バスソルトの効果・効能まとめ!保湿やむくみ対策に◎目的別選び方!

バスソルトは、今女性の中で流行っている入浴のアイテムです。名前の通り、「塩」ですが、ただの塩ではなく、この1粒1粒にたくさんの効果・効能が眠っています。今回は、バスソルトの効果・効能を中心に、その使い方などもじっくりたっぷりお届けします。

バスソルトの効果・効能まとめ!保湿やむくみ対策に◎目的別選び方!

目次

  1. バスソルトは色んな面で効果的!その理由と効能とは?
  2. 効果抜群のバスソルトの基本の「き」
  3. バスソルトの効果・効能が嬉しい!
  4. バスソルトの効果的な選び方のポイント
  5. バスソルトの目的別の選び方もチェックしよう!
  6. スキンケアで大活躍!効果的なバスソルトの使い方
  7. バスソルトの保湿効果は美肌に繋がる?
  8. 保湿・美肌に活かすバスソルトのポイント
  9. バスソルトの重要性!むくみの真相とは?
  10. むくみを解消するバスソルトのポイント
  11. 効果抜群!バスソルトで足湯を楽しもう!
  12. バスソルトはアトピー肌にも効果的ってホント!?
  13. アトピーさんのバスソルトでの入浴方法&注意点
  14. バスソルトを効果的に使うために知っておきたい事
  15. まとめ【バスソルトの効果も大活用!自分だけの時間を演出しよう!】

バスソルトは色んな面で効果的!その理由と効能とは?

色とりどりで見た目にも楽しいバスソルトは、効果・効能だけでなく、香りも楽しめるスキンケアアイテムです。そんな大人気のバスソルトの選び方から効果・効能まで、ギュッと特集してご紹介します。

効果抜群のバスソルトの基本の「き」

まず手始めに、バスソルトの基本的な部分から見ていく事にしましょう。バスソルトは、どういうアイテムなのでしょうか?名前から何となく想像がつく方もいると思いますが、ここではさらに詳しくお話ししていきます。

バスソルトとは?

バスソルトとは、入浴剤と考える方もいますが、バスソルトと入浴剤は似ているようで少し違いがあります。入浴剤には、大きく分けて4つに分けられるのですが、その内の1つがバスソルトの分類にあたります。バスソルトは、お風呂に入れる塩の事です。この塩が私たちの身体に色々な効果を与えてくれます。

バスソルトの効果・効能が嬉しい!

バスソルトの概要をご紹介した所で、ここではバスソルトの効果・効能に触れいていく事にしましょう。スキンケアにも大活躍してくれるバスソルトには、どんな効果・効能が隠されてるのでしょうか?

効果・効能①|デトックス効果

デトックスとは、身体に溜まってしまった有害物質を便や尿、汗などと一緒に排出されることです。比率としては、便や尿などが毒素を排出する術の大半なのですが、便や尿で排出出来ない毒素もあります。その毒素を排出してくれるのが、「汗」です。バスソルトを入れると、汗腺に入る事で体温が上がって、新陳代謝を活発にしてくれるため、デトックスに繋がります。

効果・効能②|保湿&美肌効果

バスソルトの主役となっている塩には、保水、保湿の両面での効果が期待出来ます。お湯の中にバスソルトを入れると、塩がお肌にくっついて、毛穴の老廃物を取り除いてくれます。

その代わりに、保湿効果のある皮脂を分泌させてくれます。さらに、お肌に膜を張って身体の水分を守ってくれる効果もあり、私たちの身体の原理に基づいた効果、効能がバスソルトにはあります。

効果・効能③|むくみ解消への効果

むくみ解消のキーワードは、やはり「デトックス効果」にあります。そのポイントが、ミネラルです。バスソルトには、たくさんのミネラル分が入っています。そのミネラルが私たちの身体にある毛穴を開いてくれる役割があります。そして、汗を出す事で、体内に溜まった毒素が排出されて、むくみを取り除いてくれます。

効果・効能④|リラックス効果

人間は、お風呂に入って身体が温まる事で、副交感神経が働き出して、リラックスした気分になります。自律神経の中で、この副交感神経は、リラックスした心の穏やかさを司る場所です。バスソルトを入れれば、さらに体温を上げてくれる効果、効能があるので、半身浴をすることでリラックス効果がアップします。

