シフォンケーキのレシピ集!炊飯器で簡単に作る方法から、本格レシピまで♪

丸い形で、真ん中に穴の開いた形が特徴のシフォンケーキは、ほんのり甘くて口に入れるととろけるような口当たりが何とも美味です。そんなシフォンケーキを自宅で簡単に作れるレシピを今回は、たっぷりご紹介します。その他にも、色んなシフォンケーキのレシピなど盛りだくさんです。

シフォンケーキのレシピ集!炊飯器で簡単に作る方法から、本格レシピまで♪

目次

  1. ふわふわのシフォンケーキを簡単に作れるレシピがある!?
  2. シフォンケーキについて
  3. しっとりふわふわで美味しい!シフォンケーキの特徴
  4. ふわふわ美味しいシフォンケーキレシピのポイント
  5. しっとりふわふわシフォンケーキの簡単レシピ【基本編】
  6. 炊飯器で出来る!?しっとりふわふわの簡単シフォンケーキレシピ
  7. ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【洋風編】
  8. ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【和風編】
  9. ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【具だくさん編】
  10. ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【炊飯器編】
  11. ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【ホットケーキミックス編】
  12. ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【米粉編】
  13. ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【組み合わせ編】
  14. ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【デコレーション編】
  15. まとめ【シフォンケーキのレシピで自宅でふわふわしっとり食感を体験しよう!】

ふわふわのシフォンケーキを簡単に作れるレシピがある!?

ドーナツ形の弾力性のある生地は、思わず笑ってしまう程温かい気持ちにしてくれます。そんなしっとりふわふわのシフォンケーキは、美味しくて、老若男女問わず、大好きなスイーツです。今回は、シフォンケーキの基本のレシピから炊飯器で簡単に作られるレシピまで一挙大公開です。

Thumbフライパンでケーキが簡単に作れるレシピ!人気のスポンジ・シフォンケーキ等

シフォンケーキについて

しっとりふわふわのシフォンケーキのレシピの前に、まずは、シフォンケーキについてお話ししていく事にしましょう。

シフォンケーキとは?

シフォンケーキは、スポンジケーキの一種で、卵や小麦粉、砂糖、サラダ油などを用いて作られます。シフォンケーキ専用の形を用いて焼き上げる特徴のある形です。泡立て器でメレンゲを泡立ててたっぷり入れるので、ふわふわでしっとりの食感が実現します。

シフォンケーキの歴史のお話

シフォンケーキは1927年頃のアメリカで考案された美味しい洋菓子です。始めは、エンジェルフードケーキと呼ばれていて、食感のふわふわした柔らかさが絹の織物の布地のようにしっとりした光沢感があることから名前が付けられました。そこから、その美味しい味とふわふわしっとりした質感が有名人の間でも評判となり、やがて日本にも伝わってきたのです。今では、本国よりも日本での人気が高くなっています。

しっとりふわふわで美味しい!シフォンケーキの特徴

次は、シフォンケーキの特徴をご紹介します。大人気のシフォンケーキには、どんな特徴があるのでしょうか?

シフォンケーキの特徴①【弾力のあるふわふわ感】

シフォケーキのふわふわした弾力の鍵を握っているのが「メレンゲ」です。メレンゲは、卵白を泡立てて作る洋菓子に欠かせないふわふわのアイテムです。卵白に含まれるタンパク質が空気を取り込む事で泡が立ちやすくて、なおかつ気泡が安定する特徴があります。シフォンケーキには、メレンゲの気泡を支えてくれる砂糖や小麦粉を抱き込みながら、シフォンケーキの中で固まり、ふわふわの弾力が出来上がります。

シフォンケーキの特徴②【とろけるようなしっとり感】

シフォンケーキには、ふわふわ以外にしっとりとした特徴があります。その秘密を握るのは、サラダ油です。シフォンケーキの材料の中には、小麦粉が含まれています。小麦粉に水分を加えて混ぜる事で、グルテンを生み出します。このタンパク質には粘着性があり、植物性油脂と結びつくことで、グルテン同志を滑らかに結びつけてくれます。この性質があるからこそ、しっとりとしたシフォンケーキになります。

シフォンケーキの特徴③【ふっくらとしたボリューム感】

シフォンケーキが焼き上がってから冷ます時、型ごと逆さまにして冷まします。その理由は、シフォンケーキのふわふわしっとり感を保つためです。焼き上がりにそのままにしてしまうと生地の重みで、ふわふわ感が損なわれたり、そのせいで重みが出て弾力の無い目の詰まったシフォンケーキになってしまいます。逆さまにする事で、萎むのを防いでくれます。

