レモン水の効果と作り方まとめ!ダイエットやデトックスに効果的!

レモン水は、口にしたことがある方もいると思います。そのレモン水が今、ダイエットやデトックスに効果があると話題になっています。そんなレモン水の作り方は、実はとても簡単です。レモン水の作り方を覚えて、ダイエット効果はもちろん、色んな効果を実感してみましょう。

レモン水の効果と作り方まとめ!ダイエットやデトックスに効果的!

目次

  1. レモン水の効果が嬉しい!ダイエットに効く作り方を大特集!
  2. ダイエット・デトックスのレモン水の効果を知る前に…レモン水とは?
  3. ダイエット・デトックスに活用出来るレモン水の効果を知りたい!
  4. レモン水は効果抜群!ダイエットやデトックスに効果的な栄養素
  5. レモン水の作り方・効果を活かしてダイエットをしよう!太る原因って?
  6. レモン水の作り方・効果を活かそう!ダイエットする上でのポイントまとめ
  7. レモン水の作り方・効果を活かそう!デトックス効果の必要性は?
  8. レモン水の作り方・効果を活かそう!取り入れたい美肌ポイントまとめ
  9. レモン水の作り方・効果を活かそう!レモン水を作る時のレモンの選び方
  10. レモン水の作り方・効果を活かそう!レモン水を飲む量に適量はあるの?
  11. ダイエットやデトックス効果を持っているレモン水の作り方【その①】
  12. ダイエットやデトックス効果を持っているレモン水の作り方【その②】
  13. ダイエットやデトックス効果を持っているレモン水の作り方【アレンジ編】
  14. ダイエットやデトックス効果を持っているレモン水の作り方【ホット編】
  15. ダイエットやデトックスに効果抜群!レモン水にプラスしたいアイテム
  16. ダイエットやデトックスの効果を持っているレモン水を保存する方法とは?
  17. ダイエットやデトックス効果を発揮するレモン水を使った氷の作り方
  18. ダイエットやデトックスの役立てたい!レモン水の飲むタイミングって?
  19. ダイエットやデトックス以外にもあるレモン水の効果は?
  20. まとめ【簡単・時短・レモン水で健康的にダイエットを大成功させよう!】

レモン水の効果が嬉しい!ダイエットに効く作り方を大特集!

暮らしの中で、レモン水を口にする機会も多くなってきました。しかし、何気なく飲んでいるレモン水は、ダイエット、デトックス、美容、健康など実は、色んな効果があります。さらに、嬉しいのは、レモン水の作り方の手軽さです。持ち運びも出来るので、今回は、そんなレモン水の魅力を大特集していきます。

ダイエット・デトックスのレモン水の効果を知る前に…レモン水とは?

いいものは、すぐ効果を知りたくなりますが、その前に、今回の主役である「レモン水」についてご紹介していきましょう。

レモン水の正体は?

レモン水は、水の中にレモンのエキスや風味が溶け出した爽やかな香りの水です。カフェやレストランに行っても、お水の代わりにレモン水が出てくることがあります。普通の水とは違い、飲むと口の中をさっぱりさせてくれて、気持ちまですっかりさせてくれるような感じがします。

ダイエット・デトックスに活用出来るレモン水の効果を知りたい!

今話題となっているレモン水ですが、どんな効果があるのでしょうか?ヒットするものには、何か理由があるからこそ人気が出ます。レモン水を暮らしの中で、役立てるためにその大きな効果をまずは、3つご紹介していきましょう。

効果①【ダイエット効果】

レモン水の中には、色んな栄養素がたっぷり溶け込んでいます。その効果によって、中性脂肪を減らして脂肪肝になるのを防いでくれますし、老廃物の流れやすい代謝の良い身体作りをしてくれます。さらに、空腹感を感じにくいところもダイエットの効果の1つです。

効果②【美肌効果】

レモン水は、海外セレブやモデルさんも活用して、愛飲している美肌飲料です。その理由は、とても簡単です。それは、レモン水の主原料であるレモンが持つ「ビタミンC」のおかげです。抗酸化作用に優れたビタミンCは、身体の弾力を作るタンパク質であるコラーゲンの生成を促す効果があります。そのため、レモン水を取り入れて、ビタミンCを補給することで、暮らしの中で手軽に美肌効果を得ることが出来ます。