バスソルトの効果的な選び方のポイント

続いては、そんなスキンケアに大活躍してくれるバスソルトの選び方のポイントをいくつかお届けします。バスソルトは、ブランドや種類などたくさんのアイテムが出ています。そのため、選ぶ時には、覚えておきたいポイントがあります。

バスソルトの選び方①【効果・効能で選ぶ】

1つめのバスソルトの選び方は、効果・効能別で選ぶ方法です。バスソルトの効果・効能に関しては、先ほどもお話ししましたが、デトックス効果や保湿効果、むくみの解消効果など多数あります。自分がどの効果・効能を目的としてバスソルトを取り入れるかによって、選ぶ事が出来ます。

バスソルトの選び方②【香りで選ぶ】

香りは、私たちの感情にダイレクトに働き、リラックス効果や心の高ぶりを落ち着かせてくれる効果があります。バスソルトも同様に、さまざまな香りがあり、その1つ1つに人それぞれの心に響く不思議な効果・効能があります。自分のお気に入りのバスソルトを選ぶ事で、心地よく幸せな気分になれるので、これも1つのバスソルトの選び方と言えます。

バスソルトの選び方③【使い勝手で選ぶ】

バスソルトには、大きく分けて2つのパッケージがあります。袋に入った1回使い切りのタイプと大容量の容器に入ったバスソルトです。

それぞれにメリットがあり、1回分のタイプは、その時に開封して使える事が便利なのでに対して、大容量のタイプは、少しずつ使う事が出来て、購入する頻度も少なくて済むのも嬉しいです。生活の中で頻繁にバスソルトを使う方は、大容量のタイプもおすすめです。

バスソルトの目的別の選び方もチェックしよう!

バスソルトの選び方をもう少し詳しく見ていきましょう。選び方でさらに掘り下げていく項目は、「効果・効能別の選び方」のところです。バスソルトと一言で言っても、その塩自体が異なる事があります。その部分をピックアップしてお届けします。

効果・効能別①|スキンケア&保湿効果のバスソルト

スキンケアや保湿におすすめのバスソルトは、「死海の塩」です。死海の塩は、スクラブとしても重宝されていて、アトビーの方にも有効と言われています。

死海の塩は、弱酸性で分子が小さい所が特徴です。死海は、イスラエルとヨルダンの国境沿いにあって、塩分濃度が高いため、普通の海水の数十倍のミネラル分が含まれています。そのミネラル分が、お肌へ保湿効果やアンチエイジング効果を与えてくれます。

効果・効能別②|むくみ解消効果のバスソルト

デトックスやむくみに効果を発揮してくれるバスソルトは、「エプソムソルト」です。エプソムソルトとは、硫酸マグネシウムのことです。

これは、海水に含まれているミネラルの成分で温浴効果がとても高いと言われています。そのため、発汗効果や新陳代謝の効果も期待されていて、他のバスソルトよりも、むくみが気になる時や半身浴などを活用して、デトックス効果を得たい時におすすめです。

スキンケアで大活躍!効果的なバスソルトの使い方

次は、保湿効果やむくみ効果など色々なメリットのあるバスソルトの活用法をお届けします。そんな普段のスキンケアにたくさんの効果をもたらしてくれるバスソルトの基本的な使い方からご紹介していきます。

バスソルトの使い方の前に…【時間をゆったり確保しよう!】

バスソルトを使って入浴する時は、時間をしっかり取って入浴する事がおすすめです。なぜなら、バスソルト自体の効果だけでなく、スキンケアにもなるのはもちろん、温かいお湯にゆっくり浸かってリラックスする事で、心にも良い影響を与えてくれます。そのため、スキンケアだけでなく、心のケアにも繋がるのです。

バスソルトの使い方

バスソルトは、お湯を溜めてからパッケージに書いてある規定量を入れるようにしましょう。手でよくかき混ぜたら、お湯に浸かります。

浸かる時間は、10〜15分がおすすめです。さらに、スキンケアやダイエット、デトックスのために半身浴をしたいという方は、30〜40分ゆっくり浸かるようにしましょう。その後は、シャワーで身体を一度流してから上がるようにします。

バスソルトの保湿効果は美肌に繋がる?

続いては、先ほどご紹介した効果をさらに詳しく掘り下げていきましょう。バスソルトのスキンケア効果がさらにわかります。まずは、保湿効果に関してです。

保湿とは一体どういうこと?

