涙袋はマッサージ&筋トレで作れる?自力で作る方法を徹底調査!

女性の顔のチャームポイントは目元にあります。その中でも特に効果的なのがふっくらした涙袋です。涙袋はマッサージで作ることができるんです。男性の視線を釘付けにしたい女性は、マッサージで涙袋を作りましょう。マッサージだけでなく、筋トレでも作ることができるんです。

涙袋はマッサージ&筋トレで作れる?自力で作る方法を徹底調査!

目次

  1. なぜ、涙袋があるとチャーミングになるのか?
  2. 涙袋がある女性とない女性の違いは、なに?
  3. 涙袋はマッサージで作れるって、ホント!?
  4. マッサージで涙袋を作る方法【指でマッサージ】
  5. マッサージで涙袋を作る方法【まぶたの動かし方】
  6. マッサージで涙袋を作る方法【ピースサイン法】
  7. マッサージで涙袋を作る時に注意すること
  8. マッサージしてもうまく涙袋が作れない原因は?
  9. マッサージのあとは鏡で涙袋をイメージしてみよう
  10. マッサージ効果を出すために筋トレをしよう!
  11. 涙袋を作る時にマッサージをすすめる理由
  12. 涙袋を目袋にしないためのマッサージ

なぜ、涙袋があるとチャーミングになるのか?

涙袋というのは目のまわりにある眼輪筋というふくらみのことです。疲れた時や加齢と共に眼の下にできる目袋とは違うので注意しましょう。笑うと涙袋が盛り上がって、顔の表情が魅力的に見えるんです。見た目の印象が明るくなるので、男性に好かれるポイントになるんです。

涙袋は生まれつき目立つ女性とあまり目だない女性がいます。また涙袋があっても小さい場合は、笑った時だけ表れる女性もいます。そのような女性は笑うと魅力的になるのを知っているので、笑顔の作り方が上手になります。でも、笑っていない時でも魅力的になりたいですよね?

涙袋がある女性とない女性の違いは、なに?

涙袋がある女性の場合は表情が明るく、親しみを感じやすくなります。涙袋がない女性の場合は見た目の印象が沈みがちになり、人によっては暗い印象を感じることがあります。男性の立場からすると、美人でも涙袋がない場合は気軽に声をかけづらくなるんです。

美人ではなくても涙袋がある女性は明るく愛嬌があります。そのため男性も緊張感を持たずに気軽に声がかけやすくなります。涙袋がある女性には男友達がたくさんできやすくなります。美人なのに彼氏がいない女性は、涙袋が影響しているんです。

涙袋はマッサージで作れるって、ホント!?

涙袋がないからといってガッカリすることはありません。実は自力で作る方法があるんです。色々な作り方があるんですが、最も効果的なのがマッサージです。自力マッサージによって涙袋を作ることができれば、笑わなくてもチャーミングになります。涙袋が小さい人にも効果的ですよ。

涙袋というのは元々が筋肉のコブのようなものなんです。目のまわりの筋肉が少ない人や、筋肉がない人には涙袋ができないんです。また年齢と共に筋肉が衰えて涙袋が消える場合もあります。そのような場合も、目のまわりをマッサージすることによって筋肉を蘇らせることができるんです。

マッサージで涙袋を作る方法【指でマッサージ】

では、具体的に涙袋を作る方法を紹介しましょう。ポイントはスムーズにマッサージができるように指にクリームなどを塗っておきます。皮膚に指先が引っかかると、目の中に指が入ってしまう危険があります。マッサージは目の下に指を置いて上に持ち上げます。すると涙袋ができるので、その状態で5秒から10秒間キープします。

それを目頭、目の中央部、目尻へと3箇所で行います。そして最後に涙袋の部分を10秒から20秒ぐらいやさしくマッサージをします。これでワンセットになります。毎日、朝昼晩とワンセットずつ行うことによって、涙袋の筋肉がついてきます。早い人なら2週間ぐらいで涙袋ができてきますよ。

マッサージで涙袋を作る方法【まぶたの動かし方】

毎日マッサージを欠かさず行うことがポイントですが、その他にも日常生活で簡単にマッサージ効果を出せる方法があるんです。それはウィンクをすることです。ウィンクをする時に眼輪筋を使うので、鏡に向かってウィンクをする習慣をつけると涙袋ができるんです。短時間で効果的に涙袋を作る方法です。

もう1つ、自力で効果的に作る方法があります。目を細めにして眉毛を上げるようにするんです。目を細くしようとする時にやはり眼輪筋を使いますし、さらに眉を上げる力によって筋肉を鍛えることができます。指でマッサージをするのと同じ効果があります。これも日常生活の中で簡単に涙袋を作る方法です。

マッサージで涙袋を作る方法【ピースサイン法】

自力で涙袋を作る方法の中で、このピースサイン法は最も一般的で誰でも簡単にマッサージをすることができます。まず瞳だけで上の方を見上げます。次に目頭と目尻を人差し指と中指で押さえると、ピースサインの格好になります。これを両手で左右の目にピースサインを作ります。

