夏フェスのレディースファッションまとめ!NGな服装とは?

暖かくなってきて、これからの時期の楽しみなのが夏フェスですよね。今年の夏フェスファッションはもう考えていますか?年に数回の夏フェスだからこそ、とびきりおしゃれにアクティブに行きたいですよね。夏フェスファッションのおすすめコーデとNGコーデをご紹介します。

夏フェスのレディースファッションまとめ!NGな服装とは?

目次

  1. 夏の楽しみのひとつ、夏フェス!
  2. 夏フェスファッションは海外のコーディネートをお手本に
  3. 夏フェスファッション【ボヘミアンコーデ】
  4. 夏フェスファッション【スポーツMIXコーデ】
  5. 夏フェスファッション【リラックスコーデ】
  6. リンクコーデを楽しむ夏フェスファッション
  7. 夏フェスファッションの足元は?
  8. 夏フェスファッションにおすすめのヘアスタイル!
  9. 夏フェスファッション、あると便利なおしゃれグッズは?
  10. NGな夏フェスファッションとは?
  11. 今年の夏フェスファッションは?

夏の楽しみのひとつ、夏フェス!

春らしい暖かさになり、薄着になってきたこの頃。これからの季節の楽しみと言えば、やっぱり夏フェスですよね。日本各地で大規模な夏フェスが開催されますが、早いところだと4月下旬から行われるようです。音楽好きの女性にとって、夏フェスの良さは爆音で踊ることだけじゃないですよね。

普段の生活とはかけ離れた場所だからこそこだわりたいのが、夏フェスでのファッション!街の中で着て歩くのには抵抗がいるコーデも、夏フェスの解放感と盛り上がりの中なら何でもアリですよね。夏フェスのファッションに取り入れたいおしゃれで動きやすい服装をまとめてみました。

夏フェスファッションは海外のコーディネートをお手本に

大規模な音楽イベントといえば海外で行われているフェスが有名ですよね。海外のフェスに参戦している女の子の服装がとってもかわいくておしゃれなので、見ているだけで夏フェスへのテンションが上がりますよ。

海外の女の子のフェスファッションは色の組み合わせやアクセサリーなどの小物遣いがとっても参考になります。ぜひ取り入れてみてくださいね。

夏フェスファッション【ボヘミアンコーデ】

夏フェスファッションだからこそ、思いっきり夏を意識したボヘミアンレディースコーディネートはいかがでしょうか?日常とはかけ離れている雰囲気に包まれて心から弾けられそうです。こちらの画像のようにヒッピーバンドを取り入れるだけでもボヘミアンな印象になりますよね。

エスニックな服装を得意としているお店に行くと、色も柄も本当に様々なアイテムがズラリ!数万人規模の夏フェスでも他の女の子とかぶってしまうことはほとんどあり得ないかもしれません。夏フェスファッションだから出来る柄×柄×柄、なんてコーディネートも楽しみたいですよね。

夏フェスファッション【スポーツMIXコーデ】

アクティブに動き回れることを重視した夏フェスファッションは、とことんカジュアルにコーディネートしつつも女の子らしさは忘れたくないところです。

女の子らしい色使いや花柄などを取り入れるのがおすすめ!サーフパンツやボードショーツもレディースだとカラフルで目立つ柄物も多いですし、何より乾きやすい素材が夏フェスにピッタリです。汗をかいても快適に過ごすことが出来ますよ。

スウェットパンツにジャージとスニーカーでスポーツMIXのこちらのコーディネートはクラッチバッグで女性らしさを残しているのがポイント!動きやすい服装でもレディースアイテムだけは忘れたくないところですよね。

夏フェスファッション【リラックスコーデ】

大好きな音楽に酔いしれる夏フェスのファッション、ナチュラル&リラックスでゆるくコーディネートするのもかわいいですよね。普段の服装にスポーツサンダルやスニーカーでカジュアル感をプラス。一番着慣れている服装で気取らずに過ごしやすいのがいいですよね。

リンクコーデを楽しむ夏フェスファッション

いつもの服装とはかけ離れたコーディネートで楽しみたいなら友達やカップル、親子でのリンクコーデに挑戦する絶好の機会だと思います。特別浮いてしまうこともなく、揃えているのがむしろ可愛いと思える夏フェスファッションですよね。

大人数でのリンクコーディネートもおしゃれ!おなじタイダイTシャツでも、裾をフリンジにリメイクしたりVネックにカットしたりとそれぞれ個性を出せるのも魅力です。Tシャツリンクコーディネートはレディース、メンズ関係なく出来るので、たくさんで楽しむときに取り入れたいですよね。

夏フェスファッションの足元は?