保湿という状態は、肌の水分が適度に保たれている状態を指します。保湿がきちんとされていないお肌は、弾力もなく、カサカサで外的刺激にも弱いので肌トラブルも出やすくなります。その一方で、保湿がされているお肌は、弾力があり、健やかで、ふっくらとしたお肌になっています。

改めて知っておきたい!保湿の大切さ

お肌は、常に無防備で紫外線や乾燥などの外的刺激にさらされています。保湿されることで、外的刺激からお肌を守っているのですが、その秘密は、保湿される事によって出来る肌の上のベールにあります。

スキンケアで保湿をすると、皮膚の上にベールを作り、外的刺激から皮膚を守ってくれるのです。保湿されたお肌は、美肌の条件の1つでもあります。スキンケアで、保水や保湿を大切に知る理由は、このためです。

保湿・美肌に活かすバスソルトのポイント

先ほどは、保湿のことをお届けしてきましたが、ここでは、保湿とバスソルトの関係性についてのお話をいきたいと思います。そもそも何故、バスソルトが保湿効果や美肌効果があるのでしょうか?一緒に見ていく事にしましょう。

塩と保湿・美肌への効能

バスソルトのソルトは、塩です。塩には、ミネラル成分が入っています。今では、塩を使ったスキンケアも出ているという程、塩の美肌効果が注目されています。バスソルトを入れたお湯に浸かることで、全身の毛穴からミネラル成分が吸収されることで、お肌にミネラルを補給する事が出来ます。そうする事で、お肌の保湿力が上がり、美肌へと繋がるのです。

保湿効果でおすすめのバスソルト【ミネラリア】デットシーバスソルト

死海のことを英語で「デッドシー」と呼びます。昔から「美の湖」と言われて、美容の効果が注目されてきました。そんな死海のバスソルトは、ミネラルが豊富に入っています。ミラネリアのデッドシーバスソルトは、大きさも選べて、さらには香りがついているタイプ、無香料のタイプなども選べます。

バスソルトの重要性!むくみの真相とは?

続いては、むくみに関してのバスソルトの効果を具体的に見ていきましょう。むくみと聞いて、注目したいのは、バスソルトの持つ「デトックス効果」です。

むくみって一体何?

私たちの身体には、約70%以上の水分が血液やリンパ液となって流れています。むくみは、そんな血液中の水分が血管やリンパ管から外に滲み出して皮膚に溜まっている状態の事です。

むくむ原因としてあげられる主なものは、立ちっぱなしや座りっぱなしなどの同じ姿勢であることで、筋肉が動かず、血液を心臓に戻すためのポンプが働かず、むくんでしまうことにあります。

むくみがあることでのデメリット

むくみをそのまま放置しておくと、セルライトが出来たり、足が太く見えたり、今よりもむくみがひどくなったり、冷え性になる事もあります。むくみは、一種の身体の異常です。ちゃんと解消してあげる必要があります。

むくみを解消するバスソルトのポイント

次は、むくみを解消するためのバスソルトの具体的なポイントをご紹介します。むくみと塩の関係やむくみを解消する時におすすめのバスソルトもお届けします。

塩とむくみへの効能

バスソルトでむくみを解消したいなら、注目すべきは「デトックス効果」です。デトックスをするこで、身体の中になる老廃物が汗として排出されます。発生するのは、汗という名の水分なので、むくみ解消には最適です。このデトックス効果で代謝を上げて、身体に溜まった毒素を出してくれます。

むくみ解消効果でおすすめのバスソルト【シークリスタルズ】エプソムソルト

このエプソムソルトは、アメリカではスタンダードでたくさん使われている人気アイテムです。エプソムソルトは無香料なので、普通のお風呂に入っているように気軽に活用出来ます。毎日でも使えるので、たっぷりのミネラル成分をじっくりお肌に取り入れる事も可能です。

効果抜群!バスソルトで足湯を楽しもう!

バスソルトは、足湯をする時に活用するのもおすすめの使い方です。足湯は、お家で手軽に出来るので、是非試してみて下さい。

準備するもの

足湯をする時にもバスソルトを使います。準備する物は、両足が入るくらいの大きめの桶やバケツ、大と小のタオルを各1枚ずつ、沸いたお湯が入ったポット、ホットドリンク、膝掛け、バスソルトです。

足湯の手順

足を入れるバケツの下に大きめのタオルを敷きます。そこへ温かいお湯を入れたバケツを置いて、バスソルトを大さじ1くらい入れます。イスやソファに座って膝掛けをしたら、バケツの中に足をゆっくり入れましょう。中のお湯の温度は、43度くらいがベストです。調節しながら20分程、足湯を楽しみましょう。

バスソルトはアトピー肌にも効果的ってホント!?

