ステッパーの効果や消費カロリーは?おすすめの口コミも調査!

ダイエットにおすすめと効果が口コミで広がってるステッパー。ステッパーとはどんなもので、ダイエットにどんな効果が期待できるのでしょうか?ステッパーのやり方や実際の効果、消費カロリーから口コミでおすすめされる理由まで、ステッパーに関することをまとめました。

ステッパーの効果や消費カロリーは?おすすめの口コミも調査!

目次

  1. ダイエットにおすすめのステッパーってなに?その効果は?
  2. 口コミで広がるステッパー・エクササイズの効果
  3. ダイエット効果だけでなく下半身の強化も期待できるステッパー
  4. ステッパーの効果1.太ももが引き締まる
  5. ステッパーの効果2.ヒップアップ効果
  6. ステッパーの効果3.カロリー消費でダイエット
  7. ステッパーの効果4.むくみの解消
  8. 口コミでステッパーがおすすめされる理由
  9. ステッパーではどのくらいダイエット効果があるの?
  10. ステッパーの負荷は重いほうがいいの?
  11. ステッパーはどのくらいの時間踏んでいれば効果的?
  12. やり方を間違えるとステッパーの効果が出ない?
  13. ステッパーの選び方
  14. 怪我予防にはステッパー前後のストレッチ
  15. ステッパーの効果が出るのは2週間~1ヶ月後
  16. ダイエットに効果的なステッパーに関するまとめ

ダイエットにおすすめのステッパーってなに?その効果は?

ステッパーとは足踏みトレーニング・ダイエット器具のことです。スポーツジムなどで見かけることの出来るほか、家庭用のものも販売されています。場所をとらずどこでもウォーキングのような動きを出来る器具としていま口コミで話題となっています。

ステッパーを使えば屋内でウォーキングのような効果を期待できます。ステッパー自体は古くからあるものですが、最近ではデザイン性の高いものなども発売され、外へ行かなくとも気分転換やカロリー消費ができていいと口コミで人気が出ています。

足踏み器具というと効果に期待できない響きですが、その響きに反してステッパーはとても優秀で効果的。意外に筋力や体力を使い、身体にちょうど良い負荷をかけてくれます。怪我の危険性が低く、翌日に疲労の悪影響を残さないステッパーは社会人にとても嬉しい健康器具ではないでしょうか。

口コミで広がるステッパー・エクササイズの効果

ダイエット器具には騒音の出るものもありますから、賃貸やマンションですとどうしても夜には使えなかったりします。しかしステッパーは騒音を発生させず、ちょっとヒマがあるときに時間帯を気にせず使えるダイエット器具なのです。

ステッパーの特徴としてウォーキングなどと同様の有酸素運動であることが挙げられます。有酸素運動は効率的にカロリー消費ができるので、ステッパーはダイエットにおすすめな器具ということもできます。

ダイエット効果だけでなく下半身の強化も期待できるステッパー

さらにダイエットだけでなく使い方に意識を向ければ、ステッパーは下半身のトレーニングとしても活用できます。お腹回りや太もも、お尻などの下半身を引き締めて、スラリとした体型にしてくれます。

なかにはエクササイズの器具というよりはトレーニング器具といったほうが似合う本格的なステッパーも販売されています。スポーツジムにおいてあるだけあって、ステッパーはなかなか信頼の置けるマシーンのようです。

ステッパーの効果1.太ももが引き締まる

下半身全体に負荷をかけてくれるステッパーですが、太ももへの効果は特に大きいようです。ステッパーは普通に歩くよりも踏み込む力が必要となるため、まるで砂浜を歩くような感覚で太ももを刺激し、消耗させてくれるのです。

つまりステッパーならばウォーキングよりも太ももの筋肉への負担が大きいので、より大きなシェイプアップ効果が期待できるというわけです。着地の振動がないために膝間接などへの負担が少ないのも嬉しいところです。

さらにステッパーならではの効果として、余計な筋肉を使わないというところもあります。自転車などのエクササイズでも太ももは引き締まりますが、自転車の場合は余計な筋肉がついてゴツくなってしまうことがあります。

しかしステッパーですと歩くのに必要な筋肉しか鍛えられませんから、太くなる心配がないようです。太ももが引き締まるということは、当然ながら脚のラインが美しくなるということですので、美脚効果のあるダイエットとしてもおすすめです。

ステッパーの効果2.ヒップアップ効果

ステッパーでは太ももだけでなくお尻の筋肉も鍛えられます。ステッパーでお尻が鍛えられればキュッと引き締まり、ヒップアップ効果が期待できるのです。

同じくヒップアップや下半身の強化に効果的なトレーニングとしてスクワットがあります。しかしスクワットは知識がないと膝や腰への負担が大きく、思わぬ怪我に繋がってしまう恐れがあります。

