島倉千代子は細木数子に搾取された?借金と地獄のような人生まとめ

島倉千代子さんといえば「人生いろいろ」というイメージが強いですが、実際の島倉千代子さんの人生は、いろいろという言葉だけでは収まらないようなものでした。優しそうな笑顔が可愛い島倉千代子さんに「人を刺したい」とまで言わせた地獄とはどのようなものだったのでしょうか。

島倉千代子は細木数子に搾取された?借金と地獄のような人生まとめ

目次

  1. 華やかなだけではなかった島倉千代子の人生
  2. 壮絶な人生を送った島倉千代子さんのプロフィール
  3. 島倉千代子が演歌歌手を目指したきっかけ
  4. 島倉千代子が演歌歌手として歩んだ人生
  5. 島倉千代子が苦しんだ借金地獄
  6. 島倉千代子と美空ひばりの関係
  7. 島倉千代子を妹のように可愛がった美空ひばり
  8. 細木数子が島倉千代子に与えた地獄
  9. 島倉千代子を苦しめた細木数子
  10. 人に苦しめられながらも島倉千代子が築いたもの

華やかなだけではなかった島倉千代子の人生

2013年に亡くなられた、島倉千代子さんの人生についてまとめてみました。演歌歌手として華やかに活動されていた島倉千代子さんですが、その陰では辛い思いを沢山されていました。今回のまとめではそんな島倉千代子さんの裏側とも言える部分を見ていきたいと思います。まとめを読み、島倉千代子さんの半生に触れてみてください。

壮絶な人生を送った島倉千代子さんのプロフィール

名前  :島倉 千代子(しまくら ちよこ)
生年月日:1938年3月30日
死没  :2013年11月8日(満75歳没)
出身地 :東京都
職業  :歌手
レーベル:日本コロムビア

2013年11月8日に、この世を去った島倉千代子さん。生前は演歌歌手として活動していました。紅白歌合戦に35回もの出場を果たすなど、歌手としての実績は素晴らしいものです。亡くなる直前までレコーディングをされていることからも伺えるように、歌に対する思いには熱いものがあったようです。

島倉千代子が演歌歌手を目指したきっかけ

当時7歳であった島倉千代子さんは、左腕に47針を縫う大怪我をしてしまいます。井戸から汲んだ水をビンに入れて運ぶ途中に転倒、その際に割れたビンで負傷したそうです。

医師からは切断という話もあったそうですが、島倉千代子さんの母親が「女の子だから残してあげて欲しい」と懇願したため、切断せずに済みました。しかし、この怪我が原因で、島倉千代子さんは左腕を思うように動かせなくなってしまいます。

左腕が思うように動かせないことで、島倉千代子さんはいじめられ、塞ぎがちになってしまいました。そんな様子の島倉千代子さんのためにと、母親は「リンゴの唄」を聴かせます。そして、このとき聴かされた「リンゴの唄」こそが、島倉千代子さんが演歌歌手を目指すきっかけとなったのです。

島倉千代子が演歌歌手として歩んだ人生

1955年、島倉千代子さんは「この世の花」という曲を引っさげ、歌手デビューを果たします。デビュー曲は飛ぶように売れ、200万枚という売り上げをたたき出しました。

デビュー後も、島倉千代子さんは次々と新曲を発表。「東京だヨおっ母さん」や「からたちの小径」など、数々のヒット曲を世に送り出しました。その持ち歌は、優に2000曲を超えるとも言われています。

島倉千代子さんの代表曲「人生いろいろ」です。当時人気だったバラエティ番組「オレたちひょうきん族」において、コロッケさんや山田邦子さんによる、ものまねが若者にはまり「人生いろいろ」は大ヒットしました。

1957年、紅白歌合戦に初出場。紅白史上初の30回連続出場を果たします。その後、出場辞退と復帰を繰り返し、通算35回という出場記録を残しました。

島倉千代子が苦しんだ借金地獄

今回のまとめのタイトルにもなっている借金。演歌歌手として活躍する島倉千代子さんには、その活躍からは想像できないほどの借金がありました。

島倉千代子さんが借金地獄へと落ち始めたのは、元阪神タイガースの藤本克己さんとの結婚が原因でした。藤本克己さんはお金にだらしなく、オーダー洋品店へのツケや、引退後に始めたスナックやキャバレーなどの失敗により、5年の結婚生活で6000~8000万円もの借金を島倉千代子さんに負わせます。

また、島倉千代子さんは藤本克己さんとの間で、3度の中絶を経験しています。結婚前に1度、結婚後に2度、赤ちゃんをおろしました。島倉千代子さんはこの3人の子供を「忍」と名付け、小さな地蔵にその名を当て、肌身離さず持ち歩いていたそうです。

藤本克己さんとの婚姻を解消した後、島倉千代子さんは、当時眼科医であった守屋義人と一緒になります。藤本克己さんと婚姻していたころ、ファンの投げたテープによって、失明寸前の怪我をしてしまいますが、その時に治療をしたのが守屋義人でした。

