正しい歩き方を見直そう!かかとからはもう古い?美脚になる歩き方とは?

人を見ていると、いい意味でも悪い意味でも歩き方が気になる人がいませんか?正しい歩き方をしている人は、キレイに見えます。キレイに歩きたいなと思うことはありませんか?では、正しい歩き方とはどのような歩き方なのでしょうか。正しい歩き方を習得してみませんか?

正しい歩き方を見直そう!かかとからはもう古い?美脚になる歩き方とは?

目次

  1. 人の歩き方
  2. 正しい歩き方と悪い歩き方
  3. その歩き方は人に見られている
  4. 正しい歩き方になると
  5. 正しい歩き方をすれば美脚になれる?
  6. 正しい歩き方でキレイになろう
  7. 正しい歩き方は得をする
  8. 正しい歩き方トレーニング
  9. 正しい歩き方は誰にでもできる
  10. 正しい歩き方のまとめ

人の歩き方

人の歩き方を見ていると、色々な歩き方をしている人がいませんか?ガ二股で歩いている人、内股で歩いている人と様々です。色々な人の歩き方を見ていると、この人はキレイな歩き方をしていると思ったりこの人はもう少しキレイに歩いたらいいのにと感じてしまうこともあると思います。

例えば、女性でスタイルもよく上品な格好をしているのに、ガ二股で歩いている人をもし見た場合、どのように感じますか?せっかくスタイルもよく、上品そうに見えるのに歩き方が残念なだけで、ガッカリしてしまいませんか?感じ方は、人それぞれでしょうがどうせならば、正しい歩き方で全てをキレイに見せたいものです。

特に女性はヒールを履くことが多く、かかとから歩く人が多いのではないでしょうか。ヒールで正しい歩き方をする場合には、特に注意が必要です。

Thumbウォーキングの正しい姿勢の歩き方とは?ダイエット効果がある方法まとめ

正しい歩き方と悪い歩き方

歩き方には、正しい歩き方と悪い歩き方があります。何が正しい歩き方で何が悪い歩き方なのかわかりますか?正しい歩き方とは、人間本来の歩き方です。姿勢を伸ばし真っ直ぐな状態で歩きキレイと思われるような歩き方のことが正しい歩き方です。

悪い歩き方は、背中を丸めて小幅が小さかったり内股やガ二股などの歩く歩き方です。見た目もキレイそうには見えない歩き方が悪い歩き方です。自分自身は、どちらの歩き方をしているでしょうか。

その歩き方は人に見られている

自分の今の歩き方を振り返ってみましょう。どのような歩き方をしていますか?自分ではよくわからないという人は、動画を撮ってみたり人に見てもらったりして判断してみましょう。人に自分の歩き方が見られていると思うと、緊張してしまい上手く歩けないかもしれません。

ですが人に見られているのなら、キレイに見せるために正しい歩き方をしなくてはと正しい歩き方を意識するのではないでしょうか。自分の歩き方は、自然に周りの人に見られているモノです。見られていないし気にする必要はないということではありません。

ヒールを履いている時に、コツコツと音を立てて颯爽と歩く姿はできる女性といった感じでかっこいいですが、正しい歩き方でなければかかとに衝撃がかかっています。また、見ていてヒールのサイズが合っていないのか歩いている時にかかとが見えていたり、ヒールを履いていて足が地面についた時に膝を曲がって歩いている人がいませんか?

ヒールのサイズが合っていない場合には、足の指先に力が入りすぎていたリこけやすい状態になっています。また、膝を曲げて歩いている時には膝に負担がかかっており膝を痛めやすいなど膝が悪くなってしまいます。この時、ヒールの高さが合っていないということが考えられるので、ヒールの高さを変えた方がいいです。

正しい歩き方になると

正しい歩き方をしたほうがいいと、言っていますが正しい歩き方をするとどうなるのか気になりませんか?効果がないと、ただキレイに見えるだけではしない人もいるかもしれません。

正しい歩き方になると、歩いている時にキレイに見えるだけではなくカラダも若々しくなり筋肉や骨盤が保たれるので太りにくくカラダのバランスが保たれるために、ダイエットになったりO脚も治すことができます。

正しい歩き方をすれば美脚になれる?

