勘違いブスな女になってない?自撮りや面食いなど勘違い女の特徴とは?

「勘違いブス女」!このフレーズ、聞いたことありませんか?自分の容姿に絶対的な自信を持ち、常に自撮りした写真をSNSにあげている自撮り大好きな勘違いブス女のことを・・・。この勘違いブスについてその特徴について調査してみました。

勘違いブスな女になってない?自撮りや面食いなど勘違い女の特徴とは?

目次

  1. 「勘違いブス」と「ブス」は違うの?
  2. 「勘違いブス」とはどんな女のこと?
  3. 「勘違いブス女」の大きな特徴を調査!
  4. 「勘違いブス女」が良く言う”面食い”の意味とは?
  5. 「勘違いブス女」は自撮りが大好き♡
  6. 「勘違いブス女」は自信に満ち溢れている?!
  7. 「勘違いブス女」だけじゃない?!男にもいる「勘違いブス男」
  8. 「勘違いブス男」の大きな特徴を調査!
  9. 「勘違いブス女」と言われないための3教訓
  10. 世の女性に捧げる応援の言葉

「勘違いブス」と「ブス」は違うの?

「勘違いブス」これはいったいどういう意味なのでしょう?ただの「ブス」とは違うのでしょうか?・・・。そうです、違うのです。単に「ブス」と言っても、「ブス」の定義も難しいところです。

一般に「ブス」とは容姿の見にくい人のこと。主に女性に対して使う言葉で、男性の場合は「ゲス」や「ブ男」などというようですが、現在では、男にも「ブス」「ブサイク」などという言葉は聞かれます。このように容姿が見にくいのが「ブス」なら、「勘違いブス女」とはどのような意味なのでしょう?

「勘違いブス」とはどんな女のこと?

「勘違いブス女」とは、その名のとおり、「勘違い」をしているというのがキーです。自分は可愛い!自分は美人!自分はモテる!周りからの評価と自分の評価が著しく一致しない。すなわち、これが「勘違いブス女」と言われる所以なのです。

「勘違いブス女」の大きな特徴を調査!

「勘違いブス女」は人並み外れた自信家である!

自分は、”まれに見ぬ可愛さである!””相当可愛い!””人もうらやむ美人である!”。そう思い込む「勘違いブス女」は恋愛経験も豊富でなければならないと思い込みます。ちょっと目があっただけでも、彼は自分に気があると思い込み、ちょっと声をかけられただけでも、誘われたように勘違いしてしまう。これを恋愛経験としてカウントし、「勘違いブス女」の武勇伝に発展してしまうんですね。

恋愛経験が豊富=可愛い、美人と単純に結び付けて考えるのも勘違いブスの特徴です。人は誰しも少なからず、コンプレックスなるものを持っていると思うのですが、「勘違いブス女」にはこれが見当たらない?!もしくは、自分で無理やりにフタをしているのかもしれません。

どこからくる自信なのかわかりませんが、自分に人並み外れた”自信”を持っているのが特徴の「勘違いブス女」。このみなぎる自信を別のベクトルへ向けることができれば、周りの見解も少しは違ってくるのかもしれません。

「勘違いブス女」は自己中心的である!

常に自分は人より上。周りよりも優れているという自信から、「勘違いブス女」は自己中心的になりがちです。勘違いブスの会話には、自分の話のオンパレード。その理由は自分が大好きだから!女性同士の会話というものは、みな、自分の話をしたいものですが、それがある一人の話のみとなっては、場の空気は微妙な状態に・・・。この雰囲気をも察知することができないほど、周りが見えていないとも言えます。

「勘違いブス女」はSNS好き!自撮りで最高の自分をアピール!

スマホが充満している現代では、誰でもSNSを利用しています。Facebookやtwitter、インスタグラムなどで、自分自身を投稿する「勘違いブス女」も増えています。自撮り棒を常に携帯し、どの写真も自撮りオンリー。何処へ出かけても景色そっちのけで自撮りオンリー。こんな女性はいませんか?こんな方は「勘違いブス女」と言われてしまいそうです。ご注意ください。

「勘違いブス女」はスポットライトを浴びたい生きもの!

”自分を注目して””私を見て”勘違いブスはスポットライトを浴びたい生きものです。自分以外の誰かにスポットライトがあたるものなら、全力で自分をも猛アピールし、スポットライトを”バキッ”と自分の方へ手動で動かすくらいの猪突猛進な部分も兼ね揃えています。

「勘違いブス女」は自分に甘く、他人に厳しい!

前述したように、勘違いブスは自分のことは、とりあえず棚にあげます。そのくせ、他人には厳しい!「自分に厳しく、他人にも厳しい!」の上を行く面倒くささを持っています。ことに他人の悪口も平気で口にするので、周りからは決してよくは思われていないはず。しかし、自分に都合が悪い事は、考えない。ゆえに孤立無援の状態でもネガティブにならず我が道を歩んでいけるんですね、ある意味、たくましい限りです。

「勘違いブス女」が良く言う”面食い”の意味とは?

