シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの効果の違いを徹底検証!

意外と知らないシリコンシャンプーの効果とは?シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの効果の違いを徹底検証していきました。どちらの方が必ずいい、ではなくて髪質によって選ぶシャンプーがそもそも違うなど、細かく検証していきました。

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの効果の違いを徹底検証!

目次

  1. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーどっちがいい?
  2. シリコンシャンプーとは?
  3. ノンシリコンシャンプーとは?
  4. シリコンシャンプーだとハゲるは都市伝説?
  5. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの効果の違いとは?
  6. 髪質によってシャンプーを選ぶメリット
  7. 髪が薄くなってきているときはシリコンシャンプー?ノンシリコンシャンプー?
  8. 美髪になりたい!
  9. シャンプーにシリコンを入れる理由
  10. シャンプーは洗浄成分で選ぶ

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーどっちがいい?

シリコンシャンプーは髪に良くないの?

シリコンシャンプー、ノンシリコンシャンプーと聞くと、その違いはシリコンが入っているか入っていないかということだとわかりますね。ネーミングだけでは、シリコンが髪に良くないイメージがあります。けれど、決してそうではないようです。

ノンシリコンシャンプーはパサつく?

指通りを良くするというシリコンシャンプーに比べ、ノンシリコンシャンプーはパサつく、ギシギシするという評判が多かったのも事実。けれど、それは全てのノンシリコンシャンプーに当てはまるわけではないようです。

ノンシリコンシャンプーでも、ギシギシするものは、大分減ったようです。口コミなど、商品の評判などを参考にして購入すれば、ギシギシしないノンシリコンシャンプーを手に入れることも可能です。

シリコンシャンプーとは?

シリコンシャンプーは有害?

シリコンシャンプーには、シリコーンという合成樹脂が含まれています。シリコーンは、化粧品やシャンプー、医療品に使われる人体に害のないものです。だから、シリコンシャンプーには有害というイメージがありますが、実際には違います。シリコンシャンプーは有害ではありません。

指通りを良くするシリコンシャンプー

シリコーンには、髪をコーティングする役割があります。なので、指通りをとても滑らかにしてくれるのです。また、傷んだ髪を補修してくれて、より美髪に見せてくれる効果があります。ドライヤーの熱から髪を守ってくれるなど、様々な効果を持っているのも事実のようです。

ノンシリコンシャンプーとは?

シリコーンが入っていないとどうなるの?

髪をコーティングするシリコーンが入っていなければ、指通りが悪くなり、ギシギシするのでは?と心配になりますね。実際にそのようなギシギシすると言われているものも多いようです。けれどその分油分が少なく、髪をふわっとさせやすいのが特徴です。シリコンシャンプーとの大きな違いです。

ノンシリコンシャンプーは素材にこだわったものも多く、シリコーンを使わずに指通りを滑らかにする天然成分を含んでいるものも多くあります。また、シャンプーだけではギシギシするので、トリートメントやコンディショナーを使用するようにすすめているものも多いようです。

ノンシリコンシャンプーと無添加はイコールじゃない

最近はノンシリコンシャンプーでもギシギシしないシャンプーが増えている様子です。けれど、ノンシリコンシャンプーだから環境に優しいとか、肌に優しいとか、無添加だというイメージは間違っているようです。

ノンシリコンシャンプーをうたっていても、実はシリコーンを使っているものもあるようです。ノンシリコンシャンプーだから環境に良く、肌にも良く...というイメージだけが先行してしまいがちですが、実際はそうでもないのが現状です。

シリコンシャンプーだとハゲるは都市伝説?

洗い上がりに違いがある

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプー、その違いの一つに洗い上がりがあります。シリコンシャンプーに含まれるシリコーンはオイルなので、洗い上がりが重い傾向にあります。ノンシリコンシャンプーは、それに比べて洗い上がりがさっぱりしています。

「洗い流した後にサッパリしないとイヤ」という人には、ノンシリコンシャンプーをおすすめします。実際、シャンプーの洗い残しが、頭皮のダメージに繋がることがあります。シリコーン自体の問題ではなく、洗い流しによる問題と言われているようです。

洗い残しに気をつければシャンプーのせいでハゲることはない?

シリコンシャンプーには、オイルが含まれているため、どうしても洗い残しをしやすいようです。シャンプーの洗い残しがあると、「頭皮が赤くなる」「頭皮にかゆみ、痛みが出る」「毛が抜けやすい」ということになりやすいようです。それを防ぐには、しっかり洗い流すことが重要です。

シャンプーをするポイントは、髪の汚れをきちんと落としてからシャンプー剤をつけること。シャンプー剤は泡立ててから髪に乗せること。あまりゴシゴシしすぎないこと。そして、洗っている時間以上に洗い流す時間を取ってあげること、のようです。きっちり洗い流すことがとても大切です。

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの効果の違いとは?

