日焼けしたい人集合!正しいケアからおすすめクリームまでチェック!

美白対策をしている方が増えていますが、その反面「日焼けしたい」という方も増加している様です。しかし日焼けしたい人は、正しいケアを行っていないとシミ・ソバカスなどの肌トラブルの原因となってしまいます。そこで今回は、日焼けによる正しいケアを学んでおきましょう。

日焼けしたい人集合!正しいケアからおすすめクリームまでチェック!

目次

  1. 今年の夏は日焼けしたい!オススメのクリームやケアをしっかり学ぼう!
  2. 日焼けは嫌!と美白対策に力を入れる人が多い中、日焼けしたい人も多い。
  3. しかし、間違ったケアや日焼けをしていると肌にとっては深刻な問題に?
  4. 日焼けしたい人は正しいケアと日焼け方法を学ぼう!
  5. 日焼けしたい人が行うべき、正しい日焼けの仕方
  6. 日焼けしたい人にオススメのクリームやケア方法は?
  7. 日焼けしたい人必見!オススメのクリームやケア方法をまとめてみた!
  8. 日焼けしたい人が行うべき正しいケア方法
  9. 日焼けしたい人にオススメのクリーム
  10. 《まとめ》日焼けしたい人におすすめクリーム・正しいケア方法

今年の夏は日焼けしたい!オススメのクリームやケアをしっかり学ぼう!

白く透き通った透明感のある肌も綺麗ですが、健康的な小麦肌も魅力的ですよね。更に最近ではだんだんと暖かくなってきたので「今年の夏は日焼けしたい!」と意気込んでいる方もチラホラ現れてきたんだとか!しかし、日焼けは肌が火傷状態になっているのと同じなので、正しい日焼けの方法やケア方法をしっかり学んでおく事が重要となってきます。そこで今回は、しっかりとした日焼け方法やケア・オススメのクリームをしっかり学んでおきましょう!

日焼けは嫌!と美白対策に力を入れる人が多い中、日焼けしたい人も多い。

近年、「日焼けしたくない!」と美白対策に力を入れる人が多くなっています。しかしその反面、日焼けしたいと思っている人も実は多いんです。日焼けしたいと思っている人たちは「健康的に見える」「日焼けしている人ってそれだけでかっこよく見える!」などの意見があります。また、男性の中には「日焼けした場所のムダ毛が目立ちにくい」との意見もある様ですね。

しかし、間違ったケアや日焼けをしていると肌にとっては深刻な問題に?

適度に太陽の光を浴びると、体内で骨や歯の形成に必要なビタミンDを作ったりしてくれるので適度に太陽の光を浴びるということは健康にも良いと言われています。

しかし、過度に太陽の光を浴びてしまうと、紫外線を受けた場所にはシミ・シワなどといった肌の老化現象が現れたり皮膚ガンの原因にもなるため、日焼けを行う際には注意をしておかなければいけません。日焼けをした場所は肌にとっては少なからずのダメージを受けている状態となりますので、間違ったケアや日焼けを行っていると肌にとっては深刻な問題になってしまう可能性もあります。

日焼けしたい人は正しいケアと日焼け方法を学ぼう!

日焼けしたい人はまず、シミを作らないように肌のダメージを抑えつつできる限り安全に日焼けを行える正しい日焼け方法とケアを学んでおく事が重要です!そこで今回は、正しいアフターケアや正しい日焼け方法を調査してみましたので、一つずつ徹底的に学んでみましょう。

日焼けしたい人が行うべき、正しい日焼けの仕方

まずは日焼けしたい人が行うべき、正しい日焼けの仕方を調査してみましょう。

日焼けしたい人が行う日焼け方法は大きく分けて二つ!

日焼けしたい人が行う方法は大きく分けて二つあります!一つは日光で自然に日焼けする方法。そしてもう一つが日焼けマシンでの機械的な日焼け方法です。日焼けしたい人はどちらの方法で日焼けするのが安全なのかとても気になるところですよね。結果からお話しさせていただくと、日光よりも日焼けマシンでの日焼けのほうが良い様ですね。

一体なぜ日光よりも日焼けマシンでの日焼けのほうが良いのかということですが、日焼けマシンは、エネルギーが強く、肌の表面に炎症を起こす『UV-B』を調整し、メラニン色素の着色を促進する『UV-A』を十分に照射できるようにバランスを取って作られているからなんですね。個人個人によって肌の薄さや肌質は異なります。日光での日焼けはそんな個人個人によって異なる肌の薄さや肌質に対し、肌のダメージを考えて柔軟に対応することはできませんが日焼けマシンであれば肌質に合わせて日焼け時間やUV-Aの照射を調整できるので日光よりも安全性が高いと言われているんです。

肌を焼き始めた初期は『下焼き』をしましょう!

「日焼けしたい!」と思い、肌を焼き始めた方の多くは早く日焼けしたい一心でガッツリと日焼けをしようとしてしまいますが、急激に強い日光を浴びて日焼けした場合は、皮膚の表面組織にやけどをさせてしまい、炎症を起こしてしまうケースもありますので注意してくださいね。魅力的な小麦肌を手に入れるためには、短期間ではなく徐々に時間をかけて行うことが重要です。

また、肌を焼き始めた初期は『下焼き』をしましょう!『下焼き』というのは、日焼け止めを使用して紫外線を防ぎながら日焼けを行い、肌の負担を軽減させながら肌に日焼けを慣れさせるといった行為です。いきなりサンオイルを塗って日焼けをするのではなく、まずは日焼け止めを使用してからの日焼けを行いましょうね。

ガンガン日焼けしたい!でも日差しが強い時間帯はNG!

