セルライトが痛い!痛みの原因を理解して撃退しよう!かんたん運動も♪

セルライトが痛いというのは、よく耳にします。セルライトを潰そうとしたけど痛いから無理というご経験をされたかたも少なくないようです。そんなセルライトが痛い時の対処法やそもそもセルライトができる原因は何なのかなどご紹介していきます。

セルライトが痛い!痛みの原因を理解して撃退しよう!かんたん運動も♪

目次

  1. セルライトが痛いのは何故?
  2. セルライトの正体は?
  3. セルライトが痛い時の対処法に注意
  4. リンパも関係しているセルライトが痛い原因
  5. セルライトが痛い時には血の流れ改善!おすすめ運動
  6. セルライトが痛いと感じたらアルカリ性メニューがおすすめ
  7. セルライトが痛い時にセルフフットマッサージ
  8. お腹のセルライトも痛い?2分で簡単マッサージ
  9. セルライトが痛いならエステに行ったほうが良い?
  10. セルライトが痛いならリンパを流しマッサージや食生活から変えていこう

セルライトが痛いのは何故?

セルライトを撃退したくても痛いから無理というSNSでの投稿などをよく見かけます。どうしてセルライトは痛いのか、原因を知り脂肪を蓄積させないように食生活や運動などをしてセルライト撃退対策など日々されているかたも増えているようです。

セルライトの正体は?

セルライトが痛いのはどうしてなのか知る前に、そもそも撃退するのも難しいといわれている頑固なセルライトの正体は一体どんなものなのかみていきましょう。

セルライトは下半身に多くでる凸凹したもの

セルライトは、お腹をはじめ、太ももやお尻から脚につながる部分に多くでるといわれています。特に太もものセルライトを潰そうとして痛い経験をされたかたはよく見られるようです。

海外では、オレンジの表面のような肌の凸凹がセルライトにみられるため、オレンジピールスキンとも呼ばれているようです。セルライトは、脂肪のかたまりですが、皮膚の表面に近い部分にできる脂肪のかたまりで繊維化するため中々落としにくいといわれています。

セルライトは3年ほどかけて現れる?

セルライトは、日本人女性の80%のかたに出来やすいといわれていて、毛細血管が傷ついてしまったり、脂肪がたまってしまったりすることが原因といわれています。これだけの確立でセルライトができるということは、それだけ多くのセルライトができやすい原因を作ってしまう環境にいると考えられるようです。

セルライトの凸凹した肌の状態は、3年ほどかけて出来上がるといわれています。セルライトと見た目でわからなくても、数年後にセルライトのアノ凸凹した肌状態になってしまう準備をされている可能性もあるといわれているだけに、油断していると数年後にセルライトが目立ってきたということもあり得るようです。痩せている人にもセルライトはあるのも特徴のひとつといえるでしょう。

セルライトが痛い時の対処法に注意

セルライトが痛い時の対処法にも注意しましょう。セルライトをカラダに見つけてしまい潰さなきゃとマッサージや運動など、脂肪を落とすために力を入れ過ぎてしまい間違えた方法でセルライト撃退のための対処をしてしまっていることが多いようです。

マッサージの強さには要注意

セルライトが出来てしまって、焦ってマッサージを思い切り強い負荷をかけて行ってしまうと、痛いのも我慢してセルライトを潰しているつもりが、逆にセルライトを作る原因といわれている血漿(けっしょう)という血液から血球をなくした液体成分を溜めこみやすくしてしまうため要注意です。

激しい運動はセルライトができやすくなる?

脂肪燃焼をすればセルライトを撃退できると思い、激しすぎる運動をしてしまうと、血の流れは良くなりますが、その勢いで老廃物をセルライトのある部分に集結してしまう可能性大といわれています。運動はあくまでも適度に無理のない程度に行うことを意識していきましょう。

サウナはセルライトに大敵!代謝アップが脂肪を活発化

意外と知られていないのがサウナはセルライトには大敵ということです。サウナは発汗作用もあり、代謝アップもあるといわれていますが、そうすることで溜まっている脂肪を元気にしてしまい、セルライトを更に頑固にしてしまう原因になるといわれているため気をつけましょう。

Thumbセルライトの原因って何?冷えやむくみ、食べ物が原因?改善策は?

