手ぬぐいの使い方や活用法特集!おしゃれで便利な使用方法とは?

普段手ぬぐいを使っていますか。実は手を拭いたりするだけではないんですよ。手ぬぐいには、色んな使い方があるんです。キッチン周りやインテリア、ハンドメイド雑貨にも手ぬぐいは使えますよ。今回は、そんな手ぬぐいの使い方について紹介していきます。

手ぬぐいの使い方や活用法特集!おしゃれで便利な使用方法とは?

目次

  1. 便利な手ぬぐいってどんなもの
  2. キッチンでの手ぬぐいの使い方
  3. タペストリーにもなる手ぬぐいの使い方
  4. 手ぬぐいで目隠しに!のれんやカーテンとしての使い方
  5. ヘアアレンジでの手ぬぐいのおしゃれな使い方
  6. 使い方は色々手ぬぐいでハンドメイド
  7. 手ぬぐいの活用法!色んな物を包もう
  8. おしゃれな手ぬぐいご祝儀袋の使い方
  9. 使い方は色々!手ぬぐいの口コミは?
  10. 便利な手ぬぐいの使い方をマスターして暮らしに活かそう

便利な手ぬぐいってどんなもの

昔は当たり前のように使っていた手ぬぐいですが、現在暮らしの中で手ぬぐいを使っていますか。また手ぬぐいは手や体を拭いたりするだけでなく、さまざまな使用方法があることを知っていますか。手ぬぐいは木綿を平織りにして作られています。木綿なので吸水性にも優れています。タオルに比べて薄い分、手を拭いた後も干しておけば比較的早く乾燥してくれます。

そんな手ぬぐいは、長い歴史があります。古くは奈良時代から手ぬぐいを使っていたと言われています。その当時は、仏像などを拭くために手ぬぐいを使っていたようです。その後普及していって、江戸時代には全国で使われるようになったと言われています。

だんだんとタオルの普及率が高くなっていきましたが、最近また手ぬぐいに注目が集まっているんですよ。手ぬぐいの便利さはもちろん使用方法もたくさんあるので、見直されているのです。また最近の手ぬぐいには古典柄だけでなく、北欧柄の手ぬぐいなどおしゃれなものがたくさん販売されています。

Thumbセリアの手ぬぐいがおしゃれで使える!リメイクやインテリアコーデも

キッチンでの手ぬぐいの使い方

手ぬぐいで最も多い使い方は、水仕事です。暮らしの中で水仕事と言えばキッチンですよね。キッチンで、グラスやお皿を拭いたりするふきんとしての使い方や、濡れた手を拭く用としての使い方もあります。また来客があった時に、おしゃれな柄の手ぬぐいをおしぼりとして使うという使い方もあります。

その他には、水切りの下に敷くという使い方や、きれいに洗った食器にほこりがつかないように手ぬぐいをかけておいてもいいです。テーブルランナーやランチョンマット、カトラリー置きとしての使い方もあります。カラフルな手ぬぐいを使っておくとキッチンが明るくなっていいですよ。また古くなった手ぬぐいは、台拭きとして使うこともできるので手ぬぐいでローテーションを決めておくといいかもしれませんね。

Thumbダイソーの手ぬぐいがおしゃれでかわいい♡手作りリメイク術まとめ

タペストリーにもなる手ぬぐいの使い方

手ぬぐいの使用方法はたくさんあって、手ぬぐいをタペストリーにすることができるんです。手ぬぐいにはおしゃれな柄が施されています。お気に入りの柄の手ぬぐいがあったら、暮らしの中心でいつも見られるように、インテリアとしても使えるなんて嬉しいですね。

タペストリー以外にも、小物を飾る時に手ぬぐいを下に敷くことでアクセントにすることもできますよ。タペストリーにする場合は、専用のタペストリー棒が売られているのでそれを使うと便利です。専用のタペストリー棒を買わなくても、100均でも売られているような材料で手ぬぐいタペストリーを作ることもできます。季節ごとに手ぬぐいを替えて、季節を感じるのもおすすめです。

手ぬぐいで目隠しに!のれんやカーテンとしての使い方

手ぬぐいはちょっとした場所の目隠しとしての使用方法も便利なんですよ。食器棚の食器を隠したい時などちょっとした所にも使うことができます。手ぬぐいを使って、のれんやカーテンにすることができます。同じ柄の手ぬぐいを使ってもいいですが、違う柄や色の手ぬぐいを使ってのれんやカーテンを作ってもおしゃれですよ。

おしゃれな手ぬぐいカーテンを作ろう

針も糸も使わないとても簡単な手ぬぐいカーテンの作り方です。手ぬぐいカーテンで必要な材料は、手ぬぐい、突っ張り棒、ヘアピンです。突っ張り棒に手ぬぐいをかけて、突っ張り棒と手ぬぐいが取れないようにヘアピンでとめたら完成です。

ヘアアレンジでの手ぬぐいのおしゃれな使い方

手ぬぐいはヘアアレンジへの活用法もあります。手ぬぐいを細く折って、ヘアバンドにしたり、手ぬぐいで大きなリボンを作ってそれをヘアアクセサリーにして髪につけることもできます。その他にはターバンのようにして使ってもいいです。手ぬぐいを使ったヘアアレンジは、浴衣の時など夏祭りの時におすすめです。柄によっては、普段の洋服ともコーディネートしやすくて便利です。

使い方は色々手ぬぐいでハンドメイド

手ぬぐいはハンドメイド雑貨を作る時にも使えます。ハンドメイド雑貨を作るのが好きな人には必見の便利アイテムです。手ぬぐいで作るハンドメイド雑貨は例えば、ポーチやブックカバー、ヘアピン、ポシェット、コースター、BOXティッシュカバー、がま口財布などがあり、さまざまな活用法があります。自分の好きな色や柄の手ぬぐいをいつも使う雑貨に使って持ち歩くと、暮らしがなんだか楽しくなりますよ。

手ぬぐいでブックカバーを作ろう!