「ガンガン日差しが射している時間帯だと日焼けしやすいから、日差しが強い時間帯に肌を焼きに行こう!」という人が多いですが、これは絶対にNGです!日差しが強い時間帯は紫外線量が強すぎて肌への負担がかかりやすくなってしまいます。具体的には、午前10時~午後3時の時間帯が最も紫外線量が強くなっています。なので午前10時~午後3時の時間帯の日焼けは避けるようにし、10時より前か、日差しが少し落ち着く15時以降に行うようにしましょうね!

日光浴をする時間は徐々に長くしていく

急激に日光浴を行ってしまうと、肌がびっくりしてしまいます。また、肌に負担がかかると皮が剥けてしまいますし、シミの原因ともなってしまいます。なのでまずは肌に紫外線を慣れさせる事が大事です。日光浴をする時間は最初は30分弱程度などから始め、45分・1時間…と徐々に長くしていきましょう。徐々に長くしていく事で肌にかかる負担を軽減させながらきれいに日焼けする事ができますよ!また、20~30分焼いたら冷水を浴びて、またクリームなどを塗りなおし肌を焼くというパターンを繰り返すと綺麗な小麦肌になりやすいようですね。

日焼けしたい人にオススメのクリームやケア方法は?

日焼けしたい人が行うべき、正しい日焼けの方法はしっかり理解できましたね。そして次に覚えておきたいことが、日焼け後のケア方法です。日焼けした場所にしっかりとケアをしておかなくてはシミやソバカスの原因となってしまいます。

では、シミやソバカスは作りたくないけど、日焼けしたい人にオススメのクリームやケア方法は一体どのようなものが挙げられるのでしょうか?

日焼けしたい人必見!オススメのクリームやケア方法をまとめてみた!

シミやソバカスは作りたくないけど日焼けしたい人にオススメのクリームやケア方法をまとめてみてみましたので、チェックしてみましょう!

日焼けしたい人が行うべき正しいケア方法

日焼けしたい人が行うべき正しいケア方法をしっかりと学んでおきましょう。

日焼けをした後は肌をしっかりと冷やす

日焼けは肌の火傷状態であるので炎症を起こしている肌状態です。なので日焼けをした後は、冷たいシャワーを浴びたり、凍らせたタオルなどで日焼けした箇所の肌をしっかりと冷やしましょう。日焼け直後の肌をしっかりと行っていなかった場合、ひどい時は水ぶくれができることもありますのでしっかりとアフターケアを行いましょうね。

保湿をしっかりとする!

水分不足のお肌はシワの原因や、ツヤ・ハリがなくなってしまいます。日焼けをした直後の肌は乾燥していますので、しっかりと保湿を行いましょうね!顔に化粧水や乳液を使ってスキンケアするように、日焼けした肌にも顔のスキンケアと同様に保湿をしっかりと行いましょう。肌へのダメージも考えながら日焼けしたいのならボディにもしっかりと保湿をするのを忘れないようにしてくださいね!

皮がむけそうになってもはがさない!

日焼けしたいのに、日焼け直後に皮が剥げてしまうというタイプの方もいるでしょう。しかし、皮がむけそうになっても無理にはがそうとしないで下さい!無理に皮を剥がしてしまうとシミなどの原因になってしまう可能性があります。皮膚がむけそうになってきたら、無理にはがそうとせずに保湿ケアを行うようにしてくださいね。

日焼けしたい人にオススメのクリーム

日焼けしたい人にオススメのクリームやスキンケア用品をチェックしてみましょう!

コパトーン ゴールデン タン オイルフリー ローション

コパトーンの『ゴールデン タン オイルフリー ローション』は、べたつかないテクスチャーのローションなので、サラサラの使い心地がおすすめのローションです。ムラなく美しい小麦色になれると口コミでも人気を集めている商品です。

コパトーン タンニングウォーター

コパトーンの『タンニングウォーター』もおすすめです!こちらは先程のローションとは違い、スプレータイプなので手の届きにくい場所である背中などにも使用できるのでお手軽感があります。SPF2とSPF4がありますので濃い日焼けか明るい小麦色のお好みの日焼けによって使い分けてくださいね!

ザ・ボディショップ カーミングトナー

ザ・ボディショップの『カーミングトナー』は無着色・無香料・アルコールフリーの低刺激処方なのでお肌に優しいところが魅力です!また、アロエエキスが配合されており、火傷など炎症の鎮静効果があるので日焼け後のケアにぴったりです。日焼けした場所にしっかりと使用して火照った肌を鎮静してあげましょう!

《まとめ》日焼けしたい人におすすめクリーム・正しいケア方法

日焼けしたい人におすすめクリーム・正しいケア方法・正しい日焼けの仕方のまとめはどうでしたか?日焼けをすると、日焼けをした場所にはダメージを負います。そのため、シミやソバカスの原因となってしまいますので、しっかりとケアと正しいお手入れをしてくださいね。また、日焼けをした場所にはしっかりと保湿・冷却をして肌をクールダウンさせてあげてくださいね。お手入れとケアを正しく行って、綺麗な小麦肌を目指してくださいね!

もっと日焼けの情報を知りたいアナタへ!

Thumb日焼け後のアフターケアまとめ!ローションがおすすめ?顔・体別解説!
Thumb日焼け後の水ぶくれ・かゆみ・湿疹の対処法!かゆい時のムヒは大丈夫?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-17 時点

新着一覧