効果③【デトックス効果】

デトックスは、「detoxification」の短縮形で「解毒」という意味です。体内から毒素を取り除いて、身体の健康状態を保つことです。私たちは、暮らしの中でごはんを食べ、それを消化しながら、栄養補給をしています。その過程で、身体に不要なものも生まれます。それが便という形で腸に溜まったり、余分な水分はむくみとなって現れたりします。レモン水の栄養素には、余分なものの排除を促してくれる効果があります。

レモン水は効果抜群!ダイエットやデトックスに効果的な栄養素

まずは、大きなレモン水の効果を3つお届けしてきましたが、具体的にどんな栄養素が、ダイエットやデトックス、美肌などの効果に関連してくるのでしょうか?レモン水の主役でもあるレモンの具体的な栄養素についてのお話をお届けします。

栄養素①【ペクチン】

ペクチンは、野菜や果物に含まれている成分です。ジェリー化することが特徴で、ジャムが独特のとろみがついているのも、このペクチンが含まれているからこそです。このペクチンが、腸を活発に動かしてくれるので、デトックスやダイエットをする方に効果的な栄養素と言えます。

栄養素②【クエン酸】

クエン酸は、お酢や梅干しなどに含まれている酸味成分です。クエン酸は、エネルギーの産生回路の中心となり、代謝を促進させてくれます。人間の身体は、常に弱酸性に保たれていますが、食べる物や生活環境によって、産生に傾いたりアルカリ性に傾いたりするときもあります。そのため、クエン酸は、アルカリ性に傾いた人間の身体を弱酸性に戻してくれる効果もあります。

栄養素③【ビタミンC】

ビタミンCは、抗酸化作用を持つ栄養素の1つで水に溶けやすい特徴があります。私たちの身体やお肌の弾力を形成するためにコラーゲンを必要としています。そのコラーゲンの合成を助けてくれる効果を発揮してくれるのは、ビタミンCです。美肌効果を代表する栄養素であることはもちろん、活性酸素の増加を抑えて老化を防止する働きもあります。

栄養素④【ボリフェノール】

レモンには、多種多様なポリフェノールが含まれています。活性酸素の除去や中性脂肪を少なくしたりするのでダイエット効果も持っていたりします。さらにレモンは、皮や果実、エキスに至るまで捨てるところがないくらい全てに栄養素が含まれています。そのため、皮から果実、エキスまで全てを使用するレモン水は、レモンの恵みを多く吸収出来るアイテムとも言えます。

レモン水の作り方・効果を活かしてダイエットをしよう!太る原因って?

レモン水の作り方や効果を活かしてダイエットをしようと決めたは良いものの素朴な疑問が浮かびます。人は何故太ってしまうのでしょうか?その原因や動悸は人それぞれですが、人が太ってしまう原因は、暮らしの中にもいろいろあります。その中でも、太ってしまう原因として多い理由を3つご紹介していきます。

原因①【麺類やパン食が多い】

最近は、美味しいパン屋さんやパスタ、ラーメンのお店が充実していますし、ご飯よりもパンや麺類を好む人が増えています。しかし、ダイエットをしている人は、パンや麺類は控える必要があります。その理由は、パンや麺類の吸収率の高さです。パンや麺類は、体内への吸収率が高くて、血糖値を急上昇させる特徴があります。そのため、腹持ちが悪くて身体に脂肪を取り込みやすくなるのです。

原因②【ストレスを溜めてしまう】

毎日の仕事や人間関係など、日々の暮らしの中で、ストレスを感じることも多いと思います。さらに、週末や夜など一人でいる時間や退屈な時間が多いと、食に走ったり、間食の量を増してしまう人もいます。それが習慣化してくると、食べ物や間食なしでは物足りなくなり、継続して食べることを続けてしまいます。食べれることはとても幸せなことですが、その量には限度があることも覚えておきましょう。

原因③【動くことが少ない】

仕事へいく時は、車か電車だし、週末も交通機関を使うか、ひきこもりかという暮らしを送っている方もいると思います。そういう方は、動く時間が少なく、身体の代謝機能も上がりにくいので、脂肪を溜めてしまう傾向にあります。極端な運動でなくても、仕事帰りに余裕があったら1駅歩いてみたり、週末は散歩に出かけてみたりと少しずつから取り入れるようにするのもおすすめです。

