亀田誠治の息子や結婚した嫁について!愛用ベース・機材も調査!

音楽プロデューサーとして活躍する亀田誠治。関わってきたアーティストは皆売れる?どんなミュージシャンと仕事してきたの?亀田誠治にとって家族はどんな存在なのか。使っている機材などあらゆる視点から亀田誠治という男をご紹介しよう。

亀田誠治の息子や結婚した嫁について!愛用ベース・機材も調査!

目次

  1. 亀田誠治のプロフィール
  2. 亀田誠治が音楽プロデュースしてきたアーティスト
  3. 亀田誠治が使用する機材はどんなもの?
  4. ベースの日
  5. ベーシストとして活躍する亀田誠治
  6. 亀田誠治が活躍していた東京事変って?
  7. 2016年の紅白で東京事変復活?
  8. 亀田誠治が音楽を教えてくれる
  9. 亀田誠治が率いる亀の恩返しって何?
  10. THE HUMAN BEATSって?
  11. 亀田誠治が主催のベース大会があるって本当?
  12. 亀田誠治が尊敬している人々
  13. 亀田誠治の奥さんてどんな人?
  14. 亀田誠治の息子は?
  15. 亀田誠治についてのまとめ

亀田誠治のプロフィール

名前:亀田 誠治(かめだ せいじ)
生年月日:1964年6月3日
職業:音楽プロデューサー、ベーシスト、編曲・作曲・作詞家
出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク
最終学歴:早稲田大学卒業

亀田誠治が音楽プロデュースしてきたアーティスト

大学時代に組んだ音楽ユニットの編曲などをしてメンバーを業界へデビューさせることに成功していた亀田誠治、しかしながら自分だけはプロになることができず、当時はその悔しさをバネにプロになるべく現場で下積みをしていた。その後大学卒業を期に努力は実り、初めてプロとして編曲を務めることとなる。その際に音楽プロデュースしたのは「Cocco」のデビューシングルだった。

今現在に至るまで、亀田誠治は音楽プロデューサーとしての活躍を中心に、多くの著名アーティストと仕事を共にしている。そのどれもが、実力派アーティストとの共演であり、何よりも世に羽ばたかせる大きな切っ掛けを曲で作り上げていくのが亀田誠治の素晴らしい所だ。

「大きなのっぽの古時計」は、平井堅が活躍の切っ掛けとなった曲でる事を覚えている読者も多いのではないだろうか。この曲にあたり、編曲とベースを担当したのは、何を隠そうこの亀田誠治なのだ。平井堅だけではない、椎名林檎や、スピッツ等亀田が手がけた曲を持つアーティストは数知れない。どの時代においてもプロデュースする曲は有名になる、この実歴から亀田誠治の実力を認めざるおえない。

亀田誠治が使用する機材はどんなもの?

高校入学時から、BBシリーズを手にしてBB2000を愛用していたが、66年製のジャズベースを好んでいた為フレットレスにするべく加工を施していた。その後亀田誠治が利用しているベースは、「BB2024SK」というものでYAMAHAから出ている、亀田が監修したバージョンのものである。このベースは亀田だけでなく他のアーティストにも好評で愛用者が多い。

BOSSのME-6Bはベースに利用するマルチエフェクターである、今となってはそこまで高値でなく、手に入りやすい物も多いのではないだろうか。長年この機材が亀田誠治のベース音を響かせ、ステージ上でオーディエンスの胸に轟かせていると思うと、非常に興味深い機材の一つだ。

こちらは上記ツイートにあった、シンセサイザーD−50である。作曲や編曲になくてはならない大きなロジックが、この機材には詰め込まれていて亀田誠治のセンスと機材の使用能力により、多くの名曲が完成品へと変化していく。

ベースの日

11月11日はベースの日であることをご存知だろうか。それを決めたのはベースをこよなく愛する亀田誠治である。その期日を記念して、ベースの日実行委員会というイベントを開いた。

その場にベースを愛する他のアーティストが集い、一夜に奏でるベースの音色は深く観客の心に響いたことだろう。機材に対する情熱は、音楽に命を吹き込む作業を仕事としながらも愛し続けるプロだからこそ、また音楽を楽しみたい感客へのサービス精神が旺盛だからこそ湧いてくるものなのだろう。

ベーシストとして活躍する亀田誠治

亀田誠治はプロディースや編曲、作曲等をする中で自分自身でもベースを演奏する機会が多く、色々なアーティストのライブとレコーディングにベーシストとして参加している。

こちらは、四弦組合のお三方。「亀田誠治」「KenKen」「ハマ・オカモト」の三人で某番組による、ベーシストの対談が行われた。その内容が好評であったことから、番組内で色々な内容を繰り広げネット上や音楽ファンの中では、喜びの声が沢山聞こえた。

この三人も参加した「J-WAVE THE BASS DAY LIVE 2016」は、ベーシストのほかチェリストの徳澤青弦など四弦楽器の中では名高くファンも多いゲストが多く出演し大好評であった。

こちらは、そんな四弦組合がベースを抱えて街に繰り出すロケシーンである。なんともシュールな状況だが、ユニークなベーシストたちのトークとボキャブラリーの多いアドリブベースが何とも言えない楽しさに場の空気感を作っていく。

亀田誠治が活躍していた東京事変って?

