

暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【サラダ編】

次は、スクランブルエッグをサラダに乗せたオリジナルレシピです。いつものサラダがたっぷり食べれるボリューム感抜群のサラダに変わります。

レシピ①キャベツとスクランブルエッグのマヨサラダ

キャベツ1/8個、卵1個、塩こしょう少々、マヨネーズ少々、ベーコン1枚、おろしにんにく少々、マヨネーズ大さじ1〜、麺つゆ小さじ1、黒こしょう少々

作り方

キャベツを太めの千切りにして軽く茹で、水気を切ります。卵に塩こしょう、マヨネーズを加えてスクランブルエッグを作ります。ベーコンは薄切りにして、おろしにんにくと一緒に炒めたら、冷ましておいて、熱が取れたら全ての材料をマヨネーズと麺つゆで和えて、黒こしょうで完成です。

レシピ②新玉ねぎとスクランブルエッグのサラダ

新玉ねぎ1玉、きゅうり1本、スクランブルエッグ卵1個分、塩ひとつまみ、マヨネーズ大さじ2

作り方

新玉ねぎは薄くスライスして、きゅうりも細切りにしたら、塩揉みをしておきます。卵1個を使い、スクランブルエッグを作っておきます。塩揉みしたきゅうりと新玉ねぎ、スクランブルエッグをボウルに入れてマヨネーズで和えたら完成です。

レシピ③かぼちゃとスクランブルエッグサラダ

かぼちゃ1/4個、卵3個、きゅうり1/2本、にんじん小1本、トマト中1個、塩こしょう少々、マヨネーズ大さじ3

作り方

かぼちゃを適度な大きさに切って、電子レンジで10分ほど加熱して蒸します。きゅうりとにんじんを千切りにして、にんじんは軽く茹でておきます。トマトは8等分に切っておきましょう。卵を炒めて、スクランブルエッグを作ったら、かぼちゃ、きゅうり、にんじん、トマト、スクランブルエッグを塩こしょうとマヨネーズで和えたら完成です。

暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【和風編】

続いてご紹介するスクランブルエッグのオリジナルレシピは、スクランブルエッグを和風にアレンジしたレシピです。

レシピ①白ネギのスクランブルエッグ

卵1個、白ネギ適量、粉チーズ大さじ1、麺つゆ少し、いりごま少し、砂糖ひとつまみ

作り方

白ねぎを斜めにカットして、材料を全て混ぜ合わせます。フライパンを熱して卵液を入れて大きく回しながら混ぜて、8〜9割固まったら、お皿に盛りつけます。

レシピ②豆腐と醤油マヨの和風スクランブルエッグ

卵3個、豆腐150g、のり適量、マヨネーズ適量、しょうゆ適量、オリーブ油適量

作り方

卵を割ほぐして、フライパンを熱して油を入れます。豆腐をさいの目切りにして、フライパンに入れたら卵も入れてスクランブルエッグを作ります。半熟になったらお皿に盛りつけて、のりとマヨネーズと醤油をかけて完成です。

レシピ③和風スクランブルエッグ丼

卵3個、かつおだしパウダー少々、しょうゆ、パター、ねぎ少々、牛乳大さじ4、味付け海苔適量、ご飯茶碗1杯

作り方

卵にネギ、牛乳を加えてだしパウダーを入れてしょうゆをほんの少し入れてから少し混ぜます。バターをフライパンで溶かして、卵液を入れて強火で手早く混ぜます。半熟になったら火を消してごはんに乗せたのりをトッピングして完成です。

暮らしに役立つ!スクランブルエッグのオリジナルレシピ【世界編】

最後にご紹介するレシピは、世界の味付けをしたスクランブルエッグのアレンジレシピです。

レシピ①トルコの卵料理メネメン

卵3個、トマト大1個、ピーマン小2個、玉ねぎ1/4個、塩少々、ブラックペッパー少々、パプリカパウダーお好みの量、オリーブオイル大さじ1、バター大さじ1/2

作り方

トマトは湯むきしたから1cmくらいに角切りにして、ピーマンはさいの目切りにして、玉ねぎはみじん切りにします。卵は溶きほぐしておきましょう。フライパンにオリーブオイルを熱して、玉ねぎを炒めてしんなりしてきたらピーマン、トマトの順に入れて塩を降って炒めます。

トマトの水分が少し減ったらバターを入れて、卵液を流し入れて、火にかけながらかき混ぜます。卵に半分程度火が通ったら、塩こしょうで味を整えて、半熟のうちにお皿に盛りつけ、パプリカパウダーをかけて完成です。

レシピ②大根のドライカレー

豚ひき肉200g、玉ねぎのみじん切り1個、にんじんのみじん切り1/2本、大根のみじん切り1/4本、ピーマンのみじん切り2個、スクランブルエッグ2個、水100cc、酒大さじ2、しょうゆ大さじ2、オイスターソース大さじ2、カレールー2〜3個

作り方

材料を切りそろえて、調味料を合わせておきます。ひき肉から順番に炒めていくのですが、ピーマンの半分だけは仕上げのために残しておきましょう。全体がしんなりしてきたら残りのピーマンを加えて、調味料を入れながら味を整え、仕上げます。

まとめ【スクランブルエッグを朝のお供に色んな味を楽しもう!】

いかがでしたか?スクランブルエッグは、簡単ながらもアレンジの効くメニューです。生クリームやマヨネーズなどのバラエティーに富んだ隠し味やパンにもごはんにも合うアレンジレシピも豊富にあります。明日からでも簡単に実践出来るレシピばかりです。是非、試してみて下さい。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-25 時点

新着一覧