招待状を返信する時のマナーちゃんと知ってる?結婚式を欠席する時の書き方

あなたにお友達の結婚式から招待状が届いたとしましょう。返信の仕方はご存知ですか?招待状にもちゃんとした返信のマナーがあります。特に欠席しなければならないときなんて最も気を使わなければなりません。最低限のマナーを持って返信しましょう。

招待状を返信する時のマナーちゃんと知ってる?結婚式を欠席する時の書き方

目次

  1. 結婚式に呼ばれました!
  2. 招待状の返信以外で気を付けておきたいこと
  3. 招待状を返信するタイミングは?
  4. 招待状を返信するときの宛名書き
  5. 招待状を返信するときの裏書き
  6. 招待状の返信以外の最低限のマナー
  7. 欠席するときのマナー、招待状の返信では
  8. 欠席するときのマナー、招待状の返信以外では
  9. 招待状の返信をしてしまった後での欠席するときは?
  10. 招待状の返信について

結婚式に呼ばれました!

知人や友人から結婚式の招待状を受け取ったらとっても嬉しいですよね。結婚式や披露宴はその人たちの一生に一度の晴れ舞台です。その晴れ舞台は送っていただいた招待状から始まっています。ですから招待状の返信にはマナーを持って相手にお祝いの気持ちを伝えるようにしましょう。招待状と一緒に届く出欠連絡用のはがきの返信の書き方について今回はご紹介します。

特に気を付けたいの欠席の時にマナーです。招待状の返信の時に欠席すると記入するかき方はもちろんのことですが、一緒に急きょ欠席しなければならなくなった時のこともお伝えしようと思います。これからお知り合いの結婚式の出席する予定の方も、「欠席しないから関係ない」と思わずにぜひ読んでおいて下さい。いつかは役に立つかもしれませんからね。

今回の記事では招待状と一緒に届いた返信用のはがきのことを、招待状の返信などと簡略して書いています。ご了承ください。

招待状の返信以外で気を付けておきたいこと

親しい間柄の方からの招待ですと、招待状を受け取る前から出席する旨を伝えてあることも少なくありません。しかしどんなに親しい間柄でも、口頭だけの約束や電話又はメールだけで返事を終了してしまうというのは失礼です。必ず招待状にははがきで返信をしましょう。

口頭で伝えたりメールで伝えたうえで招待状の返信を必ずするようにしましょう。その際はきちんとした書き方でマナーを守りましょう。親しき仲にも礼儀ありです。マナーにのっとり招待状を頂いたのですからきちんと、出欠の連絡用のはがきで返信しましょう。

招待状を返信するタイミングは?

招待状の返信は期日まで時間があったとしても、2~3日中には返信するようにしましょう。早めに返信することにより喜んで出席するという気持ちが伝わるからです。遅くとも一週間以内に返信するようにしましょう。頂いた招待状は汚さないように注意して保管しておきます。

もしも、すぐに予定がわからないということであれば、電話等で先にその旨を伝え、期日中に返信するようにしましょう。もし式直前まで予定が分からない場合は欠席させていただくことが無難です。せっかく招待状を頂いたからと言って先延ばしにするのは相手に失礼になってしまうからです。

招待状の返信が遅くなってしまうと、招待客の人数の把握がしにくいですし確認もできません。席次も決めることが出来なくなってしまいますから、先方に迷惑をかけてしまうことになるためです。残念ですが、招待状の返信には欠席として返信するようにしましょう。

招待状を返信するときの宛名書き

招待状と一緒に届いた返信用のはがきにの宛名書きには「○○○○行」となっていますが、行を二重線で消して「様」と書くようにしましょう。改まった文章ですから毛筆か、持っていれば万年筆を使いましょう。もしなければ水性のボールペンでも構いませんが、必ず黒インクを使います。油性やグレー、ブルーのインクではいけません。

招待状の返信先のお名前の相手が親御さんになっている場合があります。その時も失礼の無いようにマナー通りの書き方で返信するようにしましょう。招待状が届くときの差出人のお前が親御さんになっている場合もあります。せっかく届いた招待状は隅々まで確認しましょう。

招待状を返信するときの裏書き

招待状と一緒に届く返信用はがきの裏書の書き方には注意することがいくつかあります。まず「御」や「芳」を二重線で消します。寿という字で消すのも良い方法ですが、見にくいと思う方もいますから二重線の方がスマートかもしれません。×を付けたり、塗りつぶしたりするのは大人の書き方としてはマナー違反です。

出席するならば出席に丸を付け、欠席を二重線で消します。余白の部分に、結婚のお祝いとともに結婚式に招待していただいたことについての感謝の言葉を付け加えましょう。なお、ご夫妻で招待された場合でどちらかのみが出席とした場合は、出席に丸を付け出席者名記入するという書き方をします。

