大根の葉は捨てちゃダメ!栄養満点で取り入れたい理由とは?レシピも

大根の葉をどうしていますか?大根の葉が付いてる大根を見つけたら側買いしましょう!大根の葉は大根の白い部分よりも豊富な栄養を炊くわ植えているらしいのです!大根の葉の栄養は私達にどんな効果を与えてくれるのでしょうか?大根の葉の栄養やレシピをご紹介します!

大根の葉は捨てちゃダメ!栄養満点で取り入れたい理由とは?レシピも

目次

  1. 大根の葉は栄養満点て本当!?
  2. 大根の葉の栄養成分はどんなもの?
  3. 栄養満点!大根の葉の効果は?
  4. 栄養満点!大根の葉の保存方法は?
  5. 栄養満点!大根の葉で保湿効果!?
  6. 大根の葉は栄養満点!ビタミンAを摂れるおすすめレシピ
  7. 栄養満点!大根の葉でビタミンCを摂ろう!
  8. 栄養満点!大根の葉でビタミンを摂ろう!
  9. 栄養たっぷりの大根の葉を再生しよう!
  10. 捨てないで!大根の葉は栄養満点!まとめ

大根の葉は栄養満点て本当!?

大根といえば白い部分を想像します。大根にはダイエット効果があるとして最近大根ダイエットもブームになりました。しかし実は大根の葉にはとても豊富に栄養があるらしいのです!大根の葉の栄養成分であなたの肌も美肌になれるかもしれません!

そもそも大根はあの白い部分が根っこに当たるそうなんです。ご存知でしたか?葉の下の白い部分は根っこなんです!カロリーが低くヘルシーな印象の大根ですが大根の葉にはたくさんの栄養成分が含まれているという事で最近、大根の葉が注目されています。今回は大根の葉の栄養成分や、栄養成分をしっかり吸収するためのおすすめのレシピなどを紹介していきます!

大根の葉の栄養成分はどんなもの?

大根の葉が付いているまま売られることが少なくなってきました。何故大根の葉の部分は切断された状態で販売されているのでしょうか。実は大根の葉の部分が付いたままだと大根がすぐにしおれてしまい品質が長持ちしにくいのが原因なんです。そのため、スーパーで販売されている大根は、葉の部分が切断され少しでも長持ちするように工夫されているというわけです。

では大根の葉は利用価値が無いのでしょうか。いいえ、先ほどもお伝えした通り、大根の根よりも大根の葉のほうがたくさんの栄養成分を含んでいます!大根の葉に含まれる栄養成分はカルシウム、ビタミンC、ビタミンA、鉄分とたくさんの栄養成分我含まれているのです。しかもどれも女性に嬉しい栄養成分ばかりです!

カルシウムは健康な骨を作り、小松菜に匹敵するほど豊富に含まれています。また、ビタミンCはほうれん草の約5.5倍も含まれていることが解っています。鉄分はほうれん草の約1.5倍、カルシウムは約5.3倍も含まれているというので驚きです!そんな栄養成分が豊富な大根の葉が付いたまま販売されている大根は新鮮な証拠です!栄養成分がたっぷり含まれる大根の葉、見つけたら即買いしましょう!

栄養満点!大根の葉の効果は?

大根の葉に含まれる栄養成分は、カルシウム、ビタミンA、ビタミンCなどですが、これらは私達の体にどんな効果がある栄養成分なのでしょうか。大根の葉を摂取することでどんな効果が現れるのでしょうか。

大根の葉に含まれる栄養成分であるビタミンAやビタミンcにはデトックス効果が期待できます。肌の健康を保ち、身体の中からキレイにしてくれます。血行を良くし、体を温める効果も着たい出来るそうです。またビタミンCによる美肌効果があるので女性には嬉しいですね!ではそん嬉しい栄養成分がたくさん含まれる大根の葉どんな風に保存し料理すると良いのでしょうか。

栄養満点!大根の葉の保存方法は?

大根の葉にはたくさんの栄養成分が含まれていることが解りました。しかし、大根の葉は新鮮な大根でないと付いたまま販売されていません。大根の葉が白い大根の根の部分の栄養素を吸収してしまうため早めに切断されて店頭に並ぶのです。また切り離した大根の葉はすぐにしなびてしまうため、いくら栄養成分が豊富でも大根の葉を単体で販売するのは難しいんだそうです。小松菜やほうれん草よりも豊富な栄養成分が含まれる大根の葉は購入したらすぐに使用することが大切です。では使い切れない分はどうのように保存すれば良いのでしょうか。

葉つきの大根を購入して料理に使いきれなかったら、早めに白い部分(根)と切り離します。切り落とした葉は塩を入れたお湯で1分程固茹でします。茹で終わったら大根の葉を洗って絞り、刻みます。小分けにしてジッパー付きの袋などに入れ、空気を抜いて冷凍します。固茹でして保存しておけば解凍した時に調理時間が短縮されますね。調理しやすい状態で保存しておけばこまめに料理に取り入れることが出来るのでおすすめです。大根の葉を生のまま保存する場合は日光に干して乾燥させる方法もあります。天日干しをした大根の葉はビンなどに入れ保存することが出来ます。大根の葉に含まれる水溶性の栄養成分を失うことなく保存できるのでおすすめです。

栄養満点!大根の葉で保湿効果!?

