クレヨンしんちゃんの名言・迷言集!泣ける名セリフなどキャラ別に紹介!

国民的アニメであるクレヨンしんちゃんの泣ける名言や面白い珍迷言を紹介します。映画や漫画のなかでは様々な名言を放っているクレヨンしんちゃんですが、どのような名言があるのでしょうか。しんのすけ以外のキャラクターの名言も一緒に紹介します。

クレヨンしんちゃんの名言・迷言集!泣ける名セリフなどキャラ別に紹介!

目次

  1. クレヨンしんちゃんとはなに?名言があるの?
  2. クレヨンしんちゃんはどういうストーリーなのか!
  3. 名言を放つ!クレヨンしんちゃんのメインキャラクターを紹介!
  4. クレヨンしんちゃんのメインキャラクター名言を紹介!
  5. クレヨンしんちゃんのメインキャラクターが言った!珍名言!
  6. クレヨンしんちゃんの友達を名言と共に紹介!
  7. あのキャラクターの名言を紹介!
  8. クレヨンしんちゃんの珍名言集!
  9. クレヨンしんちゃん作者の思いを紹介!
  10. クレヨンしんちゃんは名言で溢れている漫画だった!

クレヨンしんちゃんとはなに?名言があるの?

クレヨンしんちゃんとは、現在漫画にアニメにと人気のストーリーです。主な登場人物である野原家の一日を通して、名言や迷言を繰り返す面白くて時には泣ける漫画です。1990年に連載を開始をしますが、クレヨンしんちゃんの作者である臼井儀人さんがの死去してしまったため2010年に連載が終了しています。

アニメ

漫画で人気のクレヨンしんちゃんは1992年にテレビ朝日でアニメ化しました。それ以降毎週のように放送されています。クレヨンしんちゃんの主役である野原しんのすけ役は矢島晶子さんです。また、日本以外でも世界で放送されていることから、クレヨンしんちゃんは人気であることがわかります。

映画

クレヨンしんちゃんは漫画やアニメだけでなく、映画も1993年から毎年制作されています。映画は壮大なもので、戦国時代や昭和の話を盛り込み、泣ける映画とまで言われています。

クレヨンしんちゃんはどういうストーリーなのか!

クレヨンしんちゃんは野原家の一日をテーマにした漫画です。ほとんどが短編集でアニメや漫画になっていますが、時には通常の生活とは異なった話をテーマにしたストーリーもあります。そんな一日をテーマにしたほのぼのとした野原家ですが名セリフも話題になるほどでした。

名言を放つ!クレヨンしんちゃんのメインキャラクターを紹介!

クレヨンしんちゃんには様々な名言を放つキャラクターがいます。そんな名セリフを言うキャラクターとして最も多いのが野原家です。野原家のキャラクターたちを泣けるエピソードと共に紹介します。

野原しんのすけ

クレヨンしんちゃんの主役であるしんのすけは幼稚園に通う5歳児です。元気いっぱいで、ケツだけ星人やぞうさん等の特技を持っています。「オラ」と自分のことを話し、語尾に「~だゾ」がつくのが特徴です。

そんなクレヨンしんちゃんの主役である野原家の長男のしんのすけはとても心が優しい持ち主で泣けるエピソードがたくさんあります。妹のひまわりの面倒をきちんとみたりするところがとてもお兄さんらしいエピソードですが、映画では、ひまわりを狙ってきた敵に対して命がけで守ることがありました。

野原ひろし

35歳で普通のサラリーマンである、野原ひろしは、みさえの夫でしんのすけとひまわりの父親です。足がくさい以外は普通のサラリーマンですが自宅を建て、車を持ち、一家を養っている様は男らしいでしょう。

そんな一家の大黒柱である野原ひろしも泣けるエピソードがあります。それは禁煙をしたことです。漫画の初期はいつでも喫煙をしていたひろしですが。みさえが出産したことを期に禁煙しました。そして現在は吸っていないというエピソードがあります。これこそ、一家を大事にする父親の泣けるエピソードですよね。

野原みさえ

しんのすけに何かと29歳であることを馬鹿にされるのは野原みさえです。ひろしの妻でしんのすけとひまわりの母親です。専業主婦ですが、何かと家事に追われることが多く、しんのすけに手伝ってもらうというエピソードもありました。

