ワセリンのニキビ・ニキビ跡への効果を調査!正しい使い方まとめ!

ワセリンがニキビやニキビ跡に効果があると言われているのはご存知でしょうか。ニキビは皮脂のかたまりで、ワセリンは保湿に使われていてベトベトしているから合わないのではと思われがちですが、実はニキビやニキビ跡に効果があることが分かっているのです。

ワセリンのニキビ・ニキビ跡への効果を調査!正しい使い方まとめ!

目次

  1. ワセリンがニキビに効果あるの?
  2. そもそもワセリンて何?
  3. ワセリンの種類と効果
  4. ニキビの原因と種類
  5. 乾燥ニキビにワセリンは効果アリ
  6. ニキビ跡にワセリンは有効?
  7. 身体ニキビへのワセリンの使い方
  8. 肌のターンオーバーにワセリンは最適
  9. ワセリンでもニキビを根本的には治せない
  10. 正しい使い方でニキビ・ニキビ跡に効果を発揮する

ワセリンがニキビに効果あるの?

ニキビに効果のあるものと言えば、ニキビ専用の治療薬や病院で処方される薬が一般的ですよね。しかし最近ではワセリンがニキビに効果があると噂になっているのです。TwitterやInstagramでも写真付きでワセリンのニキビへの効果がUPされているので、その審議について調べてみます。

そもそもワセリンて何?

ワセリンが石油を精製したものであるというのはご存知でしょうか?石油と聞いただけでなんとなく肌に悪いイメージを持たれる方も多いと思います。しかしワセリンは詳しく言えば石油からとれた炭化水素類の混合物を脱色して精製したものであり、石油そのものではないため肌に悪いわけではありません。むしろ肌の保湿や保護に効果があるので病院でも処方されているのです。

ワセリンの種類と効果

ワセリンの種類

ワセリンには大きく分けて黄色ワセリンと白色ワセリンがあり、これらの違いは混合物脱色の精製度合いです。黄色ワセリンよりも白色ワセリンのほうが純度が高く安全で、医療用に使われているのは主に白色ワセリンなんです。

こちらはドラッグストアやバラエティショップでも手軽に手に入る「Vaseline」です。実はこれが黄色ワセリンなんです。白色ワセリンよりも純度が低いと言えども手荒れや唇の荒れなどの乾燥肌には充分保湿効果のある商品です。お手頃価格で販売しているのでリピーターも多いですが、ごく稀に敏感肌や肌の弱い方には合わなかったり症状が悪化することがあるようなので注意も必要です。

一方こちらが白色ワセリンです。肌荒れなどで病院から処方されることもある薬で、黄色ワセリンをさらに精製して不純物を取り除いたものになります。黄色ワセリンよりもお値段は張りますが、処方箋がなくても薬局やドラッグストアで買えるので子供や肌の弱い方にはおすすめですよ。

こちらも白色ワセリンです。上記のものよりもさらに精製された純度の高いワセリンになっています。安全性が高い為に顔や目の周りにも使えるのが特徴です。

こちらも白色ワセリンですが、プロペトよりもさらに不純物を取り除いて精製したワセリンの中でも一番安全性の高いものになっています。顔や粘膜、髪にも使える万能ワセリンですが、医薬品ではないためドラッグストアや薬局でも手に入りにくい製品です。お値段は張りますがたまにロフトや東急ハンズで販売しているので肌荒れに悩んでいる方は見かけたら買って損はないですよ。

ワセリンの効果と使用目的

ワセリンは保湿、保護効果が高い製品で主に乾燥でカサカサになった肌や荒れた肌に使われています。ワセリン自体は石油から作られた油脂なので水分があるわけではありません。塗ることによってもともと肌の角質層にある水分を乾燥で外表に出ないように閉じ込める効果があるのです。

ニキビの原因と種類

ニキビの原因とは?

