【結婚式】和装に似合う髪型特集!人気の髪形を花嫁・ゲスト別で紹介

結婚式の和装にぴったりな人気の髪型を花嫁とゲスト別にまとめました。上品な雰囲気を感じられる結婚式の和装は、髪型にもこだわるとおしゃれ。花嫁とゲストとでは最適な和装の髪型が異なるので、結婚式前にチェックしておけば安心して出かけられます。

【結婚式】和装に似合う髪型特集!人気の髪形を花嫁・ゲスト別で紹介

目次

  1. 結婚式の和装ではどんな髪型が人気?
  2. 結婚式で伝統的な花嫁の髪型を楽しみたいときは文金高島田
  3. 花嫁の文金高島田の髪型は綿帽子や角かくしといった結婚式スタイルに最適
  4. 華やかな雰囲気を楽しめる洋髪の髪型も結婚式の花嫁に人気
  5. 花嫁は洋髪の髪型に生花を合わせるのも結婚式にふさわしい
  6. 結婚式の和装の髪型に花嫁が合わせたい髪飾り
  7. ゲストは結婚式の和装でどんな髪型をしたら良い?
  8. これはNG!ゲストが避けておきたい結婚式の和装の髪型
  9. ゲストが結婚式で和装をするときのマナー
  10. 人気の和装の髪型を取り入れて、結婚式を楽しもう!

結婚式の和装ではどんな髪型が人気?

ゲストと花嫁では異なる結婚式の和装の髪型

きらびやかなドレスも良いですけれども、日本古来から親しまれてきた伝統的な和装も結婚式に身につけておきたい衣装。自分にぴったりな和装を見つけるのはもちろんのこと髪型にこだわると素敵なスタイルに仕上がります。ただし、気をつけておきたいのがゲストと花嫁では結婚式にふさわしい髪型が異なるということです。

マナーが重んじられる結婚式では、しっかりとルールを守った和装の髪型にすることが大切です。花嫁もゲストも楽しい1日が過ごせるようなコーディネートを満喫したいですよね。「でも、結婚式でどういう和装の髪型にすれば良いのかイマイチわからない」というときに参考になる人気の和装の髪型をゲストと花嫁別にご紹介します。素敵な和装で決めて、結婚式に出かけましょう!

結婚式で伝統的な花嫁の髪型を楽しみたいときは文金高島田

伝統的な結婚式の髪型を楽しんで

結婚式で花嫁が和装をするときにぜひチェックしておきたいのが文金高島田。高島田とは根本を高く立てた島田髷の一種に数えられる髪型です。古くから女性の髪型として親しまれてきた伝統的なスタイル。花嫁が結婚式で和装をするときは、最も位が高いとされている文金高島田を結い上げるのが一般的です。

カンザシなどの髪飾りをつければ、結婚式の花嫁にふさわしい豪華な印象に。赤や黄色など、華やかな色を織り交ぜて文金高島田の髪型を楽しんでみてはいかがでしょうか。こうした髪型ができるのは花嫁だけの特権。特別な1日をワンランク上に引き上げるために文金高島田を和装に取り入れてみましょう!

かつらを利用して文金高島田にできる

長い髪が必要とされる文金高島田を地毛でやろうとするとかなり大変ですよね。「文金高島田にしたいけれども髪の長さが足りないし、傷みも気になる」というときにおすすめなのがかつらです。自分の顔の大きさに合ったかつらを利用すれば、上品で格式高い結婚式のスタイルを楽しめるように。髪を傷める心配もないので便利ですね。

髷の部分だけなど、部分的にかつらを使う半かつらにするのもおすすめ。生え際をはじめとした顔周りには地毛を使うのでかつらが浮いて見える、という心配がありません。いろいろ試してみて自分にぴったりの文金高島田スタイルを見つけてみてはいかがですか。文金高島田に鼈甲の髪飾りなどをつければ、一気に上品な印象に仕上がります。

花嫁の文金高島田の髪型は綿帽子や角かくしといった結婚式スタイルに最適

ふんわりとした印象が魅力の綿帽子

文金高島田は綿帽子や角かくしといった結婚式の和装がぴったり。綿帽子は白無垢のみに合わせられる花嫁衣装の一種です。顔周りをふんわりと包み込み、優しげな印象を与えられるのが魅力。新郎以外に顔が見えないようにするためにつける綿帽子は、初々しい花嫁の清純さを表すことができます。

上品な角かくしも素敵

綿帽子と同様にチェックしておきたいのが角かくし。幅広の布を文金高島田に結い上げた髪の上にのせるスタイルです。これから夫となる人に対して従順な妻になるように角を隠して結婚式にのぞむ、という意味がこめられています。文金高島田と角かくしの組み合わせは格調高く、上品な雰囲気。綿帽子とは一味違った良さがありますね。

このように綿帽子と角かくしを両方取り入れる花嫁さんも多いようです。せっかく文金高島田の髪型にしたのだから、それをきれいに見せるスタイルを思う存分楽しみたいですよね。好みや結婚式のスケジュールに合わせて、自分にぴったりの和装スタイルを満喫してみてはいかがですか。

華やかな雰囲気を楽しめる洋髪の髪型も結婚式の花嫁に人気

文金高島田よりも気軽にできる

もっと気軽に和装を楽しみたい!という花嫁さんにおすすめなのが洋髪。洋髪であっても和装にぴったりな髪型はたくさんあるので、いろいろな組み合わせを楽しみながらお気に入りのスタイルを決めてみてはいかがですか。編み上げやシニヨンなどを組み合わせながら、ふんわりとした雰囲気に仕上げると清楚な花嫁らしくなります。

