ほうじ茶の効果・効能まとめ!番茶とほうじ茶が何が違うのか調査しました

ほうじ茶は美味しいですが、実はたくさんの嬉しい効能を持った飲み物でもあるんです。今回はそんなほうじ茶の持つ健康効果や美容効果、更には番茶との違いなどについてもまとめてご紹介していきます。今日からアナタもほうじ茶を飲みたくなりますよ!

ほうじ茶の効果・効能まとめ!番茶とほうじ茶が何が違うのか調査しました

目次

  1. ほうじ茶の効能が凄い!番茶との違いや美容効果について徹底調査!
  2. 美容や疲労に効果アリ?健康にいいほうじ茶とは
  3. 実は同じもの?ほうじ茶と番茶って一体何が違うの?
  4. 女性は必見!ほうじ茶の持つ健康効果が凄すぎる!
  5. エチケット対策やリラックスにも効果抜群のほうじ茶
  6. ほうじ茶の持つ効能は疲労回復にも効果的
  7. 健康効果だけじゃない!ほうじ茶は美容においても効果テキメン!
  8. ほうじ茶の効果は得たいけど1日にどのくらい飲んでいいものなの?
  9. 味に飽きたら一工夫!ラテにしても美味しいほうじ茶
  10. 美容にも効果が期待できるほうじ茶を取り入れて健康な体に!

ほうじ茶の効能が凄い!番茶との違いや美容効果について徹底調査!

日頃何気なくほうじ茶を口にしているという人もいるかもしれませんが、ほうじ茶の持つ効果や効能について詳しくご存じでしょうか。実はほうじ茶というのは健康に良くてただ美味しいだけの飲み物ではないんです。

今回はそんなほうじ茶の持つ驚きの効能や知っておきたい効果、番茶とは一体何が違うの?といった基本的な部分についてもまとめてご紹介していきたいと思います!どうせただのお茶だろうとほうじ茶を甘く見てはいけませんよ!

これまで特に効果を知らずにほうじ茶を飲んでいたという人や、あまりほうじ茶を飲む機会が無かったという人も、効果や効能を知る事で今日からでもほうじ茶をもっと飲みたいと思うかもしれません。

人気のほうじ茶ラテの作り方!ほうじ茶ラテに合うカスタマイズとは?

美容や疲労に効果アリ?健康にいいほうじ茶とは

砂糖などを含んだ飲料とは違い糖質などを気にせず気軽に飲む事のできるほうじ茶ですが、どこでも気軽に購入する事ができる庶民的な飲み物ですよね。香ばしい味わいが好きだという人も多いのではないでしょうか。

子供でも飲みやすく健康にも良い事から積極的に飲んでいるという人もいるかもしれませんが、実は健康にいいだけではなく美容などにも効果がある飲み物なんです。健康も美容も欲張れるなんて女性には特に嬉しい情報ですよね。

そんなほうじ茶がもたらしてくれる様々な効果についてご紹介していきますが、まずは今更人には聞けないほうじ茶と番茶の違いについて簡単のご説明していきたいと思います。どちらも同じお茶ではないのでしょうか。

実は同じもの?ほうじ茶と番茶って一体何が違うの?

番茶というのは、一般家庭に常備されている事も多い身近なお茶の名前です。誰にでも飲みやすい味わいであり、透明度の高いお茶でペットボトルに入ったお茶の原料として利用される事も多いのがこの番茶なのだそうです。

一方でほうじ茶というのは、この番茶が褐色に変化するまで強火で焙煎したものの事を言うのだとか。ほうじ茶の持つ香ばしさは強火での焙煎にあるという事なんですね。番茶を焙煎するとほうじ茶になるという知識は覚えておきたいものです。

ちなみに北海道などの東北地方ではほうじ茶の事を番茶と呼ぶ事も多い様です。番茶に比べるとほうじ茶の方がアミノ酸類やビタミンCといった成分の含有量は低くなってしまいますが、だからといってほうじ茶を侮る事はできません。

女性は必見!ほうじ茶の持つ健康効果が凄すぎる!

ほうじ茶には様々な効果や効能があるそうですが、まず飲み物としても単純にカフェインが低いので妊娠中の女性などでも安心して口にする事ができるお茶がほうじ茶なのだそうです。やはりカフェインには気を遣いますよね。

緑茶と比較してもカフェインの含有量は一目瞭然で、玉露の緑茶と比べてみるとおよそ9分の1ほどしか無いんです。カフェインを控えたいという時には、飲み物をほうじ茶へと切り替えてみると良さそうですね。

更にほうじ茶は冷え性を改善してくれる効果もあるそうなんです。これはカフェインの少なさもありますが、ほうじ茶に含まれる「ピラジン」という成分が血管を広げて血流を改善してくれるのだそうです。冷えは女性の大敵ですよね。

エチケット対策やリラックスにも効果抜群のほうじ茶

更にほうじ茶には殺菌効果もある事から、口内環境にも影響を与えて虫歯や口臭といった要素に対しても嬉しい予防効果を発揮してくれるそうです。大人になったら健康だけでなくエチケットにも気を遣っておきたいですよね。