招待状の返信以外の最低限のマナー

結婚式に招待されたときに招待状を返信するのがマナーですがそれ以外でもマナーというものがあります。招待状返信以外のマナーを簡単にあげていきますから結婚式に参列する予定のある方はぜひ参考にしてください。もし出席に迷うようであれが、招待状の返信には出席に丸を付ける方向で検討しましょう。

遠方の場合

遠方からの招待客には昔は主催者側が、宿泊費や交通費を負担していましたが現在ではその相手との仲によります。招待状の返信は新郎新婦との間柄によるでしょう。しかし負担になってしまうようであれば無理をせずに招待状の返信には欠席としても良いでしょう。

親しくない人から届いた招待状

仕事上のみのお付き合いの方といったあまり親しくない方から招待状が届いた場合は出来る限り出席として返信しましょう。どうしても気が進まない場合はお祝いのほかに祝電を送るなどしてフォローをしましょう。当然招待状の返信は忘れずに!

子連れはNG

先方からお子様連れでどうぞといった招待を受け取っていない場合は、たとえ小さなお子さんがいる場合でもマナー違反となってしまします。ですから、招待状を返信する前から前もって安心してみてもらえる方を探しておきましょう。もし見つからない場合は先方に相談するか、招待状の返信に欠席とさせていただきましょう。

欠席するときのマナー、招待状の返信では

欠席の場合は数日おいて返信するの方が残念な気持ちを伝えられる為、少し時間をおいて返信します。しかし招待状が届いて一週間以内には返信するようにしましょう。招待状の返信の書き方は基本は出席の時と一緒です。出席を二重線で消し、欠席を丸で囲みます。「行」は「様」へ変更し、「御」「芳」を消します。余白には欠席のお詫びとお祝いの言葉を添えましょう。

仕事で出席が出来ない場合は正直にそのようお伝えしましょう。「多忙につき」は失礼になりますから使わないようにしましょう。妊娠などといったおめでた理由の場合は欠席に理由を率直に書きますが、病気などといった縁起の悪い場合では「やむを得ない事情により」などとぼかすようにします。

他の結婚式と重なった場合もはっきりとした理由を書かず招待状と一緒に届いた返信用はがきには「あいにく先約がございまして」などとします。

欠席するときのマナー、招待状の返信以外では

もし結婚式に出席できなかったとしても、お祝いを贈るのが一般的です。お祝いを品物もでもお祝い金でも問題ありませが、メッセージを付けてお渡しすると良いでしょう。お祝いの品は挙式の一ヶ月から一週間前までに、相手に持参するかお送りしましょう。

披露宴に出席できないときは祝電も送っておくと良いです。祝電はお祝いの気持ちを伝えられるものだからです。電話またはインターネットで依頼することができます。あて先は会場の住所や名称、部屋の名前を伝えます。宛名は新郎新婦の名前(新婦の場合は旧姓)にします。

祝電は一か月前から受け付けてくれます。遅くとも披露宴の3時間前には届くように手配しましょう。定型文もありますが、自分の言葉で伝えることもできますから、出来る限り自分の言葉でお伝えするようにしましょう。

招待状の返信をしてしまった後での欠席するときは?

招待状に返信をしてしまった後に急用が入ってしまうこともあるでしょう。そんな時は出来るだけ早く相手に知らせます。招待する側は食事や席次といった人数の確認が必ず必要だからです。できる限り迷惑を少なくすることがマナーです。挙式直前の変更でもすぐに連絡するようにしましょう。祝電などで対応をして、後からお祝い金をお届けします。

できれば挙式以前に時間を取ってもらい、直接お祝いとお詫びを伝えるのがよいでしょう。招待状を送ってもらったという嬉しい気持ちもきちんと伝えたりですよね。

結婚式とお悔やみが重なってしまった場合

招待状の返信に出席と書いたとしても、急なお悔やみが入ってしまうこともあるでしょう。その際は故人との最後のお別れのお悔やみをできるだけ優先するようにします。通夜と葬儀のいづれか披露宴に重ならない方に出席するという方法もあります。身内の不幸と重なった場合は事情を明らかにせず「やむを得ず」などとぼかすようにしましょう。

招待状の返信について

招待状の返信についての記事でしたがいかがでしたでしょうか。これから先結婚式に参加する予定がある方には参考になったのではないでしょうか。招待状の返信ひとつとってもマナーがあるというのは日本人ならではの心遣いではないでしょうか。

招待状の返信などのマナーについてもっと知りたいあなたには

Thumb結婚式招待状の返信の書き方・マナーまとめ!出席・欠席の両パターン紹介
Thumb結婚式招待状の返信の書き方から気を付けたいマナーまでまとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-23 時点

新着一覧