愛子内親王の激やせは拒食症が原因?現在と昔の画像を比較してみた

学習院女子中等科を卒業した愛子内親王が、現在拒食症という噂が。画像を見た人たちが病気であるこおとを思わせるぐらい激やせしている愛子内親王に何があったのでしょうか。まるで芸能人のように日々追われる生活に愛子内親王が現在、拒食症の病気なのでしょうか。

愛子内親王の激やせは拒食症が原因?現在と昔の画像を比較してみた

目次

  1. あの愛子内親王が激やせ!?その原因は拒食症なのか
  2. 愛子内親王は2017年に学習院女子中等科を卒業
  3. 愛子内親王の成長を振り返る
  4. 愛子内親王が誕生の時は、愛子さまフィーバーが起きた
  5. 学習院初等科時代に起きた、愛子内親王の不登校問題
  6. 学習院女子中等科に入学したころの愛子内親王
  7. 愛子内親王は15歳の誕生日を迎えて、公の場に姿を現し激やせが発覚した
  8. 卒業式では、少し激やせから戻ったように見えた愛子内親王
  9. 愛子内親王が卒業記念文集に残した文
  10. 母親である雅子様も、精神的に不安定
  11. 雅子様は適応障害を告白し、愛子内親王も同様の状態が窺える
  12. 愛子内親王の病気は、まだまだ不安視される
  13. 愛子内親王の本音はどこにあるのか
  14. 愛子内親王のは、今後間違いなく皇位継承問題に巻き込まれていく
  15. 学習院高等科に進学した、愛子内親王はまた新しい生活に適応する必要がある

あの愛子内親王が激やせ!?その原因は拒食症なのか

近年、皇室内の情報はオープン化されている傾向がありますが、そんななかで、愛子内親王の画像が公開され、激やせしている姿が見受けられました。現在、拒食症とも噂される愛子内親王について、解説します。

この画像は、先日学習院女子中等科を卒業したときの写真です。真ん中に居るのが愛子内親王ですが、誰もがこの画像を見るとまるで拒食症による激やせだと思うかもしれません。それほどに、愛子内親王の容姿は激変しました。

Thumb皇室・愛子様の影武者は誰?名前や比較画像まとめ!耳や歯並びが違う?

愛子内親王は2017年に学習院女子中等科を卒業

気がつけば、愛子内親王のも立派に成長して、2017年3月に学習院女子中等科を卒業しました。愛子内親王はそのまま高等科に進学するそうで、皇室の伝統的なコースを進んでいるといえますね。

卒業式には皇太子殿下と皇太子妃雅子様も出席し、三人で写真を撮ったり取材に答えたりしていましたよね。一見幸せそうに見せる三名の姿ですが、昔の愛子内親王の姿を思い出すと、頬がこけたようにみえ、激やせしているように感じますよね。

天皇陛下が生前退位を決断したこともあり、皇室内はかなりピリピリした雰囲気なのかもしれません。このまま何事も無ければ皇太子殿下が新しい天皇陛下になり、将来的にまた女系天皇の問題が再発する可能性は充分にあります。

愛子内親王の激やせや拒食症の疑いはそんな問題が関係しているのでしょうか?しかし、女の子である愛子内親王は、もっとナイーブな問題から病気になったのでは?という噂もあります。愛子内親王の身辺の問題を踏まえて、愛子内親王の病気の可能性を考えてみましょう。

Thumb愛子さまが現在再び不登校?中学校を体調不良で欠席!同級生の反応は?

愛子内親王の成長を振り返る

愛子内親王は2001年12月1日生まれの15歳です。日本の皇族であり、皇太子徳仁親王と同妃雅子の第一女子です。また、第125代今上天皇の皇長孫にあたります。愛子という名前は、天皇陛下から命名されたものです。

この愛子という名前の由来は『『孟子』の「仁者は人を愛し、礼ある者は人を敬ふ。人を愛する者は人恒に之を愛し、人を敬ふ者は人恒に之を敬ふ」』に拠るものです。またお印は『ゴヨウツツジ』で、純白の花のような純真な心を持った子どもに育って欲しいという願いが込められています。

Thumb【タブー】愛子さまの障害(病気)公表…自閉症アスペルガーの噂

愛子内親王が誕生の時は、愛子さまフィーバーが起きた

幼少期は、両親から『愛ちゃん』と呼ばれていたそうです。お祝いの記帳は宮内庁関連で12万人、全国の自治体で65万人、合計77万人に達したそうです。まるで芸能人のように愛子様フィーバーのようなものがありましたよね。

2006年に学習院幼稚園に入園。その年に皇太子殿下たちとオランダ旅行に滞在して、初めての海外訪問も経験しています。まだこの頃は、雅子様も自身の病気を発表していなかったころですね。

2008年に学習院幼稚園を卒園、同年4月に学習院初等科に入学しています。漢字の書き取りや習字をする姿が報道されていましたね。しかし、皇室の方も何から何まで芸能人のように報道されるのは、大変ですよね。プライベートな時間なんて、ほとんどないと思います。