ニキビは毛穴の詰まりが原因で引き起こされます。ニキビには思春期ニキビと大人ニキビと呼ばれるものがありますが、両方とも毛穴の詰まりが原因で起こるのです。10代に多い思春期ニキビは、皮脂の過剰な分泌によって毛穴が詰まって出来ます。大人ニキビは乾燥によって肌のターンオーバーが上手く行われず、角栓が細くなりすぎて毛穴が詰まりやすいことから出来てしまうと言われています。

ニキビは大まかに分けて5種類ある

まず第一段階の白ニキビです。白ニキビは毛穴に汚れが詰まったことによって出来るもので、見た目では分かりにくいですが触ればポツポツしているのでわかります。この時点ではニキビの元となるアクネ菌は発生していないので潰しても大丈夫です。

そしてこちらが第二段階の黒ニキビ。白ニキビの毛穴の詰まりが溢れだして外表に出ると、空気に触れて酸化し黒くなってしまうのです。鼻に出来ることが多く、悩んでいる方が多い症状ですね。

こちらが第三段階の赤ニキビです。白ニキビや黒ニキビをケアすることなく放っておくことによってアクネ菌が繁殖し、炎症が起きて悪化した状態になります。この段階になるとニキビを潰すのはNGです。潰すことによってニキビ跡の原因にもなってしまいます。

そしてこちらが第四段階の黄ニキビです。赤ニキビを放っておいたり執拗に触ることによって、アクネ菌がさらに繁殖して膿になってしまった状態です。ここまで悪化してしまうと痛みも出て来ますし病院に行くことをおすすめします。

こちらが第五段階の紫ニキビです。黄ニキビを放っておいたり、同じ場所に繰り返しニキビが出来ることで皮膚の奥深くから炎症が起こり膿と血が溜まってしまった状態になります。黄ニキビとは違い痛みはなく、触ると皮膚が凸凹としているのでかなりの確率でニキビ跡が残ってしまいます。

乾燥ニキビにワセリンは効果アリ

さて、ワセリンとニキビの種類について記述してきましたが実際ワセリンはニキビに効くのでしょうか?答えを言うと、初期の乾燥ニキビには効果があります。乾燥からできた大人ニキビは、皮膚のターンオーバーが上手く出来ていない状態なのでワセリンで皮膚に蓋をして水分を閉じ込めることで治すことが出来るのです。

ただし炎症が出る赤ニキビまでの初期ニキビに限ります。思春期ニキビや炎症ニキビにワセリンの油脂を塗ると悪化してしまう恐れがあるのでNGです。

ニキビ跡にワセリンは有効?

ニキビ跡が出来てしまう原因

炎症を起こしてしまった赤ニキビ以降のニキビは、肌内部に傷が付くことによってニキビ跡として残ってしまいます。なので気になるからといってニキビを潰してしまうのはもちろんNG!ニキビ跡の原因を作ってしまったのは自分かもしれません。

ワセリンの使い方とニキビ跡の種類によっては有効

ニキビ跡には、赤みのあるものや黒っぽく色素沈着してしまったもの、クレーター状の凸凹したものがあります。クレーター状のものは皮膚組織が破壊されてしまっているためワセリンでの効果は期待できないですが、赤みのあるものや色素沈着したものはワセリンのターンオーバー効果を利用することによってある程度治すことが出来ます。

ただし夏場や脂性肌の方は綿棒などで跡が気になる部分だけ塗る使い方がおすすめです。

ニキビ跡を消したいなら

ニキビ跡をキレイに消したいなら、ワセリンだけではなく毎日のスキンケアももちろん大切です。赤みや色素沈着を改善するために必要になってくるのはビタミンCです。シミ予防のスキンケアにもよく使われていますよね。ワセリンのターンオーバー効果を助けるためにもビタミンC配合のスキンケアを積極的に選ぶことで、ニキビ跡を消すことが出来るんです。