大根の葉に含まれる栄養素の中にビタミンAがあります。ビタミンAは肌を乾燥から守ってくれる栄養素で、皮膚や粘膜を正常に保つ働きをしてくれます。また視力にも関係が有るので健康な肌、目を維持していくのに必要な栄養成分といえます。

大根の葉のビタミンAを効率的に摂取するにはどのような料理をすれば良いのでしょうか。ビタミンAは脂溶性の栄養成分なので、油と一緒に料理すると吸収率が高まります。逆に、生で料理して摂取すると10%程度しか身体に吸収できないそうです。ですから、ビタミンAを積極的に摂取したい場合は油で調理する事をおすすめします。茹でることで吸収率は47パーセントになり、油で料理すると吸収率は80パーセントまでアップします。

大根の葉は栄養満点!ビタミンAを摂れるおすすめレシピ

大根の葉に含まれる栄養成分、ビタミンAを摂りたい人は、大根の葉を油で炒めるような料理に取り入れると良い様です。ではどんな大根の葉のレシピがあるのでしょうか。簡単なものでは野菜炒めに大根の葉を入れるレシピが紹介されていました。

また、大根の葉とちりめん雑魚を油で炒めるのもおすすすめレシピです。大根のはを適当な大きさに切り、ちりめん雑魚と一緒に炒めます。めんつゆやごま油で味を調えれば完成です。簡単なレシピですがこれで大根の葉の栄養、ビタミンAを積極的に摂取することができます。

栄養満点!大根の葉でビタミンCを摂ろう!

大根の葉に含まれる代表的な栄養成分にビタミンCがあります。代表的な栄養素ビタミンcは活性酵素という肌をイジメル存在から私達の肌を守ってくれる働きがある栄養です。またこの栄養は、メラニンを抑制し、予防する働きもあるのでシミそばかすを防いでくれます。ではそんなビタミンCという栄養素はどんな料理をすれば摂取しやすいのでしょうか。

ビタミンCは、水溶性の栄養素なので、調理に時間を掛けてしまうと損失してしまう恐れがあります。茹でたり、炒めたりするとビタミンCは摂取しにくくなるので、ビタミンCを摂取したい場合は生で料理するなどの工夫が必要です。シミそばかすを防いでくれるビタミンCを積極的に摂取したい場合はどのようなレシピが良いのでしょうか。

栄養満点!大根の葉でビタミンを摂ろう!

ビタミンCは水溶性です。ビタミンcを効率よく摂取するなら刻んでなまのままサラダにすると良いそうです。適度な大きさに刻んでポン酢で頂くのもさっぱりしていておすすめです。また、大根の葉をカラカラになるまで干して卵掛けご飯や納豆と一緒に生のままトッピングするのも美味しいそうです。

大根の葉のビタミンCを摂取するには乾燥させて使用することが鉄則です。カラカラに乾燥させた大根の葉はミキサーで細かく砕いてふりかけにするのもおすすめです。

栄養たっぷりの大根の葉を再生しよう!

大根の葉が付いたまま販売されていることが珍しい昨今、だったら自分で育ててしまえば良いんです!大根のはを再生させるのは簡単です。大根の葉を根を3cm程残して切り落とし水栽培するだけ!

水栽培する場合は水を毎日取り替えましょう。2~3週間で食べれるほどに成長します。成長中に外側の古い葉がぽろぽろと落ちてきますが新しい葉は中心から生え始めるので落ちてきた古い葉は取り除いてください。なかなか手に入らない大根の葉を再生させて栄養満点の大根の葉を食卓に並べてくださいね!

捨てないで!大根の葉は栄養満点!まとめ

大根の葉を捨ててしまう人が多いのですが、実は大根の葉にはたくさんの栄養成分が含まれていることが解りました。大根の葉にはカルシウムを始め、ビタミンAやビタミンCが含まれています。特にビタミンAやビタミンCは小松菜やほうれん草よりも豊富に含まれているというから驚きです。そんな栄養満点の大根の葉は何故スーパーで売られている大根から切り離されているのでしょうか。大根の葉は付けたままだと大根の根(白い部分)の栄養を消耗してしまいます。そうする事で大根の品質保持が難しくなるため少しでも長持ちさせるために葉を切り離して販売されているのです。大根の葉が付いているという事は新鮮な大根だという証明でもあるわけです。

大根の葉は切り離すとすぐにしなびてしまいます。切り離したら固茹でして小分けにしたり、天日干しをして乾燥させて保存する必要があります。大根の葉のビタミンAは肌を乾燥から守ってくれる働きがあります。ビタミンAを摂取したい場合は油で炒める料理に大根の葉を取り入れると摂取率が上がるそうです。逆にビタミンBは肌の健康保持や粘膜を正常化させる働きがありますが、水溶性の為料理する場合は生で摂取すると良いそうです。乾燥させた大根の葉をふりかけにするなど工夫すると良いでしょう。栄養満点で嬉しい効果がたくさんある大根の葉を是非積極的に食事にとりいれましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2019-09-21 時点

新着一覧