授業参観の服装の画像まとめ!上品な美人ママに見えるコーデとは?

授業参観は、子どもにとってワクワク・ドキドキする日です。でもドキドキするのはママも一緒なのです。そんな授業参観の服装が気になるママに必見の授業参観コーデを画像でご紹介します。子どもにも、先生にも、他のママにも好印象の上品服装コーデを選んでみました。

授業参観の服装の画像まとめ!上品な美人ママに見えるコーデとは?

目次

  1. 子どもは、やっぱりママが大好き!
  2. 初めての授業参観は服装も気になります。まず無難なコーデで
  3. 定番の服装でも、上品なコーデが出来るワンピース
  4. マネしたい服装!カッコいい自慢の美人ママのパンツコーデ
  5. ロングカーデも活用できる授業参観コーデ
  6. 都会的服装でカッコいい授業参観コーデを目指してます
  7. カッコいいに、少し甘さのある優しい色をプラスした授業参観コーデ
  8. 気になる授業参観の服装に、フレアースカートもOkなんです
  9. 授業参観の気になる服装は、タイトスカートで勝負
  10. ロングタイトスカートが上品さを際立たせる服装なのです
  11. 授業参観のコーデに必要なのは服装だけじゃない
  12. 授業参観には服装だけじゃない、スリッパも今や重要なアイテムです
  13. 授業参観の服装などで目立つことはおすすめしません
  14. 授業参観は、子どもの為のものです

子どもは、やっぱりママが大好き!

子育ては大変!でもママには特権があります

毎日の子育て本当にご苦労様です。なかなかそんなねぎらいの言葉も貰う事はありません。ママって本当に大変な事だらけです。でも、ママの特権もあります。子どもたちは、本当にどんな時もママが大好きなんです。それは今もこの先も変わらないんです。

子どもにとって自慢のママになりたい!

毎日の暮らしの中で仕事が忙しいと、ついイライラしてしまう事もあります。でも、子どもながらにわかってくれています。ママは、なんと言っても子どもにとっては、自慢のママなのです。ママはどんな時も、№1なのです。

子どもにとって、授業参観は自慢の美人ママのお披露目です

子どもは授業参観を楽しみにしています!なんて言ってもママは№1の自慢の美人ママだからみんなに自慢したいんです。また、自分がカッコいいところも見て欲しいんです。そんな授業参観の服装って子どもにとっても、ママにとっても大事な印象を与えます。だから気になってしまうのです。

初めての授業参観は服装も気になります。まず無難なコーデで

授業参観と言っても、保育園、幼稚園、小学校によってもかなり雰囲気が異なっています。また、居住地域や公立、私立によっても全く違います。まず初めは、その雰囲気がつかめていません。その為、無難などんな雰囲気にも合わせやすいコーデの服装で行かれることをおすすめします。

やっぱり無難と言えばジャケットやブラウス、そしてワンピースです。上品で清潔感、親近感があります。上の画像のようにジャケットはカーディガンでもかわいいママコーデになります。授業参観であれば、バッグをもう少しきちんとしたものに換えて、靴もフラットシューズや低めのヒールに換えると良いでしょう。

定番の服装でも、上品なコーデが出来るワンピース

普段の子育て中の暮らしの服装では、なかなかワンピースは着用しないかもしれません。しかし、色んな場面で、着こなすことができるのもワンピースです。清潔感もあり画像の方のように、スカート丈にも気をつければ、非常に上品な服装と言えます。年齢的にも長く着用することができます。

やはり小学生にもなると、学年が上がれば上がるほどシックな方がおすすめです。特に女の子は、非常におしゃれには口うるさくなってきます。同じ女としての目が光ります。その為、目立つと杭を打たれ、地味だとダメ出しを食らいます。保護者だけの目ではありません。服装にも子どもの目が光っています。

上の画像の様な、どこにでも着ていけるワンピースを購入しておくと、いざと言うときに役に立ちます。また、多少体重に変動があっても、着こなすことができます。比較的シックな色遣いを選ぶことで、落ち着いて見らえます。また、ジャケットやカーディンなどもコーデしやすく、コーデの幅も広がります。

ワンピースなどのジャケットに、きちんとしたものでもカッコよく決まります。しかし、画像の様な少し優しい感じの上着にすれば、親近感もわきやすくなります。また、ワンピースなどには前を開けたままでもかわいく、レースなので上品に見えます。パンツスタイルにも少し女らしさをプラスするするうえで、画像の様なレース使いが役に立ちます。

