ドラマ「ガリレオ」続編は福山雅治が拒否?柴咲コウ降板の理由も調査

福山雅治さん主演のドラマ「ガリレオ」は、2007年と2013年に放送されました。しかし、ドラマ「ガリレオ」の続編は、福山雅治さんが拒否していると言われています。福山雅治さんが続編を拒否する理由、さらに柴咲コウさんが降板した理由について調査します。

ドラマ「ガリレオ」続編は福山雅治が拒否?柴咲コウ降板の理由も調査

目次

  1. 福山雅治さんが拒否?!ドラマ「ガリレオ」の続編はありえない?
  2. 実に面白い!ドラマ「ガリレオ」とは?
  3. ドラマ「ガリレオ」第1シーズンの登場人物
  4. 続編!ドラマ「ガリレオ」第2シーズンの登場人物
  5. 吉高由里子さんが続編のヒロインに!憶測を呼んだ柴咲コウさんの降板
  6. 柴咲コウさんがドラマ「ガリレオ」を降板した理由とは?
  7. ドラマ「ガリレオ」のスピンオフで復活した柴咲コウさん
  8. 福山雅治さんがドラマ「ガリレオ」の続編を拒否する理由とは?
  9. 問題は他にも?ドラマ「ガリレオ」が続編を作れない理由・その2
  10. ドラマ「ガリレオ」の続編や降板について・まとめ

福山雅治さんが拒否?!ドラマ「ガリレオ」の続編はありえない?

ドラマ「ガリレオ」は、2007年10月から12月にフジテレビ系の「月9」枠で放送されました。さらに、2013年4月から6月まで第2シリーズが放送されています。

ドラマ「ガリレオ」は、スペシャルドラマやスピンオフドラマ、劇場版などが製作されました。しかし、ドラマ「ガリレオ」は、その後続編は製作の予定がないようです。それは、主演の福山雅治さんが拒否しているという噂があります。

福山雅治さんが続編を拒否する理由は何なのでしょうか?また、第1シリーズで柴咲コウさんが降板した理由は何だったのでしょうか?今回は、福山雅治さんが続編を拒否する理由や、柴咲コウさんが第1シリーズで降板となった理由などについて調査したいと思います。

Thumbガリレオ映画「容疑者Xの献身」のあらすじ!堤真一の演技がすごい?

実に面白い!ドラマ「ガリレオ」とは?

ドラマ「ガリレオ」の原作は、作家の東野圭吾さんの推理小説「ガリレオシリーズ」です。ガリレオシリーズは、「探偵ガリレオ」「予知夢」「容疑者Xの献身」「ガリレオの苦悩」「聖女の救済」「真夏の方程式」「虚像の道化師・ガリレオ7」「禁断の魔術・ガリレオ8」が発売されています。

この東野圭吾さんの小説を原作に、フジテレビが実写ドラマ化しました。福山雅治さんにとって湯川学役は当たり役で、ドラマは大ヒットしました。福山雅治さん演じる湯川学と、柴咲コウさん演じる内海薫の掛け合いの面白さも見どころでした。恋愛はほぼなしのストーリー展開でしたが、時折見せる湯川と薫の微妙な関係がドキッとさせました。

Thumb東野圭吾の推薦したいおすすめ名作ランキング!ガリレオや手紙など!

ドラマ「ガリレオ」第1シーズンの登場人物

ドラマ「ガリレオ」の第1シリーズの主な登場人物をご紹介したいと思います。

湯川学(ゆかわまなぶ)

福山雅治さん演じる主人公の湯川学は、帝都大学理工学部物理学科准教授で、天才物理学者です。頭が切れるだけでなく、容姿端麗で運動神経も抜群で、女子学生に人気があります。あだ名は「変人ガリレオ」です。オカルトや心霊現象は信じず、科学的根拠に基づいて難事件を解決していきます。

内海薫(うつみかおる)