「私、面食いだから~」。街中でよく聞くフレーズですが、そもそも「面食い」とはどういう意味なのでしょう?面食いとは、顔の綺麗な人ばかりを好む傾向のある人のことを指します。それがなぜ「面」食いなのか?それは「面」=「顔」だから。顔のことをよく「面(つら)」などといいますよね。つまり、顔のいい人ばかりを食う=面食いなのです。日本語って深いですね。

「勘違いブス女」は自撮りが大好き♡

「勘違いブス女」は常に自撮りを意識している

自撮りが当たり前となっていますが、「勘違いブス女」は、日常、生活の中ほぼ全て自撮りを意識して生活しています。SNSに自分をアップすることが使命のように思っているのかもしれません。

「勘違いブス女」は風景よりも自撮りを優先する

絶景を前に自分の顔をアップで自撮り。そんな行動、したことはありませんか?せっかくの景色、思いっきり自分の目で楽しんで!SNSにあげる写真も大切ですが、自分アピールは少なめに。

「勘違いブス女」は自撮りで自分を主役にする

友だちが大勢集まった時でも、「勘違いブス女」は自撮りで自分を主役にします。こういった空気を読めない「勘違いブス女」は人間関係に大きな不安を感じずにいられません。

「勘違いブス女」は自撮り棒を常備している

いつでもどこでも最高の自分をSNSにあげたい!そんな「勘違いブス女」は常に自撮り棒を携帯しています。いつどこで遭遇するかもしれない自分のベストショットを逃したくないのでしょう。

「勘違いブス女」は自撮り棒をカスタマイズしている

自撮り棒をお持ちの方も多いと思いますが、「勘違いブス女」は、より自分を美しく可愛くみせるための技術を磨きます。自撮り棒関連グッズをカスタマイズして、より効率よく「奇跡の1枚」を撮る努力を惜しまないのも「勘違いブス女」の特徴です。

「勘違いブス女」は自信に満ち溢れている?!

周りから見ても憧れを抱くような実力も容姿も兼ね揃え、自信に満ちあふれた女性。そんな女性も数多くいますが、「勘違いブス」とは、その実力も容姿も伴わない状態で自分に過剰な自信を抱いているのです。良くいえば、ポジティブシンキング!悪くいえば、・・・。なんでしょう?やはり「勘違いブス」という言葉がしっくりとくる適当な言葉なのかもしれません。

「勘違いブス女」だけじゃない?!男にもいる「勘違いブス男」

「勘違いブス」=女性のこと?いえいえ、男性の場合もあります。やはりこちらの「勘違いブス男」も自撮りが大好き!自分大好き!男ということで、女性よりも少々”やっかい”かもしれません。もしも、自分が「勘違いブス男」と関わってしまったらどうする?勘違いブス男にもいろいろなタイプがあり、対処法も一概には言えませんが、自分一人で対応せず、誰かに相談することが大切かもしれません。

「勘違いブス男」の大きな特徴を調査!

「勘違いブス男」にも特徴があります。特徴その①プライドが妙に高い!上から目線でものを言う。特徴その②見栄っ張りである!③「面食い」である。「面食い」であることを強調して、彼女がいない理由をモテないからだと思わせない!もちろん、「勘違いブス女」の特徴にもあるように、特徴その④自信家である!特徴その⑤自己中心的な考えを持つなども当てはまります。

「勘違いブス女」と言われないための3教訓

「勘違いブス女」と言われないための教訓①<自撮り>

SNSで皆がつながっている今は、誰もかれもが自撮りをする時代ですが、ちょっと待って!その自撮り、「勘違いブス女」だと思われてしまうかもしれませんよ。勘違いだと気づくのが遅くなって、孤立無援になる前に、ぜひとも周りの人たちを自分と同じくらい”やさしい気持ち”で思いやることが大切です。

「勘違いブス女」と言われないための教訓②<面食い>

”私、面食いなの!”そんな軽い一言が、あなたを「勘違いブス女」へと導くかもしれません。面食いが悪いわけではありませんが、あまり公言はせず、心の中で思っておく程度に留めましょう。

「勘違いブス女」と言われないための教訓③<自己中心的>

自分本位、自分勝手、他人のことを2の次に考える思考回路を一旦やめて、今一度、まわりの人たちへの思いやりを!自分には甘くても厳しくてもいいですが、他人には甘く!やさしい心で接しましょう。

「勘違いブス女」「勘違いブス男」について調査しました。”勘違い”という言葉は、間違って思い込んでしまうこと。それが”間違い”だと気づければ世の中の「勘違いブス女」「勘違いブス男」は少しは減ってくれるのでしょうか?

世の女性に捧げる応援の言葉

世の中にはたくさんの女性がいます。誰もが羨む美人、美人じゃないけどかわいい人、性格が容姿を上回るほどの性格美人。そして勘違いブスといわれる方々。

反対に全く「ブス」ではないのに、自分が「ブス」であると思い込み、ネガティブになっていまう女性もいます。ですが、過剰に意識していませんか?自分が思う程、まわりは「ブス」だと思っていない場合がありますよ。一言で「ブス」といっても様々なタイプがあります。

「勘違いブス」の大敵の”あふれるほどの自信”も、人間が生きていく上で実は必要なものです。ですが、その矛先と過剰さが問題!自信が過剰になってはいけません。何事も度を超えてしまってはいけないということが言えそうです。スーザン・サマーズの名言にもあるように・・・。内面から出る美しさを磨きましょう!全ての女性は美しい!Dear Woman!

美と女らしさは年齢と関係がないものだし、作ろうとして作れるものではないと思うの。そして、魅力は、こんなことを言うと、その専門の人たちは困るでしょうけれど、人為的に作りだせるようなものではないと思うの。

もっと知りたいアナタへ

Thumb美人の定義や特徴ってある?おブスな顔との違いや共通点まとめ!
Thumb性格ブスな女の特徴とは?顔が美人でも中身がブスと思われる行為や瞬間
Thumb自撮りするならこの人気アプリ!ブスにならずに盛れるコツは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-11 時点

新着一覧