眼輪筋を鍛えるとぱっちり二重になれる?!鍛え方は?クマ対策にも!

目がパッチリしている人は美人といわれる事が多いですよね。目を大きくするために眼輪筋を鍛えている人が多いようです。眼輪筋を鍛えるための鍛え方や眼輪筋を鍛える事で得られる効果などをご紹介します。あなたも眼輪筋を鍛えてぱっちりおめめを手に入れませんか!

眼輪筋を鍛えるとぱっちり二重になれる?!鍛え方は?クマ対策にも!

目次

  1. 眼輪筋を鍛えると目が大きくなるらしい!
  2. 眼輪筋を鍛える!眼輪筋とは?
  3. 眼輪筋を鍛える!眼輪筋が衰えるとどうなる?
  4. 眼輪筋を鍛えるとこんなに嬉しい効果が!
  5. 眼輪筋使ってる?鍛える前にセルフチェック!
  6. 眼輪筋を鍛える!眼輪筋が衰える原因は?
  7. 眼輪筋を鍛える!正しい方法を身につけよう!
  8. 眼輪筋を鍛える!目の運動!
  9. 眼輪筋を鍛える眼球運動!
  10. 眼輪筋を鍛えるおでこのマッサージ!
  11. 眼輪筋を鍛える下まぶたの運動!
  12. 眼輪筋を寄り目で鍛える方法!
  13. 眼輪筋を瞬きで鍛える方法!
  14. 眼輪筋を鍛えるウルトラビーム!
  15. 眼輪筋を鍛えて目時からをアップしよう!まとめ

眼輪筋を鍛えると目が大きくなるらしい!

眼輪筋をご存知ですか?初めて耳にした人も多いのではないでしょうか。眼輪筋を鍛えると、一重が二重になった!目が大きくなった!小顔効果もある!目の下のクマ我で来にくくなった。などと話題になり、眼輪筋を鍛える人が増えているんだそうです。

では、眼輪筋とはどの部分の筋肉なのでしょうか。眼輪筋を鍛えると嬉しい効果がたくさんあるのだそうです!気になる眼輪筋のことや、眼輪筋がどのような働きをしている筋肉なのか。みんながどんな眼輪筋の鍛え方をしているのかなどをまとめていきます。

眼輪筋を鍛える!眼輪筋とは?

眼輪筋は、目の周りを覆うドーナツ状の筋肉で、主にまぶたの開け閉めをする働きをします。また、涙嚢という袋に集められた涙を眼輪筋は、ポンプとしての働きで押し出す役割があります。眼輪筋の詳しい位置や働きについて動画で見てみましょう。

眼輪筋の詳しい位置がわかりました。また眼輪筋のまわりには眼輪筋の働きが連動する筋肉もたくさんあることがわかりますね。眼輪筋はそれ自体でも大切な働きをしてくれる筋肉ですが眼輪筋に付帯するたくさんの筋肉があり私達の顔を作っていることがわかりました。

眼輪筋を鍛える!眼輪筋が衰えるとどうなる?

眼輪筋が衰えるどうなるのでしょうか。眼輪筋が衰えると上まぶたが垂れ下がって来て、目が小さく見えてしまいます。また、目の下にクマが出来やすくなり老け顔に見えてしまうようになってしまう事もあるようです。涙袋が大きくなり、腫れぼったい目元になってしまう事もあります。

携帯を長時間見ていたり、パソコンを長時間するする機会が増えた現代では、眼輪筋が衰えやすくなっているようです。あなたの肌がもしたるんでしまったり、しわが気になるときは、美容法やスキンケアの方法に原因があるわけではないかもしれません。眼輪筋を鍛える事で美容法やスキンケアにも良い効果が現れるかもしれませんね!