短気でしんのすけやひろしを怒っているイメージのみさえですが、根はとても優しく、泣けるエピソードもあります。ひろしが会社の取引で失態をしてしまったときです。ひろしが会社を退職したいとみさえに打ち明けられた時もすんなりと受け入れ慰めました。結局ひろしは、家族の思いから退職を思いとどまるというエピソードがあります。

野原ひまわり

クレヨンしんちゃんのスペシャルで生まれたのはしんのすけの妹、ひまわりです。ひかりものが好きで、きれいな髪の毛の色をしている0歳児は、映画で何度か敵に命を狙われますが、しんのすけに助けてもらいます。

シロ

しんのすけの飼い犬であるシロはなんでも言うことを聞く利口な犬です。特技は「わたあめ」で実際にしんのすけに「わたあめ」と名付けられようとしていました。以前は捨て犬でいしたが、しんのすけが連れて帰り、野原家の犬になりました。

クレヨンしんちゃんのメインキャラクター名言を紹介!

野原しんのすけ

「話を聞かないで疑う、大人の悪い癖ですな」

子どもの目線から見た、鋭い観点の名言です。きちんと話を聞いた上で物事を判断しないと、信用も失ってしまいます。大切なことを思い出させてくれる名言でした。

「自分を犠牲にしてでも他人を助けるのが人間の愛なんでしょ?」

純粋で素敵な名言です。自分を犠牲にしてまで他人を助けるのは難しいことです。それをきちんと守ろうとするしんのすけの思いに泣けてくる名言です。

「悪いことをした時はごめんなさいって言うんだゾ。幼稚園じゃみんなそうしてるゾ」

幼稚園では大切なあいさつを学びます。それは、人にとって一番大切なものなのかもしれません。もし、自分が悪いことをしてしまったら、恥ずかしがらずに謝罪をすることが大事です。

野原ひろし

「一人の女をずっと愛せるなんてカッコイイじゃねえか。それを馬鹿にする奴らなんか気にするな」

人の恋愛は自由ですが二股や三股をする恋愛はかっこよくありません。一途に愛すことがかっこいいといえるひろしはとてもかっこいいですよね。

「そうだよな、ツイてるとかツイてないとかそんなの関係ないよな!!でも俺の人生で一番の幸運はみさえと出会って家族を持ったことかな」

一番の幸運をみさえとの出会いと家族と言えるひろしはとてもかっこいいです。ありふれた幸せが人にとって一番の宝物と言えるのかもしれません。

「オレの人生はつまらなくなんかない・・・家族がいる幸せを、あんた達にも分けてあげたいくらいだ!!!」

家族はとてもあたたかで優しく、いつでも自分を守ってくれるものです。そんな幸せに気付いているでしょうか。家族を大事に、守っていっているひろしだからこそ言える名言です。

野原みさえ

「家族は誰がかけてもダメなんだから」

短気なみさえですが、家族思いの優しい気持ちを持っています。この一言にはその思いが詰まっているでしょう。とても泣ける名セリフです。

「わかったわよ!私も行くわよ!しんのすけに会えるんなら戦国時代でもどこでも行ってやろうじゃないの!」

映画の中で放ったみさえの名セリフです。子どものためならどこでも行く度胸があるみさえはとてもかっこいいですよね。

あなたには分からないかもしれないけど、親っていうのは子供のためなら何だってできるのよ!

親というものは子どものことを一番に考えているものです。いつも口うるさくガミガミと叱っているみさえですが、いつも家族のため、子どものためを思って行動しているのです。

クレヨンしんちゃんのメインキャラクターが言った!珍名言!