ふわふわ美味しいシフォンケーキレシピのポイント

今まで特徴を3つご紹介してきましたが、レシピを活かしてシフォンケーキを作るのに抑えておきたいポイントになります。

レシピのポイント①|メレンゲの泡立ち具合がポイント

ふわふわシフォンケーキのポイントであるメレンゲは、泡立ち具合を見ながら作っていきます。最初は、砂糖を加えず、角が立つくらいまえ泡を立てて、砂糖を少しずつ加えていきながら泡立てを繰り返していきます。常に角が立つ質感を保っておきましょう。

レシピのポイント②|混ぜすぎないようにする

シフォンケーキは、メレンゲの気泡が命です。混ぜる時は、メレンゲの気泡がつぶれないように ヘラで大きく大胆に混ぜて行くことがポイントです。さっくり混ぜる事で、気泡を潰さずに混ぜる事がふわふわ食感を実現するポイントになります。

レシピのポイント③|空気が入らないようにする

シフォンケーキの生地を作って型に流し込む時や焼き上がりの前に空気を入れないようにすることがポイントです。型に流し込む時も一気に入れましょう。捧ぐ時に、途切れ途切れにすると空気を取り入れやすくなるので、生地に穴が開く原因になります。型に入れた後も、トントンと空気を抜くことが大切です。

しっとりふわふわシフォンケーキの簡単レシピ【基本編】

ここまでシフォンケーキの特徴やレシピを活用するにあたってのコツをお届けしました。最初に紹介するレシピは、基本的なシフォンケーキのレシピをご紹介します。

シフォンケーキの材料

まずは、材料からご紹介します。卵白L4個orM5個、砂糖40g、卵黄L4個orM5個、砂糖20g、サラダ油30cc、牛乳60cc、薄力粉40g、強力粉30g、バニラエッセンス数滴、塩ひとつまみを用意しましょう。ボウル2つとハンドミキサー、シフォンケーキ用の型も必要になります。

レシピ①|メレンゲを作ろう!

卵を卵白と卵黄に分けておき、卵白は冷凍庫に入れます。卵黄を牛乳は室温に戻しておいて、オーブンを180度に予熱しておきましょう。卵白を冷凍庫に入れて、20分経ったら取り出して、メレンゲを泡立てます。低速である程度ふわふわに泡立ててから、砂糖と塩を一気に加えて、高速で角が立つまで泡立てます。ボウルを逆さまにして、落ちて来ないくらいがGOODです。

レシピ②|シフォンケーキの生地を作ろう!

別のボウルに卵黄と砂糖を入れて、ハンドミキサーで白っぽくなるまで撹拌します。そこへサラダ油を入れてから乳化させて、牛乳を足したらふるっておいた小麦粉と強力粉を入れて混ぜます。メレンゲをホイッパーで軽く混ぜてから先ほどのボウルに少し入れます。それとメレンゲのボウルに入れて、ヘラを使ってさっくり混ぜたら、バニラエッセンスを加えます。

レシピ③|シフォンケーキを焼こう!

生地を全て型に流し込んだら竹串で軽く大きく混ぜてから泡を消します。オーブンに入れて、170度で30分、160度に温度を下げてから10分くらい焼いたら、竹串を刺して生っぽくない事を確認してから冷まします。真ん中に筒のようなものをさして、逆さまで冷ましいきましょう。それが出来たら型から取り出して完成です。

炊飯器で出来る!?しっとりふわふわの簡単シフォンケーキレシピ

シフォンケーキは、シフォンケーキの型だけでなく、違うアイテムを使って作る事も出来ます。それは、「炊飯器」です。炊飯器は、ご飯を炊くだけでなく、煮物やスープ、スイーツまで作れる万能な調理アイテムです。それは、シフォンケーキも同じです。基本的なシフォンケーキのレシピをお届けした後は、炊飯器で作るシフォンケーキのレシピをご紹介します。

炊飯器で作るシフォンケーキの材料

炊飯器に生地を入れて、スイッチONするだけの美味しい簡単レシピです。材料は、卵4個、薄力粉100g、砂糖85g、水大さじ2.5、牛乳大さじ2.5、サラダ油大さじ2.5を用意しましょう。使う器具は、炊飯器、ボウル2つ、ハンドミキサー、ゴムベラを準備します。

レシピ①|まずはメレンゲを準備する

卵を卵黄と卵白に分けておきます。ボウルに卵黄と分量の砂糖半分を入れて混ぜます。さらに、水を入れて混ぜたら牛乳も入れましょう。サラダ油を加えてから薄力粉をふるい入れて混ぜたら、ダマにならないようにします。しっかり水気を拭き取ったボウルに卵白を入れて、泡が立ったら砂糖を加えて、さらに泡立てます。

レシピ②|炊飯器にセットして冷ましたら完成!

