美味しいオムライスの作り方を紹介♪おすすめのレシピはこれ!

洋食の定番で人気のメニューと言えばオムライスです。お店の味も良いけれど、美味しい手作りオムライスがお家で食べられたら嬉しいですね。基本のオムライスの作り方や、美味しい最新オムライスの作り方もご紹介します。是非作ってみて下さい。

美味しいオムライスの作り方を紹介♪おすすめのレシピはこれ!

目次

  1. 美味しいオムライスは色々進化してる!?
  2. まずは基本のオムライスの作り方をマスターしよう!
  3. ふわふわとろとろの美味しいオムライスの作り方
  4. 上にかけるのはケチャップだけじゃない!?
  5. 美味しいオムライスの作り方おすすめレシピ①~人気の洋食のコラボ!オムハヤシ~
  6. 美味しいオムライスの作り方おすすめレシピ②~ホワイトシチュー・オムライス~
  7. 美味しいオムライスの作り方おすすめレシピ③~ボリューム満点!カレー・オムライス~
  8. 美味しいオムライスの作り方おすすめレシピ④~さっぱり美味しい和風オムライス~
  9. 美味しいオムライスの作り方おすすめレシピ⑤~トマトクリーム・オムライス~
  10. 美味しいライスはケチャップライスだけじゃない!
  11. たまごで包むのはもう古い!?包まないオムライス
  12. 包まず混ぜる!?実はこれが美味しい元祖オムライス
  13. 簡単だけど美味しい♪スクランブルエッグをのせるだけ
  14. 写真映え抜群!ホットプレートでオムライス
  15. ふわふわのスフレオムレツをのせるだけのオムライス
  16. 美味しいオムライスの作り方とおすすめレシピのまとめ

美味しいオムライスは色々進化してる!?

小さい子供も大人も大好きなオムライスといえば、黄色い薄焼き卵でケチャップ味のチキンライスを包んである、洋食の人気の定番メニューともいえる料理です。昔ながらの喫茶店やレストラン、ファミレスでもお馴染みで必ずメニューにあるくらい、オムライスは多くの人から人気を集め愛されています。

薄焼き卵の上には、ケチャップでメッセージや名前、ハートや顔を描いたりと、遊び心を加えて見た目も楽しんだりします。外食だけではなく、家庭で作るオムライスもまた美味しいですし、心がこもった手料理としても人気の高いメニューです。

昔ながらのオムライスは薄焼き卵で包むものというイメージがありましたが、卵をふんだんに使った半熟のオムレツをチキンライスに乗せた豪華な見た目で、ふわふわとろとろの食感のオムライスが登場してからは、オムライスの人気は一層高まったように感じます。テレビや雑誌でも美味しいオムライスのお店や、作り方の特集が増えました。

お弁当のメインにもオムライスは人気です。もしお弁当にオムライスが入っていたらテンションも上がりますよね!この様にみんなに愛されるオムライスが、最近ではとっても進化しているのです。今まですっかり定着しているオムライスのイメージを覆すような、最新の美味しいオムライスばかりです。

まずは基本のオムライスの作り方をマスターしよう!

オムライスの作り方で一番基本になる作り方は、やっぱりケチャップで味をつけたライスを卵で包む作り方ですよね。ですが、これがけっこう難しいのです。失敗して卵が破けてしまったり、形にならずにバラバラに壊れてしまったりと、なんとも残念なオムライスになってしまうことも良くあります。

そんな意外と難しいオムライスの作り方は、動画で見れば作り方も一緒にコツもバッチリわかります。まずは基本の作り方をしっかりマスターしちゃいましょう。

ふわふわとろとろの美味しいオムライスの作り方

基本のオムライスの作り方を覚えたら、今度はあの人気のふわふわとろとろ食感のオムライスの作り方も知りたいですよね♪でも柔らかくて壊れやすい、ふわふわとろとろオムライスは難易度が高そう。チキンライスの上に乗せた柔らかいオムレツにナイフを入れて、半熟の卵がお皿に広がる瞬間がたまらない、ふわふわとろとろオムライスの失敗しない作り方を動画でご覧ください。

ふんわり薄焼き卵で包んだオムライスと、ふわふわとろとろの半熟オムレツを乗せたオムライスの作り方をマスターしたら、いよいよ美味しい創作オムライスにも挑戦しちゃいましょう!人気のレシピを一気にご紹介します。

上にかけるのはケチャップだけじゃない!?

