「電車男」にはその後がある?2chスレ情報まとめ!エルメスとどうなる?

かつて世間に2chの存在を認知させたドラマ・映画『電車男』当時この作品を見た人は多いかもしれませんが、その後って知っていますか?2chでは電車男のその後の出来事が起きていて、スレではエルメスと電車男のその後がまとめられたのです、

「電車男」にはその後がある?2chスレ情報まとめ!エルメスとどうなる?

目次

  1. あのドラマや映画で大ヒットした『電車男』にエルメスとのその後があった!?
  2. 電車男は2chの『独身男性板(通称:毒男版)』で起きた出来事
  3. すでに電車男が書き込んだ『独身男性板』のスレは残っていないが、その後は発覚している
  4. 電車男はエルメスとうまくいったその後、改めてスレに登場した!?
  5. 電車男のその後で重要なこと
  6. その後、再登場した場で行き過ぎた報告を行ってしまう
  7. 電車男がブームになったその後、オタクというものが再認識された
  8. 電車男は本当の話だったのか
  9. その後、電車男はその名前を使うことは無いと宣言した
  10. 電車男のその後は幸せな生活を送っているはず

あのドラマや映画で大ヒットした『電車男』にエルメスとのその後があった!?

2chのスレ発祥の物語、電車男。2chのスレで偶然始まったこの出来事は、実際に書籍化されたり、ドラマや映画になって世間に知れ渡りました。ハッピーエンドで終わった映画のように、電車男のその後は幸せな日々を送ったのでしょうか。

電車男の物語のきっかけになった出来事は、2004年3月14日21時55分にとある2chのスレに書き込まれました。スレとはスレッドのことで、自分たちのいろんな考えを書き込むための場所のことを意味します。

2chとは、西村博之によって作成され運営されている掲示板と言われるスレの大本ことです。つまり、2chの○○スレという風に表現することが多いです。自分が車に興味があれば、「2chの車スレに書き込みたい」と思うわけです。

電車男は2chの『独身男性板(通称:毒男版)』で起きた出来事

そして、先程説明したように2chの『独身男性板』と言われる、独身の男性がよりあって、日常のつぶやきを書き込んだり、独身の楽しさ辛さや、彼女や結婚への憧れや悩みを相談する場所で、電車男登場しました。

『すまん。俺も裏ぐった。』という文章から電車男の物語は始まります。裏ぐったとは、「俺は裏切った」という意味で、このモテない人間ばかりがあつまる場所で、自分は彼女が出来そうだということを意味しているわけです。この一言が、その後につながっていくわけです。

その後ドラマでも再現されているように、持てないオタクが電車の中で、酔っぱらいに絡まれている女性を助けてあげたことが報告されます。そして、数日後に、その助けた女性からお礼として『エルメスのティーカップ』が届けられたという流れになるわけです。

これが電車男と、その想い人であるエルメスと名付けられた女性との物語の始まりだったわけです。その後、スレでは、電車男とエルメスのその後の展開が続き、デートや付き合って恋人になるまでの、約二ヶ月に渡る出来事が、ドラマや映画になったわけです。

山田孝之の主演映画まとめ!演技力がスゴイ!【クローズ・手紙・電車男】

すでに電車男が書き込んだ『独身男性板』のスレは残っていないが、その後は発覚している

2chのスレというのは、人気が無いものや書き込みが無いものは、どんどん倉庫のようなところに保管されて基本的に見れなくなってしまうんです。しかし『まとめ』と言われる、当時の書き込みなどをまるまる保管したサイトや、自分で書き込みを転写し要点をかいつまんだまとめを作っている人たちがいます。

電車男のように、人気のスレは多くの人間に保管されまとめられているので、当時のスレをまるまる全部1から見ることもできます。そのため、映画だけで使われた部分以外の、細かい詳細も知ることが出来るのです。

電車男はエルメスとうまくいったその後、改めてスレに登場した!?

ドラマや映画では、電車男がエルメスと出会ったその後、エルメスに告白し、キスして、お世話になったスレから電車男が卒業するという展開で、終わっています。大体のまとめも、映画と同じように、電車男のその後には触れず、そこまでで完結していることが多いですね。

さて、電車男がスレから卒業したその後はどうなったのでしょうか。ネットには、多くの名スレと言われる、様々な感動したり笑えたり怖い物語が存在しています。それが本当かどうかは置いておくとして、それのスレ主(スレを作った人物)はある程度の区切りを付けて、その後現れないことが大きいです。

しかし、電車男はドラマや映画のように、かなりいい感じで区切りがついてハッピーエンドに終わっており、スレ主(電車男の場合は、スレ主ではないが)が改めて現れる必要はないんです。なぜ、電車男は改めて、みんなのもとに現れたのでしょうか。

