汗をかくのはとっても大切!体に良い効果やメリットを徹底検証!

汗をかく=体を動かすという方も多く、ダイエット効果を連想する方も多いでしょう。もちろん、ダイエット効果やそのほか、たくさんの良い効果が「汗をかく」ことで体感できるでしょう。しかし汗をかけばいいのではありません。今回は体にいい発汗方法など、汗ついてまとめました。

汗をかくのはとっても大切!体に良い効果やメリットを徹底検証!

目次

  1. 人はどうして汗をかくの?
  2. 汗をかく理由①体温を調節するために汗をかく
  3. 汗をかく理由②精神的な緊張でも汗をかく
  4. 汗をかく理由③味覚が原因でも汗をかく?
  5. 大きく違う!いい汗と悪い汗の違い
  6. 汗をかくメリット①デトックス効果やでダイエットにも!?
  7. 汗をかくメリット②汗をかくと抵抗力がつく!!
  8. 汗を効率よくかける運動ってなに?
  9. 汗は美肌の大敵!放置しないで!!
  10. 汗をかくと良いことたくさん!!

人はどうして汗をかくの?

発汗の理由を細かく解説!

汗をかくことは美容や健康のためにはとても大切なことです。夏に健康な体を動かせば汗をかくのは当たり前のこと。しかし汗によっては気付いていなかった病気が隠れている、なんてことも…。汗には良い汗と悪い汗があるのをご存知でしょうか?そう、人間の発汗には悪い汗と良い汗があるんです。そこで今回は、あまり知られていない汗について色々ご紹介します。

汗をかく理由①体温を調節するために汗をかく

運動後の発汗はこれが理由!

一般に知られる、汗をかく一番の理由は「体温を調節する効果」です。ご存知の通り、汗の最も大切な役割ですね。エクリン腺(99%は水分のにおいのない汗をかくところ)からの発汗は、自律神経を安定させるのに密接な関係があります。

気温の上昇によって体が熱を持った時、運動して体温が上昇したとき、風邪の発熱など、体温が高くなった時に発汗することで熱を放出し体温を調節します。その仕組みは、水分が肌の上で蒸発する際、熱が「気化熱」となり奪われるため体温を下げる効果を持つようです。

だから汗をかいている時は体温が下がりやすいから体を冷やすな、と言われるんですね。この仕組みのおかげで体温を上がりすぎないよう保つことが出来るというわけです。汗をかかないと体の中に熱がこもり、最悪の場合、死んでしまうこともあります。汗は生命を維持する上でもとても大切な働きをしているんです。

Thumb汗が臭い理由や原因は?簡単に出来る対策・おすすめの対処法まとめ

汗をかく理由②精神的な緊張でも汗をかく

冷や汗は精神的な理由の発汗

ドキドキしたり、極度に緊張した時、暑くもないのに手や体に汗をかくという経験はありませんか?この汗は「精神的発汗」といいます。体温が上昇したわけでもありませんので。体温調節とは関係ないものです。

「ストレス」、「極度の緊張」、「不安感」などの理由から自律神経の交感神経が優位になり、汗をかく「汗腺」の活動が活発になり、起こります。この発汗の場合、顔や頭、手の平などに汗をかきやすくなり、特にひどい場合には「多汗症」病院で診断されることさえあります。

汗をかく理由③味覚が原因でも汗をかく?

からーいものを食べると汗をかくってほんと?

唐辛子の入った食べ物など、辛いものを食べたときってすごく汗をかきますよね。これは「味覚性発汗」といいます。ごく自然な生理現象であり、実は辛いものだけではなく苦味、甘味、酸味などの、他の味覚でも汗を書いているんです!

例えば唐辛子を食べたときほど汗をかく気がしますが、「カプサイシン」という物質そのものに反応して汗をかく効果があらわれるわけではなく、「食べる」という行為が発汗神経を刺激し、汗をかいているのです。(※辛さや食べ物の熱に対して体温が上昇している場合は「体温の調節」によって汗をかいています。)

何かを食べた時に唾液が出るのと同じと考えて頂ければわかりやすいと思います。

ですので、ただ辛いから汗をかいているというだけではないんです。チョコや固形チーズを食べていても汗をかく方は実は多いんだそう。実際、味覚が理由で汗をかく場合、最も反応するのは「酸味」がだそうです。次いで苦味→辛味→塩味→甘味の順に反応は小さくなります。ですから辛いものに反応しているわけではないんです。驚きですね。

大きく違う!いい汗と悪い汗の違い

仕組みが整っていればいい汗をかく!

知らない方も多いかもしれませんが、汗は実は血液から作られているんです。先に書かせて頂いた通り、エクリン腺から出る汗は99%が水分です。ですので血液の仕組みがきちんと整っていればさらさらで水分の多い「いい汗」をかくことが出来るんです。また、いい汗はさらさらしていてとても小粒です。そして肌の表面ですぐに蒸発できるのが特徴。

要するに、少量の汗でも体温調節ができてしまうということです。では仕組みがきちんと整っているというのはどういう状態でしょうか?血液には栄養だけでなく、様々な老廃物も流れているのはご存知でしょうか。カリウム、ナトリウムなどの浸透圧を正常にするのに必要なミネラルが一緒に流れているんです。

これらが血管から全部流れてしまうと大変なことになります。ですので汗腺では血しょうを汲み取ってからミネラルを血管に戻しています。このことを「ミネラルの再吸収」といい、これが正常に行われていれば、「仕組みが整っている」といえます。

反対に悪い汗ってそんな汗?

