結婚式に呼ぶ友達がいない(少ない)!呼ぶ人数の平均は?呼ばない手もあり?

結婚式に呼ぶ友達の平均的な人数は何人ぐらいなのでしょうか。友達が少ない時にはどうすればいいのでしょうか。いっそ友達を呼ばないという選択肢もありでしょうか。そんな結婚式に招待する友達について調査してきました。友達が少ないと悩んでいる人必見です。

結婚式に呼ぶ友達がいない(少ない)!呼ぶ人数の平均は?呼ばない手もあり?

目次

  1. 結婚式に呼ぶ友達!みんなどうしてるの?
  2. 結婚式の由来
  3. 近代以降の結婚式での友達の役割
  4. 結婚式に呼ぶ友達の平均は何人?
  5. 親族中心の結婚式なら友達が少ない時も呼ばないですむ
  6. 会社が中心の結婚式も友達が少ない状態でも平気
  7. 海外結婚式で友達が少ない問題を解決!
  8. 結婚式プランナーに友達少ない問題を相談
  9. 結婚式は友達のものではありません
  10. 結婚式に友達がいなくても結婚相手のいる勝ち組でしょ!

結婚式に呼ぶ友達!みんなどうしてるの?

結婚式に呼ぶ友達の人数は平均何人ぐらいなのでしょうか。元々友達が少ない方だと気になりますよね。とはいえ田舎の結婚式だと親類縁者が多いので、友達枠がそもそも少なかったりします。社内恋愛だと結局社内の人が中心になることもあります。結婚式に呼ぶ友達はみんなどうしているのでしょうか?結婚式の友達事情を調査しました。

結婚式の由来

神話の時代

結婚した最初の神様は伊邪那岐命(イザナギ)と伊邪那美命(イザナミ)です。女の神から先に男の神に声をかけたとこと、大地が定まらす小さな島々(離れ小島)が誕生しました。そこで男の神から先に女の神に呼びかけたところ日本列島が出来たという国生みのお話が古事記にあります。

室町時代以降

男性が女性の家に通い婚をして、三日目にこの男性が夫ですというお披露目を女性の家で行いました。女性の家でお披露目をするという風習は庶民の家では江戸時代まで続いていました。この場合参加するのは女性の親族のみとなります。家と家の結びつきが必要な身分ある家では、新郎自宅に身内が集まり結婚式を行いました。

近代以降の結婚式での友達の役割

近代では仲人をたてた結婚式

近代になると庶民の家でも結婚式を行うようになります。その際には仲人をたてて、結婚式を行うようになりました。仲人は夫婦の社会的な後見人の役割を果たしていて、結婚後最低三年間は盆暮れ・正月などに若夫婦が仲人宅に挨拶に行くのが慣例で、仲人は場合によっては生まれた子供の名づけ親にもなる重要な存在でした。

結婚式は社会的なもので、友達という私的な関係よりも、会社や親類などの公的な関係者が列席するのが常でした。友達が結婚式に出るというのはよほど親類縁者や後見人が少なく、若い夫婦を守る役割を果たしうるような友達がいた場合でした。地域や職場の人のほうが友達より重要だったようですね。

現代の結婚式の主役は結婚する本人たち

現代の結婚式は社会的に結婚を披露するというよりも、本人たちが主役の楽しみとしての結婚式というあり方が強くなっています。何故結婚式を挙げたかというインタビューでも、自分たちが主役になれるから、という答えが一番で、次に親のために、という答えでした。そこでは友達を呼んで楽しく結婚式を行いたいという希望が見えてきます。

結婚式に呼ぶ友達の平均は何人?

7人~15人ぐらいが友達の平均

2015~2016年のゼクシィによる結婚式に招待した人数の平均数はおよそ70人ぐらいで推移しています。新郎新婦半々とすると、35人づつということになりますね。この中には親戚や会社関係者、恩師などを除いた数が友人数となります。平均すると7~15人といったところでしょう。平均人数なのですから、少ないとダメという訳ではありません。

招待客は半々でなくてもいい

結婚式の招待客というのは、必ずしも半々でなくても良いものです。7対3という場合も多いものです。ですから結婚式の友達が両家で平均15人とすれば、別に人数が4人~5人でも少ないからと気にする必要はありません。人数に差があっても、それは両家でよく相談すればすむことです。全く同じでなければならない訳ではないからです。

結婚式に招待してくれた人は招待する

結婚式に招待してもらったことがあるなら、今現在あまりお付き合いがなくても招待し返すのがマナーとなっています。「私は結婚式に招待したのに、結婚式に招待されなかった!」というのは恨まれる元です。ですから今の友達だけでなく過去に結婚式に招待してくれた友達も含めて考えましょう。

親族中心の結婚式なら友達が少ない時も呼ばないですむ

地元の田舎で結婚する

田舎の結婚式の場合、結婚式自体が田舎の大事な娯楽なので、そもそも友人に来てもらっても馴染めないことがあります。結婚式の披露宴が6時間たっても終わる気配もなく、正直1昼夜続くなんて結婚式は友人には無理でしょう。だったら呼ばない方がかえって親切ですね。田舎には田舎ならではの風習も残っています。

