社会人が風邪で仕事を休む時のマナー!欠勤の判断基準は?無理して出勤する?

社会人ともなると、風邪程度で仕事を簡単に休むことはできませんよね。責任感がある人ならなおさらです。でも、やむを得ないときは社会人でも休んでしまうことはあります。社会人として風邪で仕事を休むときに守るべきマナーや判断基準を紹介していきます。

社会人が風邪で仕事を休む時のマナー!欠勤の判断基準は?無理して出勤する?

目次

  1. あ、風邪ひいたみたい。でも社会人として仕事は休むことができない…そんな時どうする?
  2. 風邪で仕事を休む?社会人としての責任感も気になる…
  3. 仕事をするなら、風邪を他の人に移さないように社会人として当然のケアを
  4. 本当に無理な場合は社会人だって、風邪で仕事を休むこともやむをえません
  5. いつ休むことになってもいいように、普段からコミュニケーションを取って信頼を得よう

あ、風邪ひいたみたい。でも社会人として仕事は休むことができない…そんな時どうする?

誰しも風邪をひくことはあります。もちろん社会人だって風邪をひきます。学生の時は、風邪をひけば休んでいたけれど、社会人になると責任感が生じ、簡単には会社を休むことができません。そんな時、社会人としてどのように行動したら、会社の信頼を得られるのでしょうか。

風邪で仕事を休む?社会人としての責任感も気になる…

風邪で休みたいけど周りの反応が気になって休めない…

日本に限ったことではないかもしれませんが、社会人にもなって風邪程度で休むなんて…という風潮があります。社会人になってから風邪をひいて休むとき、どうしても他の人に何と言われるのか気になりますよね。厳しい人だと、社会人にもなって風邪で休むのはけしからん、とか自己管理がなっていないと思う人もいます。

責任感から会社を休めない…

あなたが仕事に対して責任感の強い社会人だったら、無理を押してでも自分がやらねばと出勤してしまうでしょう。自分にしかできない仕事を抱えている社会人ならなおさらです。責任感を持つのは社会人として当然のことですが、責任感が強すぎて無理をしてもいけません。

仕事をするなら、風邪を他の人に移さないように社会人として当然のケアを

社会人として周りに迷惑をかけないように

どうしても自分がやらなくてはいけない仕事がある場合は、社会人ですから、出勤することもやむをえません。

その場合は、仕事仲間に移してしまわないようにしっかりとケアをしましょう。そのあたりのケアも、社会人としての責任感をアピールするチャンスでもあります。風邪を押して出勤して、同僚や取引先に移してしまっては社会人失格です。

マスクは大切

咳が出る場合はマスクをするのも、社会人としてのマナーです。マスクをしていない状態で咳をすると、仕事仲間やお客様に嫌な思いをさせてしまいます。それでは社会人失格ですね。手洗い、うがいもいつも以上に徹底したほうが良いでしょう。

また、風邪をひいた状態で仕事をしても、いつもより効率は上がりません。そんな時は翌日に備え、できる限り無理はせず、早く帰りましょう。しっかり休んで、翌日に完ぺきな状態で出勤したほうが、かえって仕事の効率が上がることもあります。社会人として、その見極めをするのも大切です。

本当に無理な場合は社会人だって、風邪で仕事を休むこともやむをえません

しかし、本当に動けない場合は仕事を休んだ方が良いでしょう。社会人だって、無理は禁物です。またインフルエンザが疑われる場合も、休みを取って病院へ行った方が良いでしょう。特にインフルエンザは出勤停止の疾病です。他にもウイルス性の腸炎等、感染力の強い病気が疑われるときは、必ず休みましょう。

休む場合は、まずすぐに会社に連絡をしましょう。出勤時間を大幅に過ぎてから連絡をしているようでは、社会人として信頼を得るのは難しいでしょう。休みをもらった場合は、きちんと病院へ行くのも、社会人として大切です。病院へ行って、しっかりと休んで、翌日に備えましょう。

また自分が休むことで困る案件は、分かる人に引き継ぎましょう。休みの連絡をたまたま取った社員に引き継ぎをするよりは、直接の上司や部下など、あなたの仕事内容をある程度理解している人が良いでしょう。

電話やメールでやり取りををしましょう。引き継ぎも、社会人としてとても大切なことです。責任を持って引き継ぎをし、ゆっくりと休むようにしてください。

いつ休むことになってもいいように、普段からコミュニケーションを取って信頼を得よう

仕事の引き継ぎをする場合、普段からコミュニケーションが取れていることが重要となります。自分が引き継ぎを受ける場合を考えたら、当然と言えば当然ですね。よく知らない人や、明らかに嫌っている人から仕事の引き継ぎを任されても、困る場合がありますよね。

自分がいつ仕事に穴をあけてしまうかは分かりません。仕事仲間から信頼を得ておく必要があります。社会人として、普段から社内でコミュニケーションをとり、いざというときに気持ちよく引き継ぎができるように備えましょう。

また、普段から仕事の管理をきちんとし、優先順位の高いものから処理をしていき、いざ一日休んでしまっても大丈夫なように心がけるのも社会人として良いでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2023-02-08 時点

新着一覧