マネしたい服装!カッコいい自慢の美人ママのパンツコーデ

小学生にもなると、かわいいママだけでなく、カッコいい働くママの服装やコーデが子どもに人気のようです。やはりカッコいいと言えば、パンツスタイルです。パンツスタイルのコーデを画像で見てみましょう。

画像のスタイルは、少しカジュアルな部分も垣間見えています。とは言っても、上品さと清潔感、目立ちすぎず、シンプルにカッコいいと言えます。おしゃれな服装に敏感に反応している感じが伝わります。保護者の間でもこの服装であれば、親近感も感じ交流の場にもふさわしいと言えます。暮らしの中で、磨かれたセンスなのかもしれません。

画像のように、ちょっとジャケットをカーディガンから変えてみると、少しカジュアル感が抜けた感じになります。しかし、白とグレーのコーデは、上品ママに似合うコーデなのです。甘くなりがちな色コーデを、シャープな感じに着こなしているところは非常に素晴らしいです。それにはパンツが細身なことと、ヒールがポイントと言えます。

ロングカーデも活用できる授業参観コーデ

今度は上着をロングカーデにしてあります。ロングカーデは大人っぽい雰囲気を作ってくれます。縦長効果もあり、スラッと見えます。お尻が気になる方にも、隠してくれていますから気にしなくても済みます。流行とスタイルも取り入れたコーデと言えます。当然、授業参観でも違和感なく保護者に溶け込めます。

パンツ丈を短めにしてロングカーデで足元をすっきり見せています。その為、重たくならずバランスのよいコーデとなっています。また、カジュアルな服装の場合は、ヒールなどをポイントにして、バッグもきちんとしたものを入れるのがポイントとなります。

都会的服装でカッコいい授業参観コーデを目指してます

下の画像は、初めての授業参観では、なかなか着こなせないかもしれません。しかし、都会的な雰囲気のスタイルと言えます。無理なく、いつもの暮らしから出てきたようなカッコいいママコーデです。画像からは、なんだか自信に満ち溢れているように感じます。

ちょっとカジュアル感がありますが、何度も授業参観に行ってる方には、ピッタリのコーデです。肩に力が入っていない服装が自然体のママという感じで保護者の方にも受け入れられるコーデです。

カッコいいに、少し甘さのある優しい色をプラスした授業参観コーデ

画像から見てもらっても、パンツスタイルに少し甘さをプラスした、優しい雰囲気のママコーデです。上品さも親近感も持ち合わせています。しかし、どこかに柔らかい香りが漂っています。保護者同士の交流でも優しそうな雰囲気から、きっと誰かが近づてきてくれるはずです。

上の画像のコーデなら、色合いも綺麗です。少しアクセサリーをつけても良いかもしれません。美人ママをいっそう美人に見せるコーデです。寒い時ならスカーフやショールを使うのもおしゃれです。しかし、あまり存在感が有りすぎるスカーフやショールは目立ってしまうので控えておきましょう。

画像のようにスカーフを使うのも、上品で季節感を感じさせてくれます。ちょうど良いおしゃれポイントにもなります。

気になる授業参観の服装に、フレアースカートもOkなんです

大好きなママは、日ごろの暮らしではめったにスカートは、はきません。やはりてきぱき動きたいから、動きやすいパンツやデニムをはきます。授業参観の時くらい大好きな美人ママに、ママらしくスカートをはいて欲しいと子どもも思っているはずです。

画像のように、スカート丈には気を付けて短めにならないようにします。また、あまり甘口にならないように全体を考えながらコーデします。スカートは長めの為、あまりインパクトのある柄よりは、小さな柄や模様を選ぶか、無地を選ぶ方が無難な服装です。もちろん上手に着こなしている上級者の方もいらっしゃいます。

長めのプリーツスカートでも、スカート丈を気にしながらコーデすれば、上品に出来上がります。しかし、プリーツスカートは長すぎると重たくなりますので長めには注意しましょう。足元はすっきり見せると清潔感や上品さが生まれてきます。また揺れるスカートは女らしい服装と言えます。

授業参観の気になる服装は、タイトスカートで勝負

最近は非常にタイトスカートも、減ってしまいました。動きにくいということが言えます。やはり女性がバリバリ働く時代になって動きにくいものは選ばなくなったということが言えます。しかし、非常上品な女性らしいスタイルです。

上の画像のタイトスカートは、昔からの根強いママの定番の服装です。しかし、極端に短いスカート丈には気をつけましょう。授業参観で立ったり座ったりする場合があります。その場合も考えての服装にしましょう。また、スタイルが地味な場合は、画像のように、少し綺麗な色目を取り入れることで若々しい服装になります。