夏フェスファッションにおすすめの靴と言えば、やっぱりスニーカーです。それも、普段履き慣れているものや、とびきり軽くて衝撃を吸収してくれるようなもの!朝から晩まで踊って飛び跳ねるなら、履いていくスニーカー選びはかなり重要です。

レディースサイズでもかわいくて機能的なスニーカーがたくさんあるので、今から履いて夏フェスまでに自分の足になじむようにしておけばバッチリですね。洗いやすいものだと汚れても心配いりませんよ。

フェス開催場所によっては天候で足元がぐちゃぐちゃになってしまうこともあるので、夏フェスファッションとして準備しておきたいレインブーツ。定番のHUNTERもかわいいのですが、持ち運ぶにはちょっと大きいですよね。

こちら、日本野鳥の会のレインブーツはとっても軽くて柔らかいのが特徴なので、画像のように折り込んでミディアム丈にしても履けます。更には付属で収納バッグも付いてくるので、持ち運びに最適のレインブーツなんです。もちろんレディースサイズにも対応しています。ここ数年で人気に火が付き取り扱っているお店も増えているので、チェックしてみてくださいね。

夏フェスファッションにおすすめのヘアスタイル!

夏フェスでの悩みのひとつは、ヘアスタイルではないでしょうか?湿気や雨も気になる野外でヘアスタイルの崩れを気にして楽しめないのはもったいないですよね。

流行のバンダナやスカーフのアレンジは雨・風にも強くてどんなテイストの夏フェスファッションにもマッチするのでオススメです。バンダナやスカーフは色柄も豊富なので個性を出しやすいですよね。

夏フェスファッションにキャップもおすすめ!最近では女の子の間でも流行のキャップはレディースサイズもたくさん出ています。画像のようにみつあみや編み込みヘアにキャップを被ればおしゃれで天候も気にせず楽しめます。ハットよりも風で飛びにくいのがキャップの良いところですよね。

夏フェスファッション、あると便利なおしゃれグッズは?

天気が心配な夏フェスに持っていると安心なのが、レインポンチョやレインコートなどの雨具です。傘をさすのが禁止されているフェス会場、折りたたんでコンパクトにバッグに入るものがあると便利ですよね。雨の中でずぶ濡れで見続けなくてはいけないような状況にならない為には欠かせません。

デザインも豊富なレインポンチョは夏フェスファッションにおしゃれに取り入れられるので雨が降ってきてもテンション下がらずにいられますよね。汗をかいた後、肌寒い時の防寒対策としても使えます。そして日焼け対策としても使える万能アイテムです。

汗をかくのは当たり前の夏フェスでは、タオルは必須アイテムだと言えます。フェス会場で直接買うのもいいのですが、混雑しすぎてなかなか買えない!!なんてことも心配ですよね。あらかじめ用意しておくと安心です。

夏フェスの強い日差し対策にひとつ持って行きたいサングラス。眩しくて見にくい時はもちろんですが、UV対策としても使えますよね。紫外線は目からも影響を受けると言われているようです。

NGな夏フェスファッションとは?

長すぎるマキシワンピ

1枚でサラリと着られて楽ちんなマキシワンピ。夏フェスファッションにも取り入れたいものですが、長すぎるものはNGです。周りの人に裾を踏まれてしまうことも考えられますし、雨が降ってしまえば裾がぐちゃぐちゃになってしまうこともあります。マキシワンピを着るなら足首が出るくらいのものを。着丈に注意が必要です。

ヒールは危険!

いうほどでもないかもしれませんが、人が多い中で長時間立って動き回る夏フェスには、ヒールは不向きですよね。疲れてしまうのはもちろんですが、盛り上がって周りから押されてしまうことも少なくはないので、スニーカーやフラットな靴で行きましょう。

ヒールは自分がケガをする危険性だけではなく周りの人にも危険が及ぶ可能性が!!踏まれた人は確実に流血してしまうので、おしゃれでも止めておきましょう。

ミニスカートは不便

わりと動きやすくて涼しく、意外と快適なミニスカートですが、夏フェスファッションとしてはあまりおすすめしません。フェスの会場ではちょっと疲れたから休憩…と思ってもイスではなく地べたに座るしかない時もあります。ミニスカートを履いていると自由に座ることも出来ず不便ですし、ものすごい人混みですから、チカンに遭ってしまう危険もありますよ。

スタイル良く見えるスキニーデニムもNG

ただでさえ暑い夏、しかも人混みの中で動き回って踊りまくって汗びっしょり!なんてことは避けて通れない夏フェス、スキニーデニムだと張り付いてとっても不快な思いをしてしまいます。スキニーパンツを穿きたいのなら、スウェットパンツなど通気性の良い素材を選ぶのが良いでしょう。

今年の夏フェスファッションは?

夏フェスファッションにおすすめのコーディネートやおしゃれで便利なグッズたちをご紹介しましたが、今年の夏フェスファッションのイメージは浮かんだでしょうか?何を着て夏フェスに行くのか、考えているだけでワクワクしてきちゃいますよね。一日中思いっきり楽しめるように、早めに準備して夏フェスをエンジョイしてくださいね。

もっと夏フェスファッションを知りたいアナタへ!

Thumbライブの服装コーデ!春夏秋冬の女子・レディース着こなしファッション術!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-13 時点

新着一覧