今話題の小豆ダイエットの効果的な食べ方は?食べ過ぎ注意のダイエット方法

今、注目を集めている小豆ダイエットで効果的に痩せる食べ方をまとめました。小豆ダイエットは効率的に取り入れることで高い効果を期待できます。ただし、小豆の食べ過ぎはダイエットの妨げになることも。正しい小豆ダイエットを取り入れて、痩せる体を作りませんか?

今話題の小豆ダイエットの効果的な食べ方は?食べ過ぎ注意のダイエット方法

目次

  1. 小豆で健康的なダイエット!
  2. 小豆に含まれるサポニンは高いダイエット効果を期待できる
  3. 小豆のカリウムでむくみを解消して、ダイエット
  4. 豊富な小豆の食物繊維もダイエットに欠かせない
  5. 小豆のポリフェノールできれいにダイエットできる
  6. 小豆ダイエットで痩せるための食べ方とは?
  7. 小豆水を使ったダイエットの仕方とは
  8. 小豆の食べ過ぎはダイエットの妨げになることも
  9. 小豆を使ったダイエットで気をつけたいこと
  10. 上手に小豆を活用してきれいにダイエットしよう!

小豆で健康的なダイエット!

小豆は身近で手に入れられてダイエットにも最適

痩せる体になりたいけれども、どうすれば良いのかわからないという方におすすめなのが小豆を使ったダイエット。栄養がぎゅっと詰まった小豆であれば、健康的に痩せることができると多くの人から注目されています。ダイエット中は食事制限のために栄養が偏りがちですよね。栄養バランスの取れた小豆を取り入れることで、健康的にダイエットができます。

ただし、どんなに体に良くて痩せる食材からといって小豆を食べ過ぎるとダイエットの妨げに。小豆をダイエットに使う場合は正しい食べ方で食べ過ぎを防ぐこともダイエットのポイントです。それでは、具体的にどのような方法で小豆ダイエットを行えば良いのかチェックしていきましょう!知っておくと効率的にダイエットできる大豆の栄養についても詳しく解説していきます。

小豆に含まれるサポニンは高いダイエット効果を期待できる

太りにくい体を作る小豆のサポニンはダイエットにぴったり

小豆はダイエットに最適な食材と言われているのをご存知でしょうか?小豆に含まれるサポニンは、食べ物のブドウ糖が脂肪に変わるのをおさえるダイエット効果があるとされています。ブドウ糖はエネルギーに変えないと体に脂肪として蓄積され、ダイエットの妨げに。小豆のサポニンを取り入れることで、ダイエットの強い味方になってくれます。

小豆を定期的に摂取することで、太りにくい体を作ることができるのが嬉しいポイント。ダイエットを成功させる秘訣は、太りにくい体を作ることです。小豆のサポニンを活用して、きれいな体を手に入れてみませんか?ダイエットがなかなか続かない、という方にもおすすめです。

小豆はダイエットだけなく生活習慣病にも効果的

小豆は血中の悪玉コレステロールや脂質を洗い流すことで、生活習慣病の予防にもなるとされています。血中に悪玉コレステロールや脂質がたまるとダイエットの妨げになるのに加えて、高脂血症や動脈硬化といった生活習慣病を引き起こす恐れがあるので要注意。生活習慣病は健康的な生活を害してしまうので、ぜひ気をつけておきましょう。

最近食生活が乱れているな、健康診断の結果が芳しくなかったな、というときは小豆を取り入れて生活習慣病を予防してみませんか。ダイエットをするだけでなく、健康的な生活をキープできる小豆は優秀な食材と言えますね。

小豆のカリウムでむくみを解消して、ダイエット

小豆の利尿作用でむくみを改善しよう

顔や脚などのむくみの原因の一つと言われているのが塩分の取りすぎです。塩分を摂りすぎることで体内の水分と塩分のバランスが乱れ、むくみが引き子されることも。小豆は古くから利尿作用があると言われている食材。その利尿作用を起こすポイントとなるのがカリウムです。

カリウムは体内で乱れたナトリウム(塩分)と水分のバランスを整え、余計な塩分や水分を排出する働きがあるとされている栄養素。むくみを解消するためにはカリウムを含んだ小豆を摂取すると効率的です。むくみはダイエットの妨げにもなる現象。最近むくんでいるな、と感じたら小豆を取り入れてダイエットに役立ててみてはいかがですか。

豊富な小豆の食物繊維もダイエットに欠かせない

老廃物を排出してダイエット効果を引き出そう

便秘の状態が続くと老廃物が体内にたまり、代謝が落ちてしまうとされています。代謝が落ちると脂肪をエネルギーに変える力も衰え、ダイエットの妨げに。ダイエット中は便秘を解消することも大切な要素になります。そんなときにも小豆は大活躍。豊富な食物繊維が含まれている小豆は、腸内環境を整えてダイエットするのに最適です。

小豆に含まれている食物繊維は不溶性食物繊維。その名前の通り、水に溶けないタイプの食物繊維です。腸内で水分を含んで膨らみ、便のかさましになるのがポイント。腸を刺激し、老廃物を排出する運動を促進してくれます。ダイオキシンをはじめとした有害物質を排出する働きを期待できるのも特徴。ダイエットだけでなく、健康的な生活に欠かせない栄養素です。

水溶性食物繊維とバランスよくとってダイエット効果をアップ

効率的に便秘を解消したいときは、不溶性食物繊維だけでなく水溶性食物繊維も一緒に摂取するのがおすすめ。水溶性食物繊維:不溶性食物繊維が1:2の割合になるのがちょうど良いとされています。水溶性食物繊維を含む食材は、わかめをはじめとした海藻類やオクラ、山芋など。小豆だけでなくこうした食材も摂取して便秘を解消していきましょう!