角が立つまで、しっかり泡立てたら、先ほどのボウルにメレンゲをヘラで半分くらい入れて混ぜます。残りも加えてさっくり混ぜたら、炊飯器に入れて空気を抜いてスイッチを入れます。出来たらフタを開けずに10分程放置してから竹串で刺して、生っぽくなってなかったらOKです。最後に冷まして完成です。

ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【洋風編】

今まで、基本的なシフォンケーキのレシピと炊飯器で作るシフォンケーキのレシピをご紹介しました。次は、ふわふわ美味しいにプラスして、アレンジの効いたシフォンケーキのレシピをお届けします。

レシピ①|チョコレートシフォンケーキ

最初は、材料からご紹介します。卵黄5個、卵白7個、砂糖40g+40g、ぬるま湯100cc、サラダ油40g、ブラックチョコレート30g、ココア20g、小麦粉100g、コンスターチ大さじ1を準備します。

作り方①【生地を作ろう!】

チョコレートは湯煎で溶かして、オーブンは180度で予熱しておきましょう。チョコレートにサラダ油を入れて混ぜたら、ココアパウダーも入れます。ボウルに卵黄と砂糖を入れて混ぜてから、チョコレート液を入れます。さらに、ぬるま湯と塩1つまみを入れて混ぜ、小麦粉もふるい入れます。

作り方②【メレンゲを入れて混ぜよう!】

キレイなボウルに卵白と塩を入れてから、泡立てて砂糖を入れてからさらに泡立て、コンスターチもふるい入れてゆっくり混ぜます。卵黄の生地にメレンゲを少しすくい入れてから混ぜて、再度メレンゲを軽く混ぜてから半分量を入れて混ぜ、残りの半分も入れてさっくり混ぜましょう。

作り方③【型入れて焼きましょう!】

型に生地を流し込んで、気泡を潰すようにゴムベラでぐるぐると優しく混ぜます。オーブンに入れて、170度で10分、そして、160度で25〜28分焼いたら竹串で刺して確認しましょう。必ず生地は、逆さまにして冷ましたら完成です。

レシピ②|クリームチーズシフォンケーキ

カップケーキの型で作るクリームチーズのシフォンケーキです。材料は、卵1個、砂糖大さじ1、クリームチーズ大さじ1、牛乳大さじ1、サラダ油大さじ1、薄力粉大さじ2を準備します。ボウルを2つ用意して、マフィン用のカップ3つとマフィン用の天板を用意しましょう。

作り方

卵を卵白と卵黄に分けます。柔らかくしたクリームチーズに牛乳、卵黄、サラダ油を入れて、その度に混ぜます。卵白に砂糖を少しずつ入れてから、メレンゲを作ります。クリームチーズ液の中に、薄力粉を入れて軽く混ぜます。メレンゲを角が立つまで混ぜたら、先ほどボウルに入れてからさっくり混ぜてから型に入れて、180度に予熱したオーブンで15分焼いたら完成です。

ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【和風編】

次は、和風のシフォンケーキのレシピです。シフォンケーキは、洋風のアレンジだけでなく、和風のアレンジレシピも人気です。

レシピ①|抹茶シフォンケーキ

砂糖orグラニュー糖70g、塩少々、抹茶大さじ1〜2、サラダ油orオリーブオイル100cc、抹茶大さじ1〜2、サラダ油orオリーブオイル100cc、水90cc、小麦粉120g、卵黄&卵白6個、砂糖orグラニュー糖60gを準備します。事前に抹茶と砂糖をよく混ぜておきましょう。

作り方

卵黄と卵白を分けたら、卵黄のボウルに砂糖と抹茶を入れて混ぜたら、水と油を入れて、さらに混ぜます。オーブンを170度に温めておき、卵白でメレンゲを作ります。メレンゲに砂糖を入れたらさらによく混ぜましょう。抹茶の生地に小麦粉をふるい入れ、軽く混ぜてからメレンゲを2回に分けて入れてさっくり混ぜます。型に入れて、空気を抜いて、170度のオーブンで40分焼いて冷ましたら完成です。

レシピ②|紅茶シフォンケーキ

紅茶の香りが特徴のシフォンケーキです。卵4個、薄力粉70g、砂糖70g、牛乳50cc、サラダ油30〜40cc、紅茶のティーパック2パックを準備しましょう。

作り方①【メレンゲを作ろう!】

牛乳にティーパックの茶葉を入れて軽く湯気が立つまでレンジで温めます。乾いたボウルにそれぞれ卵白と卵黄を入れて、砂糖の1/3を卵黄に入れておき、オーブンを160度で予熱しておき、卵白でメレンゲを作り、3度に分けて砂糖を入れましょう。