一方でステッパーですとスクワットほどのリスクはありません。使い方を間違っていれば効果は半減してしまいますが、膝を痛めたり腰を痛めたりということを心配する必要はありません。もちろん正しい知識を身につけてから扱うに越したことはないので、この記事でしっかりと覚えていただければ幸いです。

ステッパーの効果3.カロリー消費でダイエット

やはり一番気になるのが消費カロリーとダイエット効果ですが、ステッパーは先にも書いたように有酸素運動。ウォーキングやエアロビクスなどと同じ、効果的にカロリーを消費できる運動です。

ステッパーが口コミでおすすめされているのも、やはりこのダイエット効果が大きいようです。有酸素運動を行ううえで一番大切なのが継続時間なのですが、ステッパーはトレーニング中のヒマさを軽減しやすい器具というのがおすすめポイントのようです。

ステッパーの効果4.むくみの解消

カロリー消費やダイエット、筋力トレーニングを目的とする場合はステッパーを毎日使うのが好ましいのですが、たまに使うだけでもステッパーにはちょっとした効果が期待できます。

それがむくみの解消。下半身の筋肉を動かすことでリンパの流れを改善して、下半身の余分な水分を押し流せるのです。リンパは筋肉を使うことによって流れるので、日ごろから運動不足な人ほどステッパーでのむくみ解消は効果的といえます。

口コミでステッパーがおすすめされる理由

口コミでステッパーがおすすめされている最大の理由は”ながら運動”が出来る点にあるようです。トレーニングといえば黙々と汗を流しながら集中する必要があると思われがちですが、ステッパーならそんなことはありません。

「テレビを見ながらステッパー」、「電話をしながらステッパー」など”なにかをしながら”のダイエットが可能な点が、ステッパーが口コミで人気を集めている理由のようです。なにかと忙しい現代人にはピッタリな方法だったようです。

無言ではキツいエクササイズやダイエットでも、ステッパーならば楽しみながら無意識に挑戦できる。そういった気楽さがステッパーならではですし、「毎週、この時間のテレビはステッパーをしながら見る」といった生活習慣への取り入れやすさも口コミで人気の理由でしょう。

ステッパーはスマホや携帯ゲームなどで遊びながら出来るエクササイズとしてもおすすめです。遊びに集中していれば20分などあっという間ですし、ウォーキングなどと違って動き回らないため怪我をする心配もありません。

ステッパーではどのくらいダイエット効果があるの?

ステッパーでの消費カロリーやダイエット効果は、ウォーキング以上ランニング以下くらいだといわれています。これは毎日しっかり取り組めば、一ヶ月で1kg以上のダイエットが期待できる消費カロリーといえるでしょう。

ステッパーの消費カロリーは1時間におよそ250キロカロリーから300キロカロリーとされています。1kgの脂肪を燃焼するのに必要なカロリーは約7000キロカロリーですから、30日間続ければ1kg以上の脂肪を消費することができます。

さらに日常での消費カロリーには筋肉量も関わってきます。筋肉は維持するだけでも結構なカロリーを消費しますので、ステッパーで筋肉をつければそれだけで日常の消費カロリーも増えるようになるわけです。消費カロリーが増えるということは、それだけ毎日摂取できるカロリーが増えるという考え方もできます。

もちろん消費した分を食べて摂取していては意味がありませんが、食事制限によるダイエットとは異なりエクササイズのダイエットは食べられないわけではないのでストレスになりにくいのも継続しやすい理由ではないでしょうか。

ステッパーの負荷は重いほうがいいの?

負荷が重いほど効果が大きいと勘違いされがちですが、ステッパーは負荷と継続時間の掛け算が重要となります。つまり重たい負荷で少ない回数をやるよりも、軽い負荷で多くの回数をこなしたほうが効果的なわけです。

さらに興味深いこととして、重い負荷と軽い負荷でステッパーを20分間踏み続けた場合、カロリー消費量はほとんど変化がなかったそうです。カロリー消費自体はほぼ同じで、負荷を重くした場合はそこから筋肉の消費量が増えていく傾向にあるようです。

つまりカロリーを消費したいのならば軽い負荷でより多くの回数をこなし、筋肉を鍛えたいのであれば負荷を重くすればいいというわけです。ダイエットやエクササイズが目的の場合は、軽い負荷で継続できるやり方がおすすめでしょう。

ステッパーはどのくらいの時間踏んでいれば効果的?