柴咲コウさん演じる内海薫は、貝塚北署の新人刑事で、湯川に毎回捜査協力を求めるため、頻繁に湯川の研究室に出入りしています。原作にはないキャラクターでしたが、「ガリレオの苦悩」「聖女の救済」から原作にも登場するようになっています。ドラマから生まれたキャラクターが原作でも活躍するという、珍しいケースとなっています。

草薙俊平(くさなぎしゅんぺい)

北村一輝さん演じる草薙俊平は、貝塚北署に勤務していた刑事で、内海薫の憧れの存在です。警視庁に栄転し、貝塚北署を離れます。湯川とは大学の同期で、薫に湯川を紹介します。ドラマ「ガリレオ」では、女性刑事を湯川の相棒としていますが、原作では草薙が湯川の相棒です。

弓削志郎(ゆげしろう)

お笑いコンビ・品川庄司の品川祐さん演じる弓削志郎は、草薙の後輩で、薫の先輩です。原作では切れ者の刑事として描かれていますが、ドラマ「ガリレオ」では冴えない刑事といったキャラクターで、薫にもあまり信頼されていません。スピンオフドラマ「ユンゲル」では、弓削が主人公となりました。

栗林宏美(くりばやしひろみ)

渡辺いっけいさん演じる栗林宏美は、湯川学の助手をしています。湯川に捜査協力をさせる警察を快く思っていません。「万年助手」と言われ、薫にバカにされています。第2シリーズも引き続き、湯川の助手として登場しています。

城ノ内桜子(じょうのうちさくらこ)

真矢みきさん演じる城ノ内桜子は、美人監察医です。湯川のことを「ガリレオ先生」と呼んでいます。職場の遺体保存用冷蔵庫に、デザートやお菓子も保存する変わり者で、湯川とも話が合います。

続編!ドラマ「ガリレオ」第2シーズンの登場人物

ドラマ「ガリレオ」の第2シリーズは、主演の福山雅治さんと助手の渡辺いっけいさん以外は、ほとんどキャストが一新します。

岸谷美砂(きしたにみさ)

吉高由里子さん演じる岸谷美砂は、帝都大学法学部卒の警部補でキャリア組です。薫の後任として貝塚北署に配属された新人刑事です。薫から湯川に捜査協力を仰ぐように命じられます。薫に代わって湯川の相棒となって、事件を解決していきます。キャリアなためか少し生意気なところがあり、先輩や上司でも自分より下だと思う人にはタメ口で話します。

太田川稔(おおたがわみのる)

お笑いコンビ・ハライチの澤部佑さん演じる太田川稔は、薫の後輩の貝塚北署刑事です。美砂とコンビを組んでいます。美砂からは先輩扱いされていませんが、意外と勘が良く、事件解決に一役買うこともあります。スピンオフドラマ「タガーリン」の主人公にもなりました。

吉高由里子さんが続編のヒロインに!憶測を呼んだ柴咲コウさんの降板

ドラマ「ガリレオ」の第1シリーズで、湯川と薫のコンビが好評だったにもかかわらず、柴咲コウさんが降板したことで、様々な憶測を呼びました。

柴咲コウさんと犬猿の仲と言われる織田裕二さんがガリレオ劇場版「真夏の方程式」に出演予定だから降板したのでは?と言われたり、福山雅治さんの所属事務所「アミューズ」が同事務所所属の吉高由里子さんをゴリ押ししたからでは?とも言われました。

また、柴咲コウさんが強引にオファーを断ったのでは?などの憶測も飛び出し、柴咲コウさんと吉高由里子さんの確執なども囁かれました。しかし、事実は全く異なることだったそうです。それは一体どういうことだったのでしょうか?

柴咲コウさんがドラマ「ガリレオ」を降板した理由とは?

