さつまいもの栄養価が凄い!捨てるのは勿体ない葉・つるの食べ方は?

さつまいもを料理する時つるや葉はどうしていますか?もしかして捨てていませんか?さつまいものつるや葉には凄い栄養があるんですよ。一般的には捨てている方が多いと思いますが、美容や身体に良いさつまいものつるや葉の栄養価や食べ方をご紹介します。

さつまいもの栄養価が凄い!捨てるのは勿体ない葉・つるの食べ方は?

目次

  1. さつまいもの栄養は?
  2. さつまいもの葉の栄養は?
  3. さつまいものつるの栄養は?
  4. さつまいものつるの栄養満点調理方法は?
  5. 栄養満点さつまいものつるを使ったお浸しレシピ!
  6. さつまいものつるで栄養バッチリきんぴらレシピ!
  7. 栄養たっぷり、さつまいもの葉を使った調理法は?
  8. さつまいもの葉のニンニク炒めレシピ!
  9. 栄養満点、さつまいもの葉とシラスのお粥レシピ!
  10. さつまいもは葉やつるも捨てずに全部おいしく食べましょう!

さつまいもの栄養は?

女性はさつまいもと聞くと嬉しい気持ちになるぐらい好きな方が多いと思います。美容にも良くダイエット効果もある事は良く知られていますが、ではさつまいもの栄養がどのようなものか、またどの位の栄養があるのか知らない方が多いのではないでしょうか?そこでさつまいもの栄養について調べてみました。

さつまいもの栄養は100gに131カロリーあると言われています。以外にカロリーがあると思った方も多いと思いますが、さつまいもには食物繊維がとても豊富に入っています。また美肌に良いと言われるビタミンB群やビタミンCそしてビタミンEが入っているので美容にもダイエットにも良いと言われているんですね。

食物繊維~さつまいもに入っている食物繊維は不溶性の食物繊維です。食物繊維には2種類ありますが、水溶性と不溶性です。不溶性の食物繊維は腸の中の便を増やし排泄を促してくれますが、水溶性よりは効果は低いと言われています。ひどくない便秘には効果がありますが、頑固な便秘にはあまり効果はないと言われています。

さつまいもには食物繊維の他にも嬉しい成分が入っていますが、その中でもヤラピンという成分が入っています。「ヤラピン」という成分知らない方も多いと思います。さつまいもを包丁で切ると白い液体が出てきますがこの白い液体が「ヤラピン」なんですね。消化を促進する効果と便秘を解消してくれると言う効果があるんです。

さつまいもの意外に知らないマメ知識!

さつまいもの成分はほとんどデンプンですが、加熱するとデンプンの一部が糖質に変わる為甘くなるんですよ。しかも、さつまいもに入っているビタミンCは加熱しても壊れないと言われているんです。以外にも江戸時代にはレシピ本があったと言われています。栄養満点で現代では色々な料理に使われているんですね。

さつまいも堀りで堀ったばかりのさつまいもは甘くありません。さつまいもは収穫してから1週間から2週間保存するとデンプンがでて糖類に変化するため甘くなるんですよ。収穫してから食べるまでの期間で甘さも違ってくるんですね。保存は12~14度ぐらいで保存してください。

栄養満点な美味しいさつまいもの選び方!

お店でさつまいもを選ぶとき何をどう判断して選べば良いのかわからない事ってないですか?さつまいもは、デコボコしていないものを選びましょう。表面がスベスベなものがお勧めです。重さもズッシっと重いものが良いですよ。傷や黒くなっている物は痛み出している可能性がある為選ばないようにしましょう。

さつまいもの葉の栄養は?

さつまいもを食べるのにさつまいもの葉は捨てている方、勿体ないですよ、さつまいもの葉にも栄養が入っているんです。さつまいもの栄養の中にビタミンCが入っていますが、実はさつまいもの葉の方が多くビタミンCが入っているんです。ビタミンCは抗酸化作用があり老化防止にとても良いんです。

また、さつまいもの葉にはビタミンB6も豊富に入っています。ビタミンB6は免疫機能を正常に保ってくれるとても大切な栄養素です。さつまいもの葉を捨てるなんて勿体ない、しかもアントシアニンが入っています。血糖値を下げる効果があるとして有名ですが、実は目にも良いと言われているんですよ。

さつまいもの葉の豆知識!

さつまいもの葉は戦時中に食料がない時代食べられていたと言われています。しかし、現代では食べる事のなくなったさつまいもの葉ですが、海外ではまだまだ食べられているんですよ。インドやタイなど栄養が沢山入ったさつまいもの葉を色々なレシピで食べています。日本でもタイ料理を食べに行くとメニューの中にありますよ。

さつまいものつるの栄養は?