レモン水の作り方・効果を活かそう!ダイエットする上でのポイントまとめ

暮らしの中で、ダイエットするにあたってレモン水の作り方をマスターして愛飲するのも1つの方法ですが、それと同時に一緒に覚えておくと効果が上がるダイエットのポイントをお届けします。

その①食の生活習慣

ダイエットする上で、食生活は大切なポイントになります。暮らしていく中で、毎日欠かすことの出来ない「食」は、ダイエットをする人たちにはネックです。その食生活にもポイントがあります。ただ量を減らせばいいというわけではなく、その内容を意識することが大事です。栄養バランスを考えて、食物繊維やミネラル、タンパク質などの代謝を良くしたり、身体の循環を整えるような栄養素を摂るようにしましょう。

その②運動やストレッチ

ダイエットをするにあたって、レモン水を飲むと同時に身体を動かすと代謝が上がりとても効果的です。しかし、お仕事が忙しかったり、なかなか時間が取れないという方は、夜の時間を利用して軽いストレッチを取り入れるだけでも変わってきます。テレビを見ながらストレッチを取り入れたり、リラックスタイムの合間に身体を動かしてみたり、楽しんでやるくらいがちょうど良かったりする時もあります。

その③睡眠の質をあげる

ダイエットと睡眠には、関係性がないようい見えますが、睡眠の質を上げることでダイエットがスムーズにいくことがあります。睡眠の質が悪いと、四合を貯め込むホルモンや食欲を増加させるホルモンが分泌されやすくなり、太りやすくなる傾向にあります。そのため、睡眠は23時〜2時の間にベットに入り、6〜7時間の睡眠時間を確保するようにしましょう。

レモン水の作り方・効果を活かそう!デトックス効果の必要性は?

レモン水の効果としてあげられていた「デトックス効果」ですが、なぜ私たちの身体はその効果を必要とするのでしょうか?このデトックス効果って、ダイエットや健康、美肌の観点から見ても大切なポイントになります。

ポイント①【腸内改善】

腸内環境改善と聞くと、一番に思いつくのは「便秘」です。腸内環境を整えて排便を促すのも歴としたデトックスの1つです。しかし、現代は、食生活や運動不足などのさまざまな要因によって、便秘で悩んでいる方の数も増えつつあります。腸は、第2の脳と言われるくらい大切な臓器なので、デトックスが上手くいっていないと健康やお肌、ダイエットにまで影響が出てくる可能性もあります。

ポイント②【代謝効率がアップする】

デトックスがうまくいっていないと体内の濾過機能がうまく動きにくくなり、代謝効率が低下します。代謝効率が低下すると、その反動で食欲が増します。食べ物の栄養分は、食べた分だけ補給されるのですが、濾過機能が退化しているのでエネルギーよりも脂肪へ変わる量が多くなるため、ダイエットをする時の邪魔になってしまうのです。

ポイント③【肌のコンディションにも関わる】

デトックスの必要性は、肌のコンディションにも関わってきます。腸内環境や代謝が良くないと、肌トラブルとして表面上に現れます。ニキビや肌あれ、乾燥などが症状として出てくるだけでなく、外的刺激に対抗する力の低下に繋がることもあるので、デトックスをして新陳代謝を上げることは、肌や健康に関わるほど、大切なことと言えます。

レモン水の作り方・効果を活かそう!取り入れたい美肌ポイントまとめ

ここまで、レモン水の効果にプラスしたいダイエット、デトックスのポイントをご紹介していきましたが、続いては、美肌効果についてです。レモン水の作り方を取り入れて、美肌を目指していく上で心得ておきたいことを3つお届けしておきましょう。

ポイント①【スキンケア】

やはり美肌を作るには、「スキンケア」は欠かせません。特に保湿はお肌にはとても大切なことです。もちろん、スキンケアアイテムは、化粧水、乳液やクリーム、美容液と安いものではありませんが、つける量もポイントになります。お肌は、暮らしている中で従来お肌に必要な水分や油分のバランスが崩れてしまう傾向にあります。そのため、お家に帰ってから、朝メイクをする前のスキンケアで水分や油分をしっかり補給しておく必要があるのです。

