多肉植物の育て方や増やし方は?植え替えのコツ、大事なポイントを紹介

今や様々なお店で手軽に手に入る多肉植物。基本の育て方をご存知ですか?また多肉植物をもっと楽しみ、より元気に育てる為には、増やしたり、植え替えをすると良いですよ。ここでは育て方や植え替えのポイント、コツなどをご紹介します。

多肉植物の育て方や増やし方は?植え替えのコツ、大事なポイントを紹介

目次

  1. 多肉植物とは?特徴や育て方など人気のポイントとは
  2. 多肉植物の簡単な増やし方のコツ
  3. 多肉植物の増やし方、適した時期は
  4. 種類によって特徴が違う!ざっくりとポイントを掴んで失敗知らず!
  5. 植え替えしたほうがいい多肉植物の見るべきポイント
  6. 植え替えの方法、ポイントを掴んで失敗知らず!
  7. 土のこだわりも失敗を減らす育て方のコツのひとつ!
  8. 多肉植物をもっとおしゃれに!アレンジのコツ
  9. 多肉植物が増えたらどう活かす?プレゼントやリース作りなど楽しみ方
  10. 多肉植物のトラブル!注意するべき育て方のポイント
  11. 多肉植物の増やし方や植え替え方法を知って、もっと楽しい多肉ライフをおくろう!

多肉植物とは?特徴や育て方など人気のポイントとは

インテリアショップや園芸屋さん、100円ショップなどでも多肉植物が販売されている光景を良く見るようになりました。今や、私達の身近に存在する多肉植物。その特徴と育て方、何故今人気があるのかそれぞれご紹介します。

多肉植物の特徴

多肉植物の特徴は主に乾燥地帯に生育する植物であるため乾燥に強いという事があげられます。根や茎のぷっくりとして、肉厚な部分に、水分を貯めておき生育できるという性質を持っています。色は少しくすんだ色や落ち着いた色合いが多く個性的な形を持つ多肉植物も多いです。

多肉植物(たにくしょくぶつ)は、葉、茎または根の内部の柔組織(じゅうそしき)に水を貯蔵している植物の総称である。砂漠や海岸のような乾燥地帯に生育するものが多い。多肉植物のうちで、サボテン科が非常に種類の多いグループであるため、一般に園芸業界では「サボテン」とそれ以外の「多肉植物」とに分けて呼ばれることが多い。

多肉植物の育て方のポイント

多肉植物の種類によって細かい育て方の違いが出てくる場合もありますが、一番のポイントは、光と水です。直射日光では強すぎる場合もありますが、一般的には十分な光を与える事で元気に成長します。ですので、普段室内に多肉植物を飾りたいという方でも定期的に外に出して光を十分に浴びさせてあげる事が大切です。

また水やりも重要なポイントです。多肉植物は乾燥に強い植物ですが、水が不要な訳ではありません。水やりのタイミングは、まずは1週間から10日に一度のペースであげてみます。量は、鉢の中の土全体が湿る程度で、あげすぎに注意します。

毎日観察し、葉が乾燥してくるとしわが寄ったりしおれ気味になってきます。そしたら水やりのタイミング!水やりのペースを掴み個々の植物のペースに合わせてあげましょう。

多肉植物が人気のポイント、育て方が楽など魅力がいっぱい

何故今多肉植物が人気なのでしょう。上記にあげた通り、まずは水やりの手間が通常の植物よりもかからないのが大きなポイントです。また比較的強く育てやすいというのも初心者には手を出しやすいですね。またコンパクトで場所をとらない、比較的落ち着いた色合いの種類が多いのでインテリアと調和しやすい、個性的な形の種類も多く観賞用として楽しめるなど多くの人気ポイントがあります。

多肉植物の簡単な増やし方のコツ

多肉植物が、沢山並んでいる様子はとても可愛らしいです。またボリュームたっぷりの多肉植物のリースなどはとても存在感がありますね。多肉植物は増やすことが出来ます。ここでは多肉植物を増やす方法として葉で増やす「葉挿し」、株を切り増やす「挿し木」、株を分けて増やす「株分け」の3つの方法を紹介していきます。

