前髪がパックリ割れるクセの解決法!簡単な前髪の直し方まとめ!

多くの女性が悩んでいる前髪のパックリ割れ。前髪のパックリ割れはなぜ起こるのか、前髪がパックリ割れるクセはどうやったら直すことができるのか、前髪が割れる理由を解説しながら、簡単なブロー方法を紹介していきます。前髪と上手に付き合っていくコツを学んでいきましょう。

前髪がパックリ割れるクセの解決法!簡単な前髪の直し方まとめ!

目次

  1. 前髪がパックリ割れることに困っている女性急増中!
  2. 前髪がパックリ割れるのはなぜ?原因を探ろう
  3. 前髪がパックリ割れるクセを直すには?
  4. パックリ割れる前髪を直す簡単なブロー方法
  5. パックリ割れる前髪を直すために必要な道具は?
  6. パックリ割れる前髪をブロー以外の方法で直すには?
  7. 外出先で前髪がパックリ割れてしまった時の対処法
  8. あえてパックリ割れる前髪を活かす方法もある!
  9. 前髪のパックリ割れに悩んだらヘアスタイルを変えてみるのもアリ!
  10. 面倒なパックリ割れる前髪と上手く付き合おう

前髪がパックリ割れることに困っている女性急増中!

毎朝セットするのに面倒なパックリ前髪。前の日の夜にきちんと乾かしたのにも関わらず、朝になったら結局前髪が割れてしまっているなんて経験したことがありませんか?前髪のパックリ割れに悩む女性は、非常に多く、どうして割れてしまうのか、前髪のパックリ割れはどう対処すればいいのか、分からない方も多いです。

今回は、そんな前髪のパックリ割れについての知識や、クセの直し方を詳しく説明していきます。パックリ割れにならないためにはどうすればいいのか、パックリ割れになってしまったらどう対処すればいいのかということをしっかり知って、パックリ割れる前髪の悩みを解消しちゃいましょう。

【前髪アレンジ講座】伸ばしかけの前髪を可愛くすっきりまとめる!

前髪がパックリ割れるのはなぜ?原因を探ろう

そもそも、どうして前髪が割れてしまうのでしょうか。人それぞれで割れる原因は様々ですが、まずお風呂から上がった後の、髪の毛のお手入れがしっかり行き届いていないということが挙げられます。

お風呂に入った後、濡れている髪をドライヤーで乾かさずに、自然乾燥で乾かしてしまう。もしくは放置したままにしてしまうと、髪の毛のクセが出やすくなり前髪が割れる原因になります。少しでも放置してはいけません。

また、前髪の量が少ない方は、重みがないせいで前髪がしっかりと下りず、前髪が割れたような状態になってしまいます。他にも、つむじの位置が前髪付近にあると、そこがクセとなって割れてしまいやすくなるのです。毎晩丁寧にブローをしているのに、それでも前髪が割れてしまうという方は、髪の毛の質や量、つむじの位置が関係しているかもしれません。

前髪が長いときのアレンジ方法♡大人気の髪型・ポニーテールやショートも作れちゃう!

前髪がパックリ割れるクセを直すには?

前髪がパックリ割れる前髪を直すには、正しいブロー方法、お手入れ方法を学ぶしかありません。前髪がパックリ割れてしまう方は、前髪にクセが付いてしまっている方が多いです。髪の毛のクセは、直そうと思っても簡単に直るものではありませんよね。自分の前髪を受け入れて、上手に付き合っていきましょう。

今回は、どうしても前髪が割れてしまうという方のために、家で簡単にできるパックリ前髪の直し方を紹介していきます。自分のなりたい前髪に合わせて、ブロー方法を学んでみてください。また、ブロー方法以外にパックリ前髪と付き合っていく方法や対策方法もまとめています。是非、参考にしてみてください。

パックリ割れる前髪を直す簡単なブロー方法

ぱっつん前髪にしたい方向けのブロー方法

【用意するもの】ドライヤー、ブラシ、ピン、ストレートアイロン、ヘアアイロン、スタイリングスプレー

好きな前髪の幅をブラシで取り分けて、サイドの長い髪をピンで留めておきましょう。前髪を表面と内側の二層に分けていき、表面の髪はピンで留めておきます。そして、取り分けておいた内側の前髪の毛先を、ストレートアイロンでを挟み、丸みを出すように巻いていきましょう。

次に、取り分けておいた表面の前髪を同じような感覚で巻いてください。低めの温度で巻くのがコツです。仕上げにスタイリングスプレーを前髪全体にかけて完成。

斜め前髪にしたい方向けのブロー方法

【用意するもの】ドライヤー、ブラシ(マジックカーラーでも可)、スタイリングスプレー、ヘアアイロン

前髪を流したい方向と逆の前髪を手ぐしで持ち上げて、熱風を当てていきます。このとき、根元にドライヤーの風を当てるのがポイント。前髪にふんわりとボリュームを出していきます。ブラシかマジックカーラーを前髪の内側に入れてじっくり巻いていきましょう。

巻いた後は、冷風に切り替えて前髪を冷やしていきます。前髪を流す方向へブラシまたはマジックカーラーを使って、ゆっくり抜いて手ぐしで整えてください。低めの温度で巻きましょう。仕スタイリングスプレーをかけて完成です。

センターパート前髪にしたい方向けのブロー方法

【用意するもの】ドライヤー、ブラシ、スタイリングスプレー、ゴム、ピン

前髪をぬらし、ブラシで丁寧にとかして分けていきます。前髪にしたい部分を取り分け残りの部分はゴムで結んでおいてください。前髪をドライヤーで乾かしながら形をつけていきます。前髪が分かれたら前髪以外の髪をピンで分けていきましょう。上部から見てギザギザになるように分けてください。分け目がきちんと付く様に全体にスプレーをして出来上がりです。

パックリ割れる前髪を直すために必要な道具は?