ポイント②【夜のお手入れ】

夜は一日の終わり、メイクや外からの外的刺激を受けて疲れている状態にあります。最近は、クレンジングや洗顔を疎かにしてしまう方も増えていますが、夜のケアの中でこの部分がとても大切になってきます。クレンジングをして、メイク汚れなどをしっかり落として、洗顔をすることでお肌を清潔な状態にしてからスキンケアをします。クレンジングや洗顔が不十分だと肌トラブルの原因になる恐れもあるので注意しましょう。

ポイント③【口にするもの】

口にするものとは、暮らしの中での食のことです。ダイエットのところでもお話しした通り、食は、私たちの健康やコンディションを保つ上で見逃すことの出来ない部分です。コンビニやファーストフードなど添加物の多い食事をしているとお肌の状態に影響を及ぼすこともあるので、気をつけましょう。

レモン水の作り方・効果を活かそう!レモン水を作る時のレモンの選び方

ここから少しずつレモン水の作り方のレシピに入っていきましょう。しかし、レモン水の材料になっているレモンは何でもいいというわけではありません。レモン水は、レモンを丸ごと使う作り方が主流です。そのため、レモンの選び方には注意が必要になります。

選び方①香りや重量、見た目のチェック

レモンを選ぶ時は、香りや重量感があるものを選ぶようにしましょう。香りが強いレモンは、熟している証拠ですし、持った時に重量感があるレモンは、中の果肉がぎっしりと詰まっている証になります。さらに、見た目も偏食していないものや傷がついておらず、艶のあるものを選ぶとGOODです。レモンのヘタ部分もチェックして、黒ずんでいたりカビっぽくなっているものは避けるようにしましょう。

選び方②無農薬のレモンを選ぶ

レモン水を作る時は、レモンの皮、果肉、レモン汁とレモンを余すところなく使用します。そのため、レモンに農薬がついているとそれが水に溶け出して、私たちの身体に害を及ぼす恐れがあります。レモンを選ぶ時は、必ず農薬の有無を確認して購入するようにしましょう。

レモン水の作り方・効果を活かそう!レモン水を飲む量に適量はあるの?

次は、レモン水を作って飲む時の量に関してです。身体にいいものでも、飲む量が決めれているものもあります。果たして、レモン水には、飲んで良い量はあるのでしょうか?

レモン水は1日に1〜2杯が目安

レモン水は、1日のうちの朝と晩の2杯程度を目安にしながら飲むようにしましょう。その理由は、レモン水の成分である「クエン酸」です。健康やダイエット、デトックスなどに効果をもたらしてくれる酸も、飲み過ぎると歯のエナメル質を溶かしたり、胃に負担をかけてしまう恐れがあるので、飲み過ぎには注意しましょう。

ダイエットやデトックス効果を持っているレモン水の作り方【その①】

では、早速レモン水の作り方をご紹介していきましょう。レモン水の作り方には、いろいろありますが、まずはレモンからの作り方と、レモン汁を活用した作り方の2パターンをお届けします。

レモン水の作り方【準備するもの】

レモン1個、ミネラルウォーター2リットル、レモン水を保存する容器、保存容器は、自分が飲めれる分の容量を準備しましょう。1リットル用の容器を準備して、飲んだら作るなどを繰り返すといつも新鮮な状態で、レモン水を飲むことが出来ます。

レモン水の作り方レシピ

まず用意したレモンを2〜3ミリの厚さにスライスしましょう。ミネラルウォーターにレモンを入れる目安としては、1リットルに対して、レモンスライス2〜3枚くらいがおすすめです。保存用の容器にミネラルウォーターを入れて、レモンスライスを投入します。冷蔵庫で冷やしたら完成です。

ダイエットやデトックス効果を持っているレモン水の作り方【その②】

レモン水は、レモンを丸ごと使う作り方の他に、ポッカレモンを活用してレモン水を作る方法もあります。レモンを買ってきてスライスするよりも、便利で簡単にレモン水を楽しむことが出来ます。

