ほうれい線を消す方法とは?若いのに笑うとできやすいなどお悩みを解決!

若いのに笑うとほうれい線ができてしまい恥ずかしい…そんな経験はありませんか?ほうれい線を消す方法があるなら誰でも試したいですよね。今回はほうれい線を消す方法をご紹介します!この方法で「若いのに笑うとほうれい線ができる」という悩みにストップをかけましょう!

ほうれい線を消す方法とは?若いのに笑うとできやすいなどお悩みを解決!

目次

  1. そもそもほうれい線ができてしまう理由とは?
  2. 顔のたるみによるほうれい線を消す方法はこれだ!
  3. ほうれい線をツボ押しで消す方法
  4. ベロを回してほうれい線を消す方法
  5. ベロ回しはほうれい線だけじゃなく顔の歪みも消す方法だった!
  6. あいうー体操って何?あいうー体操でほうれい線を消す方法
  7. 顔全体をエクササイズしてほうれい線を消す方法
  8. 割りばしを使ってほうれい線を消す!割りばしで消す方法
  9. 割りばしを使って「若いのにほうれい線ができている」なんて言わせない!
  10. 乾燥によるほうれい線を消す方法は?
  11. 保湿をしっかりと行いほうれい線を消す方法
  12. 間違ったスキンケアはNG!正しいスキンケアでほうれい線の元をストップ!
  13. 肌に必要な成分を補給して消す方法も効果的
  14. 身体の中からでもほうれい線は消せる?!食事で消す方法
  15. ほうれい線には紫外線対策も大切な「消す」方法です
  16. ほうれい線を消す方法は原因別で解消していくことが一番

そもそもほうれい線ができてしまう理由とは?

若くてきれいな女性って憧れますよね。ですがそんな彼女たちでさえ笑うとほうれい線ができてしまうって知っていましたか?実はほうれい線は年齢に関係なく引き起こされる肌トラブルの産物の一つなんです。若いのに…とテンションを下げていないでほうれい線を解消・予防しましょう!

ほうれい線ができてしまう原因として考えられるのは、主に顔のたるみや乾燥です。これらは年齢に関係なく現れるので、どんなに若い人でも笑ったときにできる「ほうれい線」を作り出してしまうのです。できたほうれい線をみると「若いのに残念…」と思われてしまうかもしれません。

普段からほうれい線対策をして、出来てしまったほうれい線を消す・予防するようにしましょう。できやすいといわれているほうれい線を消す方法はたくさんあるので、自分ができる方法で実践していきましょう!顔の筋肉が衰えるとほうれい線だけでなくシワも増えてしまうのでやれることはどんどんトライしましょう。

Thumbほうれい線が出来る原因とは?消し方・予防法・何歳から出来るのかチェック!

顔のたるみによるほうれい線を消す方法はこれだ!

どんなに若くてきれいな人でも笑うとほうれい線ができてしまうことがありますよね。それを見てしまうと勿体ない…と思うように、もしかしたら自分も若いのに同じ状況かもしれませんよ?

ほうれい線を消すには顔のたるみを失くすことが効果的です。普段から顔の筋肉を使うことが少ないとどんどん顔の筋力が失われて顔がたるんでいってしまいます。ほうれい線は顔の筋力不足によるたるみによって引き起こされます。こまめにフェイスエクササイズをして筋力アップなどをしてたるみを解消しましょう。

ほうれい線をツボ押しで消す方法

ツボ押しと聞くとサロンなどを思い浮かべますが、ツボ押しは自宅でも簡単に行えるのでお金がかかるなどの心配はありません。確かにプロにやってもらった方が効果も出やすいでしょうが、自分でもコツをつかめば問題なく行える方法の一つです。

むくみを改善するツボを押してほうれいを解消!

顔のむくみもたるみの原因となるのでツボを押して解消させてしまいましょう。まず下唇の真ん中を押し、4カウントします。次に口角を押し同じようにカウント、そして鼻の下から小鼻の脇、頬骨を辿って耳の前のツボまでたどり着きましょう。耳のツボを押したら完了です。

笑うとできるほうれい線には笑顔のツボ押し!