2004年の夏、ボーカル椎名林檎(しいなりんご)の誘いによりこの五人組は結成された。2012年には解散をし現在は個々で活動している。ギター担当の浮雲(うきぐも)は長岡亮介という名で「ペトロールズ」を結成しカントリー調で味のある曲作りが多く東京事変で作曲する機会も多かった。亀田が編曲に携わっている星野源のバックミュージックも担当している。

キーボード担当伊澤一葉(いざわいちよう)は、「あっぱ」というバンドでボーカルピアノを担当。aikoや大橋トリオなど有名なミュージシャンをサポートするなど活躍を見せている。東京事変の中でも声質がとても美しくコーラスとして歌うことが多い。

ドラム担当刄田綴色(はたとしき)は、ジャズやロック、ラテンからポップスまで幅広い音楽に対応しているハイレベルなドラマーである。東京事変のメンバーはどれも実力者だが、楽器に関して特に評価が高いのはドラムとベースであった。

そして、ベース担当が亀田誠治という五人組バンド「東京事変」最後のライブは感動のあまり涙する観客も多く、ライブビューイングとして多くの映画館でも生中継された。東京事変の良さは亀田誠治を始め椎名林檎、浮雲、伊澤とそれぞれのメンバーが作詞作曲を手掛け、個性豊かな楽曲が色々なバリエーションで楽しめる所だろう。

2016年の紅白で東京事変復活?

東京事変を組む前から、そもそも亀田誠治が椎名林檎のバックでベースを弾いたり、編曲してきたわけだが、その他のメンバーも基本的に椎名林檎のライブとレコーディングに対してサポート的に関わることが多い。2016年の紅白歌合戦では、椎名林檎の曲を東京事変メンバーが揃って演奏しネット上で復活かと騒がれた。

現在復活するなどといった情報は無に等しいが、2020年東京オリンピックのセレモニー音楽として、椎名林檎の演出楽曲した物もまた東京事変メンバーが力を合わせたとされている。こういった活動が幾度と目立つことから、ファンは気が気でないだろう。

亀田誠治が音楽を教えてくれる

2013年には、亀田誠治と関わったミュージシャンをゲストに迎え、歌声や楽器演奏を交えながら視聴者に、音楽の基礎や応用を教える、「亀田音楽専門学校」という番組が放送された。多くの有名アーティストが教材映像の如く何度も同じフレースを奏でる姿を見ると、なんとも贅沢な番組だ。これもまた亀田誠治の地位とアーティストとの信頼関係からできる内容である。

自身の公式サイトでは、亀田大学として現在もマガジンを更新しており、あらゆる楽曲を利用してベースについて講師している姿も見える。こうしたレクチャートピックスが亀田誠治には多く、よりたくさんの人々が音楽に触れることを望んでいるのが伺える。

亀田誠治が率いる亀の恩返しって何?

2013年LIVE亀の恩返しを開催。このライブは亀田誠治が携わったアーティスト達をゲストに、亀田誠治からアーティスト達へ感謝のお思いを胸に恩返しをするという内容であった。

会場は日本武道館であり、亀田の力で育ちまたアーティストの力で育った亀田の作曲・編曲集をたくさん生で耳にできる壮大なライブなのだが、ライブ終了後も尚亀田誠治から恩を返し続けたい思いが形となり、現在の公式ホームページを設立するに至る。

たくさんの亀田誠治による、作曲・プロデュース情報だけでなく、先ほど紹介した亀田大学などネットを通じて今度は、オーディエンスに対し恩返しをし続けている。亀田の作曲する作品や、プロデュースされたアーティスト達が織り成す作品もまた、我々に向けた恩返しの形なのだ。

THE HUMAN BEATSって?

「THE HUMAN BEATS」は、上江洌清作(MONGOL800)Mummy-D(RHYMESTER)箭内道彦(クリエイティブディレクター)そして亀田誠治で結成されたチャリティーバンドである。この楽曲は利益金を全て東日本大地震へ宛てられている。作曲作詞だけでなくPVにも三谷幸喜などサポートが入っており豪作といえよう。

作曲編曲に対して亀田も全面に力を入れており、力作と言えるがジャケットがはぴぃえんどのパロディーであったりPVの可愛らしさといいとどこか音楽好きのを心くすぶる点もある。

亀田誠治が主催のベース大会があるって本当?