ドラマ「ガリレオ」の全シリーズのプロデューサーだった鈴木吉弘さんが、柴咲コウさんの降板した理由について語っています。

実は、降板を提案したのは柴咲コウさん自身だったそうなのです。ドラマ「ガリレオ」の初めての映画「容疑者Xの献身」の撮影終了後に、続編についての話が出た際、柴咲コウさんからこんな提案があったそうです。

柴咲は「湯川先生の隣には、彼を理解できず、振り回されてイライラしっ放しの新人がいい。それでこそ、湯川先生の魅力が引き立つと」と、明確なビジョンを語ったという。

ドラマ「ガリレオ」の第1シリーズで湯川を理解し始めた薫より、別の新人刑事で続編を作った方が面白いのでは?という柴咲コウさんの提案により、ヒロインが変更となったようです。柴咲コウさん演じる薫は、海外研修へ旅立つという設定となり、第2シリーズ第1話のみ出演してドラマ本編から去ることとなります。その提案が功を奏し、続編の成功に繋がったのかもしれません。

Thumb柴咲コウがガリレオを降板した理由とは?吉高由里子との交代は作品愛からだった!

ドラマ「ガリレオ」のスピンオフで復活した柴咲コウさん

しかし、視聴者としては、やっぱり柴咲コウさん演じる内海薫のファンもたくさんいましたから、内海薫がドラマ「ガリレオ」からいなくなることを寂しく思う視聴者も多かったと思われます。

柴咲コウさん演じる内海薫を惜しむ声に応えて、スピンオフドラマ「ガリレオ XX(ダブルエックス)内海薫最後の事件・愚弄ぶ(もてあそぶ)」が2013年6月22日に放送されました。原作にはないオリジナルストーリーのドラマでした。

福山雅治さんがドラマ「ガリレオ」の続編を拒否する理由とは?

ドラマも映画も大変人気のヒット作となった「ガリレオ」ですが、なぜ第3シリーズ以降の続編が作られないのでしょうか?それには、福山雅治さんの意向が大きく関係しているようです。福山雅治さんは、インタビューで下記のように答えています。

『ウケたからって毎回同じことをやるのは、1つの安定のように見えて、それは右肩下がりの表現』と断言しており、新しいことをやりたいという気持ちが非常に強い。そのため彼が再び『ガリレオ』で主役を演じる可能性は低いと言われています

大ヒットしているからと言って、何度も同じものを作るのはいかがなものか?と言う持論が福山雅治さんにはあるようです。ある意味「続編の拒否」とも取れますよね。ですが、その後に福山雅治さんが主演した月9「ラヴソング」は、あまり視聴率が振るいませんでした。その埋め合わせを兼ねて、「ガリレオ」の続編製作とはならないでしょうか・・・。

問題は他にも?ドラマ「ガリレオ」が続編を作れない理由・その2

実は、福山雅治さんの「続編の拒否」以外にも、ドラマ「ガリレオ」の続編を作れない原因があるようです。それは一体何なのでしょうか?

それは、原作のストックの残りが少ないということもあるようです。このドラマは、やはり東野圭吾さんの原作があってこそのドラマです。ドラマオリジナルのキャラクター・内海薫のスピンオフは作れたとしても、湯川が推理するような難事件のストーリーを考えられるのは、やはり東野圭吾さんだけなのでしょう。

そのため、どんどん続編を作るという訳にはいかないようです。原作あってのドラマはそういう理由で続編を簡単に作れないということもあるのですね。

ドラマ「ガリレオ」の続編や降板について・まとめ

ドラマ「ガリレオ」を柴咲コウさんが降板することは、柴咲コウさん自身が提案していたんですね。柴咲コウさんのドラマに対する思いが感じられたエピソードでした。

そして、ドラマ「ガリレオ」の続編が作られない理由は、1つ目は福山雅治さんがヒット作に固執することを望んでいないこと、2つ目は原作のドラマ化出来るストーリーが残り少ないということがあるようです。続編は難しいかもしれませんが、スペシャルドラマなら出来るかもしれませんね。その時はぜひ、柴咲コウさん演じる内海薫も出演して欲しいですね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-16 時点

新着一覧