緊張による腹痛・下痢の原因とは?治し方・対処法をチェック!

学校での発表や会社でのプレゼンなど、緊張する場面で急に腹痛に襲われた経験はありませんか?緊張による腹痛には原因があり対処法もしっかりあります。ここでは緊張による腹痛の治し方や、それに伴うおならや下痢についてもご紹介していきます。

緊張による腹痛・下痢の原因とは?治し方・対処法をチェック!

目次

  1. 人はなぜ緊張する?
  2. 緊張は誰でもすること。あまり考え込まないのが一番!
  3. ツボ押しが効果的!簡単にできる緊張や腹痛の緩和方法
  4. 緊張による腹痛はどうして起こってしまうの?
  5. その腹痛ストレスが原因になっているかも!
  6. 腹痛を対処したい!緊張による腹痛を治すには?
  7. 下痢も緊張が原因?緊張による下痢とは?
  8. 我慢する前に根本から治す!緊張による下痢やおならの治し方
  9. 食生活や生活リズムの改善で下痢や腹痛は防げる?
  10. 緊張による腹痛や下痢についてのまとめ

人はなぜ緊張する?

人が緊張してしまう理由にはいくつかの説があります。昔動物は狩りをして暮らしてきました。狩りをして暮らしてきたということは、生きていくうえで戦闘能力が必要不可欠ということです。

リラックスした状態では獲物が取れないように、狩りには適度な緊張が必要になってきます。その緊張はアドレナリンという物質が分泌されることで高まっていくのです。このように自分が狩られないために狩るという防衛反応が現代でも起こってしまっているという説があります。その他には目上の方に対し緊張してしまうこともあるようです。目上の人に緊張してしまうのも防衛反応が原因といわています。

Thumb電話が苦手な人の特徴や克服方法まとめ!緊張せずに話すコツは?

緊張は誰でもすること。あまり考え込まないのが一番!

しかし緊張はどんな人でもしてしまうもの。いつも緊張してしまうことについて考えすぎないようにしましょう。一流のスポーツ選手も試合ごとにもちろん緊張しています。しかし一流のスポーツ選手はそんな緊張の中大きな実績を上げているのです。

これは一流のスポーツ選手が優れているということもありますが、緊張することに対し恐れず、自信を持ってプレーするということが成功に大きく貢献しています。ですのでいつも緊張してしまう方でも自信を持つことにより大きな成功を収めることが出来ます。緊張してしまうと悩んでいる方は考え込まず、逆に緊張を楽しめるよう心掛けましょう。

ツボ押しが効果的!簡単にできる緊張や腹痛の緩和方法

緊張は暮らしの中で必ず誰しもが感じていること。悩む必要なんてありません。しかし、緊張をコントロールできれば、適度な緊張感を得ながら何事にも挑戦できるので、大きな成功を生みやすいです。

では、緊張しすぎてしまっていると感じた時に何か対策法はないのでしょうか?実は緊張するという気持ち自体はツボ押しである程度緩和できます。緊張してしまったが平常心でいたい時、緊張で腹痛を感じた時にとても効果的ですので、挑戦してみて下さい。

労宮(ろうきゅう)

労宮とは、心身のストレスを緩和してくれる働きのあるツボです。ストレスを感じているときに押すと痛みを感じることもあります。

この老宮というつばは手のひらにあり、手を握った時の人差し指と中指の真ん中あたりの手のひらにあります。逆の手のひらをグーにして刺激したり、親指などで市で記するだけでも効果があります。老宮というツボの効果はストレスの緩和や胃腸の不調の改善、上半身の血流を良くしてくれるなどの効果があります。

神門(しんもん)

神門というツボは血液の巡りをよくし、胃腸などの機能を活性化させる働きがあります。ツボの場所は手首の内側にある、曲げた時にできるしわの小指側です。反対の手の指先でつまむように刺激することで精神的に落ち着くことが出来ます。このツボは押しやすい位置にあるので、緊張する場面に合わせ刺激できるツボです。痛気持ちい程度の強さで刺激する事により、徐々に効果を期待できます。

内関(ないかん)

内関というツボは胃腸の不快感に効くツボです。腹痛や下痢、おならなどの症状がある時にも効果を発揮してくれます。場所は手首を曲げた時にできるしわから指3本分下のちょうど真ん中にあります。この場所は指先でつまむように指圧してあげるのが効果的です。胃腸の不調を改善してくれるツボですので、腹痛や下痢おならなどの症状がないときにも効果があるので、胃腸の不快感を感じた時すべてに使うことげできます。

Thumb話しかける方法やきっかけは?初対面の人でも簡単にできるコツは?

緊張による腹痛はどうして起こってしまうの?