両手でピースサインを作ったら、下まぶたを上の方に押すようにして引き上げます。太陽がまぶしいときに目を細めるようにして下まぶたを引き上げるとうまくいきます。これを10回やってワンセットです。1日に数セット行うとマッサージ効果が出てきます。簡単なので思いついた時にやると長続きできます。

マッサージで涙袋を作る時に注意すること

自力で毎日マッサージを続ければ涙袋が作れますが、その時に注意することがあります。指先にクリームをつけるとスムーズにマッサージができるんですが、かゆみ止めクリームなどを塗った場合に炎症を起こす場合があります。毎日目の下に使うのですから、なるべく素肌に塗っても大丈夫なクリームを使うようにしましょう。

ワセリンを使ってマッサージをすると効果的に涙袋ができるという話もありますが、人によっては副作用が出る場合があります。ワセリンというのは元々が石油が原材料なので、敏感肌の女性などは皮膚の色が変わったり、シミやそばかすの原因になることがあるんです。毎日使うものですから、乳液や美容クリームなどの方が安心です。

マッサージしてもうまく涙袋が作れない原因は?

自力でマッサージを続けてもなかなか効果が出ないことがあります。そのような女性は目の下の皮膚が薄い傾向があります。生まれつき涙袋があっても、皮膚が薄いと目立たなくなるのです。このような女性はまばたきをする時にちょっと工夫をしてみましょう。

まばたきの工夫は簡単なので誰でもできますよ。まず顔を上に向けて目を開け、そのまま下を見るように目だけを動かします。その状態のまま、まばたきを10回するんです。次は顔を下に向けて、上を見るように目だけを動かします。そのまま10回まばたきをします。このまばたきを続けるだけで目の下の薄い筋肉を強くすることができます。

マッサージのあとは鏡で涙袋をイメージしてみよう

昼間お仕事をしていると、眼輪筋のマッサージをしたらすぐにベッドに潜りたくなります。ちょっと待ってください。マッサージをしたあとは鏡を見て、涙袋をチェックしましょう。できていない時は微笑んで、涙袋を作るイメージトレーニングをするんです。これによって自力で涙袋を作るモチベーションを高めることができますよ。

鏡を見てイメージトレーニングすることで、涙袋でチャーミングになった自分を意識することができます。またアイプチのプッシャーやアメピンを使って、実際に涙袋を作りたい場所を確認してみましょう。涙袋ができた時の自分の顔をイメージしやすくなります。

マッサージ効果を出すために筋トレをしよう!

生まれつき涙袋がない人や、あっても小さい人はマッサージと一緒に目のまわりの筋肉を鍛える筋トレをやってみましょう。涙袋を作るためには頬の筋肉を鍛えると効果があるんです。下まぶたから頬にかけてを指で下の方に引っ張り、そのまま目を閉じます。そうすると眼輪筋に力が入って頬の筋トレになります。これを10回をワンセットにして、1日に数回行います。

頬の筋肉を鍛えると効果がありますが、さらに効果を上げるためには下のまぶたを使った筋トレもやってみましょう。上のまぶたを指で上に引っ張り上げながら、下のまぶただけで眼を閉じるようにします。これをゆっくりと10回繰り返すと、下まぶたの筋トレになって涙袋の眼輪筋が鍛えられます。筋トレは無理をしないで少しずつ長く続けるのがコツです。

涙袋を作る時にマッサージをすすめる理由

ネットで検索すると涙袋を自力で作る方法が色々と出ています。その代表的なのがお化粧による涙袋と、美容整形によって涙袋を作る方法です。確かにお化粧によって涙袋を作ることができますが、それは見せかけの涙袋です。素顔の時には涙袋が消えてしまいます。マッサージの場合は時間がかかりますが、ナチュラルな本物の涙袋を作ることができるんです。

美容整形でも涙袋を作ることができますが、お金がかかります。また失敗した時のリスクを考えると、若い女性にはすすめられない方法です。またアフターケアが必要になることもあるので、その手間を考えたらマッサージで根気よく涙袋を自分のものにした方が安心感があります。中高年で眼の下のクマを取る手術のついでに涙袋を作るのなら美容整形もありです。

涙袋を目袋にしないためのマッサージ

涙袋と目袋は違うと冒頭で説明しました。涙袋を支えている眼輪筋が年齢と共に衰えてくると、涙袋が垂れ下がって目袋になってしまうことがあるんです。目袋ができてしまうと目の下にクマができて、老けて見えてしまいます。そうしないためにも、眼輪筋を鍛えるためのマッサージを続けることはとても大事なんです。

目は心の窓だと言われます。それぐらい目は顔を印象的に見せることができるんです。涙袋がある女性はマッサージをすることでよりチャーミングに、涙袋がない女性はマッサージをすることで印象を良くすることができます。コツコツと長く続けて習慣化すれば、目の下のクマを予防することもできますよ。

涙袋についてもっと知りたいアナタへ

アディクションアイシャドウの人気の組み合わせは?涙袋も簡単に!
Thumbキャンメイクで簡単涙袋!やり方やおすすめペンシルの値段を調査!
Thumb涙袋メイクのやり方・作り方まとめ!芸能人みたく自然に【アイシャドウ】

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-26 時点

新着一覧