学習院初等科時代に起きた、愛子内親王の不登校問題

愛子内親王の現在を考える上で、愛子内親王の初等科時代に起きたある問題は、改めて注目する必要があると思います。現代の皇室問題を考える上でも重要であり、オープンで開かれた皇室生活の弊害だと言える問題が起きていたのです。

愛子内親王の現在の病気につながる兆候はこの頃からあったのかもしれません。初等科に通う2010年2月下旬頃から、風邪という病気で学校を欠席しがちになります。しかし、その後3月上旬に児童同士のトラブルから体調不良の病気になり、学校を欠席しました。

結局この欠席は、愛子内親王不登校騒動と騒がれてしまうんですよね。男子児童が、愛子内親王を含む複数の児童に乱暴をしていたことが原因だったと言われています。子どもなら誰しもあり得る揉め事ですが、現在につながるものを感じますね。

生まれたときから芸能人のように人の目に晒され、相当精神的なプレッシャーもあるはずです。この不登校問題は初等科2年生のときに起きて、結果的に6年生のときには、克服されたと言われています。下級生の面倒見もよく、成績もほぼオール5だったとか。

学習院女子中等科に入学したころの愛子内親王

もちろん初等科の3年生のころには、普通に登校していたようですね。その後2014年に学習院初等科を卒業、同年4月に学習院中等科に進学しています。このころは、現在とは違いかなり元気そうな姿が撮られており、激やせと言われる拒食症の傾向もまだ見られていません。

同年12月、13歳の誕生日を迎えて、御所の天皇皇后両陛下を初めて一人であいさつのため訪問したことも明かされました。春からはテニスを始め、皇室の定番のコースを辿っていた感じはしましたよね。

2015年、戦後70年の節目の夏に、愛子内親王は初めて戦争の企画展示を見学し、直接戦争体験者から話を聞いたそうですね。これが、後で説明する卒業記念文集に関わった部分は大きいと思います。

愛子内親王は15歳の誕生日を迎えて、公の場に姿を現し激やせが発覚した

学業やスポーツに励み、忙しい毎日を過ごしていた愛子内親王。かつては太り気味だった時期もあったのですが、なんと現在は拒食症にあったように激やせしているのです。画像を見た多くの人が衝撃を受けたほとです。

実は愛子内親王は、後述する雅子様と同じ『適応障害』が指摘されていたのです。適応障害は生活環境の変化に適応できず、抑うつや不安などの精神症状を起こし、頭痛やめまいといった身体症状が出るものなのです。これと合わせて、現在拒食症にも陥ったのではと噂されているのです。

確かにこの画像を見ると皇太子殿下と雅子様に比べて、頬がこけてしまっていますよね。あまりの姿に画像を見た人たちは、何事かと思ったはずです。芸能人などもストレスによって、食事が食べれないということがありますが、愛子内親王も画像を見れば、食事が摂れている状態とは思えません。

卒業式では、少し激やせから戻ったように見えた愛子内親王

SNSでも現在の愛子内親王の姿に驚きの声が上がる中、その後の様子が心配されていました。あのままではとても身体にとっていい状態ではないですし、一刻も早い体調の改善が願われていました。

誕生日のときに公の場に姿を現した画像以降は、卒業式のときの画像を見ることが出来ます。幾分、頬のコケがマシになったとはいえど、どこか元気が無いように見えますよね。画像のように笑顔も昔と比べてどこか元気がなく、中等科から高等科に向けての環境の変化や、天皇陛下の生前退位が関わっているのでしょうか?

愛子内親王が卒業記念文集に残した文

また愛子内親王が卒業する際に注目されたのが、卒業記念文集に残した文章です。その文章は、広島の原爆ドームを訪れたときのものらしく、あまりにも洗練された文章は、愛子内親王の頭脳の高さが伺えます。

上のTwitterに貼られたものが、愛子内親王の卒業記念文集の内容です。この文章を読んだ人たちは、これが愛子内親王の言葉であるとともに、天皇陛下の気持ちを代弁したものなのでは?という憶測も生みました。近年の近隣諸国の慌ただしさと、日本の現状を危惧した内容とも読み取れますね。

この卒業記念文集を見た人たちが感じたのは、おめでたいはずの文集に原爆の内容に関したものが選ばれたことに、違和感を感じた人たちも居たようですね。このあまりにも出来た文書と、立ち並ぶ『平和』という言葉が、まるで作為的と思った人たちまで居るらしいのです。

皇室関係者か分かりませんが、愛子内親王に入れ知恵をしたか、文章の下地を用意したと考える人も居るとか。この若さにして皇室内の揉め事に巻き込まれ愛子内親王は拒食症の病気になったのでは?とも考えてしまいますよね。

母親である雅子様も、精神的に不安定

そもそも愛子内親王の母親である雅子様も、非常に精神的にナーバスな部分を持っています。2001年に愛子内親王を出産され、2004年に適応障害であることが発表されています。