かんりょうまたはこりょうと呼ばれるツボが小鼻脇と黒目を引いて交わるくらいの線のところに位置しています。ここを指の腹で垂直に5秒押すを5回ほど繰り返すだけです。若いのに笑うとほうれい線ができるなら、ここを押してみましょう。

ベロを回してほうれい線を消す方法

ベロを回すことで顔の筋肉を刺激し、たるんでしまった顔の筋肉を上にあげる効果が期待できます。ほうれい線ができやすい特徴として、普段から口角が下向きになっている、顔の筋肉をあまり動かさないなどが挙げられます。

ベロ回し、そのやり方は?

ベロを回すと聞くと、ベロを口から出して回すだけと思うかもしれませんが、実は口は閉じたまま左右に各20回、舌を歯の表面になぞらせて回すだけなんです。よく舌を可愛くだして回そうとする人がいますが、ほうれい線を消す方法はそんな可愛い方法ではありません。

あまり人目を気にせず行ってしまうと人によっては「あの顔ブスだな…」と思われかねないので、なるべく人前よりも自分だけのスペースで行うようにした方が良いでしょう。ベロ回しは慣れるまで各20回できない人もいるので、もしできなかったら回数を少しずつ増やしていきましょう。大切なのは習慣化することです!

効果や注意点は?

最初の頃は慣れていないので顎や口の中が痛く感じる場合もありますが、慣れると簡単に行えるようになります。簡単な動作ですが、よく忘れてしまい習慣化しない人も多いので、毎日のスキンケア後に実践するなどして日常の中に習慣化していきましょう。

ベロ回しはほうれい線だけじゃなく顔の歪みも消す方法だった!

ベロ回しは顔のたるみでできやすいほうれい線を消すだけでなく、二重顎や顔のゆがみを治す方法でもあるので普段から行えば顔のたるみだけでなくかみ合わせなども改善させることができます。

ベロ回しは誰でもいつでも簡単にできる方法なので、テレビを見ているとき、お風呂に入っているとき、スキンケアの終わりに是非やってみましょう。ベロを回すことで顔の筋肉が刺激されるので、顔年齢が老けて見える場合にも是非試してみましょう!

あいうー体操って何?あいうー体操でほうれい線を消す方法

あいうえお体操やあいうべー体操ともいわれていますが、あいうえ(べ)おと大きく口を開く顔の体操を指します。口周りの筋肉を刺激することができるのでほうれい線を解消・予防するのに役立ちます。

笑顔の基本である「い」の形だけでなく、口全体を大きく使うあいうえおで口や舌の筋肉を刺激してあげましょう。これもどこでもできるエクササイズ方法なのでスマホやパソコンを操作しながらでもできます。笑ってもほうれい線ができないように暇があれば実践していきましょう。

顔全体をエクササイズしてほうれい線を消す方法

誰だって笑うと素敵な女性・男性になりたいですよね。でもほうれい線ができてしまうと笑うことも嫌になってしまうかもしれません。できやすいほうれい線は顔全体の筋肉をエクササイズすることで消す・予防対策することができるので毎日実践して笑顔が素敵な毎日を送れるようにしましょう!

口をすぼめたり膨らませたりする

酸っぱいものを食べたときのように口をすぼめて10秒キープしてからゆっくりともとに戻し、次に口を膨らませるというのを繰り返し行うことでも顔の筋肉を鍛えることに繋がります。普段から顔の筋肉を鍛えるようにしておけば、できやすいほうれい線だって撃退することができますよ。

眉や目、口と顔全体を大きく動かす

眉や目、口を大きく動かすことも大切です。お風呂に入っているときなどに動かすだけでも簡単にエクササイズすることができます。眉毛を上げ下げしたり、目を大きく見開いたり、口をすぼめる・開く・閉じるなどの動作を繰り返し行いましょう。笑うとどのあたりにほうれい線ができやすいか把握することも大切な予防対策になります。

割りばしを使ってほうれい線を消す!割りばしで消す方法

割りばしを使うことでできやすいほうれい線を消すこともできます。割りばしは比較的どの家庭にもあると思います。できやすいほうれい線対策にも効果的、100均で手軽に買えることも魅力的なアイテムなので活用して笑ってもほうれい線ができないようにしちゃいましょう!

