ウェディングドレス試着の注意点!服装や準備する持ち物は何?

ウェディングドレスの試着にはどんな持ち物が必要か、事前にしておくべき準備の内容など細かい事を知らない人も多いのではないでしょうか。ウェディングドレスはただ気に入る物を試着すれば良いというものではありません。事前準備や当日の注意点などをまとめてご紹介します。

ウェディングドレス試着の注意点!服装や準備する持ち物は何?

目次

  1. 覚えておきたいウェディングドレスの試着に関する注意点や持ち物
  2. 晴れ舞台の前にウェディングドレスの試着も含めて事前準備は念入りに
  3. 一度の試着で決まるもの?ウェディングドレス選びの注意点
  4. 試着当日の持ち物は?絶対に準備しておきたいのはこんなアイテム
  5. メイクも重要?ウェディングドレスの試着当日には本番を意識して
  6. ウェディングドレスの試着では髪型にも気遣う方がいい?
  7. 試着当日にはあらかじめインナーも選んだ方が良い?
  8. ウェディングドレスを試着する為には服装にも気を付けるべき?
  9. ウェディングドレスの試着可能な枚数には制限がある?
  10. 知っておかないと恥ずかしい?ウェディングドレス試着の際の注意点
  11. ウェディングドレスの試着は予約の際の確認も大切
  12. 後悔する事もある?ウェディングドレスの試着はお早めに
  13. ウェディングドレスの試着には誰かと一緒に行くべき?
  14. 試着でウェディングドレスにばかりこだわっていてはダメ?
  15. 理想のウェディングドレスを見つけて準備万端で結婚式当日へ

覚えておきたいウェディングドレスの試着に関する注意点や持ち物

人生でたった一度きりの、自分が主役になる事のできる結婚式に憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか。純白のウェディングドレスに身を包み祝福を受けられる特別な日は、やはり万全の状態で迎えたいものですよね。

結婚式に向けては想像以上に準備しておかなければならない事もたくさんあり、マリッジブルーに陥ってしまうという人もいるものです。けれどそれらを乗り越えて迎える挙式当日はやはり感動もひとしおなのではないでしょうか。

そんな準備の中でも特に大切なのが、やはり主役となる花嫁の身につけるウェディングドレスではないかと思います。今回はそんなウェディングドレスの試着に関する、覚えておきたい基礎知識や注意点などをまとめてご紹介していきます。

晴れ舞台の前にウェディングドレスの試着も含めて事前準備は念入りに

準備期間が短い人ほど結婚式まで慌ただしくあっという間に当日を迎える事となってしまいますが、準備不足だと式が終わってからもっとこうしておけば良かった…と後悔してしまう事もあるかもしれません。

花嫁のウェディングドレスに関しては本人が気に入ったものを選べばいいと考えるかもしれませんが、必ずしもそれだけで良いとは限らないものです。ウェディングドレスの試着一つを取っても、実は想像以上に大変なものなんです。

たった一着を選ぶ為に頭を悩ませる人も多いウェディングドレスですが、試着の際にはどんな持ち物を準備しておけばいいのか、どんな風に選べば良いのかなど実はよくわからないという部分もあるものはないでしょうか。本番で慌てたくはないですよね。

Thumbウェディングドレスのレンタル相場はいくら?安い値段でも幸せならOK

一度の試着で決まるもの?ウェディングドレス選びの注意点

ウェディングドレスを試着する際には、様々な注意点があるものです。やはり本人が気に入った物を選ぶのが一番ではありますが、中には自分の意見にこだわりすぎるあまりにより良い選択肢を見落としてしまう事もある様です。

意固地になりすぎる人は要注意

自分が気に入らないからとプロであるショップの人から提案されたドレスは試着をしないという人もいる様ですが、あまり気乗りはしないものの実際に試着をしてみたら案外悪くなかった、なんて事もあるものなのだとか。やはりプロの意見も参考にしたいですね。

デザインへのこだわりすぎにも注意

ウェディングドレスに限らず通常のファッションでも同様ですが、身長の低い女性はどうしても足が短く見えてしまう傾向にある様です。足長効果を期待するのであれば、ウエストの位置が高めのドレスを中心に選んでみるのも良いかもしれません。

自分の目では見えない部分にも注意

自分の体型やバストサイズをきちんと合わせる事も大切ですが、実は結婚式では後ろ姿もかなり注目を集めるポイントです。背中に自信のある女性は良いかもしれませんが、自分の後ろ姿を見た事がないという人はこちらもしっかり確認しておいた方が良さそうです。

試着当日の持ち物は?絶対に準備しておきたいのはこんなアイテム

当日にはウェディングドレスを試着する本人だけが足を運べばいい、と思っているとそれは間違いです。よりベストな状態でウェディングドレスの試着をする為にも、試着当日にはいくつかの持ち物を準備しておくとスムーズな試着が可能になります。

