ココアのカフェイン含有量ってどれくらい?妊娠中に飲んでも大丈夫?

どんな世代からも愛されるココア。今回は、そんなココアのカフェイン含有量について解説していきます。妊娠中にココアを飲んだり、カフェインを摂取したりしても良いのか、妊婦さんの素朴な疑問も紹介。カフェインの含有量やカフェインがもたらす効果について学んでいきましょう。

ココアのカフェイン含有量ってどれくらい?妊娠中に飲んでも大丈夫?

目次

  1. ココアのカフェイン含有量が知りたい!
  2. ココアとはどのような飲み物?
  3. ココアにはどんな成分が含まれているのか
  4. ココアに含まれるカフェインの含有量とは
  5. カフェインを含んだココアを寝る前に飲んでも大丈夫?
  6. ココアのカフェインが妊娠中に良くないって本当?
  7. なぜカフェインを妊娠中に摂取すると危険なのか
  8. 妊娠中はココアのカフェインを避けたほうが良い?
  9. 妊娠中に摂取しても良いカフェインの量とは
  10. ココアのカフェインの正しい摂取量を知っておこう

ココアのカフェイン含有量が知りたい!

子供から大人にまで大人気のココア。まろやかな甘みとほんのりとした苦みが特徴的です。そして、ココアには、紅茶やコーヒーなどにも多く含まれるカフェインが入っているということを知っていましたか?今回は、そんな体に様々な影響をもたらすカフェインについて詳しく解説していきます。ココアに含まれるカフェインの含有量にも注目です。

また、寝る前にココアを飲んでも問題ないのか、カフェインを含んだココアを妊娠している妊婦さんが飲んでも大丈夫なのどうか、カフェインが妊婦さんにもたらす悪影響はあるのかどうかということも説明。妊娠している妊婦さんで、ココアに含まれるカフェインの影響が気になるという方は、是非カフェインに関する基礎知識を学んでみてください。お腹の中の大切な子供を守るためには必要なことですよ。

ココアとはどのような飲み物?

そもそも、ココアとはどのような飲み物なのか簡単に紹介していきます。まず、ココアの原料となるのは、チョコレートでおなじみのカカオ豆。カカオ豆の脂肪分を一部取り除き、粉末状にしたものをココアと呼ぶこともあります。そして、これにミルクや砂糖を足して煮た飲み物のことを、一般的にココアと呼ぶのです。嗜好飲料のひとつとして扱われています。

ホットチョコレートと呼ばれることもあり、ココアは飲むチョコレートとして人々から愛され続けています。ココア独特のなめらかな舌触りとココアの大人っぽい味わいが絶妙に混ざった飲み物です。ココアの材料はたったこれだけなので、体に悪いものが入っている、使われているというわけでは決してありません。

ココアにはどんな成分が含まれているのか

同じカフェインを含んだ紅茶やコーヒーなどの嗜好飲料よりも、ポリフェノールを多く含んでいるココア。ポリフェノールといえば、抗酸化作用で有名ですね。抗酸化作用とは、体内の活性酸素を取り除く働きをしてくれるもので、血管の老化を抑える効果や美肌効果、アンチエイジング効果も期待されています。

活性酸素は、体内に入ってきた細菌を追い出す力を持っていたり、体の酵素反応を促進させてくれるといった効果があるのですが、増えすぎると体内の細胞を傷つけてしまいます。結果的に、心筋梗塞やがんなどの病気の要因となってしまう危険性も指摘されているのです。抗酸化作用が含まれたココアを飲めば、ほぼ活性酸素が増えすぎることはないので安心ですね。

ココアの香りにはリラックス効果もあります。ココアに含まれるテオブロミンという成分が自律神経を整え、癒し効果があると注目されているのです。テオブロミンは、カフェインとよく似た成分。しかし、カフェインよりも刺激は強くないので、穏やかに作用してくれるのが特徴です。ココアを飲むだけでリラックス効果が期待できるなんて女性には嬉しいですよね。

その他にも、食物繊維が豊富で便秘解消効果が期待されていたり、冷え性や殺菌効果もあるといわれています。ココアがなぜ子供から大人にまで人気なのか良く分かりますね。

ココアに含まれるカフェインの含有量とは

栄養豊富なココアですが、問題はカフェインの含有量ですよね。実は、ココアに含まれるカフェインの含有量は100mlあたり10mgととても少ないです。紅茶だと100mlあたり30mgのカフェインが含まれていますし、コーヒー100mlあたりだと大体60~100mgのカフェインが含まれています。当たり前のことですが、カフェイン含有量は飲み物ごとに少しずつ違いが出るのでしっかり覚えておいてください。

数値にして出してみると、紅茶やコーヒーと比べてココアのカフェイン含有量は少ないということが分かりますね。ココアにはカフェインが含まれているといってもそこまで神経質になる必要はないかもしれません。

カフェインを含んだココアを寝る前に飲んでも大丈夫?