割りばしエクササイズはどこでもできる!

割りばしエクササイズは、割りばしを口にくわえて口角が割りばしよりも上になるように「い」の口をキープするだけで簡単に表情筋のエクササイズができます。30秒~1分間キープするだけなので、髪をセットしている間やアイメイクをしているときでも手軽に行えます。

割りばしを使って「若いのにほうれい線ができている」なんて言わせない!

割りばしエクササイズは慣れるまでキツイと感じると思いますが、効果は絶大です。普段使っていない筋肉をフルに使うので、顔のたるみに効果的なエクササイズです。これでもう「若いのにほうれい線ができてるよ」なんて言わせないようにしちゃいましょう!

乾燥によるほうれい線を消す方法は?

ほうれい線は乾燥でもできやすいので乾燥肌の人は要注意です。若いのに笑うとほうれい線のようなシワができてしまうのは、肌が乾燥しているせいでしょう。肌の乾燥は年齢とは関係なく誰にでも起りうる出来事です。年齢に関係なくできやすいほうれい線対策は乾燥を防ぐことも大切です。

現在ではさまざまな化粧水や化粧水パックが開発されているので肌の乾燥を改善しやすくなっています。もし肌の乾燥が気になっているのであれば、ほうれい線ができてしまう前に対策をした方が良いでしょう。

女性にとって乾燥は大敵です。無用な肌トラブルを招かないためにも肌の乾燥対策は日常的に徹底しておきましょう。また間違ったスキンケアもほうれい線やシワを増やしてしまう原因になるので注意しましょう。

保湿をしっかりと行いほうれい線を消す方法

保湿をしっかりと行うことで、乾燥によりできやすいほうれい線を消すことができます。また普段から保湿がしっかりとできていればほうれい線を予防することもできるので、笑ってもほうれい線が気にならない、きれいな肌にすることも可能です。

若いのにほうれい線ができてしまうとテンションも下がってしまいますよね。若いのに、年齢に関係なくできやすいほうれい線を消すためには自分に合った保湿方法を見つけましょう。自分の肌に合わないと、いくら保湿をしても逆効果になってしまうこともあります。

間違ったスキンケアはNG!正しいスキンケアでほうれい線の元をストップ!

正しいスキンケア、洗顔は行えていますか?間違ったスキンケア方法も肌の乾燥を招きほうれい線を作ってしまう原因です。たくさんの泡で肌に刺激を与えないように洗う、すすぐときは水が肌温と同じ温度まで…と洗顔やスキンケアといっても気をつけなければいけないことはたくさんあります。

肌に必要な皮脂を余分に洗い流してしまったり、疲れたからといって化粧を落とさずに寝ることもやめましょう。ほうれい線を消す方法はまず、作らないことも必要になります。ほうれい線は消せるといっても、次から次へと作られてしまってはほうれい線解消も間に合いません。

いつも正しい方法でスキンケアができるように、今一度自分のスキンケアや洗顔方法を見直してみましょう。

肌に必要な成分を補給して消す方法も効果的

若いのに笑うとほうれい線ができてしまうのは、肌に必要な成分が足りないせいかもしれません。日々のスキンケア用品に含まれている成分って気にしていますか?実は化粧品によって、含まれている成分は違うので、ほうれい線を消したいのであれば、肌にハリや弾力を与える成分が含まれている化粧品を使いましょう。

ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン

肌にハリや弾力、潤いを与えるといったらこれらの成分は必要不可欠です。ヒアルロン酸やセラミドはどちらも肌の保水力に影響するもので、不足するとハリや弾力が失われほうれい線やシワの元になります。コラーゲンが不足しても同様で肌の老化が進むので不足しないようにしましょう。