ポッカレモン水の作り方

ミネラルウォーター1リットル、ポッカレモン100ml、三温糖大さじ1、材料を全部混ぜたら冷蔵庫で冷やして飲むだけの簡単レシピです。ポッカレモンは、酸味がきつくて飲みにくい場合もあるので甘味料を入れています。甘さも調節出来るので、多少酸っぱくてもいいという方やダイエット中は、甘さ控えめで飲むのもGOODです。

ダイエットやデトックス効果を持っているレモン水の作り方【アレンジ編】

ここまでレモン水の基本的な作り方をご紹介してきましたが、レモン水はアレンジの効くとても手軽な飲み物です。そんな健康にもいいし、暮らしの中でも取り入れやすいアレンジの効いたレモン水の作り方レシピをいくつかご紹介していきます。

作り方アレンジ①はちみつレモン

ポッカレモン大さじ半分〜、三温糖大さじ半分、はちみつ大さじ1、ミネラルウォーター200cc、氷適量、レモン輪切りお好み、まず、氷を入れたカップにレモン輪切り以外の全ての材料を入れて、冷たくなるまでマドラーを使って混ぜ合わせます。レモンの輪切りは、上に浮かべるようなのであってもなくてもOKです。甘さもお好みで調節しましょう。

作り方アレンジ②バジルのレモン水

ミネラルウォーター350〜500ml、フレッシュバジル1〜2枚、レモンorレモン汁数滴、ミネラルウォーターを入れたグラスを用意して、そこへバジルを入れます。レモン汁を数滴垂らしたら完成です。

作り方アレンジ③ミントのレモン水

ミネラルウォーター1リットル、レモンのくし切り2切れ、ミントの葉20cmくらい、生姜のスライス2枚、全ての材料を用意した保存容器に入れるのですが、レモンは果汁を絞ってから容器に入れるようにしましょう。

ダイエットやデトックス効果を持っているレモン水の作り方【ホット編】

次は、レモン水の作り方のホットアレンジです。夜寝る前に飲めば、身体を温めて代謝機能を高めてくれたり、リラックス効果をくれたりします。

作り方アレンジ①ドライフルーツのホットレモン水

レモン1/2個、白湯150cc、レーズン・ドライイチジク・プルーン適量、用意したマグカップにレモンを搾って、ドライフルーツをお好みで入れてから白湯を入れましょう。

作り方アレンジ②ホットはちみつレモン

レモン半分、はちみつ大さじ1、生姜のすりおろし一カケ分、熱湯100cc、お湯を沸かしている間にレモンを搾って、生姜もすりおろしておきましょう。マグカップに全ての材料を入れて、お湯を注いだら完成です。

作り方アレンジ③ゆずのホットレモン

ポッカレモン大さじ2、はちみつ大さじ2、ゆずの絞り汁&皮適量、熱湯150ml、用意したマグカップにレモン汁、はちみつ、ゆずの絞り汁や皮を全て入れて、熱湯を注いだら完成です。

ダイエットやデトックスに効果抜群!レモン水にプラスしたいアイテム

ここまで、レモン水の作り方をご紹介してきましたが、その中でアレンジにも使用されているレモン水の効果にプラス出来る暮らしに密接な関わりのあるアイテムを3つご紹介します。これをレモン水にプラスしてあげれば、けダイエットやデトックスの効果はもちろん、健康への効果もアップします。

その①【はちみつ】

はちみつは、健康や美容、ダイエットなどの幅広い効果において、とても万能なアイテムです。はちみつには、肝臓を強化したり、二日酔いにも効くといわれています。さらに、高血圧の予防にも役立ったり、ダイエットでは、白砂糖よりもカロリーが低いですし、アミノ酸の量も豊富なので甘味料として取り入れたいアイテムです。

その②【しょうが】

しょうがもはちみつ同様、私たちの健康やダイエット、デトックスに大きな効果を発揮してくれます。しょうがは、薬効が高い食べ物です。冷え性の改善や血液をサラサラにしてくれる効果があります。殺菌作用もあるので、風を引いた時や咳を鎮める作用、発汗作用も持っています。

その③【ミント】

ミントは、独特の香りと清涼感が魅力です。その秘密は、ミントが持っているメントール成分です。血管の拡張、消化不良や喉の炎症を改善してくれる効果もあります。さらに、暮らしの中でこのミントの香りを活かしてあげることで、リラックス効果や気分をリフレッシュさせてくれます。

ダイエットやデトックスの効果を持っているレモン水を保存する方法とは?