悪い汗とは、かいたときに体がやたらとべたべたし、においのある汗のことを言います。また、体温調節の必要もなく、ストレスを感じていない時にかく汗もいい汗とは言えませんね。汗はかき方が大切であり、かけばいいというものではありません。

先ほど説明した仕組みが整っていない場合、ナトリウムなどのミネラルや老廃物を戻すことが出来ずに全て汗として流れてしまいます。ですのでこのような汗をかいてしまうのです。

汗をかくメリット①デトックス効果やでダイエットにも!?

良い汗をかくとメリットいっぱい!

運動や岩盤浴など、体が熱を持つようなことをすると汗をかきますね。たくさん汗をかくメリットは、体内にたまった老廃物や毒素を外に出すことができます。これが「デトックス(解毒)効果」というものですね。毎日普通に生活していても、私たちの体には、食品添加物や老廃物という有害物質がたまっていきます。

デトックス効果を高めると体内の老廃物がなくなり綺麗になります。体内を綺麗に保つことで基礎代謝も上がりますのでダイエットの効果も。また、老廃物や毒素の8割は便で体外へ排出されていますが、汗からも排出しています。汗をかくことがない人は、毒素をためんでしまいがちですので運動などで汗をかくことも必要です。ダイエットする方は汗を出して下さい。

汗をかくメリット②汗をかくと抵抗力がつく!!

毎日の適度な運動で汗をかく習慣を!

「汗をかく」ということは、それ自体が体調を整えるという効果をもっていて、大きなメリットのひとつと言えます。良い汗をかく仕組みを整え、その状態を長い間保てば、日々のストレスや様々な病気への抵抗力が自然と身につくのだそうです。普段から良い汗をかくことは、「精神面の強い健康的な体」づくりに、とっても効果があることなんです。

仕事のミスや忙しさ、人間関係の悪化など、毎日の生活でストレスを感じている人がほとんどですよね。過剰なストレスを感じてしまうと、精神状態が不安定になり、体調を崩したりしてしまいます。また先ほども書いたように、過度のストレスは悪い汗をたくさんかく原因にもなります。普段から汗をかくことを意識してみてはいかがでしょうか?

汗を効率よくかける運動ってなに?

自分に合った筋トレをする

普段からよく運動などで汗をかく人はそのままでも大丈夫ですが、汗をかかない人は効率よく汗が出る運動を始めるといいでしょう。息が切れるような激しい運動はちょっと…という人は、自分のペースで気楽にできる運動、「筋トレ」をおすすめします。外に出て運動する必要もなく、家の中で簡単に運動できるのが筋トレの魅力ですね♡

たとえば、腕立てふせや背筋、腹筋、などはスペースもあまりとらず、おすすめできます。最初は数回で疲れてしまいますが、続けていれば徐々に筋力も上がり、楽しくなってくる方もいるのでは?

体も締まりますのでダイエットやメタボ対策にもぴったりです。また、筋力が上がると「基礎代謝」と「脂肪燃焼効果」も上がるというメリットもあり、更に汗をかくようになります。

しかし筋トレは、ジムへ通って運動するのとは違い、自分の意思で運動を続けるものです。どれだけ短い時間でもかまいません。「毎日続ける」ことを目標にしましょう。ダイエット効果もありますので、基礎代謝の良い状態を維持することにも繋がります。汗をかくことはメリットがとても多いのです。ですので一度、続けるチャレンジをしてみてください。

汗は美肌の大敵!放置しないで!!

せっかくダイエットで痩せても肌が荒れていては台無しです。運動していい汗をかいた後、それを放置すると「肌トラブルの原因」となることがあります。運動の合間にも、吸水性のよいハンカチやタオルでこまめに拭き取ったりすることをおすすめします。また、拭いた後は放置すると肌の乾燥に繋がります。化粧水やスキンケアクリームで保湿してください。

汗をそのまま放置してしまうと、そこから雑菌が繁殖しやすくなります。そうすると汗もやニキビの原因になってしまいますね。また、汗と一緒に保湿していた肌の成分も流れてしまい、運動後は肌が乾燥してしまいがち。乾燥肌の方は特に、汗をかいた後のケアをこまめにするようこころがけてください。

また、夏に活躍する市販の汗拭きシートは、エタノールなどが含まれていて肌に合わない場合もあります。目立たないところでテストしてから使用してください。

汗をかくと良いことたくさん!!

良い汗と悪い汗の違いや汗をかくメリットなど、様々なことについて書かせていただきました。もともと汗をかくだけでも痩せやすくなるというダイエット効果は有名でしたが、さらに多くの良い効果をもたらすことがあることが分かりました。汗をかくことは大切なことです。

筋トレが自分の意思で続けられないという人は、24時間のジムなども増えています。ぜひ活用してみてくださいね!!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-23 時点

新着一覧