作曲家、プロデューサーとして実力高い亀田誠治に長年付き添ってきたのは、やはりベースという楽器の存在だ。そんな亀田がベーシストの為に開いた「亀田杯」というベース選手権大会がある。上は一回目の優勝者映像だ。

自身も会場で演奏を披露。機材を愛するだけでなく、ベーシストへの愛情も深いのだなと感じる。エレキベース、エフェクト機材、四弦楽器と様々なツールは亀田誠治よりも長く生きてきた産物であり、今後も長く生き続けるものだ。そんな機材達から生まれた作品も、これから長く生き続けるのだと思うとこういった大会で輝く楽器とプレイヤーがとても素晴らしいものに感じさせる。

亀田誠治が尊敬している人々

亀田誠治が音楽に興味を示したきっかけは、サザンオールスターズの真夏の果実なのだそうだ。これを聴くことで亀田の中でプロデューサーという存在が、音楽にとってどれだけ大切なのか気付かされる。そこから多くの機材を揃え自身が作曲するだけでなくプロデューサとなって多くの音源を輝かせようと行動に移すのだ。

タモリにも敬意を示す亀田誠治。タモリといえば「ジャズは音楽だけでなく、ジャズをしている人がやる事なす事ジャズなのだ」と名言を打つほどのジャズマニア。亀田誠治もまたジャズを愛する内の一人であるからして、「タモリそのものがジャズである!」と豪語する程である。

亀田誠治の奥さんてどんな人?

1961年8月26日生まれの下成佐登子(しもなりさとこ)は、ポップスやアニソンを中心に歌手活動を行っている亀田誠治の妻である。結婚し子供が生まれてからというもの、ずっと亀田と息子を支え続けてきた下成は2012年の春に、家のことが落ち着き音楽活動をリスタートする宣言をした。

過去の音楽データもCDになり、イベントも積極的になったことからファンからも喜びの声が漏れる中、夫である亀田誠治もその喜びを分かち合いライブイベントに参加したようだ。

過去の代表作として、小公女セーラのOP曲などがある。熱烈なファンも多かった中2008年に歌手活動を休止した。そんな下成も現在では50を過ぎその歳から音楽活動を再開するのも珍しい話かもしれない。だが結婚後亀田を支え続けてきた姿からしても、相当強い想いや信念を持っている愛情深い夫婦だからこそこういった働きを見せているのかもしれなし。

この二人が結婚したことによって、夫婦支え合いの中今の亀田誠治の作る音楽があるのだ。その音楽は、結婚生活の深い愛情の如く亀田からアーティストたちに贈る愛情と支えあってこその完成品なのだと察せよう。結婚してもなお、お互いの成長を見届けることができるなんて、理想の夫婦以外何者でもない上にれぞれにいい刺激を送り合っているのだなと感じ取れる。

亀田誠治の息子は?

亀田誠治には結婚後1993年に誕生した息子がいる。こちらのブログは息子の誕生日祝いに書いたものだ。内容としては、数々の息子の頑張りと共に戦ってきた日々の想い、そして息子の周りにいる人々に対しても感謝を述べるものであり、亀田誠治の良きパパ像が目に浮かぶ。こんな愛情多きパパと結婚した奥さんはさぞかし幸せ者であり息子としても自慢のパパだろう。

息子が主にサッカーやスイミングなど体を使う日常をおくっているため、息子の体をマッサージしてあげる一面が亀田の公式ツイッターでわかる。父が息子のマッサージをするだなんて、なんて微笑ましい親子だろう。情熱大陸では、サッカーの試合を頑張っている息子の姿を応援したり、行事ごとにも進んで参加する父親だと奥さんが語っていた。結婚して子供を産み夫婦子共に成長を遂げるのはたやすいことではない、数々の物事を親子で成し遂げられた事から、彼らの愛情深き生き方そのものが素晴らしいとすら感じさせる。

亀田誠治についてのまとめ

亀田誠治には、愛があらゆるところで現れた。「結婚」「家族」「アーティスト」「音楽」「機材」「楽器」どれもに亀田は愛を注ぎそして、自分自身もエネルギーを貰って生きているのだろう。中でもプロデューサーとして機材とミュージシャンに、結婚後の生活として妻に、自分の成長として子供にそれぞれ違ったアイデンティティを生み出す切っ掛けが毎日亀田誠治の周りには存在している。

これからの亀田誠治の活躍は、結婚生活や共にする楽器とアーティストたちがあって生まれてくるものだ、今後も亀の恩返しをし続けることだろう。私たちはその音楽をどのように受け止めるのであろうか。日常の中にふと差し込む一曲の音楽、その音楽が私たちの人生を彩るのだから、亀田誠治にプロデュースされたひと時と言っても過言ではない。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-14 時点

新着一覧