シリコンシャンプーの効果

シリコンシャンプーに含まれているシリコーンは、髪をコーティングしてくれます。指通りを滑らかにして髪をサラサラにし、美髪に見せてくれます。枝毛、切れ毛の補修にも効果を発揮します。オイルが多いこともあって、髪をしっとりさせてくれる効果もあるようです。

ノンシリコンシャンプーの効果

ノンシリコンシャンプーは、ボリュームを出してくれる効果があります。ペタンコな髪をふんわりさせてくれるのです。特に根元がペタンコになってしまうと、髪全体のボリュームが更に減って見えてしまうので、根元をきちんとふんわりとさせておくと、効果を発揮しやすいようです。

髪質によってシャンプーを選ぶメリット

髪の量が多く毛が太い人はシリコンシャンプー

元々ボリュームがあって、髪がしっかりと太い方には、シリコンシャンプーがおすすめです。髪がストレートで長い人には特におすすめです。シリコンシャンプーのシリコーンにより、枝毛や切れ毛もコーティングされ、指通りの良い髪に導いてくれます。

ボリュームが少ないペタンコ髪にはノンシリコンシャンプー

猫毛のような、髪の量が少なく、ペタンコになってしまう人には、ノンシリコンシャンプーがおすすめです。ボリューム感を出したくてパーマをかけている方も多いかと思います。ノンシリコンシャンプーを使うことで、更にボリューム感が出て軽やかなヘアスタイルになります。

髪が薄くなってきているときはシリコンシャンプー?ノンシリコンシャンプー?

年齢とともに髪が薄くなることもある

年齢とともに、髪が薄くなることもあります。それは男女問わず仕方のないことです。シャンプーで髪を増やすことはできるのか?と調べてみると、育毛シャンプーというものも存在していることがわかりました。育毛シャンプーのほとんどは、ノンシリコンシャンプーのようです。

髪が薄くなる原因は色々とあります。大まかには、男性ホルモンが多いことや、ストレス、頭皮の毛穴のつまりが原因と言われています。毛穴のつまりは、ヘアワックス剤などの使いすぎにあるようです。整髪剤をシャンプーでしっかり落とせることが何よりも大切です。

育毛シャンプーはノンシリコンシャンプー?

育毛シャンプーやスカルプシャンプーはいくつか種類がありますが、基本的にはノンシリコンシャンプーが多いようです。髪のコーティングよりも毛根を鍛えたり、頭皮に栄養を入れることに重点を置いているようです。素材にこだわったものも多く、自分に合ったものを選ぶと良いですよね。

美髪になりたい!

美髪であればモテる!

昔の日本では長くまっすぐな髪が美しいと言われていました。実は科学的にも、髪は健康状態や年齢が表れ、美しいほど健康な子供が埋めると本能的に判断されると言われているようです。男性は本能的に女性の見た目で、自分の子供を産める女性かどうかを判断する傾向にあります。

髪が健康的で綺麗に見えるのは、艶があり、天使の輪ができている状態です。男性は、女性の年齢を髪を見て判断しているそうです。今はトリートメントやヘアオイルで艶のある髪を演出できます。髪を傷めないシャンプーをして、艶髪、美髪を演出してはいかがでしょうか。

美髪になる!美髪に見せる!

髪を綺麗に見せるには、シャンプーにこだわりたいですよね。艶のある綺麗な髪が、やはり若々しく健康的に見えるようです。コーティングをしてくれるシリコンシャンプーが合わないようであれば、トリートメントやコンディショナーにこだわってみましょう。

また、艶を出すことにこだわったノンシリコンシャンプーや、補修、保湿をする成分にこだわったノンシリコンシャンプーもあります。自分の髪質に合わせた、シャンプーを選んでいきましょう。

シャンプーにシリコンを入れる理由

シリコンはそもそもなぜ入れるのか

シャンプーにシリコンを入れるのは、髪をコーティングし、指通りを滑らかにするためでした。けれど、実はシリコンを入れなくても、洗浄成分次第でゴワゴワしないということもあるようです。

ノンシリコンシャンプーがいいと言われる本当の理由

これだけ、シリコンが入っていれば指通りが良くなって...といいことづくしのはずなのに、それでもノンシリコンシャンプーがもてはやされているのは、なぜなのでしょうか?

実は洗浄成分をこだわっている商品が多いから、のようです。最近はトリートメントやコンディショナーに頼らなくても、ゴワゴワしないノンシリコンシャンプーが大分出てきています。

シャンプーは洗浄成分で選ぶ

本当に美髪を手に入れたいなら

本当に美髪を手に入れたいなら、シリコンシャンプーか、ノンシリコンシャンプーかではなく、洗浄成分でシャンプーを選ぶことが正解のようです。洗浄成分としては、アミノ酸配合のシャンプーがおすすめ。洗浄成分自体は優しいので、髪を痛めません。

シリコンが含まれるもの

シリコーンが含まれるのは、シャンプーだけではなく、トリートメントや美容液など、様々なものに含まれています。トリートメントオイルなどにも含まれているので、ノンシリコンシャンプーを選んでも、結局はシリコンを塗ることにはなるようです。

とはいえ、シリコーン自体は毛嫌いしなければならないものではないので、自分の好みや髪の状態でシャンプーを選んでいく参考にしてはいかがでしょうか。

Thumbノンシリコンシャンプーおすすめランキング!香りも良くてプチプラ♡

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-25 時点

新着一覧