増やし方①葉挿しの育て方のコツ

葉挿しとは、自然と取れた葉を、乾いた土の上に置いておき増やす方法です。葉挿しが向いている多肉植物の種類は、エケベリア、グラプトペタルム、アドロミスクス、セダム、カランコエ、クラッスラ、グラプトペタルム、パキフィツム、ガステリアなどの種類です。

葉を浅い容器の中に敷いた土の上に置き、根が出たら水やりをして、さらに数週間経つと、葉の付け根から新しい芽が出てきます。葉挿しする葉を付け根が軽く土に埋まるように置きます。すぐにはお水は与えないで、根が出るまで待ちます。根が出たら水やりをし、その後成長してきたら鉢に植え替えましょう。

用意するものは、取れた葉、もしくはアルコール消毒したはさみでカットした葉、パットなど浅い容器、水はけのよい土、鉢です。

増やし方②挿し木の育て方のコツ

挿し木は伸びてきてしまったときや株が大きく生長した時に行うと良いです。挿し木に向いている多肉植物は、グラプトペタルム、セダム、パキフィツム、エケベリア、カランコエ、クラッスラ、コチレドン、アエオニウムなどの種類です。

用意するものは、消毒したはさみ(煮沸後アルコール消毒したもの)空の入れ物(風通しが良いもの)水はけのよい土、鉢です。茎の上のほうで切り取って挿し木を作ります。下の方の葉を取り除きます。そして水や土の入っていない器に入れておくと、切り口から根が出てきます。その後土の入った鉢に植え替えます。

土にさす場合は、3,4日切り口を乾燥後、土に挿します。葉が付いたまま土に挿すと葉が土の中で腐ってしまう場合があるので、土に挿す部分の葉はとっておきます。風通しのよい明るい日陰で管理しましょう。お水はすぐには与えないで、1週間から10日後に与えます。

増やし方③株分けの育て方のコツ

株分けできる多肉植物もあります。株分けに適している多肉植物は、エケベリア、ハオルシア、クラッスラ、アガベ、アロエ、セネシオ、コチレドン、センペルビブム、コノフィツムなどの種類です。

株分けする場合は、乾燥した状態が良いので、株分けする1~2週間前から水やりは控えます。用意するものは、水はけのよい土、はさみ(煮沸後アルコール消毒したもの)新しい鉢、多肉植物です。株分けする多肉植物を鉢の中から出し、茎の部分を確認し、地中の茎の部分がくっついている所をはさみでカットしわけます。株一つに必ず根がつくようにカットし、切り口を乾燥後、土に植え1週間~10日後に水やりをします。

多肉植物の増やし方、適した時期は

適した時期は、多肉植物の生長期です。一般的には春3〜5月と秋9月〜11月が向いています。成長期にまとめて葉挿しや挿し木などを行うと一度に沢山の多肉植物を増やすことが出来ますね。

種類によって特徴が違う!ざっくりとポイントを掴んで失敗知らず!

多肉植物は、「夏型」「冬型」「春秋型」に分かれます。それぞれ特徴があります。ざっくりとこれらのポイントを掴んでおきましょう。そしてそれらのポイントを少し頭の片隅に置いておきながら、育てたり増やしていくと良いですよ。

初夏~秋が成長期、冬場は休眠する「夏型」

夏型とは夏に生長が活発になる多肉植物のことです。強い日射しを好み、20℃~30℃の高温でよく育ちます。

真夏は休眠、冬が成長期の「冬型」

冬型とは、冬に生長が活発になる多肉植物の事です。日本の夏の暑さが苦手な種類が多く、5℃~20℃の気温でよく育つ傾向にあります。

夏型と冬型の中間の存在する「春秋型」

春秋型とは、春と秋に生長が活発になる多肉植物の事です。10℃~25℃の過ごしやすい季節によく生長し、夏や冬は休眠します。

春と秋が成長や繁殖には適した時期!

それぞれ型を見ると成長期が異なりますが、結局は暑すぎず寒すぎず、多湿でない人間も過ごしやすい時期が、多肉植物も成長しやすいと考えるとシンプルですよ。真夏、真冬、梅雨の時期を避けることをざっくりと覚えて、難しく考えずまずはやってみましょう!そして慣れてきたら、何型か考えながら、よりその多肉植物に合ったやり方を探してあげましょう。

植え替えしたほうがいい多肉植物の見るべきポイント

鉢底から根が出てきたり、鉢植えいっぱいになってきたり、1年以上植え替えを行っていなければ、植え替えをしてあげましょう。

鉢植えの多肉植物は、年月が経つにつれて、鉢土の水はけが悪くなり、根腐れを起こしやすくなります。また土の中の栄養素が減ってしまいます。そのため多肉植物は定期的な植え替えをする必要があります。できれば毎年一回は植え替えを行うと元気に育ってくれます。

植え替えの方法、ポイントを掴んで失敗知らず!