眼輪筋が衰えると、まばたきの時に上下のまぶたがくっつかず不完全瞬目という症状が現れやすくなる人もいるようです。不完全瞬目は、まぶたがしっかり閉じないのでまぶたの隙間から涙が蒸発してしまい、ドライアイの原因になってしまうそうです。眼輪筋が衰えると目のトラブルにも繋がる可能性があるんですね。そんな身体的なダメージの他にも、若い女性の中では眼輪筋を鍛えると目が大きくなった。一重が二重になった。などという嬉しい効果もあると話題になっているようです。具体的にどんな嬉しい効果があるのか見てみましょう。

眼輪筋を鍛えるとこんなに嬉しい効果が!

目の周りの筋肉である眼輪筋を鍛えると、一重だった目が二重になった。という人もいるようです。眼輪筋が衰え、目の周りにたるみが出来ると目が小さく見えてしまうことがありますが、眼輪筋を鍛える事で目の周りの眼輪筋がまぶたを引き上げ目が大きくなったように見えるようです。

また、涙袋が発達することで涙袋がぷっくりなって目もとの印象が変わったりする可能性もあります。目元には年齢が出やすい分、せっかく若い女性でも眼精疲労が原因で目元がたるんでしまったり目の下にクマだ出来ていませんか。目元の印象が変わることで若く見られるようになるかもしれません。眼輪筋を鍛えて若々しい目元作りをしてみませんか。眼輪筋のトレーニング方法も紹介していきます。

眼輪筋使ってる?鍛える前にセルフチェック!

眼輪筋を鍛えていく前に自分で眼輪筋を日頃使っているのか、使えているのか気になりませんか。外輪筋は衰えるとぴくぴくと痙攣したりする事もあるようです。ではまず、目をぱっちり開けようとしてみてください。その時に、おでこに横ジワができていませんか?目をパッチリ開けようとした時におでこに横ジワができる人は、まぶたの筋肉の力、要するに眼輪筋を使わずに、前頭筋と呼ばれるおでこの筋肉の力で目を開けているという証拠なんだそうです!

美容やスキンケアには木を配っていても、眼輪筋はいつの間にか使われなくなって衰えやすい筋肉です。携帯やテレビ、パソコンの画面に集中しているとつい瞬きを忘れてしまったりしますよね。眼輪筋を使っていないことが解ったら、今から眼輪筋の鍛え方をマスターしましょう!普段の生活に簡単に取り入れられる鍛え方ので、美容の為に、また健康な眼輪筋を保つために早速始めましょう。

眼輪筋を鍛える!眼輪筋が衰える原因は?

美容の為に、毎日当たり前にやっているスキンケアのように眼輪筋も鍛えていきましょう。眼輪筋の衰えの原因は何なのでしょうか。眼輪筋が衰える一番の原因は加齢によるものなんだそうです。眼輪筋が加齢によって衰えるとまばたきの回数が減り、眼輪筋が更に衰えていきます。美容方法やスキンケアの方法を見直す前に眼輪筋の鍛え方を見につけるのもスキンケアや美容にとって良いかもしれません!

眼輪筋が衰える原因は他にもあります。加齢以外でも眼輪筋の衰えの原因となるのが、携帯画面やパソコンの画面を長時間見続ける行為に関係があるそうです。携帯やパソコンに集中していると無意識でまばたきの回数が減ってしまいます。また、携帯やパソコン、タブレットなどを使用しているとき、どんな体制で見ていますか。下を向いている時間が長ければ長いほど目の周りの皮膚がたるみ、たるんだ皮膚を支える眼輪筋に負担がかかってしまい眼輪筋が衰える原因に繋がってしまいます。

眼輪筋を鍛える!正しい方法を身につけよう!

眼輪筋を鍛える方法はたくさんあるようですがまずは正しい眼輪筋の鍛え方を身につけましょう。まず、人差し指で目尻を軽く外側に引っ張った状態を作ります。そのまま目をぎゅっと閉じてください。目を外側に引っ張った指が、内側に引き戻される感覚があれば、眼輪筋に負荷が正しく掛かっている証拠です。次に、人差し指で目尻の少し上の部分を押さえ、外上方に引っ張っ離ます。「上がり目」の状態です。その状態で、目に力を入れぎゅっと閉じます。これを左右5秒、交互に3回行います。

これが基本の眼輪筋の鍛え方になります。筋肉を鍛えるといってもダンベルや機会は必要ないので通勤時間や、ちょっとした空時間などに気軽に行える鍛え方ですよね。美容法としてスキンケアと同じ用に日常に取り入れてみましょう。毎日繰り返すことで少しずつ効果が出てくるかもしれません。

眼輪筋を鍛える!目の運動!