1975年、島倉千代子さんはこの守屋義人に頼まれ、実印を貸してしまいます。これによって島倉さんは見ず知らずの他人の保証人になってしまい、加えて、守屋義人自身の不動産事業失敗の借金を背負わされ、これらをまとめた、総額20億円もの借金を抱えてしまいました。

島倉千代子と美空ひばりの関係

事業に失敗したことで守屋義人は失踪、多額の借金だけが島倉千代子さんに残されました。そんな島倉千代子さんの心の支えとなっていたのは、同じく演歌歌手だった美空ひばりさんです。

島倉千代子さんが美空ひばりさんを知ったのは、幼少の頃に左腕を怪我してしまい、引きこもりがちとなってしまった時でした。当時、友達が一人もいなった島倉千代子さんは、アルバイトをしてはコンサートにいくなど、おっかけをするほど、美空ひばりさんに夢中になりました。

美空ひばりさんに憧れ、同じ事務所へと所属しますが、既に大スターとしてスポットライトを浴びていた美空ひばりさんとは、なかなか会えずに過ごします。両者とも中の良かった和田アキ子さんが、今度一緒に美空ひばりさんに会おう、と誘うも、島倉千代子さんは恐れ多くて、と遠慮していたそうです。

1984年2月、島倉千代子さんは、自身の30周年記念パーティーで、美空ひばりさんとの対面を果たします。飛び入り参加をしたことのなかった美空ひばりさんが、誰にも一切連絡をせず、花束を持って会場にやってきたのです。

美空ひばりさんは、嬉しさで涙の止まらない島倉千代子さんに対し「これからは人に騙されない人生を送ってほしい。私は実印を絶対離しません」と、会場の笑いを取りながら声をかけました。

対面を果たしてからというもの、美空ひばりさんは島倉千代子さんを実の妹のように可愛がりました。晩年、闘病生活を送ることとなった美空ひばりさんは、島倉千代子さんと、とんねるず以外の面会を断っていたそうです。

島倉千代子を妹のように可愛がった美空ひばり

名前  :美空 ひばり(みそら ひばり)
生年月日:1937年5月29日
死没  :1989年6月24日(満52歳没)
出身地 :神奈川県
職業  :歌手、女優
レーベル:日本コロムビア

11歳でレコードデビュー、12歳では主演映画「悲しき口笛」が大ヒット、全国的人気を得る。その後も数々のヒット曲を世に送り出し「歌謡界の女王」と言われるまでになった。女性としては史上初の国民栄誉賞を受賞するなど、昭和の歌謡界を代表する歌手の1人と言える。

細木数子が島倉千代子に与えた地獄

20億円もの借金地獄に苦しみながらも、演歌歌手として活動を続けていた島倉千代子さん。そんな地獄にいた島倉千代子さんに、手を差し伸べたのが細木数子さんの旦那でした。借金の取り立てに来た大勢のヤクザから、島倉千代子さんを庇っていたそうです。

20億円もの借金を、数億円に収めてくれた細木夫妻に恩を感じた島倉千代子さんは、細木数子さんのことを「細木のママ」と呼び、慕っていました。しかし、このことが原因となり、島倉千代子さんは細木数子さんの言いなりとなってしまいます。

細木数子さんは、借金を肩代わりした見返りとして、島倉千代子さんの興行権を譲り受け、芸能プロダクションを設立。約3年間、島倉千代子さんを馬車馬のように働かせました。

当時、島倉千代子さんの人気は高く、その収入は年収2億2000万とも言われています。けれども、借金を十分に返済できる収入を得ていたにもかかわらず、借金は増えている、と細木数子さんは語っていました。

この問題は島倉千代子さんが事務所を去る、という形で解決します。後の手記では、出演料をごまかされたとされる人物に対し、法律が許してくれるならばこの手で刺したい、と記されています。

島倉千代子を苦しめた細木数子

名前  :細木 数子(ほそき かずこ)
生年月日:1938年4月4日(78歳)
出身地 :東京都
職業  :占い師、タレント

「六星占術」という占いを独自の研究から編み出し、本として出版。世の中に「六星占術」ブームを築き、人気占い師となりました。その活動は本だけに留まらず、タレントとしてテレビ出演も果たします。

人に苦しめられながらも島倉千代子が築いたもの

島倉千代子さんを苦しめた人は多くいますが、その何倍もの人が島倉千代子さんを助け、慕っていました。葬儀に参加された人数が3000人にも及ぶことからも、島倉千代子さんの人生がどういったものだったのかが伺えます。

島倉千代子さんの人生についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。簡単にまとめただけでも、その地獄のような半生を知ることができました。借金に苦しみながらも歌い続けた島倉千代子さんは、純粋すぎたのかもしれませんね。亡くなってからは、地獄ではなく天国で、大好きな歌を歌っていると信じたいものです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-14 時点

新着一覧