身体ニキビへのワセリンの使い方

ニキビ跡が残りやすい身体ニキビ

実は背中には顔と同じくらいの皮脂腺があるのです。しかも手が届きにくい分、顔よりもケアがしにくいためにニキビが出来やすく悪化しやすいのでニキビ跡も残りやすくなっています。

顔のニキビにはアクネ菌が繁殖するのですが、背中ニキビにはマラセチア菌というカビの一種が繁殖します。普段服を着ているので摩擦が起こったり汗をかいたりするのもニキビの原因になってしまうのです。

背中ニキビのケア方法

背中ニキビのケアは清潔にすることが一番の方法です。寝汗をかいたパジャマは毎日洗濯して、肌の弱い人は洗剤の刺激にも注意が必要です。お風呂に入った際にもボディーソープやシャンプー、リンスなどの洗い残しがないように丁寧に注ぎ、保湿にも気を使うことが背中ニキビのケアと予防法になります。

おすすめワセリン

お風呂後にワセリンで保湿を行うことも背中ニキビには効果があります。ただしワセリンのみだと伸びが悪く、テカテカに塗りすぎると服に付いてしまうためにニキビが悪化したりするので使い方が重要になってきます。普段使っているボディクリームにワセリンを少し混ぜて使うのもOKですが、ここではワセリン入りのおすすめボディークリームを紹介します。

こちらは黄色ワセリンの「vaseline」と同じメーカーのボディーローションです。伸びがよくしっとりと潤うのにベタベタしないので満足度も高く、リピーターも多い商品です。

こちらも有名な「NIVEA」の青缶です。お手頃価格で手に入るのに高い保湿力があると評判の商品で、実はこれにもワセリンが配合されています。ボディークリームなのでローションやミルクよりも伸びは悪いですが、乾燥が気になる方にはおすすめです。

そしてこちらがベビーワセリン。赤ちゃん用品の売り場で売っていることが多いので見かけない方もいるでしょうが、こちらは赤ちゃんから使えるので敏感肌の方にもおすすめのワセリンです。チューブ型で伸びもいいので背中にも塗りやすいですよ。

肌のターンオーバーにワセリンは最適

ワセリンはニキビに効果があるだけでなく、肌のターンオーバーの手助けにもなるので肌荒れや乾燥肌にも最適です。人の肌は28日周期でターンオーバーが行われると言いますが、上手く行われなかった場合には乾燥して広がった毛穴から異物が侵入して肌荒れを起こしてしまいます。そこでワセリンを使うことによって肌にバリアを作ることで、ターンオーバーを正常に行えるように手助けができるのです。

ワセリンでもニキビを根本的には治せない

ワセリンがニキビに効果があることを記述してきましたが、実はニキビを根本から治せるわけではないのです。ワセリン自体に殺菌効果や消炎効果があるわけではないので、肌のターンオーバーによって一時的にニキビに効果を発揮しますが、悪化したニキビやニキビの根が深ければ繰り返し同じ場所にニキビが出来てしまったりと根本的に治療することは出来ないのです。

正しい使い方でニキビ・ニキビ跡に効果を発揮する

いかがでしたでしょうか?ニキビの種類やニキビ跡によってはワセリンが効果を発揮すると言っても過言じゃないですね。しかしながら使い方やニキビの症状によっては効果がなかったり、ニキビを悪化させてしまうことにもなりかねないので注意が必要です。正しいワセリンの使い方とニキビの症状を見極めて、ニキビが炎症する前に一度試してみてはいかがでしょうか。

もっとワセリンについて知りたいあなたへ

Thumbワセリンがアトピーに効くワケは?乾燥・かゆみへの効果とデメリット
Thumbワセリンの正しい使い方・塗り方を調査!保湿効果はどれくらい?
Thumbワセリンは顔に塗ってもOK?保湿効果から正しい使い方まで徹底調査!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-14 時点

新着一覧