材料は、好きな柄の手ぬぐい、接着芯、ビーズをつけたひもです。表布となる手ぬぐいに接着芯を貼っていきます。両端を折って縫っていきます。本の大きさに合わせて布を折り返していきます。布の真ん中にビーズをつけたひもを置きます。このひもは、しおりになります。もう一枚の手ぬぐいを上にのせ縫っていきます。布をひっくり返してアイロンをかけたら完成です。

手ぬぐいの活用法!色んな物を包もう

昔は手ぬぐいが暮らしに根付いていて使用方法とすると、ラッピング用としても使われていました。現在はエコの観点から、手ぬぐいラッピングにも注目が集まっています。そのままプレゼントしても可愛いですし、自分の持ち運び用としても使用方法もあります。手ぬぐいで包めるものはたくさんあって、例えばワインボトル、お弁当箱、菓子箱などです。

ワインボトルの包み方

手ぬぐいを広げてワインボトルを手ぬぐいの上に、寝かせて置きます。手ぬぐいの端を折り折り目の角を内側にたたみながらワインボトルに巻きつけます。ワインボトルの上の手ぬぐいをねじっていきます。ねじった手ぬぐいをワインボトルの肩に巻きつけていきます。巻きつけた輪に余った手ぬぐいを上から押し込んで形を整えたら完成です。

箱を包もう

2色の手ぬぐいを使ってラッピングする方法です。ラッピングの使用方法を覚えたら、簡単に暮らしに取り入れられるので便利ですよ。

手ぬぐいを2枚並べて、中心を少し持ち上げて2枚を巻き込んでいきます。箱を中心に置いて向こう側の手ぬぐいから手前の手ぬぐいの順番でかぶせていきます。その時手前の手ぬぐいは、半分に折り込んでおきます。両側の端をたちあげて、真ん中でしぼりゴムでとめます。ゴムの上を花びらのように広げて整えたら完成です。

おしゃれな手ぬぐいご祝儀袋の使い方

手ぬぐいでご祝儀袋が作れるって知っていましたか。最近は、ご祝儀袋にこだわる人も多くなり、エコにもなってご祝儀袋を捨てることなく記念に手ぬぐいとして使うことができる手ぬぐいご祝儀袋を贈る人も増えてきています。手ぬぐいにそんな活用法があるなんて嬉しいですね。また他の人と差別化が図れるのも嬉しいですね。ぜひ手ぬぐいご祝儀袋の活用法をマスターしてみてください。

手ぬぐいご祝儀袋の使い方

手ぬぐいを広げて、上部を10cmほどたたみます。もう片方の端を先ほどの端と合わせるようにたたみます。手ぬぐいの中心に封筒を置き、真ん中に沿うようにずらします。手前と奥の端を封筒にかけるようにたたんでいきます。上下をたたんで、水引と表書を通したら完成です。

使い方は色々!手ぬぐいの口コミは?

使い方がたくさんある手ぬぐいの口コミはどういったものがあるのでしょうか。暮らしに取り入れている人達の口コミを紹介していきます。手ぬぐい活用法のヒントがあるかもしれませんよ。

衣装のワッペンに手ぬぐいを使うなんて、アイディアが素敵ですね。気に入った柄があれば、簡単に使うことができますね。

手ぬぐいはタオルに比べて熱がこもりにくく、薄手で通気性がいいので便利とのことですね。手ぬぐいの活用法はたくさんありそうなので、オリジナルの活用法を見つけるのも楽しそうですね。

手ぬぐいをタペストリーにしたりと、飾るために収集するコレクターもいるほどです。暮らしの中に手ぬぐいを取り入れて、季節によって飾る手ぬぐいを替えたりするとおしゃれですね。

便利な手ぬぐいの使い方をマスターして暮らしに活かそう

手ぬぐいは手や体を拭いたりするだけでなく、さまざまな活用法があることがわかったと思います。手ぬぐいの使い方をマスターして、暮らしにどんどん取り入れていきましょう。せっかくの日本の文化を見つめ直すのも素敵なことですよ。手ぬぐいには、素敵な柄のものが多いのでお気に入りの手ぬぐいを見つけてみてください。手ぬぐい集めにはまること間違いなしです。

また手ぬぐいにはさまざまなラッピング方法があります。箱だけでなく瓶のラッピングもできますし、ちょっとした袋代わりにもなるんですよ。手ぬぐいを持っていると重宝します。ぜひ自分専用の手ぬぐいを持っておくとよいでしょう。包装紙だと破って捨てるだけだったものが、ラッピング用の手ぬぐいだとその後も使うことができます。手ぬぐいを見る度に、プレゼントをもらったなあと思い出すこともできますね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-18 時点

新着一覧