電車男のその後で重要なこと

物語はある程度のフィクションな部分を含むのですが、電車男でフィクションな部分は、まずエルメスが2chの存在を知るのは映画の中では、告白前になっていますが、実際は告白後に、エルメスは2chの存在を知らされています。

また盛り上がりが過熱し、その後終わったスレにつづいて、新しいスレがすぐ作られたことです。そのことが、電車男の書き込みのやり過ぎを生んでしまったといえるでしょう。

付き合って、キスをしたとなれば、どうしてもそれ以上の行為がいつ行われるかと、見ている側は気になり、囃し立てるものです。そうです、電車男は、その後のスレでエルメスとの、性的なことに関しても書き込みを初めてしまったのです。

その後、再登場した場で行き過ぎた報告を行ってしまう

このことを良しとしたものと、嫉妬などのいろんな気持ちを込めて調子に乗るなと思ったものたちで、スレはどんどん荒れて(誹謗中傷などで、収集がつかない状態)しまいました。

そのことから電車男は、みんなから充分勇気をもらったこと、エルメスにはこれからもしっかりと愛情を伝えること、そして『大好き>おまいら』という言葉を残して、スレから電車男は本当に去っていきました。

また、電車男がエルメスと出会ってから約一年後に、電車男にその後をインタビューしたという書籍も販売されています。この『ありがとう!電車男―50万人が涙した純愛』では、電車男だけでなく、まとめサイトの管理人にインタビューが行われています。

電車男がブームになったその後、オタクというものが再認識された

この電車男がブームになった2005年頃は今のようにSNSで誰もが、自分がオタクであることを公言したり、好きなアニメを堂々と披露したり、女の子がBL作品を好きであることを、前面に出すような風潮はありませんでした。

この画像のように、オタクルックと言われるリックサック、チェックの服、バンダナといった服装も、ありふれた格好でした。それだけオタクというものや2chという世界は、裏コミュニティ的な世界だったわけです。

電車男によって、そういう世界が表の世界に知れ渡ったことは、弊害も大きかったようです。2chには、自分たちの世界をある一定のルールを守りながら楽しんでいた人たちとは違う、新規といわれるまったく2chを知らない人たちが溢れてしまいました。また、そういうオタクを小馬鹿にするような演出がメディアでも多く見受けられましたね。

電車男のテーマ曲であるサンボマスター『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』は大ヒットしましたね。決してイケメンではないボーカルが、心の叫びのように歌を歌いギターをかき鳴らす。そんな様子が電車男にとてもマッチしていたと思います。

電車男は本当の話だったのか

2chなどのネットでは『釣り』といわれる、いわばウソ話がたくさんあります。さも現実に起きたようなあらすじから書き込みを初め、最後の最後で、これは作り話だと暴露するわけです。優秀なネタ話であれば、みんな釣られても「なかなかいい釣りスレだった」と満足してくれるわけです。つまり、こんな話がほんとにあったら良いよねと、みんな満足してくれるわけです。

電車男のストーリーもあまりにも出来すぎた話だったため、この電車男の話はすべて釣りだったのでは?という疑問が湧き上がったことがあります。つまり、電車男は創作だったのかというわけです。多くのネットの人間が、これの裏を取るために、様々な場所に調査を行ったようです。

例えば、電車男とエルメスが出会っきっかけになった、電車の中での騒動ですが、この日にそういった出来事があったかJR東日本に問い合わせても、トラブルは無かったと回答されたそうです。

しかし、逆に2chを作った人物である西村博之は、電車男と直接会話をしたと明かしています。(しかし、その人物が電車男である証明は受けていないとのこと)

その後、電車男はその名前を使うことは無いと宣言した

これは2chというサイトが、あくまで匿名掲示板という前提で運営されているからです。コテハンと言われる、自分の名前を付けて書き込むことは出来ますが、あくまでそれは一連の書き込みが同一人物であることを証明するためだけのもので、個人情報にはつながりません。

先程紹介した、電車男にインタビューを行ったという本。これが直接会ってインタビューをしたのか、ネットでインタビューしたのかは不明ですが、直接会ったとすれば、やはり電車男は実在するのでしょうか??

電車男は、その本の中で『自分が、今後電車男の名前を使うこと』『また、電車男を名乗ること』を一切ないとしています。また、徹底して個人情報を明かすことはありませんでした。

電車男のその後は幸せな生活を送っているはず

電車男はあくまで2chの中で自分の存在を抑え、それ以上表に出ることはありませんでした。それだけ、電車男が純粋に自分の恋愛を相談し、力になってもらいたかったということでしょう。

その後も、あくまでみんなに経過報告をするのが、行き過ぎてしまっただけだと思いますね。今でも二人は仲良く電車に乗ったりしているんでしょうかね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-22 時点

新着一覧