一般的には、オムライスの上にかけるのはケチャップというイメージがありますが、ケチャップの他にも色々なバリエーションのオムライスがあります。ビーフシチューやハヤシライスのソースをかけたり、ベシャメルソースをかけるものが登場しています。ちょっと高級な洋食屋さんなどで出されるオムライスにも見かけます。

色んなバリエーションの創作オムライスを提供する、オムライス専門店もあるほどです。ケチャップにこだわらずに、色んなものをかけてみて、オリジナルな特性オムライスを作ってみるのも楽しいかも知れません。

美味しいオムライスの作り方おすすめレシピ①~人気の洋食のコラボ!オムハヤシ~

ハヤシライスは薄切りの牛肉と玉ねぎをドミグラスソースで煮込んだ、ハッシュドビーフという料理をライスにかけて食べるものです。オムライスと同じく、日本の洋食屋さんの人気の定番メニューのひとつです。このハヤシライスとオムライスが一度に楽しめる、なんとも贅沢なオムライスが『オムハヤシ』です。

作り方は簡単♪基本のオムライスにハッシュドビーフをかけるだけ

オムライスとハヤシライスの夢のコラボメニュー、『オムハヤシ』の作り方は実に簡単です。ハッシュドビーフを作れば、あとは普通にオムライスを作りケチャップのかわりにハッシュドビーフをかければ完成♪

ハッシュドビーフの作り方はこちらの動画で詳しく見ることができます。基本的な作り方の動画ですが、もっと簡単な作り方で時短で作りたい場合は、薄切りの牛肉・玉ねぎをフライパンで少量のサラダ油で炒め、さいの目に切ったトマト・コンソメキューブ・ケチャップ・中農ソース・赤ワインを加えて煮込み、最後にバターをひとかけ加えてコクをつけただけでも美味しいハッシュドビーフができます。

もっと簡単に作りたい人は、市販のハヤシライスの素やハッシュドビーフの素を買ってきて作るか、レトルトのハッシュドビーフを温めてオムライスにかけてしまう作り方もあります。

美味しいオムライスの作り方おすすめレシピ②~ホワイトシチュー・オムライス~

たくさん作ったシチューが余ってしまった時に、次の日のリメイクレシピとしても美味しい、ホワイトシチューをかけたオムライスです。シチューを基本のオムライスにかける作り方もありますが、卵に包むライスはケチャップライスではなく塩味やコンソメ味のピラフでも美味しいです。

シチューの具材も色々変えて楽しめるアレンジオムライスです。きのこたっぷりシチューや、ベーコンや鶏肉を入れてみたり、ホウレンソウやブロッコリーなどの季節の野菜をたっぷり入れてもとても美味しいですし、彩りも鮮やかなオムライスに仕上がります。シチューも子供から大人まで人気のメニューですし、ケチャップのかわりにオムライスにかけるだけで簡単に作れるので是非作ってみて下さい。

美味しいオムライスの作り方おすすめレシピ③~ボリューム満点!カレー・オムライス~

がっつりボリューム満点なオムライスを食べたい時には、カレーオムライスがおすすめです。こちらも余ったカレーをリメイクしたい時に使える、簡単で美味しいアレンジオムライスです。作ったカレーをかけても良し、手軽に今すぐ食べたい時は、レトルトカレーでも簡単に作れちゃいます。

チーズをのせてまろやかさをアップさせても美味しいですし、ドライカレーを作って卵で包んだドライカレーオムライスもおすすめです。ビーフカレー・シーフードカレー・ツナカレー等カレーの具材を変えても、色々な味を楽しめるオムライスができそうです。