眼輪筋の鍛え方に適しているムンクの叫び顔。家の外ではやりにくい顔ですが、こんな簡単な鍛え方で目元がすっきりして二重になったりする嬉しい効果もあります!顔の表情筋も使う眼輪筋の鍛え方なので、肌の顔全体の血行がよくなります。目の周りのたるみやクマが気になる人は是非ムンクの叫びの眼輪筋の鍛え方に取り入れてみてください。

顔全体を使う鍛え方なので眼輪筋にも効果が期待できます。顔全体をほぐすお、エージでムンクの叫びを取り入れましょう。最初は無理せず、ゆっくりと、なれてきたら朝起きて顔を洗った後や、お風呂上りなどに取り入れてみましょう。眼輪筋がほぐれると顔がすっきりしします。朝晩に行うのがおすすめです。

眼輪筋を鍛える眼球運動!

眼球をワイパーのように動かす眼輪筋の筋トレ方法です。速度はゆっくりです。車のワイパーの速度は意識せず自分のペースでやってください。日頃使わない眼輪筋が使われて最初は少し疲れますがなれてくると目がすっきりした感覚がします。

目をワイパーのように左右上下に動かす眼輪筋の鍛え方です。ゆっくりと行いましょう。入浴中やちょっとした休憩時間などの空時間に行える眼輪筋の鍛え方です。鍛えた後は目をぎゅっとつぶって目を休ませましょう。

眼輪筋を鍛えるおでこのマッサージ!

目のたるみやむくみは眼輪筋だけの衰えが原因ではありません。眼輪筋に付帯する様々な筋肉が私達の顔の均整を保っている事も解りました。そこで続いて、目のたるみなどに影響を与えるおでこの筋肉をほぐす方法ご紹介します。おでこの筋肉をほぐすことで血行が良くなり、スキンケアや美容にも良い影響があるといわれています。おでこの疲労を解消することで、クマを軽減したり、目のたるみが解消され二重になりやすいまぶたを作ります。

おでこのコリをほぐすことで血行が良くなりスキンケアにも繋がります。目の下の気になるクマは結構不良によるものが多いので、おでこを始めとして、眼輪筋の鍛え方次第では二重になったりする効果が期待できます。二重になりやすくなるだけではなく、顔の血行がよくなるので、美容にも良い影響があると考えられています。スキンケアが少しでも楽になるのは嬉しい効果ですよね。

眼輪筋を鍛える下まぶたの運動!

美容やスキンケアに気を使っている人でも、眼輪筋に気を使っている人は少ないようです。眼輪筋を鍛える事で目のたるみを軽減したり、クマが出来にくくなるなどの嬉しい効果も期待できます。外輪筋の鍛え方をマスターして目のたるみやクマを失くしましょう!

目のたるみは老け顔の原因です!どんなに美しく化粧をしていても顔が浮腫んだり血行不良や眼精疲労による肌荒れも起こり得ます。日頃のスキンケアに加えて簡単な眼輪筋の鍛え方をマスターしましょう。下まぶたを中心にした眼輪金の鍛え方の紹介です。

眼輪筋の中でも下まぶたを中心に鍛えていきます。鏡を見ながら、10秒ほど「眩しい」というような目つきをします。下まぶたを上げるイメージです。目の周りに、シワができないよう注意して行いましょう。普通の状態に比べて、下まぶたを2~3mm上がっていると理想的です。続いて上まぶたの中心辺指で引き上げるようにして、眉毛の下で押さえます。

指で押さえた状態で目をギュッと閉じます。この鍛え方で眼輪筋が鍛えられてすっきりします。美容法としてスキンケアと合わせて取り入れたいですね。顔の血行がよくなった様な感覚が得られるはずです。眼輪筋の筋肉が鍛えられ二重になった人も多いようです。日頃から取り入れたい眼輪筋の簡単な鍛え方ですね。

眼輪筋を寄り目で鍛える方法!