効果的なステッパーの推奨時間は30分以上とされています。これは10分を3回にわけても30分を1回だけやってもどちらでも問題ないそうですが、効果が多少違ってくるようです。

10分を3回と30分を1回ではカロリー消費こそ大差ありませんが、脂肪の燃焼量は30分を1回のほうが多かったという研究結果があります。カロリー消費ならば小刻みに、ダイエットを目的とした場合は連続で出来る時間を作ったほうが良いかもしれません。

やり方を間違えるとステッパーの効果が出ない?

これは他のトレーニングでも同様なのですが、ステッパーをやる上でも、正しい姿勢で行うことがとても大切です。足だけを意識せず、背筋を伸ばして腕や肩も大きく動かすことがより効果的なダイエットに繋がるようです。

間違った姿勢で行うと身体に余計な負担がかかる恐れがあります。ステッパーは他のダイエット器具に比べて間違った使い方で怪我をする可能性は低いようですが、正しい姿勢で行うステッパーには骨盤の歪みを修正してくれる効果も期待できるようですので、出来るだけ正しく使いたいダイエット器具ですね。

ステッパーの選び方

ステッパーには通常タイプとツイストタイプの二種類があります。通常タイプのステッパーは「太もも、ふくらはぎ、お尻」の三箇所を鍛えることに重点を置いているようです。この三箇所を鍛えたい場合には効果的でしょう。

ツイストタイプのステッパーは「足腰のひねり」を加えた動作を行います。これによりウェストのシェイプアップも期待でき、動作が単調ではないため飽きがこない作りとなっているようですが、通常タイプと比べて負荷は分散してしまうのでより多くトレーニングする必要があるという難点もあります。

最近ではツイストタイプでも切り替えが可能なものや、通常タイプでも色々な機能がついたものもあります。細かい部分に違いはありますがどれも効果的ですので、悩んで決められない場合はデザイン性などで選んでも良いかもしれません。

最新のステッパーでは歩数や消費カロリーを表示してくれるものもあります。日々のモチベーションの維持にも繋がるので、こういった機能があるのを選ぶのも継続の秘訣かもしれません。

怪我予防にはステッパー前後のストレッチ

ステッパーは怪我をしにくい器具といえど、まったく怪我をしない器具ではありません。姿勢や体型、使い方によっては膝へ負担がかかってしまいます。ですので何の準備もせずに運動をすると痛みや違和感を覚える可能性があります。

ステッパーを行う前と行った後にストレッチをするのが効果的です。ステッパー運動前のストレッチには間接の磨耗や筋肉バランスの乱れを改善する効果があります。

ステッパー運動後にストレッチを行うことで、運動の効果そのものを高めることにも繋がります。ストレッチは筋肉の緊張を解きほぐし血行を良くするので、より効率的な筋肉の回復や強化につながります。

ステッパーの効果が出るのは2週間~1ヶ月後

足のむくみ改善や精神性のストレス発散はすぐに効果が実感できるかもしれませんが、いくらステッパーがスゴイとはいっても地道なトレーニングに変わりありませんから、使った翌日から効果が出るというようなシロモノではありません。

毎日ステッパーで20分ほどの運動を続けていると、効果が出るのは個人差はあるものの2週間から1ヶ月後だといわれています。その頃には足腰の引き締まりやぽっこりしたお腹が平らになるなどの効果が見られるようです。

さらに嬉しい側面として、基礎代謝が向上するので脂肪やカロリーを燃焼しやすい体質になるということでしょう。また、運動に対する精神的な忌諱感もなくなるので、他のエクササイズにも挑戦しやすくなるというメリットもあります。

痩せやすい体質を作るというのは簡単なことではありませんが、ステッパーはしっかりと取り組めばその”痩せやすい体質”を作ってくれるエクササイズ器具といえます。怪我をしにくく負担になりにくく、長期的にみればこれほど効果的なダイエット器具はなかなかありません。

ダイエットに効果的なステッパーに関するまとめ

ダイエットに効果的と口コミでおすすめされているステッパーに関するまとめは以上となります。単純な動きで軽視されがちですが、どうやらステッパーはなかなか効果的なエクササイズ器具のようです。

そして何よりも口コミで話題になっているように、ステッパーは現代人の生活習慣にあったエクササイズ器具です。「運動は激しくないと効果がない!」と勘違いされていた昔とは違い、ウォーキングやステッパーといった軽度の有酸素運動の効果も見直されてきています。

テレビを見ながら、歯を磨きながら、本を読みながら、などなど簡単に取り組めるステッパー。忙しくて運動不足になりそうな生活でも、ステッパーがその悩みを解消してくれます。皆さんもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-10-02 時点

新着一覧