ダイエットやデトックスに効果があるとわかっていても朝、レモン水を作るのはなかなかできないという方や、一気に作っておきたいという方にレモン水の保存方法や長持ちする方法をお届けします。

レモン水の保存方法

レモン水は、毎日新鮮なものを飲むことがおすすめです。そのため、朝飲む場合は、その場で作って飲む方がいいのですが、それがなかなか難しいという方は、前日の夜に作って冷蔵庫で冷やして保存しておくようにしましょう。さらに、保存したい時は、沸かして冷ました水で作るとだいたい1週間くらいは保存出来ます。

ダイエットやデトックス効果を発揮するレモン水を使った氷の作り方

上記でご紹介したレモン水の保存方法もありますが、もう1つ覚えておくと便利なレモン水の保存方法があります。それが「氷レモン水」です。その作り方をご紹介します。

氷レモン水の作り方

ポッカレモンorレモン果汁適量、製氷機にレモン果汁を入れて、製氷機で固めます。そのままミネラルウォーターの中に入れてあげれば、簡単にレモン水を作ることが出来ます。慌ただしい暮らしの中で、少しでも時間を有効活用しつつ、健康やダイエットに効果を発揮してくれるとても効率の良い方法です。

ダイエットやデトックスの役立てたい!レモン水の飲むタイミングって?

続いては、レモン水を飲むタイミングです。1日の暮らしの中で、大きく分けて朝、昼、夜の3つのタイミングがあります。レモン水は、一体どのタイミングで飲むとさらに効果的なのでしょうか?

朝起きてすぐのタイミング

朝起きてすぐは、1日のスタートでもあり、毒素などを排出されやすいメリットがあります。1日の暮らしの中の朝にコップ1杯のレモン水を取り入れることがおすすめです。そうすることにより、ダイエットはもちろん、ダイエットの水分の維持や消化機能の向上などにも効果を発揮してくれます。

寝る前のタイミング

夜寝る前のにレモン水を飲むことで、1日の疲れを改善させたり、疲労を回復させてくれる効果があります。夜寝ている間でも私たちの身体は動いて、健康や心の状態を整えてくれる効果があります。1日の暮らしでの締めくくりとも言える夜の時間を有意義なものにしましょう。

ダイエットやデトックス以外にもあるレモン水の効果は?

一番最初に、レモン水の効果を3つご紹介しましたが、ダイエット、デトックス、美肌効果以外にも、健康に関する効果も多く見られます。その効果をいくつかご紹介していきます。

レモン水の効果①【覚醒の効果】

先ほど、レモン水を飲むタイミングは、朝起きた時が良いというお話をしました。その効果の秘密を握るのは、クエン酸です。クエン酸は、脳と胃を覚醒させて活発にする効果があります。1日を健康かつ朝のスタートをすっきり切るためにもレモン水を飲むことがおすすめです。

レモン水の効果②【殺菌や抗菌効果】

レモンに含まれているビタミンCには、体内に入ってきたウイルスや細菌などと戦って予防してくれる効果があります。さらに、クエン酸にも殺菌や抗菌作用があるので、口臭の原因となるタンパク質を分解してくれる働きを持っていて、口臭を予防してくれる効果が期待出来ます。

レモン水の効果③【リラックス効果】

レモンの香りは、爽やかでフレッシュな香りを感じます。その成分は、「リモネン」といって、皮に含まれる香り成分です。リラックス効果や交感神経を活性化して、血管を広げてくれる役割があります。さらに、頭の中でリラックス時に発生するα波が発生するため、健康的にも感情的にも夜寝る前に飲むことがおすすめです。

まとめ【簡単・時短・レモン水で健康的にダイエットを大成功させよう!】

いかがでしたか?レモン水は、健康、美肌、心理的にも大きな効果をもたらしてくれる味方です。しかし、簡単な手順ながら作り方や飲み方にはポイントもあります。冷たくてしても、あっためても美味しいレモン水を活用して、さらに美しくキラキラした女性になりましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-21 時点

新着一覧