田舎の結婚式に上司と共に参加した方は上司が気を利かして6時間で切り上げさせて頂いたけれども、友達だけで参加したらどうなったかわからないと言う様な例もあります。「地元で結婚式を挙げるので、今回は友達は呼ばない」という言い訳は使えます。親類縁者が多すぎて友達を呼ばないのではなく呼べないこともありますよ。

親族だけでこじんまりとした結婚式をする

いっそ友達を呼ばないで、両家の親族だけのこじんまりとした結婚式にしてしまう方法もあります。挙式費用も抑えられますし、お互い姻族になるわけですから顔合わせも出来ます。身内だけの結婚式も温かみがあって素敵ですね。結婚式に参加する平均人数にこだわる必要はありません。

会社が中心の結婚式も友達が少ない状態でも平気

御曹司の結婚式は経済界の繋がりが中心

中小企業でも跡継ぎの結婚式は私的な関係よりも公的な関係が中心になってしまいます。会社の後継者のお披露目という意味もあるので、スピーチするのも偉そうなおじさまばかり……。こんな結婚式なら友達の人数なんて関係ありません。第一招待されているのは会社に縁故がある方か親族が中心になるでしょう。

社内恋愛なら友達も会社関係者にする

社内恋愛で結婚するという機会も増えている事でしょう。そんな場合なら会社関係者は新郎新婦共通して顔見知りの筈です。会社の同僚、友達を関係者席という括りで座って貰えば友人が少ない側も目立ちません。会社の関係者は友人が少ない側に座って貰えばいいのです。

海外結婚式で友達が少ない問題を解決!

海外挙式はロマンチック

結婚式に招待する友達が少ないとか、平均人数が揃わないとかといったことで結婚式を躊躇してしまうぐらいなら、いっそ二人だけの結婚式を海外で挙げてみるのはどうでしょうか?二人だけでは済まなくて両親や兄弟も列席するかもしれませんが、ハネムーンを兼ねた挙式なら予算内で済みそうですよ。

海外挙式に呼ぶのは両親と兄妹

海外挙式にどこまで呼びますか?というアンケート調査では、二人きりが7%、両親のみが6%、両親と兄妹のみが60%でした。ですから海外での結婚式ならば友達は呼ばないでも少しも不思議ではありません。結婚式に友達が少ないことで悩むなら、海外挙式はとても良い方法といえるでしょう。

結婚式プランナーに友達少ない問題を相談

専門家に相談する

友達が少ないとかいないとかで悩んでいる人は沢山います。ですから結婚式の専門家である結婚プランナーさんに相談すれば、必ず親身になって対応してくれます。具体的には席次表を工夫するとか、新郎側・新婦側と分けないようなスタイルを取り入れるなど、専門家だからできる対処法があります。

結婚式プランナーはプロとしてあなたの結婚式を素敵なものにするためにいるのです。ですから不安なことは相談すれば解決方法をアドバイスしてくれます。友達を呼ばないという事情をきちんと伝えておきましょう。結婚式で恥ずかしい思いをさせるようなことはありません。それがプロの結婚式プランナーです。

結婚式は友達のものではありません

あなたには結婚相手がいる

結婚相手というのは親との関係よりも、子供との関係よりもずっと深いものです。親子は2世の契り、夫婦は3世の契りという言葉があります。これは親子というのは過去と現在の絆があり、夫婦というのは過去・現在・未来の絆があるというものです。親子よりも夫婦の方が絆が深いという理由は何でしょうか?

それはつまり未来を共に歩んでいけるのは、結婚相手だけだからです。確かに子供は成長すれば伴侶とともに新しい未来を築いていきます。夫婦だけが過去・現在、そして未来を共に歩んでいけるのです。そしてあなたはそんな人生の伴侶を見つけました。そしてもうすぐ結婚するのです。それはあなたに魅力があるからですよね。

生涯の絆を結ぶ力があなたにはある

友達がひとりもいないことが事実だとしても、あなたは友達よりももっと深い絆を人と結ぶことができる人です。結婚相手ほど人としてすべてをさらけ出す関係はありません。だから友達が少ないとかいないとかを悩む必要はありません。あなたは人と深いかかわりを持つ力があることをすでに証明しているからです。

今友達がいなくても、それはきっと深く人と関わっていこうとしているからなのでしょう。友達の人数にこだわったり、少ないと嘆くのはもしかしたらあなたらしくない事かもしれません。友達の人数にはこだわらない。そう決めたら、新しい結婚式の形が見えてくるかもしれませんね。胸を張って結婚式を迎える準備をしましょう。

結婚式に友達がいなくても結婚相手のいる勝ち組でしょ!

結婚式に友達がいなくても結婚式を挙げることはできます。結婚する新郎・新婦。結婚式はこの二人がいればできるものです。大切な人生のパートナーを選ぶことが出来たのですから、今さら友達の数なんかにこだわる必要はないでしょう。例え友達がいないと思われたって、あなたを選んだパートナーがいることを忘れないでくださいね。

もっと結婚式のことを知りたいアナタに

Thumb縁起物は結婚式引き出物のマナー?引き出物に入れる縁起物をご紹介♪
Thumbガーランドで結婚式を盛り上げる♪作り方を覚えて手作り!素材や購入場所は?
Thumbウェディングシューズの失敗しない選び方!おすすめの人気ブランド紹介♪

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-20 時点

新着一覧