持ち物①ブライダルインナー

自前のブライダルインナーを持っていれば、それも持参する方が良さそうです。ショップによってはインナーが準備されている事もありますが、自分の体に合ったインナーを持っていた方がより本番に近いイメージがしやすくなります。

持ち物②ストッキングやカメラ

ストッキングも持参した方が良いそうですが、これは素足の状態では靴を履きにくいという事もある様です。更に後からじっくりと選ぶ事ができるよう、試着をした際に撮影ができるカメラも持ち物に加えておきたい所です。

ショップに準備があれば不要な持ち物も

ただしウェディングドレス試着時の撮影に関してはNGだという場合もある様なので、こちらは事前に撮影が可能であるかどうかの確認をしておいた方が良さそうです。その他アクセサリー類はショップで準備がある事が多い様です。

メイクも重要?ウェディングドレスの試着当日には本番を意識して

ウェディングドレスを試着する際には、当然なるべく本番当日に近い状態での試着をする方がイメージがしやすくなります。試着だけだからすっぴんでいいや、なんて考え方は論外です。女性はメイク次第でがらりとイメージが変わりますよね。

特に結婚式当日には華やかで濃いめのメイクをする事が多いので、普段あまりしっかりとメイクをしないというタイプの人であっても、ウェディングドレスの試着をする際には本番を意識したメイクをしていくと良さそうです。

多少面倒に感じられる事もあるかもしれませんが、より万全の状態で全ての準備を終えた方が後悔の無い結婚式を作り上げる事ができるのではないでしょうか。その為にも試着の時くらいはメイクを頑張ってみても良いのでは?

自分ではあまり上手なメイクができない、という場合にはショップ側でメイクもしてくれる事もある様です。事前に確認しておきたいですね。

Thumb大政絢はドレスと髪型がステキ!彼氏や熱愛・メイクなどを調査!

ウェディングドレスの試着では髪型にも気遣う方がいい?

ウェディングドレスの試着をするならメイクだけではなく髪型に関しても、できるだけ本番に近い状態にセットしていった方が良いものです。けれど試着の為だけに美容院でしっかりセットして貰うのも…という意見もありそうです。

髪型に関しては試着の際にその場でショップの方にアレンジして貰える事もあるそうなので、自分でしっかりとセットしていく必要は無いかもしれません。ドレスによって髪型を変えたいなんて事もあるかもしれませんよね。

ただし完全にはっきりとしたイメージが固定されている場合を除いては、ハードスプレーなどで固めた髪型にして行くのは避けた方が良さそうです。その場でアレンジして貰う際に逆に困ってしまう事になりそうです。

試着当日にはあらかじめインナーも選んだ方が良い?

インナーに関してはショップ側であらかじめブライダルインナーが用意されているという場合や、自分でマイインナーを持ち物に加えているという場合には特に意識をする必要は無いかもしれません。

ただしインナーを用意せずにウェディングドレスの試着をするという場合には、肩の出たドレスを着る事があってもいい様にストラップの取り外しが可能なインナーを選ぶ方が良さそうです。色にも注意しておきたいですね。

ちなみにブライダルインナーに関しても必ずしも準備をしなければならないという物ではありませんが、中にはブライダルインナーがあればこのドレスが着られたかもしれない…といった事もある様です。

ウェディングドレスを試着する為には服装にも気を付けるべき?

ウェディングドレス試着当日の服装に関しては、特に指定されたりする事は無い様です。ただし試着をするという目的があるので、当然着脱に時間がかかってしまう様な服装は避けた方が無難なのではないでしょうか。

脱ぎやすい服装がベスト

最適な服装といえば着替えが楽なワンピースなどがあればそれが一番かもしれませんね。特に冬場などは防寒対策で重ね着の服装が多いと思いますが、何枚も重ね着をしている様だと時間がかかってしまう事もありそうです。

服装以外にも注意したいちょっとしたポイント

服装に関する細かな指定はありませんが、試着をするという事は当然ショップの方に肌を見られる機会が多くなります。ムダ毛の処理についても気を抜かない様にしておいた方が恥ずかしい思いをせずに済むかもしれません。

ウェディングドレスの試着可能な枚数には制限がある?

ウェディングドレスは気に入ったものが見つかるまで何度でも試着できるのだろう、と思っていると、実は必ずしもそうとは限らないそうなんです。というのも、ショップは自分一人だけの貸切ではありませんよね。

その為次に試着をする人が控えている様な状態であれば、時間などを考慮して枚数の制限がされている場合があるそうです。これに関してはあらかじめ確認をしておいた方が良いかもしれませんね。

基本的にウェディングドレスの試着というのは3~4回が平均的な回数であるそうですが、人によっては1度のみの試着で決定する事もあれば更に回数を重ねてじっくり選ぶという人もいる様です。

ドレスにどの程度こだわりがあるか、いかに早い段階で気に入るドレスが見つかるかというのも回数に関係してくるのかもしれませんね。試着の回数が少ないからいい、多いから悪いという事はありません。