美味しいオムライスの作り方おすすめレシピ④~さっぱり美味しい和風オムライス~

オムライスは洋食だからといって、洋風のオムライスにこだわらなくても良いのです。さっぱりとした和風のオムライスも、色々な創作オムライスとしてお店のメニューにもたくさんあります。明太子や青シソ、海苔や大根おろしなどの和風の素材を使って、かけるソースも醤油ベースや和風だしのあんかけなど、とても美味しいオムライスになります。

ふわふわとろとろのオムライスに、やさしい和風のあんかけは特に良く合います。チキンライスではなく炊き込みご飯を包むなど、中身も和風にこだわれば、普段のがっつりオムライスもさっぱりと食べることができます。

きのこをたくさん使った和風のあんかけオムライスの作り方も、動画で作り方を見てみましょう。和風オムライスの合うライスは、ケチャップよりもバターライスの方が合います。とろみのある和風あんが、ふわふわとろとろの卵に絡んで、バターのコクも相まってとても美味しいオムライスの完成です。めんつゆを使えば、和風のあんも簡単に作れます。

美味しいオムライスの作り方おすすめレシピ⑤~トマトクリーム・オムライス~

トマトクリームはパスタやドリアにかかっているイメージですが、オムライスにかけてもとっても美味しいです。喫茶店の星乃珈琲では、メニューにエビとアボカドのトマトクリームオムライスがあり、美味しいと人気のメニューになっているそうです。

動画ではトマトクリームライスの作り方ですが、ライスをオムライスにしてトマトクリームをかけるだけで簡単に作れます。プリプリのエビの食感が美味しいトマトクリームと、ふわふわとろとろのオムライスが合わないはずはないですよね。アボカドを添えてお店の人気メニューを再現してみてはいかがでしょうか。

美味しいライスはケチャップライスだけじゃない!

美味しいオムライスを作るにはソースだけではなく、ライスの存在も忘れてはいけません。チキンやハムを使って作るケチャップライスがオムライスの定番で人気ですが、ケチャップライスにこだわる必要はないのです。ここまでにご紹介したレシピにもありますが、ケチャップ味のライス以外にピラフやバターライス、和風の炊き込みご飯を使っても美味しいオムライスが作れるのです。

最近ではヘルシー思考の人が多く、雑穀米を使うのも人気になっています。ここでは人気の、おすすめオムライスの中身をいくつかご紹介します。

バターライスのオムライスの作り方

みじん切りにした玉ねぎや人参をバターで炒めて、鶏肉やハム等を加えます。お肉に火が通ったらコンソメとバターを入れて馴染ませたら塩コショウで味を調えます。全体にバターが絡んだら完成です。ケチャップライスの次に定番のオムライスの中身で、色々なソースに合わせやすいので人気です。

ガーリックライスのオムライスの作り方

バターライスを作る時に、バターと一緒にニンニクのみじん切りやガーリックパウダーを加えて炒めて作ります。ガーリックの風味がオムライスの美味しさをより引き出してくれます。男性にも人気のオムライスの中身です。

鮭と醤油のチャーハンオムライスの作り方

玉ねぎを炒めて、焼いて身をほぐした鮭を合わせたらご飯を入れて良く混ぜ合わせます。塩コショウをしたら最後に鍋はたから醤油を入れて混ぜたら完成の簡単チャーハンです。和風オムライスの中身や、クリームソースに合わせると美味しいオムライスの中身です。

カレー味のライスでオムライスの作り方

ドライカレーやカレーピラフ等、カレー味のライスはオムライスの中身にも大人気です。基本のオムライスの中身をドライカレーにするのも、大人の味のオムライスといった感じで、とても美味しくなります。挽肉や細かく切った野菜をご飯と一緒に炒め、カレー粉と塩コショウをして味を調えれば簡単にカレーピラフが作れます。

たまごで包むのはもう古い!?包まないオムライス

オムライスは卵で包むものという常識は、実はもう古いかもしれません。最近は卵で包まないオムライスも、バリエーション豊かに登場してきているのです。

オムライスという名前は、オムレツとライスの組合せでできた和製外来語です。オムレツは割りほぐした卵を塩コショウなどで味付けして焼いた卵料理のことですから、焼いた卵とライスが組み合わさっていればオムライスと言えるのでしょう。

