ほくろ除去後の経過を調査!化粧はいつからできる?【画像・ブログ】

ほくろ除去したいけど、経過が気になる!会社や学校に影響はないの!?ほくろ除去後どのくらいで跡が目立たなくなるの?さまざまな疑問がわいてきます。皮膚科や美容外科でほくろ除去した後の経過や手術の方法まで参考にしてみましょう。

ほくろ除去後の経過を調査!化粧はいつからできる?【画像・ブログ】

目次

  1. そのほくろチャームポイント?コンプレックス?
  2. ほくろ除去は簡単にできるの?
  3. ほくろって何?
  4. ほくろ除去方法と経過
  5. ほくろ除去①炭酸ガスレーザー治療と経過
  6. ほくろ除去②Qスイッチレーザー(Qスイッチルビーレーザー)治療と経過
  7. ほくろ除去③メス切除縫合法と経過
  8. ほくろ除去④くりぬき切除法と経過
  9. ほくろ除去⑤セルフ除去経過(クリーム)
  10. 生活に支障はあるの?
  11. ほくろ除去後の注意点
  12. ほくろ除去後の経過で気になる点
  13. 経過観察中にわきあがる不安なことは?
  14. ほくろ除去におすすめなクリニック
  15. さようなら、ほくろ

そのほくろチャームポイント?コンプレックス?

チャームポイントになるほくろ。だけど場所や大きさによったらコンプレックスに。このほくろさえなければ…なんて気持ちありませんか。ほくろ除去して、コンプレックスも除去!自分をもっと好きになれるかもしれませんよ。

ほくろ除去は簡単にできるの?

ほくろの中でも顔にあるほくろは目立つため、コンプレックスに感じている方もいらっしゃるでしょう。簡単に除去することはできるのでしょうか。答えはYES。大きさや場所にもよりますが比較的簡単にほくろ除去できるのです。皮膚科や形成外科、美容外科でほくろ除去することがきます。

ほくろって何?

そもそもほくろって何でしょうか。簡単に言えば、皮膚の中でメラニン色素が一か所に固まって黒くみえているのがほくろです。ほくろはしみの一種なのです。生まれつきある「先天性」のほくろ以外は後からなんらかの原因で増えていく「後天性」のほくろです。

ほくろができるのは紫外線を浴びることが一番の原因だといわれますが、他にもストレスやホルモンバランスの乱れがあげられます。女性は妊娠中に女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増え、ほくろが増えたり大きくなったりしやすい状況になってしまいます。ちなみに「ほくろを数えると増える」というのは都市伝説です。

ほくろを増やさないためには、紫外線対策をきちんとし、適度な運動でストレス発散し、睡眠時間をしっかり確保。そして肌のターンオーバーを助ける食材をバランスよく摂る、など対策は色々あります。でも、残念ながら一度できてしまったほくろは消えません。

特徴的なほくろであれば、それを個性だと思っていかすことも一つでしょう。でも、それがコンプレックスになっているのであればほくろ除去することで自分をより好きになれることになるでしょう。では実際にほくろ除去の方法と、その経過をみてみましょう。

ほくろ除去方法と経過

はじめに比較的簡単にほくろ除去できると書きましたが、不安や疑問がいろいろわいてきますよね。仕事や学校に支障はないの?跡はどのくらいで消えるの?綺麗にほくろ除去できるの?など。経験者の方々のブログや経過写真で疑問を解消していきましょう。

一番気になるのはほくろ除去した跡が目立つのかどうか。取った後の経過が気になりますよね。除去した方法によって、またほくろの大きさによって多少差はあるようです。どのような方法があるのか、またそれぞれの経過についてみていきましょう。

ほくろ除去①炭酸ガスレーザー治療と経過

炭酸ガスレーザー治療はほくろ除去に多く使われています。ピンポイントにレーザーを当て、ほくろを焼いて除去する方法です。メスはいれません。ほくろ除去後、患部が軽いやけどのような状態でひりひり感じる人もいます。2,3日経過するとかさぶたになりますが赤みがでることもあります。