ロングスタイルを生かしてきれいにまとめあげた髪型は、上品な和装に最適。ふわふわと丸い髪飾りをつければキュートな雰囲気のできあがり。文金高島田よりもカジュアルながらも結婚式にふさわしい華やかさもあり、バランスのとれた髪型に仕上がっています。着物のデザインにも合わせて髪が砂利や髪型を選んでいきたいですね。

打掛の色に合わせて赤い髪飾りをつけるのも素敵。顔周りが一気に華やぎ、花嫁らしいスタイルに仕上がります。口紅の色も衣装に合わせて赤くすると、統一感が出て素敵ですね。このように洋髪でも和装にぴったりな髪型はたくさんあります。綿帽子であれば洋髪でもOK。白無垢も打掛も着たい!というときも洋髪アレンジを楽しめます。好みに合わせて選んでみてはいかがですか。

花嫁は洋髪の髪型に生花を合わせるのも結婚式にふさわしい

華やかさが引き立つ生花の髪飾り

近年の和装の洋髪に人気を集めているのが生花の髪飾り。華やかさが一気にアップし、花嫁らしい素敵な髪型に仕上げることができます。波ウェーブにして編み込みをした髪型に色とりどりの生花をつけた髪型は、清楚で女性らしい雰囲気。カラフルな生花を使ったとしても、パステルカラー系であればゴチャゴチャとした感じにはならずまとまりが出ます。

打掛と同系色でまとめて

打掛の色に合わせて花の色を選ぶと、統一感が出ます。ピンクや紫など女性らしい色を組み合わせた生花の洋髪アレンジも素敵ですね。後毛を出してふんわりとした感じにできるのも洋髪ならでは。文金高島田だとキッチリしすぎてしまう、というときに取り入れてみてはいかがですか。

お色直しでロングをボブにアレンジ

こちらはお色直しのときにロングヘアをボブスタイルにアレンジした事例。お色直し前とは全く違った雰囲気を楽しめるので、ゲストの目も楽しませられるのが嬉しいポイント。華やかな打掛にふさわしい同系色の生花をつけて、花嫁らしいスタイルのできあがりです。このようにいろいろなパターンの洋髪ができるので、好みに合わせてチョイスしていきましょう!

結婚式の和装の髪型に花嫁が合わせたい髪飾り

華やかな椿のカンザシ

洋髪でも文金高島田でも、髪飾りにこだわるのも重要なポイントになります。花嫁にぴったりな華やかさを演出してくれる椿のカンザシは、紅白の色合いがお祝い事にもぴったりです。華やかなだけでなく、大人の色気を感じられるのも魅力。つける髪飾りによっても全く違った雰囲気になるので、ぜひ厳選してみましょう。

春には桜のカンザシも

春に結婚式をあげるのであれば、季節感のある桜のカンザシをつけるのも素敵。このようにシーズンに合わせた花を用いると、見た目も華やかになって素敵ですね。いろいろな組み合わせを試しながら自分にぴったりな髪飾りを見つけてください!

ゲストは結婚式の和装でどんな髪型をしたら良い?

落ち着いた雰囲気の髪型にまとめて

結婚式のゲストとして招待されたときも和装にすると素敵。ドレスが多くなっている現代だからこそ、伝統的な和装にして素敵な雰囲気を演出したいですよね。普段はなかなか着る機会のない和装だからこそ、結婚式に着ていけるのも嬉しいポイント。会場の華やかさもぐっと引き立ち、新郎新婦から喜ばれる率も高いですよ。

結婚式のゲストの和装は人と色柄がかぶりにくく、何度も着れるのが魅力。ゲストが和装をするときは、落ち着いた雰囲気の髪型にまとめるのがおすすめです。結婚式の主役はあくまでも花嫁。素敵な格好をしたいからと派手すぎる髪型にすると一人だけ浮いてしまう可能性があるので気をつけましょう。結い上げた髪型に控えめな髪飾りをつけるだけで、十分に素敵に仕上がります。

これはNG!ゲストが避けておきたい結婚式の和装の髪型

生花は避けよう

ゲストが和装をするときの髪型には守っておきたいマナーがあります。ついついやってしまいがちなのが、髪飾りに生花を使ってしまう失敗。華やかだし結婚式にふさわしいのでは?と思ってしまいますが、生花は花嫁が和装でつけることが多いのでかぶってしまう危険性があります。

花嫁と同じような髪飾りを使うのはNG。生花の髪飾りは素敵ですが、ゲストのときは避けましょう。控えめな髪飾りで和装の髪型を楽しんでくださいね。

ゲストが結婚式で和装をするときのマナー

年齢に合わせて最適な和装を

ゲストが和装をするときは髪型だけでなく、身につける和服にも気をつけましょう。振り袖は未婚の女性のみが着て良いもの。ただし、大振り袖の場合は花嫁が身につけることがあるので中振袖よりも短い振袖を選ぶようにしましょう。

黒留袖は身内の既婚女性が着ることができます。未婚既婚問わずに着ることができる訪問着は汎用性の高さが魅力。いずれにせよ、柄は派手すぎず控えめなものがマストです。マナーを守って和装を楽しんでくださいね。

人気の和装の髪型を取り入れて、結婚式を楽しもう!

伝統的なスタイルを楽しめる和装は、特別な結婚式にぜひ取り入れてみたいですね。髪型にもこだわって、花嫁もゲストも素敵な和装スタイルを満喫してみてください!

合わせて読みたい!和装や結婚式に関連した記事はこちら

Thumb綿帽子とは?和装結婚式で身につける綿帽子の意味や飾りの種類・洋髪髪型のご紹介
Thumb和装メイクの方法は?いろいろなシーンで使える和服に似合うメイクまとめ
Thumbボールブーケの簡単な作り方まとめ!和装にも合うボールブーケとは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-06-07 時点

新着一覧