1963年12月9日生まれで、現在53歳の雅子様。旧姓は小和田雅子といいます。父親は元外交官で、現在は国際司法裁判所判事の小和田恆です。母親は、あの水俣病の原因になったチッソ元会長の江頭豊の長女である江頭優美子です。恵まれた家系で育った雅子様ですが、皇室の生活は想像以上のものだったのでしょう。

結婚されるまでは、海外での生活が多く高校・大学は海外の学校に在学していました。学生時代は非常に優秀だったのですが、あまりにも頭が良すぎる雅子様は、まるで芸能人のように扱われる世界に、足を踏み入れて苦労することになったのです。

雅子様が芸能人のような生活を強いられるようになるのは、まず女性初のキャリア官僚になった1987年頃、そしてさらに芸能人のように記者に追われるようになったのが、外交官として働き始めた頃、皇太子殿下のお妃候補として、名が取り上げたれたときでした。

雅子様は適応障害を告白し、愛子内親王も同様の状態が窺える

実はこの結婚騒動頃に、皇室関係者から結婚を後押しする連絡を度々もらったせいで、体調不良の病気になり外交官の仕事を休んでいるんですよね。すでに、この頃から精神面の病気にかかりやすい傾向があったのかもしれません。愛子内親王と雅子様は、そういうメンタル面の弱さが似ているんですね。

精神的なものは、遺伝するという話もあったりしますが、少なくとも間近で雅子様の不調を見ていた愛子内親王は、不安な気持ちを抱える場面がたくさんあったはずですよね。甘えたい時期に甘えられなかった可能性もあります。そういったことは、後々に精神的な不安定な面を生むことを指摘されています。

愛子内親王の病気は、まだまだ不安視される

愛子内親王の激やせの原因と言われる拒食症の病気。一時的に快方しているように見えますが、愛子内親王が迎える課題はまだまだ山積みです。すでに、天皇陛下が生前退位を決定し、皇室はいままで以上に難しい局面を迎えています。

新元号が平成31年元日から変わることが決まっており、現在は平成29年。皇室はこのタイミングに向けて、内外の問題に向かうことになるでしょう。間違いなく皇太子殿下と雅子様は、重要行事に列席しますし、愛子内親王もそれらに参加することになるはずです。

雅子様はなんとか公務に復帰している部分はあるものの、未だに精神面の病気に悩まされています。このような状態で皇太子殿下が参加するであろう、今後の行事にまともに出席できるか不安ですよね。愛子内親王がその辺りをカバーすることになれば、また激やせに繋がってしまうかもしれません。

愛子内親王の本音はどこにあるのか

結局の問題は、愛子内親王の周りにいるたくさんの大人たちです。愛子内親王の本音を話せる場がなく、初等科時代の不登校問題も宮内庁が学習院に問い合わせすることで、初めて露見したという問題もあります。

学習院女子中等科の卒業に即しては、出席日数が足りていない、試験を受けていないということが指摘されています。愛子内親王は楽しい3年間だったという旨を伝えたと言われていますが、それにしては随分学校を休んでいたようです。

かつての初等科時代の不登校問題をどこか思い出してしまいますよね。現在は、自分の生活が芸能人のように普通では無いことを、若いうちから悟ってしまう辛さもあるかもしれません。他の子どもたちと自分は違うということが、愛子内親王の精神的な面にプレッシャーを与えているのでしょうか。

愛子内親王のは、今後間違いなく皇位継承問題に巻き込まれていく

愛子内親王の芸能人のように、監視される生活はいまはまだマシと言えるかもしれません。今後、間違いなく問題になる皇位継承問題で愛子内親王は、矢面に立たされるのは確実でしょう。

天皇陛下が生前退位を発表し、皇太子殿下がその後を継承されます。その後どのように皇位が継承されていくのか、非常に難しい問題でしょう。女系天皇を認めるのかという問題もありますよね。

ネットでは、秋篠宮文仁親王の娘である眞子様や佳子様が、芸能人のように持て囃されており、このことを愛子内親王が気にしている可能性もあるんですよね。確かに眞子様や佳子様は可愛らしい女性ですが、それと皇位継承問題はまた別です。とはいえ、年頃の女の子としては、こういう声が聞こえてくるのは、気になってしまうでしょうね。

学習院高等科に進学した、愛子内親王はまた新しい生活に適応する必要がある

どこか謎めいた卒業記念文集を見ていると、愛子内親王が置かれている立場が非常に難しいものであることを、想像させますよね。皇室と宮内庁、そしてそれ以外の組織など、15歳の愛子内親王の周りにいる大人たちは、いったい何を企んでいるのだろうかと、深読みしたくなりますよね。

ネットにおける芸能人のような扱いを愛子内親王が気にしたり、学校生活の適応問題など、愛子内親王の状況が安定しているとは言えません。卒業式のときも、点滴などで栄養を補給し未だに自分でちゃんと食事が摂れていないのでは?という心配まであるほどです。学習院高等科に進んでまた新しい生活の不安があるなか、愛子内親王はどうなっていくのでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-19 時点

新着一覧