リンパも関係しているセルライトが痛い原因

まずセルライトにお悩みのかたで多い体質が、冷え性やむくみ体質の人といわれています。そして、筋肉量が少ないかたやカラダを締め付ける矯正・補正下着などを着用していると血液循環が悪化してしまいセルライトの原因になるといわれています。また、タバコをよく吸われるかたや、添加物を使用している食品を頻繁に食べるかたにもセルライトはできやすいといわれています。

女性ホルモンにも深く関係しているセルライトは、更年期や妊娠が原因で出来やすくなるようです。セルライトが痛い原因は、リンパが詰まってしまうことが原因のひとつに挙げられていて、セルライトそのものが痛い症状を出すわけではなく、リンパが詰まってしまって、それを放置した状態で固くなってしまい、その塊がぶつかり合って痛い症状が出てしまうといわれています。

セルライトが痛い時には血の流れ改善!おすすめ運動

セルライトが痛い時には、まず血の流れを改善してあげることを意識しましょう。血の流れを良くするには適度な運動をしてあげることが大事といわれています。筋肉がたるんでしまうとセルライトの原因を作ってしまうことが考えられるため、通勤時に1駅前で下車して歩いたり、駅ではなるべく階段を使うようにしたりするなど毎日の生活のなかで工夫して過ごすとカラダにも良い影響を与えてあげられるでしょう。

先ほどもお話ししたように、激しい運動は禁物なため、毎日ちょっとしたウォーキングや自宅で自転車をこぐ振りをするエアバイクエクササイズなど適度な運動をしてあげると、毎日の積み重ねで効果も出てくるといわれています。適度な有酸素運動を毎日行うことで、脂肪燃焼にもアプローチが期待できるため、ダイエット効果にも期待が持てます。

セルライトが痛いと感じたらアルカリ性メニューがおすすめ

セルライトが痛いのは、リンパが詰まってしまっているのが原因ともいわれているため、その原因を撃退するためにもデトックスに効果的な食生活を意識すると良いといわれています。

特に野菜や果物に多いアルカリ性食品を摂取することを心がけましょう。血液循環を欲してくれて、老廃物を排出してくれる効果もあるといわれています。朝食にスムージーなどで野菜や果物を摂取するのもスマートな方法といえるでしょう。そして、毎日のミネラルウォーターなど水分補給も忘れずにしましょう。

セルライトが痛い時にセルフフットマッサージ

セルライトが痛い時にセルフフットマッサージを行うことでリンパの流れも良くなる期待ができます。セルフフットマッサージをするにあたり、意識したいポイントは心臓のほうに向かってマッサージしていくことが決め手のようです。

足ふみ指圧などを使用して、足の裏に刺激を与えることから始めます。そして、ふくらはぎから膝に向かってリンパを撫でるようにしてマッサージしていきます。マッサージの強度はあくまでも弱めでいたわってあげるようにしましょう。そして、指の腹などを使用してセルライトをゆっくりつまみながらマッサージしていきます。

マッサージ完了に向けて、足首からお尻の部分まで、これも優しくいたわるようにリンパをなでるイメージで片足ずつ丁寧にマッサージしていきましょう。

マッサージオイル使用でタッチもスムーズに

セルライトに特化したマッサージオイルを使っているかたも多いようです。セルライト専用のマッサージオイルを使用することにより、マッサージしやすく滑らかに肌と手をスムーズに接触させ、肌への負担も軽減できるため一石二鳥といえるでしょう。

Thumb太ももマッサージで効果的に痩せる方法まとめ!簡単にセルライトを除去

お腹のセルライトも痛い?2分で簡単マッサージ

セルライトは、太ももからお尻にかけてできるのが最も多いといわれていますが、セルライトが痛いと感じるのは脚だけではないようです。お腹のセルライトも痛いと感じることがあるといわれています。

お腹のセルライトが痛いと感じたら、2分で簡単マッサージ、セルライト撃退に向けて効果も期待できるといわれています。セルライトや脂肪分解に特化したオイルを使用して下腹部を両手で優しく円を描くようにマッサージしてあげると良いそうです。我慢できないほどのセルライトの痛みを感じたら、更に優しくマッサージ強度もコントロールしていきましょう。

セルライトが痛いならエステに行ったほうが良い?

セルライトが痛いなら、エステでプロにマッサージしてもらったほうが良いのかなとセルライト除去のエステコースを受けているかたも少なくないようです。

エステでのセルライト除去のコースを受けても、セルライトが痛いと感じるかたはいらっしゃるようです。そして、エステは料金のこともあり数回ではセルライトの除去はなかなか難しいため、予算もそれなりに考えてから通わなければいけないようです。

料金がかかっても、エステでセルライトを除去してもらいたいというかたは、冬の時期からセルライト除去のコースで露出度が高くなる暑いシーズンに向けて準備していくと効率よくできるといわれています。

セルライトが痛いならリンパを流しマッサージや食生活から変えていこう

セルライトが痛いと感じたら、リンパを流すマッサージを優しくして、食生活もデトックス効果のあるものを意識して摂取することが大切のようです。タバコが好きというかたも、セルライトには注意が必要といわれています。

日本人女性の80%にセルライトができるといわれているため、今はセルライトがないとしても数年後に出てくる可能性も大きいようです。毎日の生活から、セルライトを作らないようにするために美と健康を意識して素敵なカラダをキープできること願っております。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-20 時点

新着一覧