こちらの記事では炭酸ガスレーザーについて経過など詳細を載せてくれています。レーザー治療を考えている方にはとても参考になりますよ。

Thumbほくろ除去レーザー(炭酸ガス)の経過は?メリットやデメリットまとめ

ほくろ除去②Qスイッチレーザー(Qスイッチルビーレーザー)治療と経過

ほくろ、しみ、あざ、刺青などを消すことができる治療です。メラニン色素を破壊し、ほくろを薄くしていって除去する方法です。肌へのダメージが最小限ですみますし、少ない回数で効果がでます。

「ほくろ除去 Qスイッチレーザー ブログ」で経過の画像で状態を確認できるブログがでてきます。皮膚科や美容外科のブログもありますよ。ほくろ除去というよりは、徐々に薄くして自然に消えていくという感じのようです。

ほくろ除去③メス切除縫合法と経過

局部麻酔をし、メスでほくろを切開する手術となります。ほくろ除去後、切開した部分を糸で縫合します。麻酔が効いているので、手術中の痛みはありません。1~2週間経過し、傷がふさがれば抜糸となります。傷口はガーゼの上から絆創膏またはテープを貼ります。

ほくろ除去手術後の患部画像です。黒い糸で縫われています。ねこそぎ切除するため、ほくろの大きさより傷口は大きくなります。ほくろの状態によっては保険適用されるので病院で確認してみましょう。

「ほくろ除去 くりぬき法 ブログ」で切除縫合法の経過がわかるブログがでてきます。画像つきで状態もわかりやすいですよ。

ほくろ除去④くりぬき切除法と経過

これも局部麻酔をしての手術となります。メスやパンチでほくろの境界線ぎりぎりをくりぬきます。くりぬくという表現が痛そう…ですが、麻酔が効いているので大丈夫です。1~2週間経過するまで傷口をテープやガーゼで覆う必要があります。

患部は湿潤療法で治していくようです。「ほくろ除去 くりぬき法 ブログ」で検索すると経過を載せてあるブログが色々出てきます。画像と経過をおって状態をわかりやすく載せてあります。

ほくろ除去⑤セルフ除去経過(クリーム)

ほくろ除去には自分でできる方法もあります。ほくろ除去クリームやジェルを塗る方法です。クリームやジェルを塗ったあと、書いてある通りに時間をおいて洗い流します。経過はレーザー治療に似て皮膚はやけどしたような状態になります。

手軽にできていいようにも思いますが、失敗しても自己責任となるため、できれば医療機関で相談してほくろ除去に踏み切るのがよいと思います。失敗例としては傷がケロイド状になる、陥没する、化学やけどになる、などあります。顔ではなく体であれば、試しに自分でほくろ除去してみてもよいかもしれませんね。

「ほくろ除去 クリーム ブログ」で検索するとブログが色々でてきます。クリームでほくろ除去した経過を画像つきで見ることができます。細かく日をおって患部の経過画像を載せてあるブログが参考になりますよ。

生活に支障はあるの?

日帰りで除去が可能なので、学校や仕事に支障はありません。でも、患部にしばらくテープや絆創膏をつけて経過を見なければなりませんので、たくさんほくろ除去するとなると目立ってしまうので注意が必要です。

ほくろ除去後の注意点

どの方法でも、ほくろ除去後は患部に紫外線に当たらないよう注意が必要です。患部を絆創膏やテープで保護し、その上から日焼け止めクリームを塗ります。紫外線吸収剤の入ってないクリームを選んでくださいね。外出する時は、帽子や日傘の紫外線対策も必要です。

ほくろ除去後のケアはとても大切です。経過の対応で跡の目立ち方にも影響が出るので、病院で言われた通りしっかりアフターケアをするようにしましょう。自己判断で薬やテープをやめないようにしましょうね!