まず、ブローをするときに必要不可欠な道具といえばヘアアイロン。ヘアアイロンが無いと、パックリ前髪を直すことはできません。また、温風と冷風切り替えがあるドライヤーだと、上手にブローができるのでおすすめです。前髪のパックリ割れを直す方法として、一番簡単で身近な方法がブロー。パックリ前髪を直したい女性は持っておくべき道具です。

ドライヤーの他にも、ストレートアイロンやコテがあれば強い味方になってくれるのですが、それ以上に必要な道具がスタイリングスプレーです。どれだけ、ブローをして綺麗なヘアスタイルを作ったとしても、外に出て風に吹かれれば一瞬でクセが元通りになってしまいます。必ずブローした後は、スタイリングスプレーで固めて、前髪が動かないようにしましょう。

パックリ割れる前髪をブロー以外の方法で直すには?

パックリ前髪のブロー以外の直し方は、ほとんどありません。しかし、例えば前髪を上げてピンを留めたり、帽子を被ってカバーしたりと対処法はいくつかあります。ブロー方法を学んだあとは、ブロー方法以外の対処法を学んでいきましょう。

外出先で前髪がパックリ割れてしまった時の対処法

外出先で雨に濡れてセットした前髪が崩れてしまったという経験のある女性も多いはず。雨は、パックリ前髪の大敵です。もし、外出先で雨に遭い、前髪が崩れてしまったら、前髪をいじらずに水気だけ拭き取って乾くのを待ちましょう。

前髪をいじればいじるほど、元の前髪に戻りづらくなります。濡れているのが気になるからといって、前髪をくしゃくしゃにしないように気を付けてください。

あえてパックリ割れる前髪を活かす方法もある!

パックリ前髪を活かして、ヘアスタイルとして整えてしまうという方法もGOOD。人それぞれ分け目というものがあるので、すぐに分け目を変えようとするのではなく、自分自身の分け目に合った前髪を選ぶことも大切です。

どうしても真ん中で割れてしまう方はセンターパート分けに。どちらか片方寄りに分け目がある方は斜め分けに。自分自身のクセを理解して活かしてあげることが、ストレスを無くす方法にもなるのではないでしょうか。

前髪のパックリ割れに悩んだらヘアスタイルを変えてみるのもアリ!

前髪のパックリ割れに悩んだら、思い切ってヘアスタイルを変えてみるという方法もあります。前髪を作るのではなく、前髪をなしにしてしまうのがおすすめ。前髪なしのヘアスタイルも、前髪以外の部分をカールさせてあげたり、ストレートにしてあげたり、長さやヘアカラーが違うだけで印象や雰囲気がガラッと変わります。

前髪をなしにしても、可愛い雰囲気の髪型や若見え効果のある髪型はたくさんあります。前髪ありのヘアスタイルにこだわらなくても、自分に似合う髪型はたくさんあるはずです。どうしても前髪のパックリ割れが気になってストレスになってしまうという方は、髪型を変えてしまうという手もありますよ。

また、前髪を切ったり、前髪を無くさなくても、結んだり、ヘアアレンジで前髪のパックリ割れを解決するという方法があります。前髪も後ろの髪の毛も一緒に結んであげることによって、前髪のパックリ割れが気にならなくなりますよ。まとめ髪は、顔全体が見えるので明るい印象を与えることもできます。前髪なしの髪型にもたくさんのメリットがあるのです。

最近では、可愛いヘアアレンジ方法がたくさん紹介されているので、前髪や髪の毛を下ろしているヘアスタイルだけが“可愛い”というわけではないのです。パックリ前髪で悩んでいる女性は、まとめ髪にも挑戦してみてください。まとめ髪に挑戦してみることで、新しい自分が見つかるかもしれません。

面倒なパックリ割れる前髪と上手く付き合おう

パックリ前髪の簡単な直し方や、前髪がパックリ割れてしまう方へのアドバイス、おすすめヘアスタイルなどを紹介してきました。前髪がパックリ割れてしまうことによって、ブルーな気持ちになったり、出掛けるのが嫌になったりしてしまいますよね。是非、前髪のパックリ割れで悩んだら、上記で紹介した対策方法を試してみてください。

そして、パックリ前髪を直す方法を試す前に、寝る前にきちんとブローをして寝るということや前髪にクセが付くような髪型をしないということを心がけてください。自分で出来る対策を行うことで、パックリ前髪になってしまっても直しやすくなりますよ。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-03 時点

新着一覧