暮らしの中で日常的に起こってしまう緊張による腹痛はどうして起きてしまうのかと思ったことはありませんか?実は緊張による腹痛には原因がしっかりあります。知らず知らずのうちに症状を悪化させてしまっていたり、原因を作ってしまっているとしたら今すぐやめたいですよね?ここからは緊張による腹痛の原因についてご紹介していきます。原因を知って緊張による腹痛を緩和しましょう。

腹痛の原因

緊張した時必ずと言っていいほど腹痛や下痢、おならを感じる方は、IBSと呼ばれる「過敏性腸症候群」かもしれません。過敏性胃腸症候群は下痢型や便秘型、腹部膨満型など様々なものがあります。

そしてこの過敏性胃腸炎の原因は冷たい飲み物の飲みすぎや冷房の使い過ぎ、ストレスなどによって起こるといわれており、若い世代の患者さんが増えている病気です。改善するには日々の暮らしの生活習慣や食生活を見直す必要があります。また気付かぬうちにストレスを感じている場合もありますので、リフレッシュするために趣味に没頭できる時間などを作るのも効果的です。

Thumbリラックス方法まとめ!緊張したときや寝る前にできる簡単リラックス法

その腹痛ストレスが原因になっているかも!

緊張による腹痛にはセロトニンという物質が大きくかかわっています。人間は暮らしの中で日ごろ感じる緊張やプレッシャーに対しストレスを感じています。

そのストレスはセロトニンという物質を体内に分泌させ胃腸に不具合を与えているのです。もちろんセロトニンは腹痛によるストレスでもさらに分泌されていきます。結果ますますセロトニンの分泌が進み、腹痛からおならへ、おならから下痢へと胃腸の機能の悪循環を招いています。

腹痛を対処したい!緊張による腹痛を治すには?

緊張による腹痛の治し方は日々の暮らしの改善が効果的です。まず一番対処しておきたいのはストレス。ストレスを根本から断ち切ることや、ストレスになるようなことを気にしないというのは難しいです。ですのでストレスをうまく発散できるような趣味などに没頭できる時間を作るのが一番の対処法になります。

その他にも毎日きっちり3食食べるなど食生活や生活習慣の見直しも重要です。その他に即効性のある方法としてはお腹で大きく息を吸って吐く腹式呼吸をする方法もあります。徐々に落ち着きを手に入れることが出来るので、緊張した時に是非試してみて下さい。

下痢も緊張が原因?緊張による下痢とは?

日々の暮らしでもたまに起こってしまう下痢は腹痛同様、緊張しストレスを感じた時に出るセロトニンという物質が原因となっています。セロトニンには胃腸の働きを乱し、本来腸で吸収されるべき水分が吸収される前に便を排出してしまう作用があるのです。

この作用により水分の多い便が出てしまうため下痢になることがあります。セロトニンは日ごろ心のバランスを保つために重要な役割をしていますが、強いストレスを感じた時には胃腸を痛めてしまう効果があるため注意が必要です。セロトニンが過剰に分泌しないようストレスをため込まないように心がけましょう。

我慢する前に根本から治す!緊張による下痢やおならの治し方

緊張によるおならや下痢の治し方は、ツボ押しや生活習慣の改善が効果的です。先ほど紹介したいくつかのツボ押しや、生活リズムの改善などが下痢やおならの対処法になります。また、腹痛などと併発して起こりやすい下痢やおならですが、緊張をほぐすと改善されていく場合があります。

治し方というような対処法を探すのではなく、根本的なストレスを緩和することに力を注いでみましょう。ストレスを緩和させるにはリラックスが一番です。トイレなど一人になれる場所を探し、深く数回深呼吸をしてみましょう。これだけでかなりのリラックスになるはずです。

食生活や生活リズムの改善で下痢や腹痛は防げる?

下痢や腹痛の治し方は様々ありますが、下痢や腹痛を対処するには日ごろの生活が肝心になってきます。食生活や生活リズムを変えるだけで下痢や腹痛は起こりにくくなりますし、健康にもよいです。治し方ばかりに気を取られず、日ごろの生活習慣を改めてみましょう。またそれでもなかなか効果が出ない時にはストレスが大きな原因となっていることもあります。

ストレスなんてないと思っていても知らないうちに実はストレスを感じていることもありますので、体の不調が現れる前に心療内科を受診してみましょう。しかし、心療内科はなかなか行きづらいという方は多いと思います。そんな時は自分の好きなことが出来る時間をいつもより少し多めにとれる時間を作りましょう。

緊張による腹痛や下痢についてのまとめ

緊張による腹痛や下痢の症状を抱える人は現代人に特に多く、なかなか深刻な問題になりつつあります。ストレスを強く感じやすい現代だからこそ趣味や気分転換に使える時間を増やし上手くストレス発散していきましょう。しかし緊張をしてしまうのはどんな人間も同じです。

あまり気にしすぎず緊張を楽しめる人間になることで大きな成功を生み出せることもあります。緊張をしてもツボ押しや深呼吸でコントロールし、上手く緊張と付き合っていきましょう。そして、腹痛や下痢を伴ってしまった場合には無理をせず落ち着くことが一番です。気にしすぎず適度な緊張感を持って生活していきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-01 時点

新着一覧