知っておかないと恥ずかしい?ウェディングドレス試着の際の注意点

できるだけ効率よくウェディングドレスを選びたい!という場合には、試着当日を待たずに雑誌などから気になるドレスを選んだり、イメージを膨らませておくというのも良いそうです。出かける際の服装選びと同じですよね。

試着をして気に入ったドレスがあった場合、取り置きをしておく事も可能ですがショップによっては料金が発生する事もあるそうです。事前に確認をしておかないと試着当日になって恥ずかしい思いをする事になるかもしれません。

人によっては体型に自信が無くて大きめサイズのウェディングドレスを選んだり、逆に体型よりも細身のものを選ぶ事もあるそうですが、長い時間着用する事になるドレスなのでやはりジャストサイズのものを選んだ方が良いそうです。

ウェディングドレスの試着は予約の際の確認も大切

ウェディングドレスの試着を考えた時にまずやらなければならないのが試着の予約を取る事ですが、ただ日時を予約しておけば良いというものではありません。事前に確認しておきたい項目がたくさんあるんです。

たとえば試着できるドレスの枚数に制限はあるのか、試着をした際に撮影しても良いのか、試着時間は大体どのくらいかかるものなのかなど、疑問や不安に感じそうな事は事前にメモをして確認した方が良さそうです。

結婚式まであまり時間が無いという場合には、より早い段階で予約を取る必要があります。タイミングによっては結婚式シーズンなどで予約がいっぱいになってしまい、思う様に試着ができないなんて事にもなりかねません。

Thumbあの人気芸能人のウェディングドレス姿が綺麗!写真・画像まとめ!

後悔する事もある?ウェディングドレスの試着はお早めに

ウェディングドレスの試着は早めにしておく方が良いというのは、何も予約の取りやすさに限った事ではありません。焦って決めてしまえば、それだけ後悔に繋がってしまう可能性もあるのがウェディングドレス選びなんです。

人によっては早い段階でお気に入りのウェディングドレスを見つける事ができる場合もありますが、実は他にもっといいウェディングドレスがあったのではないか…こんなデザインも試してみたかった…となる事もあるものなんだとか。

こだわり始めればキリが無いウェディングドレス選びですが、一生に一度のものだと考えれば悩み抜くのも当然の事なのではないでしょうか。できる事なら誰だって理想の一枚を選び出したいものですよね。

ウェディングドレスの試着には誰かと一緒に行くべき?

自分の着る物だし、ウェディングドレスくらい自分で選べると考える人もいるかもしれません。しかしウェディングドレスの試着は、できれば一人よりも新郎や家族、女性の友人を連れて行く方が良いそうなんです。

というのも一人で試着をしたとしてもプロのスタイリストがアドバイスをしてくれるものですが、やはり身近な人間がいた方が肩の力を抜く事もできますし、自分という人間を理解してくれている人の率直な意見が聞けるというのも重要です。

しかしどうしても連れて行ける相手がいないという場合には、思う存分スタイリストの方に相談すれば良いのです。つい遠慮がちになってしまう事もあるかもしれませんが、妥協するよりもしっかりと自分の意見を伝えて良いドレス選びができる様にしたいものですね。

試着でウェディングドレスにばかりこだわっていてはダメ?

ちなみにウェディングドレスの試着では当然ウェディングドレスを選ぶ事がメインになるかと思いますが、気に入るドレスを選ぶ、というだけでは実は満点とは言えないかもしれません。一体どういう事なんでしょうか。

そもそも結婚式は花嫁が主役になるもののドレスだけでは成立しませんよね。会場の雰囲気や式のコンセプト、合わせる小物や新郎とのバランスなど、全ての要素を総合して選ばれた一枚こそが特別なウェディングドレスになるのではないでしょうか。

日常で着る服装選びでも同じですが、気に入った服に合わせる小物がちぐはぐではオシャレな着こなしはできませんよね。全体のバランスを考え、何をテーマにするのかを決めておくと良いかもしれません。

もちろん気に入らないウェディングドレスでは意味が無いので、自分が気に入るデザインのものを候補に挙げつつ様々なバランスを考えた上で試着をしてみてはいかがでしょうか。素晴らしい式になる事間違いなしです。

理想のウェディングドレスを見つけて準備万端で結婚式当日へ

ウェディングドレスの試着一つを取っても様々な準備や苦労があるという事がわかったのではないかと思いますが、やはりどうせなら最高の一日にふさわしいドレスを選びたいですよね。その為の労力は不可欠なものです。

式の準備で慌ただしく時間があまり無いという場合でも、やはりウェディングドレス選びには特に時間を割いて試着をしておきたいものです。これだけは譲れない!というこだわりがある場合にはなおさらかもしれません。

服装や持ち物などをしっかりと頭に入れておきつつ、一生に一度の結婚式が二人にとって最高のものとなるよう、準備を怠らず入念な試着を重ねて良い式を迎えてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-03-25 時点

新着一覧