正しい歩き方をすれば、カラダが良くなるだけではなく足もキレイになることができます。足が太いからスカートが履けない、O脚だから気になるなど足の悩みがある人も多くいるのではないでしょうか。

O脚と言うのは、字の通り足の形がOのように丸くなっていることです。子供の足はX脚から正しく歩いていることでまっすぐになりますが、歩き方が悪いと大人になった時にO脚になったまま成長するということが起こってしまいます。

足が太るのも、歩き方が悪いことから使わない筋肉があったり偏った場所に筋肉ができて見えるということもあります。足だけのダイエットというのも、なかなか難しいと思います。ですが、正しい歩き方に変えるだけでダイエットにもなり美脚になることができるのです。

正しい歩き方でキレイになろう

一時期、「正しく歩くためにはかかとから歩きなさい」と言われたことはありませんか?確かに、言われていたことはあります。ですが、最近ではかかとから歩くことが正しい歩き方ということではないと言われるようになりました。どういうことなのかと言うと、正しい歩き方とかかとから歩いていた人が膝や腰、めまい、肩こりなどカラダの不調を伴うことがあります。

なぜかと言うと、かかとから歩くことでかかとに体重が倍以上にかかってしまいます。また、足全体に体重が分散されればいいですがかかとだけに体重がいくと、つま先の方は使われないためにまっすぐ立った時にバランスがとれないということが、起こってしまいます。

また、バランスが悪くなることによって骨盤が歪みその歪みから太ってしまったりO脚になってしまったりと悪いことだらけです。

自身で、まっすぐ立った時にどこに力が入っていますか?足全体に力が入っていますか?かかとに力が入っているという人は、かかとで歩いている人です。足の指先までしっかり力が入っている人は、足全体を上手く使うことができています。人は、足の指先にまでしっかり力が入ることで足全体でカラダを支えることができ、バランスが良くなります。

自分がバランスがとれているのかわからないという人は、ヒールを履いた時に片足立ちでバランスが取れますか?バランスがとれる人は、正しい歩き方をしていると言えます。正しい歩き方をして、キレイになりませんか?

正しい歩き方は得をする

正しい歩き方をすると、骨盤が歪んでいたのが本来あるべき位置に戻り筋肉も鍛えられるので骨盤の中にある内臓なども元の位置に戻り鍛えられている間は、同じ体系を維持することができます。つまり、正しい姿勢をしているだけでダイエットになるのです。

さらに、カラダのバランスが良くなるということは、O脚で悩んでいた人も治すことができるとなれば正しい歩き方をするのは自分にとって特になることだと思いませんか?ダイエットをイメージすると、なかなか痩せられなかったり食事制限だったり運動をしなくてはいけなかったりなど辛いのがダイエットだと思っていませんか?

ただ、正しい歩き方をすればいいのです。これで、見た目もキレイになれて、骨盤も戻ってO脚もダイエットもできる。最高ではないですか。

正しい歩き方トレーニング

では、正しい歩き方のトレーニングをしてみましょう。正しい歩き方は、まずは室内で何も履かずに自分の足の動きが見える状態にして、足を下した時に毎回かかとと足の指先全体が床につくようにしてみましょう。早く歩いてしまうと、足の指先が床につかないこともあるので全体が床についているかがわかるまではゆっくり確実に確認しましょう。

この時、体重をかけている足は伸ばし切らないように膝は軽く曲げて歩くようにします。大げさに言えば、行進をしているような感覚です。大きく動作する行進を、歩く速度で動作するといった感じでしょうか。この歩き方ができれば、いつもと同じ歩きの速度にしていきます。

この時、骨盤は左右同じ高さでどちらかに体重をかけるなどはしないようにしましょう。どちらかに体重をかけてしまうと、骨盤のゆがみの原因になってしまいます。

モデルさんが歩く時にしているように、一直線の上を歩いたり一直線の線を思い描きながらまっすぐに歩く練習をするとやりやすいかもしれません。この方法に慣れれば、自分の足に合っているヒールを履いても歩き方は変わらないので正しく歩けるようになっているはずです。

正しく歩く時には、姿勢も伸ばしまっすぐ前を向いて歩きましょう。

正しい歩き方は誰にでもできる

無意識で歩くと、正しい歩き方ができない人もいます。正しい歩き方がきちんとできるようになれば、無意識でも歩くことができます。それまでは、意識して正しく歩けるように練習をする必要があります。正しい歩き方も、癖の一つと考えてもいいかもしれません。

正しい歩き方は、誰にでもできます。正しい歩き方ができれば、運動靴やヒールなどどんな靴を履いても誰から見てもキレイに歩くことができます。

正しい歩き方のまとめ

正しい歩き方は、どんな人にとっても理想的な歩き方です。正しい歩き方をすることは、難しいことではありません。例え、ヒールを履いていて膝を曲げて歩いていてもO脚だったとしても正しい歩き方ができれば、直すことができます。

また、正しい歩き方は骨盤などカラダにもよくダイエットにもなります。見た目だけでなく、内面もキレイになっていきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-04 時点

新着一覧