驚かれた方もいるのではないでしょうか?バスソルトがアトピー肌の方に、効果を発揮してくれるという話しがあります。アトピー肌の方には、なんだか逆効果のような気もしますが、そこの部分を詳しくご紹介していきます。

アトピーってどんな症状?

アトピーの正式名称は、アトピー性皮膚炎といって、皮膚のバリア機能が低下していたり、もとからお肌が弱い方が多くなりやすい皮膚の疾患です。アトピーは、慢性化しやすく、湿疹の状態とかゆみのある状態を交互に繰り返す事が特徴としてあります。

アトピーさんにバスソルトが良い理由とは?

アトピーさんの原因は、ホコリやダニ、食べ物などさまざまな要因があります。そんなアトピーさんにおすすめなのは、死海のバスソルトです。

ミネラル成分がお肌に影響を与えてくれるのですが、その中でも「塩化マグネシウム」の効能により、お肌が保湿される事で肌表面を保護してくれたり、肌の活性化にも効果を発揮してくれます。このことから、バスソルトはアトピーの方にとって効果的なアイテムとなっています。

アトピーさんのバスソルトでの入浴方法&注意点

続いてはアトピーさんがバスソルトを使って入浴する時の方法や注意点をお届けします。

アトピーさんの入浴方法

バスソルトを使って入浴する時は、基本的な入浴の仕方と大きな違いはありません。バスソルトのパッケージに書いてある量を湯船の中によく溶かして、身体を洗った後に10〜15分程つかります。最後に、しっかりシャワーなどで身体を流してから外に出ます。

アトピーさんの入浴時に注意する事

バスソルトを使うにあたって、注意する点は、バスソルトを入れて入浴する頻度は、週に2〜3回に留めておく事です。さらに、バスソルトを使って入浴した後は、シャワーで身体を流して、タオルで優しく水気を拭き取って上げるようにしましょう。ゴシゴシこすってしまうと肌への摩擦になるので控えるようにするとGOODです。

バスソルトを効果的に使うために知っておきたい事

最後にお届けするのは、バスソルトを使うにあたって知っておきたい注意点です。この事も頭に入れながら、バスソルトを使っていきましょう。

バスソルトを使う頻度は?

バスソルトは、主成分が塩で出来ています。毎日手軽に出来るバスソルトもありますが、最初は、週に2〜3回くらいから始めてみましょう。あまり頻繁にやり過ぎると、髪が傷んだりする恐れもあります。

バスソルトの注意点①|自宅の浴槽の素材を確認しよう!

バスソルトを使うにあたって、いくつか注意したい事があります。まず、浴槽の素材を確認しましょう。ほとんどの素材は、ホーローやステンレスがほとんどですが、中には、大理石や木で作られた浴槽もあります。その場合だと、浴槽を錆びつかせてしまう可能性があります。

バスソルトの注意点②|追い炊きはしないようにしよう!

さらに、追い炊き機能を備え付けている浴槽の場合は、バスソルトを入れたまま追い炊きしないようにしましょう。追い炊きはお湯を循環させて温めるシステムですが、そうすることで、中にある銅が錆び付いて劣化してしまう恐れがあります。十分に確認してから使用するようにしましょう。

バスソルトの注意点③|バスソルトを使った後は、必ず流そう!

バスソルトのお湯に浸かった後は、シャワーなどで身体をしっかり流すようにしましょう。先ほども言ったようにバスソルトは、塩の成分なので、髪についたままだとダメージを与えてしまう恐れがあります。身体同様に、髪の毛も流してから上がるようにしましょう。

まとめ【バスソルトの効果も大活用!自分だけの時間を演出しよう!】

いかがでしたか?バスソルトは、1つのくくりだけでなく、目的によって特化したアイテムが選べたり、今では、香りの種類が豊富で日によって香りを変えて使う方法があります。美肌効果抜群のバスソルトをちょっと疲れた夜に、自分へのご褒美として使ってみるのもおすすめです。

バスソルトについてもっと知りたいあなたへ

Thumb入浴剤を手作りしよう!簡単バスボム&バスソルトの作り方レシピ♡

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-23 時点

新着一覧