野原しんのすけ

「いたいのいたいの 風間くんのところにとんでけー!!」

風間くんが痛くなっても大丈夫なのでしょうか。しんのすけらしい、友達いじりの名セリフです。

わかったオシッコがまんする そのかわりうんこ

どっちも我慢することは難しいことです。時には我慢しないで自分の意見を言ってみましょう。その時は他の人に迷惑をかけないか、ということも考えたいものです。

野原ひろし

「おいおいウンコ食ってる時にカレーの話すんな 」

これは野原家らしいおもしろい迷言だといえるでしょう。クスッと笑えるギャグがとてもおもしろいです。

「俺の靴下はジャスミンの香り」

臭いことで有名なひろしの足ですが、自分でいい香りということを表現しています。ポジティブ思考も大切なことです。

野原みさえ

もったいねー飲み方すんじゃねーっ!!ウチの亭主なんか安い酒チビチビ飲んでるんだぞーっ!

ひろしのことを褒めているのかけなしているのかがわからない迷言です。家計は助かる飲み方だと思います。

おのれもうぜったい許さん!! ケビン・コスナーつれてきたってこんりんざい許さーん!

怒っている時もみさえの好きなケビン・コスナーを出してくるのが面白い迷言です。本当に連れてきても許してくれないのでしょうか。また、ケビン・コスナーのネーミングも面白いものです。

クレヨンしんちゃんの友達を名言と共に紹介!

風間くん

僕は幸せだ。何故ならお前という親友を得られたからだ。僕はこのために生きたんだ

しっかり者な風間君はしんのすけの友達です。いつもしんのすけにいじられて怒っていますが、ちゃんとした友情もあります。しんのすけのことを親友と言えるくらい、仲が良いのですから。風間くんの名セリフはこんな素敵な言葉でした。

ネネちゃん

ままごとだからっていいかげんなこと言わないでもっとリアルにやってちょうだい!!

おませでウサギが好きなネネちゃんはしんのすけの友達です。リアルおままごとが好きでマサオくんと一緒におままごとをしています。そんなネネちゃんの名セリフはやはりリアルおままごとです。ごっこ遊びにもリアルさを追求するネネちゃんはとてもシュールで面白いです。

マサオくん

意外に楽チンなんだね、大人への階段って。

おにぎり頭のマサオくんはしんのすけの友達です。少し気が弱く、泣き虫なのが特徴です。上の名セリフの後、風間くんに大人の難しさを諭されます。簡単な道はありません。簡単に階段を上らないよう、きちんと勉強したいものです。

ボーちゃん

大丈夫。ここは地球の上。心配いらない。

いつも鼻水を垂らしているボーちゃんはしんのすけのお友達です。鼻水の芸が凄く、いつも穏やかな性格の持ち主です。そんなボーちゃんらしい観点の名セリフは、安心できるものです。何かあっても、なんとかなるさと思って行動してみましょう。

あのキャラクターの名言を紹介!

園長先生

ときに人に教えるということは、自ら学ぶことになりますからね。

人間、いつになっても学ぶ精神は忘れたくないものです。教える立場だからこそ忘れてはいけないものだと思っている、そんな名セリフです。

クレヨンしんちゃんの珍名言集!

ぶりぶりざえもん

お助け料1億万円、ローンも可

正義のヒーローなのにお助け料が高すぎます。現実的ではない値段がクレヨンしんちゃんらしいですね。

これは刀ではない!千歳飴だ!

しんのすけの正義のヒーローなのに弱そうな迷言です。これでは戦うことが出来ませんね。

チーター

しんのすけが今日まだ1回も下半身出してないってほんとかよ?

毎日おしりを出しているしんのすけにしか言えない一言ですよね。常日頃からおしりを出しているのはしんのすけぐらいでしょう。

クレヨンしんちゃん作者の思いを紹介!

クレヨンしんちゃんの作者である、臼井儀人さんは事故で死去するまでの間、クレヨンしんちゃんを書き続けました。臼井儀人さんの人柄がクレヨンしんちゃんの中の素敵な名言に繋がっていったはずです。そして、臼井儀人さんの思いを紡いだ方たちが、今も尚、クレヨンしんちゃんを繋いでくれているのでしょう。

クレヨンしんちゃんは名言で溢れている漫画だった!

クレヨンしんちゃんはほのぼのとしたギャグ漫画ですが、沢山の名言に溢れていました。家族の絆や友情、人の生き方が名言になっているようです。また、生きていく上でのおもしろさを迷言にしていくところがクレヨンしんちゃんの人気の秘訣なのではないでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-08-02 時点

新着一覧