更に口内環境だけではなく、ほうじ茶でうがいをする事で風邪やインフルエンザといったものに対しても予防効果が期待できるとの事でした。ウイルス対策もできるなんて、健康の為には是非ほうじ茶を常備しておきたくなりますね。

この様に実際にほうじ茶の効果を実感しているという人もいる事からも、半信半疑でもまずはほうじ茶を飲み始めてみたくはならないでしょうか。

更にほうじ茶にはリラックス効果もあるそうなので、仕事の休憩中であったりちょっと気分転換をしたいという時には知らず知らずのうちに肩の力を抜いてくれるかもしれません。飲み物に迷ったらほうじ茶を選んでおきたいですね。

ほうじ茶の持つ効能は疲労回復にも効果的

リラックス効果を期待できるほうじ茶は、疲労回復にも一役買ってくれるのだとか。飲む以外にもほうじ茶の香りを嗅ぐだけでも効果を得られるとの事で、疲れた時にはほうじ茶効果を試してみたいものですよね。

カフェイン含有量の少ないほうじ茶は就寝前に飲んだとしても安眠を妨げる事は無いそうです。むしろリラックス効果のあるほうじ茶はかえって寝つきを良くしてくれたりといった嬉しい効果もあるのだとか。

最近寝つきが悪いと感じていたりあまり熟睡できていないという場合には、就寝前に暖かなほうじ茶を口にして体をリラックスさせてみるというのも良いかもしれませんね。飲むだけで良いのでとてもお手軽です。

ただしあまり飲みすぎてしまうと当然トイレが近くなってしまい、眠りを妨げる事となってしまう可能性もあります。ほうじ茶の効果を得たいからといっても、飲む量は程々にしておく事も大切です。

健康効果だけじゃない!ほうじ茶は美容においても効果テキメン!

健康面で様々な嬉しい効果をもたらしてくれるほうじ茶ですが、実は美容方面でも嬉しい効果があるそうなんです。ほうじ茶にはまさかのアンチエイジング効果も期待できるという事をご存じでしょうか。

抗酸化作用に加えてビタミンCが美肌効果を与えてくれるので、紫外線や様々な要因で傷ついてしまった肌を回復させ、若々しい肌をキープする手助けをしてくれるとの事なんです。とても驚きではないでしょうか。

更には脂肪を分解してくれる効果もある事から、食後にほうじ茶を習慣づける事で脂肪のつきにくい体へと変化をさせていくというダイエット効果も期待できるのだそうです。女性にとってはまさに朗報ですよね。

ほうじ茶の効果は得たいけど1日にどのくらい飲んでいいものなの?

しかしそんなほうじ茶の効能や効果をきちんと得る為には、どのくらいの量を飲めばいいのかわかりませんよね。基本的には1日あたり2000ml程度のほうじ茶を飲んでも良いとの事でした。これはカフェインが少ないからこそですね。

ただしその他にもカフェインを含む食事などをする場合には、飲む量を調節する必要はある様です。妊娠中の女性の場合には1500ml程度が目安になるそうです。とはいえどちらも十分な量ではないでしょうか。

ちなみにより効果を上げたいという場合には、まずは朝に1杯のほうじ茶を飲むと良いそうです。カフェインが体を目覚めさせてくれると同時に、腸が刺激される事でお通じにも効果が期待できるとの事です。

更に入浴前や体を動かす前にもほうじ茶を飲む事で、かいた汗と一緒に体から毒素が排出されるのだそうです。何かをする前にはほうじ茶を飲むという習慣をつけておくと、自然と健康的な体に近づけそうですね。

味に飽きたら一工夫!ラテにしても美味しいほうじ茶

しかし健康や美容にいいと言われても毎日飲んでいたら飽きてしまう…という人は、少し工夫をしてほうじ茶を飲むという方法もあります。たとえば牛乳と合わせてほうじ茶ラテを作ればオシャレなカフェタイムに早変わりです。

牛乳ではなく豆乳を使用する事で美肌に相乗効果を期待する事もできるかもしれませんし、時にははちみつを入れたりマシュマロを乗せてみたりとちょっとした工夫で美味しくほうじ茶を楽しむ事もできます。

特に就寝前にほうじ茶を飲むという場合には、ほうじ茶ラテにする事で体も温まり睡眠の質を向上させる事にも繋がっていくのだそうです。美味しく体を温めて安眠できるなんて嬉しい事ばかりではないでしょうか。

美容にも効果が期待できるほうじ茶を取り入れて健康な体に!

健康や美容などあらゆる面で嬉しい効果を期待する事のできるほうじ茶ですが、これまでほうじ茶には特に見向きもしなかったという人も、驚きの効能にこれまでよりもほうじ茶というものに興味が湧いたのではないでしょうか。

特別難しい事もなくただ飲むだけで体に良い影響を及ぼしてくれるほうじ茶ですが、温かくても冷たくても美味しく飲む事のできるほうじ茶は季節を問わずこれから大活躍してくれそうですよね。コンビニでも手軽に購入が可能です。

健康やダイエットへの取り組みを人に知られるのは恥ずかしいという人も、ほうじ茶を飲むだけなら人目も気になりませんよね。日常生活の中に是非ほうじ茶を取り入れて体の中からキレイを目指してみるのも良いのではないでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-09 時点

新着一覧