ここでは植え替えに適した時期や植え替えの方法、植え替え時のアレンジに最適な寄せ植えなどをご紹介します。

植え替えの時期

これも、上記の増やし方でご紹介した時期と同じで、多肉植物の生長期が適した時期です。「夏型」など様々な型により細かくありますが、ざっくりと適した時期を捉えると、やはり春と秋が適しています。

植え替えの方法、コツなど

用意するものは、底石や小さくかっとした網(底から土がこべれるのを防ぐため)、多肉植物用の土、植木鉢、消毒したハサミです。

次に植え替えの方法をご紹介します。古い鉢から取り出し、古くなった根や大きくなりすぎている根をはさみでカットします。その後、根を乾かすために2,3日鉢皿の上などに置いておきましょう。

その後軽石や鉢底ネットを敷き土を入れた鉢へ植え替えます。植え替え時、土が乾燥していたら軽く湿らせながら作業します。植え替え終了後は、土が乾くまでは水やりをせず日当たりの良いところへ置いておきましょう。

植え替え時にぴったり!寄せ植えのポイント

植え替え時に、寄せ植えを兼ねて新しい鉢を作るとまた違う雰囲気の鉢が出来て嬉しいですよ。是非寄せ植えにもチャレンジしてみて下さい!

土のこだわりも失敗を減らす育て方のコツのひとつ!

適した土を選んで植え替えることでよりイキイキと元気に育ちます。多肉植物にとって良い土とは、通気性が良い、水はけがよい、栄養分がある、粒がこまかい、適度な保水力があるなどです。ホームセンターに行けば多肉植物用の土が販売されています。もし分からなければ以上のような特徴を店員さんに伝えて教えてもらいましょう。

多肉植物をもっとおしゃれに!アレンジのコツ

多肉植物を増やしたり植え替える時は、名前が分からなくならないようにピックなどを手作りして挿しておくと可愛いし管理しやすくなりますよ。つまようじや、アイスの棒など家にあるものを使って可愛く作ってみましょう。

植え替え時に、新たに鉢を用意しなければいけません。新しい鉢を買うのも良いのですが、家にある空き缶などを可愛く色を塗ったりリボンをつけたりしてリサイクルする事も出来ますよ。この時、空き缶の下には、水が流れるように排水用の穴をあけるのを忘れないようにしましょう。

多肉植物が増えたらどう活かす?プレゼントやリース作りなど楽しみ方

葉挿しや、株分けなどによって増えた多肉植物が元気に成長してきたら、お友達にプレゼントすると喜ばれます。管理の楽な植物ですし、見た目もとてもかわいいので是非日ごろお世話になっている方にプレゼントしてみてはいかがですか?

また、増えてきたら多肉植物のリース作りにもチャレンジできます。様々な多肉植物が集まった多肉リースは存在感がありとても可愛らしいですよね。

多肉植物のトラブル!注意するべき育て方のポイント

多肉植物のトラブルで多いのは根腐れや害虫被害です。多肉植物が弱ると起こるトラブルですので、日頃多肉植物を見てあげて元気に育っているかチェックしましょう。

根腐れの原因は、高温多湿、休眠期での水やりが原因です。水やりは乾燥してからと、休眠期はほぼ断水します。虫が好む環境を作らないように気を付けたいポイントです。害虫を見つけたら、ピンセットや水を流して除去し、薬剤を少しまくと良いです。

多肉植物の増やし方や植え替え方法を知って、もっと楽しい多肉ライフをおくろう!

多肉植物を増やしたり植え替えをすることでより愛着が湧き、大切に育てたいという思いが強くなります。植物も生き物ですから、愛情を感じてそれに応えてくれるはずです。多肉植物はもっと楽しむことが出来ますよ。気軽にチャレンジしてみて下さい。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-29 時点

新着一覧