ウェディングブーケの人気デザイン!生花でも記念に保存する方法は?

結婚式をはなやかに演出してくれるウェディングブーケは、こだわって選びたい大切な結婚式のアイテム。使う花、色、形などによって、その種類はほんとうにさまざまです。人気のデザインから、式の後のウェディングブーケの保存方法まで、ご紹介します。

ウェディングブーケの人気デザイン!生花でも記念に保存する方法は?

目次

  1. 結婚式を彩るウェディングブーケ
  2. どんなウェディングドレスにも似合う定番のラウンドブーケ
  3. 正統派ウェディングならキャスケードブーケ
  4. 可愛らしいウェディングドレスにぴったりのティアドロップブーケ
  5. 大人っぽいウェディングドレスならアームブーケ
  6. ガーデンウェディングにおすすめのクラッチブーケ
  7. 和装ウェディングにもおすすめのボールブーケ
  8. おしゃれで便利なリストブーケ
  9. 個性的でおしゃれなバッグブーケ
  10. ウェディングブーケのおすすめ保存方法
  11. とっておきのブーケで思い出に残る結婚式に

結婚式を彩るウェディングブーケ

ウェディングブーケは結婚式に欠かせないアイテム。ブーケ選びも結婚式の楽しい準備のひとつですよね。定番のデザインから人気の最新デザインまで、おすすめのウェディングブーケを画像でご紹介します。あなたのウェディングドレスにぴったりの、運命のウェディングブーケを見つけてください。

どんなウェディングドレスにも似合う定番のラウンドブーケ

ウェディングブーケの定番と言えば、まあるい形が可愛いラウンドブーケ。どんなウェディングドレスにも似合い、だれからも愛される王道のブーケです。お花の色によっては優しい雰囲気にも、モダンにもできます。ボリュームのあるブーケなので、小柄な方やかわいい印象にしたい方、プリンセスタイプのドレスやふんわりした素材のドレスなどにもぴったりです。

カスミソウにブルーの小花をあしらった、可憐なデザイン。サムシングフォーのうちのひとつ、サムシングブルーとして取り入れてもいいですね。

ピンクのバラのグラデーションが美しい、大人可愛いブーケ。カラードレスとの相性も抜群です。

黄色のガーベラが可愛い、人気のデザイン。会場のお花をグリーン系にすれば、ブーケの色が一段と映えます。

正統派ウェディングならキャスケードブーケ

上から下に流れる逆三角形のブーケです。本来、教会での挙式ではこのタイプのブーケを持つのが正統とされていました。美しいラインで、優美な花嫁姿を演出してくれます。歩くたびに揺れ動くので、長いバージンロードや広い大聖堂などにもぴったり。可愛らしすぎるミニ丈やフリルひらひらのドレス以外なら、どんなドレスとも合わせられます。

白ユリが上品で、洗練された印象のブーケです。キャスケードブーケの王道デザイン。

揺れ動くジャスミンの葉が美しい優美なデザイン。白バラが可憐な印象で、可愛い系のドレスにも合わせられるキャスケードブーケです。

アンティークカラーが素敵なキャスケードブーケ。アクセントのベリーが愛らしい印象を加えてくれています。

可愛らしいウェディングドレスにぴったりのティアドロップブーケ

ラウンドブーケとキャスケードブーケの中間的な形の、涙のしずくをひっくり返したようなデザインのブーケです。洗練された大人らしさとかわいさを兼ね備えています。どんなドレスのデザインでも映えるので、使いやすさ抜群です。可愛らしいAラインのドレスや、プリンセスラインのドレスに特に似合います。

中心に大きく花開くカサブランカがインパクト大のブーケ。その周りを縁取る小さな花が可憐です。

白バラの中の、ピンクのバラのグラデーションがアクセント。軽やかに揺れる葉のラインが愛らしさを演出してくれます。

大人っぽいウェディングドレスならアームブーケ

茎の美しいラインをそのまま生かして細長く束ねたデザインのブーケ。腕に抱えて持つことから「アーム(腕)ブーケ」と呼ばれています。大人っぽいスレンダーなシルエットや、スタイリッシュでシンプルなドレスに似合います。ドレスとの相性に気を付けなくてはならないブーケです。

アームブーケでよく使われるのが、このカラーという花。すらっとまっすぐ伸びる茎が特徴的な洗練された印象の花です。

シックな色が魅力的な紫のカラー。落ち着いた大人の結婚式におすすめのデザインです。

チューリップを使った、春にぴったりのブーケ。可愛いドレスにも合わせやすいデザインです。

ガーデンウェディングにおすすめのクラッチブーケ

クラッチは英語で「ぎゅっとつかむ」という意味。片手で持てる大きさで切り口を揃えるだけの、摘んだ花をそのまま束ねたようなナチュラルさが魅力です。ボリュームのあるドレスより、肩や胸、ウエスト部分にポイントのあるすっきりとしたタイプのドレスに適しています。アットホームな結婚式や2次会にも相性が良く、結んだリボンによっても印象を変えられる自由度の高いウェディングブーケです。