さつまいものつるはさつまいもの茎の事です。葉と根(さつまいも本体)を繋いでる部分をつると言います。一般的に食べるのはさつまいもの根になるんですね。昔はこのつるの部分も食べられていたと言います。現代ではさつまいもは売られていてもつる(茎)までは売られていません。しかしこのつるにも栄養はあるんですよ。

栄養はタンパク質・食物繊維はとても多く入っています。しかし、食べておいしいのはつるの先の柔らかい部分を食べます。フキと同じぐらいの食物繊維やホウレンソウより高いビタミンEやβカロテンなど他の野菜に負けない栄養が入っているんですね。

さつまいものつるの豆知識!

茶色い紐みたいな物は実はさつまいものつるを乾燥させて作った「芋がら」と言われる物です。日本では馴染のないさつまいもを乾燥させて作る「芋がら」ですが、お隣の韓国では、「ナムル」として日常的に食べられています。さつまいものつるは生でも乾燥しても食べられるん栄養満点な食材なんですよ。

こちらはなんと乾燥したさつまいものつる「芋がら」をお味噌汁に入れています。特別なレシピや調理法を考えなくても身体によいさつまいものつるを食べる事ができるなんてとても嬉しいですね、是非お試しくださいね。

さつまいものつるの栄養満点調理方法は?

昔はさつまいものつるはよく食べられていたんですよ、しかし最近はさつまいも農家や自分でさつまいもを作っている方は食べられているかもしれませんが消費者の私達はお店で見る事をあまりないと思います。芋ほりなど行った時は是非一緒に取って帰りたいものですね。

しかし、たまにお店で見かける「芋づる」という商品は実はさつまいものつる(茎)になります。見つけたらゲットしてみて下さい。それでは栄養満点のさつまいものつる(茎)の調理法をご紹介します。ゲットしたら是非作ってみて下さい。

栄養満点さつまいものつるを使ったお浸しレシピ!

準備する物、さつまいも適量(おおよそ150gで4人分です)・だし汁100cc・酒大さじ2・みりん大さじ1・砂糖大さじ1~2・醤油大さじ2この分量は4人分になります。また甘めが好きな人はお好みで砂糖の量を増やしてもおいしいですよ。

さつまいものつるは下準備が必要です。先にさつまいものつるを茹でて水に浸してください、その後皮を剥きます。好みの長さに切ったら調味料と煮ます。簡単なさつまいものつるの調理法です。晩御飯のおかずに是非1品作ってみて下さい。

さつまいものつるで栄養バッチリきんぴらレシピ!

準備する物、さつまいものつる(茎)50本位・醤油大さじ2・砂糖大さじ1・酒大さじ1・ごま油大さじ1・鷹の爪(お好みで)適量・白ごま適量です。調理法は下準備したさつまいものつるを好みの長さに切り醤油、酒、砂糖で味付けします。仕上げにお好みで鷹の爪を入れてもおいしいですよ。最後は白ごまをかけて出来上がりです。

ベジタリアンと言うだけあってとてもヘルシーですね。栄養もよさそうです。日本では中々思いつかないレシピだと思います。自分の好きな野菜を入れても美味しそうです。さつまいものつるのグリーンがとてもきれいで見た目でも楽しめますね。是非作ってみてはいかがでしょう!

栄養たっぷり、さつまいもの葉を使った調理法は?

さつまいもの葉も栄養満点の優れものです。食べないなんて勿体ないですよ。しかし、さつまいもの葉のレシピってピンときませんね、そこでさつまいもの葉を使った調理法をご紹介します。是非参考にしてみて下さい。

さつまいもの葉のニンニク炒めレシピ!

準備する物、さつまいもの葉適量・にんにく2~3個・塩適量・お湯適量・オリーブオイルなければサラダ油、これだけなんです。調理法は、フライパンにオリーブオイルまたはサラダ油を入れニンニクを痛めます、ニンニクの色が変わったらさつまいもの葉を入れて炒めます。全体に火が通ったら塩とお湯を加えます。蓋をして2分~3分で出来上がりです。

栄養満点、さつまいもの葉とシラスのお粥レシピ!

こちらのさつまいもの葉とシラスのお粥は美容にもとても良いレシピですよ。食欲がない時にもサラサラと口に入ってきます。調理法はシラスを入れて作ったお粥にさつまいもの葉を入れて仕上げます。勿論シラスと同時にさつまいもの葉を入れても良いですよ。とても簡単な調理法です。

こちらは屋台で作ってもらった料理ですが、さつまいもの葉を使ったラーメン勿論おいしいですよ。インスタントラーメンにさつまいもの葉を入れひと煮立ちさせますが、食感も良く、苦手な方はいらっしゃらないかと思います。是非お家でも作ってみて下さい。

さつまいもは葉やつるも捨てずに全部おいしく食べましょう!

さつまいもが葉やつるまで全てにおいて栄養面でも優秀だという事が分かりましたね!そこで、いろんな料理に使えるさつまいもを普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょう。自分でも新しいレシピを発見するかもしれません。さつまいもをおいしく楽しく食べて、身体の中から綺麗になリましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-16 時点

新着一覧