ビタミンC誘導体やレチノール

いちごやキウイ、柑橘系などに含まれているビタミンCは美容成分としても大切なものです。ビタミンCはコラーゲンの生成や働きをサポートしてくれます。レチノールは肌のターンオーバーを促す働きを持っているので、肌の生まれ変わりに役立ってくれます。

身体の中からでもほうれい線は消せる?!食事で消す方法

ほうれい線を消すなら食事にも気をつけておきましょう。消す方法としてアンチエイジングという方法があります。アンチエイジングとは身体の老化を食い止める、抑える、いつまでも若くありたいなどの意味から「老化に抗う」という意味合いで使われています。

老化防止にはたんぱく質!

ダイエットしている人に不足しがちなたんぱく質は皮膚を形成する役割をもっています。人の身体の約20%ほどをたんぱく質が作っているので、これが不足すると肌老化やむくみ、内臓の病気などを招いてしまいます。

たんぱく質は主に肉や魚、たまご、乳製品、大豆製品などです。どれか一つの食材に偏らず、さまざまな食材からたんぱく質を摂るようにしましょう。たんぱく質が不足するとコラーゲンを構成できなくなるので、肌のハリや弾力が失われていきほうれい線を発生させる原因の一つとなります。

大豆製品に含まれるイソフラボンもほうれい線を予防する!

女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きを持つのがイソフラボンです。エストロゲンが不足すると肌のハリが失われてしまうので、ほうれい線の元になりやすいため、エストロゲンに似た働きを持つイソフラボンを摂取してほうれい線を予防しましょう。納豆や豆乳、豆の煮つけなどを食事に取り入れていきましょう。

コラーゲンは肌に必要不可欠!ほうれい線を消す方法として効果的!

鶏の手羽先やマシュマロに含まれています。コラーゲンだけを摂取するよりもビタミンCと一緒に摂取した方が吸収率も効果もアップするといわれています。コラーゲンは肌の主成分です。不足するとほうれい線の他にもシワやハリ・弾力が失われる一方なので食事やサプリで補っていきましょう。

ほうれい線には紫外線対策も大切な「消す」方法です

ほうれい線を消す方法として忘れてはいけないのが紫外線対策です。紫外線はシミだけではなく、肌の乾燥を招いてしまいます。普段から保湿をしっかいりと行うことも大切ですが、紫外線を余計に浴びないようにすることも必要です。

出かけるときは装備をしっかりとつけて!

ほうれい線の元となる乾燥を防ぐためには保湿の他にも肌へ無用なダメージを与えないことです。紫外線は肌に大きなダメージを与えてしまうので、日焼け止めクリームや日傘、サングラスなどでしっかりと肌をカバーしましょう。また日差しではなく日陰に注意して道を歩くことも大切です。

家の中での過ごし方にも注意!

油断しがちなのが家の中です。家の中にいても、日の当たる場所に長時間いいると紫外線を受けていることと同じです。家の中にいてもなるべく日の当たらないところやカーテンを閉めて紫外線を受けないような対策をしましょう。普段の過ごし方もできてしまったほうれい線を消す方法の一つとして活用しましょう。

ほうれい線を消す方法は原因別で解消していくことが一番

ほうれい線を作り出している原因はさまざまですが、その方法に合わせて解消や予防対策をしていくことが大切です。原因別で解消していくことでほうれい線も消えやすく、予防しやすくなるので、普段から顔の筋肉を鍛えたり乾燥を防いだりしてほうれい線を解消・予防対策しましょう!

もっとほうれい線について知りたいアナタヘ!

Thumb舌回し体操が凄い!ほうれい線が消える?目が大きくなる?正しいやり方は?
Thumbほうれい線はヒアルロン酸が効果的?値段や口コミを調査!失敗も注意?
Thumbほうれい線に効くクリーム・化粧水・美容液をランキングで紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-04-25 時点

新着一覧