包まず混ぜる!?実はこれが美味しい元祖オムライス

割りほぐした溶き卵にライスや玉ねぎ、マッシュルーム等を好みで混ぜて、少量の油をひいたフライパンで焼くという斬新な見た目のオムライスですが、実は元祖オムライスはこの作り方だったという説があります。

オムライス発祥の店と言われる東京銀座の煉瓦亭では、最初は賄いとしてこの包まないオムライスを作っていたそうです。お客さんが食べたいと言ったので、ライスオムレツとしてお店に出したのだとか。名前通り見た目はほぼオムレツですが、包む手間が省けて失敗が少ないという利点があります。ふわふわとろとろの食感はありませんが、たまにはこんなオムライスも良いと思います。

たこ焼き器でも作れちゃいます♪

溶き卵にライスを混ぜ合わせたものを、たこ焼き器で丸く焼くオムライスも食べやすいと人気です。見た目が可愛いのでInstagramでも写真の投稿がたくさん見られます。パーティーや家飲み、女子会で作るとみんなでワイワイ楽しくできそうです。お子さんのお弁当にもぴったりですね。

簡単だけど美味しい♪スクランブルエッグをのせるだけ

卵で包まないなら、卵をかけちゃえば良いのでは!という発想かはわかりませんが、好みのライスの上にスクランブルエッグをかけただけのオムライスもあります。お皿やお茶碗にライスをよそっておき、その上にスクランブルエッグをかけるだけ!すごく簡単です。フライパンを使いたくないときは、電子レンジでもスクランブルエッグが作れますし、あっという間に完成できます。忙しい朝にも作れそうです。

簡単すぎて手抜きに思えますが、小さく丸い形にライスを丸めて、その上にスクランブルエッグを乗せます。パセリなどの彩りを添えてお皿に盛りつければ、とってもお洒落な一品に大変身です。これなら手抜きには見えません。

写真映え抜群!ホットプレートでオムライス

パーティー向きの作り方ですが、ホットプレート一面に溶き卵を流しいれて焼きます。その卵の上にお椀型にしたライスを置くだけできる、オープンオムライスです。好みでチーズやパセリを散らすと彩りも良く見た目も可愛らしいので、集まったみんなも喜んでくれるはずです。

スキレットを使えばひとり分もできちゃいます♪

ひとり分で作るなら、スキレットを使うと手軽に作る事ができます。まるでお洒落なカフェご飯のようなオムライスです。オープンオムレツを好みの具材で作って、その上に好みのライスを乗せるだけですので、包んだり形を作ったりということはありません。とても簡単に作れます。

ふわふわのスフレオムレツをのせるだけのオムライス

卵白を泡立てたふわふわのメレンゲを、黄身と合わせて作るスフレオムレツは、見た目のボリュームとふわふわ軽い食感で大人気ですが、そのふわふわの柔らかいオムレツを、ポンとライスの上にのせたオムライスも最近登場して話題になっています。

メレンゲを作るのが少し手間ですが、美味しいオムライスを食べる為に頑張れば、何とも言えないふわふわとしていて、口に入れるとしゅわっととろける食感の不思議なオムライスが食べられるのです。半熟オムライスのふわふわとろとろとはまた違った、新しい食感が楽しめます。

スフレオムレツの作り方はこちらの動画で見られます。卵を1個しか使っていないのにこんなにふわふわで、ボリュームのあるオムレツが作れます。卵白を先に泡立てるのと、お砂糖を少し入れるのが泡立ちを安定させるポイントのようです。

美味しいオムライスの作り方とおすすめレシピのまとめ

卵で包んだいつものオムライスも良いけれど、ちょっとひと工夫加えるだけで、こんなにもバリエーション豊かな美味しいオムライスが作れます。ふわふわとろとろも良いけれど、卵の焼き方を変えてみると新しい食感のオムライスに出会えます。オムライスの中身のライスも、チキンライスだけじゃなく色々試してみてはいかがでしょうか。自分のお気に入りのオムライスを作ってみて下さい。

オムライスについての情報をもっと知りたいあなたへ!

Thumb新宿でおすすめのオムライスの店はどこ?ランチが安い店をご紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-16 時点

新着一覧