花畑で摘んできたような、ナチュラルなデザイン。親しい友達に囲まれたアットホームな結婚式にぴったりです。

ユーカリをたくさん使った、リーフが主役のブーケ。最近人気急上昇のデザインです。

カスミソウだけで作ったブーケ。シンプルながらとっても愛らしい、人気のデザインです。

和装ウェディングにもおすすめのボールブーケ

ボールのようにまんまるなデザインのブーケです。どの角度から見ても美しく、モダンで個性的な印象も作れるし、紐次第では和装にも合わせられるデザインです。個性的でおしゃれなスタイルを演出することができます。ブーケを吊り下げる紐に指を掛けて持ちます。

ピンクのバラがとってもキュートなボールブーケ。プリンセスラインのドレスにぴったりで、まだあどけなさの残るような若い花嫁に人気のブーケです。

カラフルなピンポンマムを使った、和装ウェディングにぴったりのブーケ。

赤いダリアとアジサイが美しい、個性的なブーケ。ドレス次第で、大人っぽくも可愛くも演出することができます。

おしゃれで便利なリストブーケ

手首に付けるタイプのブーケで、通常のブーケにプラスして付けることもできます。手が空くのでとっても便利なスタイルです。ファミリーウェディングの場合、そのままお子さんを抱っこしたりお世話したりできるのでおすすめです。

カスミソウだけで作った可憐なデザインのブーケ。これだけでシンプルに決めてもいいですし、邪魔をしないデザインなので、手持ちのブーケと合わせることもできます。

貝殻とヒトデをあしらった、南国テイストのリストブーケ。リゾートウェディングにおすすめです。

個性的でおしゃれなバッグブーケ

ミニドレスやお色直しにもおすすめなのがバックブーケ。アイディア次第で色々なアレンジができるので、種類が豊富で個性派花嫁に人気のブーケです。持ちやすさも嬉しいポイントです。

ハートの形が可愛い、バックブーケ。若い花嫁におすすめのデザインです。

プードルの形がとっても個性的なバックブーケ。ゲストの注目が集まること間違いありません。

いきいきと咲く花の美しさをそのまま残した、ナチュラルテイストのバックブーケ。ガーデンウェディングにもぴったりです。

ウェディングブーケのおすすめ保存方法

結婚式のブーケは大切な思い出がつまったものですから、できれば記念に飾っておきたいですよね。一般的に、生花は保存が難しいものですが、上手に保存すれば、生花の美しさを保ったまま長く楽しむことができます。

押し花にしてウェディングブーケを保存する方法

押し花は額に入れることができ、持ち運びも簡単です。多少の変色はありますが、立体的なデザイン構成などで、豪華なものに仕上げることもできます。ポイントは、 生花の鮮度のあるうちに作成を依頼すること。結婚式当日に手配するようにしましょう。

プリザーブドフラワーにしてウェディングブーケを保存する方法

プリザーブドフラワーは、専用の溶液を使うことで 生花に近い状態で長時間保存できる方法です。「保存する」という意味の英語の「preserve(プリザーブ)」という語に由来します。少し費用がかかりますが、生花のやわらかさが残り、実際の色にかなり近い状態でブーケの形のまま保存できる点が特徴です。ブーケそのものの形を残しておけるので、当日の感動が思い出されますね。

ドライフラワーにしてウェディングブーケを保存する方法

ドライフラワーは、 簡単に手作りできるのが魅力です。風通しのよいところにブーケをそのままつるしておくだけで、乾燥して保存できる状態になります。ただし、生花の時の色合いは失われてしまうので、変色変形はある程度見込んでおかなければなりません。

一方、費用はかかりますが、プロ仕様のドライフラワーならば、特殊な加工技術によって 立体的にブーケそのものの形を残すことが可能です。プリザーブドフラワーの生花のようなやわらかさはありませんが、密閉した状態で保存され、そのままの状態を楽しむことができます。

樹脂加工のアクセサリーにしてウェディングブーケを保存する方法

ブーケの花の一部を使って、最近はやりの樹脂加工のアクセサリーにして保存する方法もあります。普段使いができて身につけられるのもうれしいポイント。何個か作って、いつか娘が大きくなった時にプレゼントするのも素敵ですね。

ブーケの花を挿し木にして大切に育てる方法

ウエディングブーケの中に入っている花の種類によっては、挿し木が出来るものもあります。たとえばバラ、アジサイなどは、自宅の庭やベランダでプランターに植えつけて楽しむことが出来ます。方法は鉢に小さな芽となる部分の茎を挿して根が出るまで待つだけです。ただし、ガーデニング初心者の方には発根や発芽が難しく、失敗してしまうと取り返しがつかないので覚悟が必要です。

とっておきのブーケで思い出に残る結婚式に

結婚式では、ウェディングブーケはウェディングドレスとともに注目される大事なアイテムです。挙式会場の規模や雰囲気、ドレスラインに合わせ、バランスの取れた花嫁姿を目指してブーケを選んでください。写真にもしっかりと残るので、会場の方の意見も聞きながら選ぶのがおすすめですよ。結婚式の後はブーケを上手に保存して、幸せな思い出を大切に残してください。

ウェディングブーケについてもっと知りたい人に

Thumbブーケの作り方・包み方ご紹介!造花で簡単にウェディングブーケ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-18 時点

新着一覧