「スパイダーマン」のヒロイン歴代まとめ! MJやグウェンの評判は?

スパイダーマンのヒロインといえばMJ派?それともグウェン派?スパイダーマンの対照的な二人のヒロインMJとグウェンについて詳細をご紹介。ヒロイン達の隠れた逸話も併せてまとめてみました。スパイダーマン新作のヒロインMJ像。歴代のヒロイン役女優の比較もご紹介します。

「スパイダーマン」のヒロイン歴代まとめ! MJやグウェンの評判は?

目次

  1. 「スパイダーマン」のヒロインたちのまとめ
  2. 映画『スパイダーマン』シリーズのヒロインMJ
  3. 映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのヒロイン、グウェン
  4. リアルカップルだったアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーン
  5. たくさん存在するスパイダーマンのヒロインのトリビア
  6. 『スパイダーマン3』に登場していたグウェン
  7. アニメ『スパイダーマン』ヒロインMJの声を担当した女優
  8. 幻に終わったシェイリーン・ウッドリーによるMJ
  9. 新作『スパイダーマン:ホームカミング』のヒロインはゼンデイヤ
  10. まとめてみました『スパイダーマン』のヒロイン

「スパイダーマン」のヒロインたちのまとめ

映画『スパイダーマン』シリーズ全3部作、映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ全2部作、そして最新作『スパイダーマン:ホームカミング』に登場するスパイダーマンシリーズのヒロインたち。スパイダーマンのヒロインというと、大きく分けてMJ派とグウェン派に二分するとはよく言われるところです。

赤毛がキュートなMJとブロンド美人のグウェン。マーベルコミックのスパイダーマン、アメイジング・スパイダーマンの二人のヒロインです。どちらを選ぶかでお好みの女性のタイプがはっきりわかると言われることも。

「アメイジング スパイダーマン」の続編が中止!不評だった理由とは?

映画『スパイダーマン』シリーズのヒロインMJ

映画『スパイダーマン』シリーズ全3作で人気が高いのがMJことメリー・ジェーン・ワトソン。映画『スパイダーマン』シリーズではスパイダーマンことピーター・パーカーを演じたトビー・マグワイアの相手役MJを演じたのは女優キルスティン・ダンストです。

女優キルスティン・ダンストが演じたMJ像。悪女キャラだ、ビッチだと評判が悪いようなんですが、そもそもMJというヒロイン像ってどんな女性なの?という声もあるようです。

女優キルスティン・ダンストが演じたMJにはさまざまな評価があります。キルスティン・ダンストの演技がどうこうというよりはMJのキャラクターに対してストレートに好き嫌いの評価が分かれているようです。

『スパイダーマン』シリーズでは、避けて通れないMJが好きか嫌いかモンダイ。強烈な個性が発揮される配役ということになりそうです。

『スパイダーマン』のヒロインMJ(メリー・ジェーン・ワトソン)のプロフィール

愛称:MJ
人間
出身地:地球
緑色の瞳と赤い髪色に特徴がある。
これといった特殊能力はない。演技が特技。

『スパイダーマン』のヒロインMJを演じたキルスティン・ダンストのプロフィール

キルスティン・ダンスト
(Kirsten Caroline Dunst)
1982年4月30日(34歳)
ニュージャージー州ポイントプレザント出身

2002~2007年までサム・ライミ監督の『スパイダーマン』シリーズ3部作にヒロインMJ役で出演しています。また自身が監督としてデビューする映画『The Bell Jar(原題)』の公開も控えています。

『スパイダーマン』のヒロインMJの評判は「嫌い、でもおもしろい」?!

『スパイダーマン』シリーズでのMJに対する評判はMJのキャラクターがそもそも好きじゃないという声も多そう。とにかく浮気性で演技がうまく、気に入った男性にはがんがん押していく赤毛のMJ。評判は「好き嫌いが分かれる」といったところでしょうか。「やっぱり好きじゃない、でもおもしろい」というのがMJの評判でしょう。人気も高いけれど鼻につく独特のキャラクターで好き嫌いの評判が二分されがちです。

最終的にはスパイダーマンの妻になるMJ。グウェンの方がお似合いなのにという声も古くからあるのだそうです。長く続くコミックシリーズ。ストーリーではさまざまな登場人物が複雑に絡み合って進行していく中で、スパイダーマンにも彼女の歴史が・・・というわけで、次はもう一人のスパイダーマンのヒロイン、グウェンについてまとめてみます。

映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのヒロイン、グウェン

映画『アメイジング・スパイダーマン』は好評だった『スパイダーマン』3部作を全6部作まで作ろうということで企画されていた続編がスタート。しかしサム・ライミ監督の降板をうけ続編ではなくリブートという形で新しく企画から再スタートした作品です。タイトルも『アメイジング・スパイダーマン』として製作されました。

当初は3作を製作すると発表されたものの『アメイジング・スパイダーマン2』で終焉。都合2本の映画でスパイダーマンを演じているのはアンドリュー・ガーフィールト。相手役のヒロイン、グウェンを演じているのはエマ・ストーンです。

アンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンは『アメイジング・スパイダーマン』の共演をきっかけにリアルでも恋愛関係に発展。婚約してニューヨークで同居生活をスタートするも『アメイジング・スパイダーマン』の続編が製作打ち切りになると別々の道へ。同居生活を解消して交際を解消しています。

『スパイダーマン』のヒロイン、グウェン・ステイシーのプロフィール

愛称:グウェン
ブルーの瞳にブロンドヘアという特徴。
1965年11月コミック「アメイジング・スパイダーマン」31話に初登場

『スパイダーマン』のヒロイン、グウェンを演じたエマ・ストーンのプロフィール

エマ・ストーン
(Emily Jean Stone)
1988年11月6日(28歳)
アリゾナ州スコッツデール出身
身長:168cm
体重:52kg

2004年から活動しており、各映画賞にノミネートされました。2016年では『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞をはじめ各映画賞を受賞しました。

Thumbエマ・ストーンがアカデミー賞主演女優賞に!『ラ・ラ・ランド』の内容は?

『スパイダーマン』のヒロイン、グウェンの評判は?!

映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのヒロイン、ブロンド美人で最後は不幸にも命を落としてしまうグウェン。グウェンの評判は「生きてたらもしかしたらスパイダーマンと結婚して・・・」といった声が大きいもの。グウェンを亡くしたスパイダーマンはその後MJと結婚するという流れだけに、本当はスパイダーマンは一生グウェンを思っていたのでは?というファンの声も根強くあります。

リアルカップルだったアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーン

映画『アメイジング・スパイダーマン』においては、スパイダーマンを演じたアンドリュー・ガーフィールドとグウェンを演じたエマ・ストーンの実生活でのカップルぶりがファンの間で話題を提供してきました。スパイダーマンのヒロインはグウェン派という人はエマとアンドリューのカップルのファンという声も多そうです。

アンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンのカップルの評判は「かわいい」「好感が持てる」という声も。『スパイダーマン』の映画ファンをベースに主役二人のカップルぶりの評判が良かったというのも、グウェンというキャラクターに好感を持つ人が多い理由のようです。

Thumbエマ・ストーン、彼氏(恋人)と熱愛キス画像!かわいい映画・私服まとめ

たくさん存在するスパイダーマンのヒロインのトリビア

長い歴史を持つ「スパイダーマン」のストーリー。映画化されるにあたっても数々の逸話や伝説が残っています。「スパイダーマン」のヒロインに関するエピソードをあれこれまとめてご紹介します。

『スパイダーマン3』に登場していたグウェン

2007年映画『スパイダーマン3』に登場していたグウェン。女優ブライス・ダラス・ハワードが演じていました。

アニメ『スパイダーマン』ヒロインMJの声を担当した女優

1994~1998年のテレビアニメ『スパイダーマン』でMJの声を担当したのは女優のサラ・バランタインです。MJといえばサラ・バランタインの声という往年のファンも多いといいます。

幻に終わったシェイリーン・ウッドリーによるMJ

続編製作を発表したかと思えばリブートなどに名前を変更することも多かった『スパイダーマン』シリーズ。映画『アメイジング・スパイダーマン2』ではシェイリーン・ウッドリーにMJをキャスティング。撮影をしていたのですが、突如ストーリーを変更するということで、シェイリーン・ウッドリー演じるMJを丸ごとカット。撮影中に映画『アメイジング・スパイダーマン2』を降板することになったというちょっとビックリなニュースが伝えられたこともありました。

シェイリーン・ウッドリーの評判がどうこうというのではなく、あくまでストーリーをスパイダーマンとグウェンのラブストーリーに集中させたいという製作サイドの意向だったということでした。しかしシェイリーン・ウッドリーには残念な結果に。ちょっと見たかったシェイリーン・ウッドリー演じるMJ。これはこれで機会があったらスピンオフになるのでしょうか。

新作『スパイダーマン:ホームカミング』のヒロインはゼンデイヤ

公開が待たれる新作『スパイダーマン:ホームカミング』のヒロインにはゼンデイヤがキャスティングされています。当初MJ役として抜擢されたというニュースが伝わりましたが、ミシェルという原作にない新しいヒロイン像をゼンデイアのために書き下ろしたようです。ディズニーチャンネル出身でティーンを中心に絶大な人気を誇るゼンデイヤが演じる全く新しいヒロイン像にも注目が集まります。

『スパイダーマン:ホームカミング』のヒロインで、トム・ホランド演じるスパイダーマンと恋愛関係になるヒロインはローラ・ハリアー扮するリズ・アラン、アンガーリー・ライス演じるベティ・ブラントのどちらかということになりそうですが、このあたりもかん口令が敷かれていてはっきりとした情報はまだ伝わっていません。

まとめてみました『スパイダーマン』のヒロイン

映画『スパイダーマン』シリーズに登場するヒロインのMJとグウェンについて、あれこれまとめてご紹介しました。あなたのお好みのヒロインは小悪魔系のMJ?それとも優等生のグウェン?スパイダーマンのヒロインのまとめでしたが、いつかはヴィランもまとめてみたいと思っています。

新作『スパイダーマン:ホームカミング』の公開も待ちきれないですよね。また新作が公開されたら、スパイダーマンのあれこれをまとめて紹介したいと思います。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-21 時点

新着一覧