ダイエット中は栄養バランスが偏って、どうしても便秘になりがち。ただし、便秘になると代謝が落ちるだけでなく肌荒れにも陥ってしまうので早めに対処することが大切です。きれいにダイエットするためにもバランスの良い食物繊維を摂取してくださいね。

小豆のポリフェノールできれいにダイエットできる

抗酸化作用の高いポリフェノールで若々しく

人が老化する原因の1つとされているのが、体内に活性酸素がたまること。いつまでも若々しい状態を保つには体内にたまった活性酸素を排出する必要があります。小豆にはポリフェノールと呼ばれる抗酸化作用の高い栄養素が含まれているのが嬉しいポイント。きれいな肌の状態を保ち、理想的なダイエットを実現してくれる優秀な栄養素です。

ポリフェノールにより過酸化脂質を排出することで生活習慣病の予防になるのも小豆の魅力です。サポニンとの相乗効果で動脈硬化をはじめとした生活習慣病のリスクを軽減。小豆はダイエットだけでなく、いろいろな面でも役に立つ食材と言えるでしょう。

小豆ダイエットで痩せるための食べ方とは?

小豆水を作ってダイエットに取り入れよう

それでは効率的に小豆でダイエットするためにはどのような食べ方をすれば良いのでしょうか?おすすめなのが、農学博士の加藤淳先生が発案した小豆水ダイエット。小豆水ダイエットは椿鬼奴さんやAKB48の島崎遥香さんがチャレンジしてダイエットに成功した注目のダイエット方法です。小豆の豊富な栄養素を取り込み、効率的にダイエットをすることができます。

小豆を煮出して小豆水を作ろう

それでは、どのようにして小豆水を作れば良いのでしょうか?小豆水の作り方はとても簡単。小豆50gに対して水500ccを準備しましょう。鍋に小豆と水を入れ、フタをしてから沸騰するまで強火にかけます。沸騰したら弱火に下げ、小豆がやわらかくなるまで30分ほど煮込んでください。ザルで小豆水と小豆を別々にして、人肌まで冷めたらできあがり。

2〜3日は日持ちするので、多めに作って冷蔵庫でストックしておくのもおすすめ。ストックしておけば忙しいときも気軽に小豆水を飲めますね。煮出した小豆はほかの料理に使えるので、絶対に捨てないようにしましょう。煮物に使ったり、スープにプラスしたりすれば、小豆の栄養を余すことなく取り入れられます。

小豆水を使ったダイエットの仕方とは

1日3回、食前に飲むとダイエットに効果的

それでは小豆水を使ったダイエット方法とはどのようなものなのでしょうか。基本的には1日3回、食前30分前に300ccの小豆水を飲むとダイエットに効果があるとされています。空腹状態で飲むことで効率的に小豆の栄養を取り入れられるのがポイント。満腹中枢が刺激され、食事の食べ過ぎの予防にもなります。ゆっくり小豆水を飲んでお腹を満たすようにしましょう。

小豆水と一緒に茹で小豆を食べてもOK。茹でた小豆にも栄養がたっぷり残っているので捨てないようにしましょう。ただし、1日で食べて良い小豆の量は100g以下。しっかり噛むようにすると甘みを感じられ、満足感があります。

砂糖をいれるのはダイエットに向かないのでNG

小豆水を飲むときに砂糖を入れたりしてはNG。砂糖を入れることで血糖値が急激に上昇し、脂肪を溜め込みやすい体になってしまいます。これではダイエットに逆効果ですよね。しっかりとダイエットをするためにも砂糖は加えず、そのまま小豆水を飲みましょう。

小豆の食べ過ぎはダイエットの妨げになることも

ダイエット中の飲みすぎ・食べ過ぎは下痢などの体調不良を起こす

いくら体に良いからといって小豆水を飲みすぎると下痢の原因になります。1日の摂取量は1L以下に抑えるのがベスト。また、小豆そのものの食べ過ぎはカロリー過多になってダイエットの妨げになるので気をつけましょう。食べ過ぎず、適正量を守ることで効率的にダイエットができます。

小豆を使ったダイエットで気をつけたいこと

適度な運動でダイエット効果を高める

小豆水だけを飲んでいても高いダイエット効果は期待できません。効率よく痩せたいときは、ダイエット中にランニングやウォーキング、水泳といった有酸素運動を行うことも大切。1日30分を目安に取り入れてみましょう。

甘いものは控えて

スイーツはダイエットの大敵。小豆水ダイエット中は少量の甘いものを食べるのにとどめて、なるべく避けるようにしましょう。

上手に小豆を活用してきれいにダイエットしよう!

食物繊維やポリフェノール、サポニンなど豊富な栄養を含んだ小豆はダイエットの強い味方。健康的に痩せる体になりたいときのダイエットに小豆がぴったりです。正しい食べ方で小豆の食べ過ぎを防ぎ、痩せる体へと近づく効率的なダイエットを楽しんでみませんか?

合わせて読みたい!小豆やダイエットに関連した記事はこちら

Thumb【小正月】小豆粥のレシピまとめ!おかゆの簡単な作り方とコツを紹介
Thumbレモン白湯の効果・作り方まとめ!ダイエットや美肌に効くって本当?
Thumbセロリのおすすめな食べ方は?効果やダイエットに効くという噂を徹底調査!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-02-23 時点

新着一覧