上の画像のタイトスカートコーデは、非常に色の使い方が決め手と言えます。紺のタイトスカートが地味なので、明るめのジャケットをコーデしてあります。このことで、顔周りが明るく感じます。授業参観のママには明るく若々しい印象で、好感が持てる服装です。

ロングタイトスカートが上品さを際立たせる服装なのです

なかなか普段の暮らしでは、タイトスカートは選ばないかもしれません。しかし、上品で高級感あふれる服装になります。なんだか、身につけるだけでマダムになった気になります。落ち着いて見えます。

この画像にように上のブラウスをふんわりさせインすることで、スッキリ見えます。短い丈のニットなどを合わせると上品そのものです。フラットシューズやヒールを合わせてスッキリ見せることが良いでしょう。地味でありながら存在感もあります。大人の女性の代表格と言えます。

この画像の少しだけ長めのタイトスカートも、トップスをふんわりさせています。清楚な感じで、嫌な感じはありません。優しくて美人ママにピッタリの服装です。

授業参観のコーデに必要なのは服装だけじゃない

かばんも非常に大事なアイテムです。地元の保育園や幼稚園であれば、カジュアルなバッグでも問題が無いと思います。もちろん、一概には決められません。保育園や幼稚園によっては送り迎えもきっちりした服装で行くところもある様です。本当に入園入学する時に、よく状況を見極める必要があります。

あまり、かたい感じのバッグだと通勤のイメージになります。そうならないためにも、少し女らしさや柔らかさが欲しいところです。

季節に応じては、春らしい色や雰囲気も考えると楽しくコーデできます。幼稚園や学校などによっては、スリッパが必要になります。その為には、スリッパが入る大きさを考える必要があります。

授業参観には服装だけじゃない、スリッパも今や重要なアイテムです

今やスリッパも非常におしゃれになっています。おしゃれだけではなく、履き心地や服装に合わせて、ヒールがあったりと工夫がされています。自分に合ったスリッパを手に入れるのも授業参観コーデの一つです。

本当にスリッパなの?と疑ってしまいそうです。しかし、授業参観という回数の少ない保護者の交流の場が、非常に重要と考えられていることも背景にあるかもしれません。個人保護法の事もあり、保護者のつながりが無くなっています。その為もあり、授業参観という交流を大事にしているのかもしれません。

少し派手なスリッパもありますが、今までこんなに授業参観のスリッパがおしゃれになったことは無かったでしょう。服装だけではなく、こんなところにまで授業参観コーデの影響が及んでいるんですね。もちろん幼稚園や学校、地域によって大きく異なりますので、頑張りすぎても浮いちゃうことが有りますのでご注意ください。

授業参観の服装などで目立つことはおすすめしません

子どもたちも、美人のママをみんなに見せたいんです。それだけに参観日を楽しみにしています。保育園や幼稚園なら、子どもたちは、かわいいママの服装を喜んでくれます。また、小学生になると、派手な服装は恥ずかしいと言って嫌がります。時には、いじめの原因となることも有ります。そうならないためにも、授業参観の服装は派手なものは避けましょう。

おしゃれすぎて、学校行事である授業参観には浮いてしまいます。普段のお仕事などでは、カッコいい、かわいい女性と言えます。親近感と言う事ではお色気が有り過ぎて近寄れない雰囲気かもしれません。

授業参観は、子どもの為のものです

暮らしの中では見れない、新たな成長した子どもの姿

授業参観は、日常の暮らしでは、なかなか見れない子どもたちの様子を見ることができます。また、成長した姿を垣間見る唯一の時間とも言えます。主役は子どもです。しかしながら、保護者の方とお話しする唯一の機会なのです。

保護者との交流は、子どもの為、服装もその一つです

年に数回の保護者交流の機会に服装で印象が悪くなるのは嫌なのです。服装次第でお話が弾むこともあります。服装にこだわり過ぎてはいけませんが、子どもの為の気配りとも言えます。子どもの幼稚園や学校での生活を手助けするためには、保護者の交流も大事になってきます。

上品に関しての記事はこちらから

Thumbネイルはベージュがシンプルでおすすめ!可愛いデザイン画像まとめ!
Thumbネイルはグレーがシンプルで上品!大人可愛いデザインをまとめ!
Thumb女子アナ風メイク法解説!清楚で知的なメイクであなたもモテモテに!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-05-25 時点

新着一覧