ほくろ除去後の経過で気になる点

化粧はいつからできる?(レーザー治療)

経過についてはだいたいわかってきましたね。では、ほくろ除去後どのくらいでお化粧ができるのでしょうか。女性にとってはそこも気になるポイントです。

炭酸ガスレーザーの場合は、2,3日経過してかさぶたができれば上から薄くお化粧できます。ただ化粧を落とす時にかさぶたがはがれるとまた振り出しにもどるので、患部が落ち着くまではテープの上から、もしくは患部を避けてお化粧するのがよいでしょう。マスクで隠せる部分ならマスクでカバー!

Qスイッチレーザー(Qスイッチルビーレーザー)治療の場合はかさぶたが取れ、1週間~10日ほど経過し、皮膚が再生するまで化粧はできません。それまでは患部を避けて化粧するのがよいでしょう。こちらもマスクで隠れる部分ならマスクでカバー!

化粧はいつからできる?(手術)

メス切除縫合法は手術となりますので、抜糸しても経過中に傷が盛り上がってくることがあります。これをふせぐために経過1か月以上はテープをする必要があります。傷口が落ち着いてきたら、担当医に化粧をしてもよいか相談してみましょう。

くりぬき切除法は1週間ほど経過すると傷口は落ち着きますが、陥没しているので傷口にファンデーションがはいらないよう注意が必要です。湿潤療法で患部を覆いますので、経過中は患部をさけてお化粧するか、テープの上からする方がよいでしょう。

経過観察中にわきあがる不安なことは?

ほくろ除去直後は多少なりとも後悔の念がわくようです。患部がくぼんだり、赤みが出たり、黒っぽく見えたり…取ってよかったのか、と経過を不安に思うこともあるようです。ですが数週間経過して患部が落ち着き色も薄くなってくると、不安も徐々になくなるようです。

ほくろ除去後の赤みやへこみが目立たなくなるには、レーザー治療の場合3か月程度、手術では1か月程度経過しないといけません。除去後すぐの患部を見てしまうと不安になると思いますが、あせらず経過を観察してください。

再発についても不安になりますよね。レーザー治療の場合は再発することもあるようです。一度取っても完全に取りきれていなければ、時間の経過でほくろができてしまうこともあるからです。手術の場合は根こそぎ取れるので再発率が低くなります。

ほくろ除去するときに、お医者さんとよく相談して再発しにくい手術を選ぶか、手軽に除去できるレーザーを選ぶか決めるとよいですよ。ただし、大きさや形状、ほくろのある場所などで、ほくろ除去方法が限られる場合があります。経過にも個人差がありますので、その点は注意しましょう。

ほくろ除去におすすめなクリニック

では実際にみんなはどんな所でほくろ除去を受けているの?って気になりますよね。皮膚科でできる場合もありますが、やはり美容外科で受けている人が多いようでした。そこで、今回は口コミ評価のよかった美容外科を紹介します。

東京中央美容外科・美容皮膚科

①レーザー治療

メリット
・小さな傷で治りが早い。
・術後の浮腫・疼痛が少ない(個人差があります)
・施術時間が短い(個人差があります)

②電気メス分解法

メリット
・直径5~6mmくらいまでは1回で切除できる。
・治療時間が5~30分と比較的短い。(大きさや個数によって異なります)
・傷口はほとんど目立たない。(個人差があります)

③切開法

メリット
・切開することでほくろの組織を完全に取り除いてしまうので、大きなほくろも綺麗に除去することができる。
・ほくろの再発率が少ない。

もっとほくろ除去について知りたいあなたはこちら

さようなら、ほくろ

さあ、決心はついたでしょうか。経過や跡にも個人差があるようです。何個かとりたいほくろがある場合は一度に取らずに、まずは試しに一つからほくろ除去してみましょう。何年も付き合ってきたほくろですから、後悔のないように「さようなら」できるといいですね。

ほくろの関連記事はこちら

Thumbほくろ除去の失敗例まとめ!【赤み・傷跡・陥没・ケロイド】
Thumbカソーダでほくろやシミがとれるの?作り方や使い方・効果はあるの?
Thumbほくろ除去クリームのおすすめは?薬局や通販で買える?やり方も紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-20 時点

新着一覧