寝る前に温かいものを飲むと寝つきが良くなるため、大人はもちろん子供も夜寝る前にココアを飲んでいるという方が多いようです。しかし、カフェインには覚醒作用というものがあるので、せっかく夜寝る前に飲んでも、逆効果になってしまったということもあり得ます。寝る前にココアを飲んでも良いのかどうか見ていきましょう。

しかし、ココアには紅茶やコーヒーとは違ってテオブロミンというリラックス効果をもたらす成分が入っているので、カフェインが含まれた飲み物の中では比較的覚醒作用が優しい方だと考えて良いでしょう。夜寝る前にココアを飲むと寝つきが良くなるというわけではありませんが、ココアのような温かい飲み物を飲むことは良い方法かもしれません。

つまり、カフェインを含んでいるココアを夜寝る前に飲んだとしても、体には何の問題もありません。しかし、ココアを飲んだからといって必ず眠れるわけではないので、その点は注意しましょう。

ココアのカフェインが妊娠中に良くないって本当?

ココアのカフェインが妊娠しているの妊婦さんに良くないという噂を聞いたことがある方もいるはず。なぜ、妊娠しているとカフェインを摂取してはいけないといわれるのか、実際にカフェインが妊婦さんやお腹の中の子供にもたらす影響はあるのかどうか、妊婦さんの素朴な疑問について答えていきます。

なぜカフェインを妊娠中に摂取すると危険なのか

妊娠中に妊婦さんがカフェインを摂取すると、そのカフェインは胎盤を通じてお腹の子供へと運ばれます。運ばれたカフェインは子供の成長に大きく関わり、発育障害や早産に繋がってしまうとされているのです。子供にとってカフェインという成分はほとんど栄養にならず、悪影響を及ぼすだけの成分として考えて良いでしょう。

妊娠中はココアのカフェインを避けたほうが良い?

妊娠中はカフェインを含んだ飲み物を避ける傾向がありますが、ココアにはたくさんの栄養が含まれています。確かに少量ではありますが、カフェインを含んでいるのは事実。100%安全だというわけではありません。しかし、ココア1杯を飲むことによって得られるメリットとデメリットを比べたら圧倒的にメリットの方が多いです。

ココアには抗酸化作用、リラックス効果、便秘解消効果など、妊娠している妊婦さんにも嬉しい効果がたっぷり入っています。妊娠中の妊婦さんが摂取しても良い1日のカフェイン摂取量を守って、飲みすぎに注意すれば、美味しく安全にココアを飲むことができるのです。下記で妊娠している妊婦さんのカフェイン摂取量についてまとめているので参考にしてみてください。

また、妊娠中はストレスも溜まりやすいです。もし、ココアを飲んではいけないということでストレスが溜まってしまうのであれば、ココアのカフェインがもたらす悪影響よりも、妊婦さんのストレスによってもたらされる影響の方が断然大きくなります。妊娠している妊婦さんにとっての一番の敵はストレス。ココアのカフェインを気にしてしまってストレスが溜まるということは避けましょうね。

妊娠中に摂取しても良いカフェインの量とは

妊娠中に摂取しても問題ないとされているカフェインの量は決まっていて、1日200~300mg程度のカフェインなら問題ないです。国によっても基準は異なるのですが、一般的には200~300mgとなっています。カフェインが多く含まれているコーヒーでも1日2~3杯までなら飲んでも良いのです。

カフェインが含まれている量を見比べてみると分かるのですが、ココアのカフェインは10mgでコーヒーの1/10。どれだけココアのカフェイン量が少ないかが分かります。妊娠中にココアを飲むときは、飲みすぎにさえ気を付ければあまり神経質にならなくても大丈夫です。妊娠している妊婦さんだからといって、カフェインを含んだ飲み物を飲んではいけないということは無いので安心してくださいね。

Thumbしょうがココアでダイエット!レシピと作り方&効能・効果まとめ!

ココアのカフェインの正しい摂取量を知っておこう

妊娠中は何かと我慢をすることが多く、溜めたくないとは思っていてもストレスが溜まりがち。お腹の中の大切な子供のためとは分かっていても辛いことが多いですよね。妊娠中とはいっても、正しい摂取量さえ守っていれば、これを飲んではいけないという飲み物はほとんど存在しません。妊娠している妊婦さんのお腹の子供に悪影響が出るときは、飲みすぎが原因だったりします。

きちんと、適量を守りながら正しい食生活を送っていくことが大切なのです。ココアにはカフェインが含まれていますが、正しい摂取量を守っていれば、むしろ健康に良い飲み物にもなります。リラックス効果もあるので、妊娠している妊婦さんのストレス緩和にも効果的。マタニティライフを快適に送っていくために、ココアを取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-04 時点

新着一覧