日頃あまり意識して使わない眼輪筋の内側の筋肉を鍛えます。寄り目にする時に使われるのが眼輪筋です。5回を3セットほど繰り返しましょう。すp-度はゆっくりと。セット数も自分の状態に合わせて取り入れましょう。終わった後は目を閉じて目を休ませる事も忘れずに。

自信で目を寄せるのが苦手な人は、目の前に指を置いて指を見つめる方法が簡単です。意識して目を使うことで眼輪筋を鍛えられます。あまり無理せず、ゆっくりと繰りかえし行いましょう。眼輪筋が鍛えられすっきりとした目元になります。

眼輪筋を瞬きで鍛える方法!

眼輪筋を鍛える色々な方法をご紹介しています。自分に合った鍛え方は見つかりましたか。どれも簡単で取り入れやすい鍛え方ですね。眼輪筋を鍛えて目のむくみや目の下のクマうぃ軽減しましょう。顔の血行がよくなることでスキンケアがやりやすくなった、肌の調子が良い、二重になったなど嬉しい効果も期待できます。クマがあるだけで老け顔に見えてしまうので少しの時間でも眼輪筋を鍛えるよう心がけたいですね。

眼輪筋が鍛えられることでまぶたの脂肪が減り二重になりやすくなります。ホットタオルで眼輪筋をほぐしてからトレーニングを行うとよりより効果が期待できます。日頃使わない眼輪筋をトレーニングで動かしてみましょう。眼輪筋が鍛えられると目の周りがすっきりとし、二重になりやすくなったり、まぶたのむくみが取れ目が大きくなったという効果もあがっています。

眼輪筋を鍛えるウルトラビーム!

手を使ってまぶたを押さえて行う眼輪筋の鍛え方です。こちらは身体を動かしながらやるのも特徴です。筋肉に抵抗を与えて眼輪筋を鍛えます。簡単な動作で鍛えられるので取り入れやすいですね。

同じ様に眉毛と目の下の部分を押さえて眼輪筋を鍛える方法もあります。ヨガとして取り入れている人も多い眼輪筋の鍛え方です。眼輪筋を鍛える事で目元がすっきりとし若々しくなれると評判です。こんな簡単な方法で眼輪筋は鍛えられるので日常のちょっとした隙間時間に取り入れてみましょう。

眼輪筋を鍛えて目時からをアップしよう!まとめ

顔のむくみや目のたるみ、目の下のクマの原因は美容法だと思っていませんか。日頃からスキンケアをしている人は多いですが、眼輪筋を鍛えている人も最近は増えているようです。眼輪筋が衰えてしまうと、目のたるみや目の下にクマが出来やすくなり、老け顔になってしまう人も多いようです。眼輪筋が衰える原因は加齢によるものがほとんどですが、最近ではパサ紺や携帯の画面を同じ姿勢で見続ける行為が原因で眼輪筋が衰えている人も多いようです。眼輪筋を鍛える方法はとても簡単なので、日常の中に取り入れてみましょう。

目をぎゅっと閉じてぱっと開く、これだけでも眼輪筋が鍛えられます。日頃意識していない眼輪筋を使うと最初は疲労を感じますが、少しずつ慣れてくると眼輪筋のトレーニング後はすっきりとした感覚が味わえます。目の周りをドーナツ状に囲む眼輪筋が鍛えられると目のたるみが解消されたり、まぶたが持ち上げられるために目が大きくなったという嬉しい効果も期待できます。毎日の中で少しずつでも眼輪筋のトレーニングを取り入れ、パッチリとした目元を手に入れましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-27 時点

新着一覧