作り方②【型に入れて焼こう!】

卵黄と砂糖を泡立ててクリーム状になったら、サラダ油を少しずつ入れてながら泡立て器で混ぜ、メレンゲの1/3を入れて混ぜたら、メレンゲを再度泡立てて再び、砂糖1/3を加えてゴムベラで混ぜます。残ったメレンゲのボウルへ生地を移して、手早く混ぜます。生地を型に流し込んで、空気を抜き、オーブンで40分焼きます。竹串でチェックしたら完成です。

ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【具だくさん編】

続いては、食感が楽しくてなおかつ美味しいシフォンケーキンのレシピです。シフォンケーキのアレンジは豊富なので、作るのが楽しくなります。

レシピ①|小豆のシフォンケーキ

小豆のまろやかさとシフォンケーキの甘さがよく合うレシピです。小豆缶1缶、薄力粉60g、卵L3個、砂糖40g、牛乳50cc、サラダ油大さじ1を準備します。オーブンは180度に余熱しておいて、卵白と卵黄を別々にしておきましょう。

作り方①【メレンゲ作りと生地作り】

卵白に砂糖を半量加えて、角が立つまで泡立てます。別のボウルに卵黄を入れてほぐしたら、残りの砂糖を入れてもったりするまで混ぜます。そこへサラダ油、牛乳、小豆を入れてよく混ぜたら、ふるっておいた薄力粉を入れて混ぜましょう。

作り方②【さっくり混ぜて焼いていきましょう!】

メレンゲの1/3を加えて、混ぜたら残りのメレンゲ2回に分けて入れてゴムベラでさっくり混ぜます。型に移して、180度のオーブンで10分加熱し、さらに170度に下げて20分焼きましょう。焼き上がったら、逆さまにして冷まします。

レシピ②|イチゴのシフォンケーキ

小麦粉110g、卵3個、上白糖90g、イチゴ80g、イチゴジャム30g、サラダ油50cc、キルシュ大さじ1、イチゴパウダー1袋、塩少々が材料です。イチゴの酸味もアクセントになったパウンドケーキ型で作るシフォンケーキです。イチゴは事前に形がなくなるまで潰しておきましょう。

作り方

潰したイチゴにイチゴジャム、キルシュ、サラダ油を加えて混ぜます。小麦粉にイチゴパウダーと塩を入れておき、卵黄は大きめのボウルに入れておきましょう。粉類を先ほどのイチゴ液に入れて混ぜ合わせたら、パウンド型2つに生地を流し込んだら、180度で予熱したオーブンに入れて15分焼いて、一度オーブンを開けて、包丁で切れ目を真ん中に入れてから30分加熱しましょう。焼き上がったら、逆さまにしておきます。

ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【炊飯器編】

先ほども炊飯器で作るシフォンケーキのレシピをご紹介しましたが、ここでは、炊飯器を使ったシフォンケーキのアレンジレシピをご紹介します。

レシピ①|キャラメルシフォンケーキ

キャラメル風味のシフォンケーキです。材料は、卵3個、牛乳80cc、薄力粉80g、スティックタイプのキャラメルマキアートの粉末2杯分、サラダ油30ccを準備します。下準備として、薄力粉にキャラメルマキアートの粉末を入れて、ダマをなくしておきましょう。

作り方

卵白に半分の砂糖を少しずつ加えて泡立て器でメレンゲを作り、卵黄には残り半分の砂糖を加えて混ぜたら、サラダ油を入れてクリーム状になるまで混ぜます。粉類に卵黄液と牛乳を入れたら、メレンゲを3回に分けて入れ、さっくり混ぜましょう。炊飯器にサラダ油を塗って、液を流し込み空気を抜いたら、炊飯モードで焼いたら竹串で確認します。焼けていたら、粗熱を取って完成です。

レシピ②|チョコレートシフォンケーキ

炊飯器で作る美味しいチョコレート味のシフォンケーキです。卵2個、砂糖大さじ3、薄力粉大さじ4、コンスターチ大さじ1、ベーキングパウダー小さじ1、板チョコ2欠け、キャノーラ油大さじ1、牛乳大さじ1を準備します。下準備として、薄力粉、コンスターチ、ベーキングパウダーは一緒にふるっておきましょう。

作り方

小さな器に刻んだチョコと牛乳を入れてレンジで温めて溶かしたらキャノーラ油を入れてよく混ぜましょう。ボウルに卵と砂糖を入れて角が立つまで混ぜたら、さらに泡立てながらチョコを少しずつ入れていきます。ふるった粉類を入れて、さっくり混ぜてから炊飯器にセットして空気を抜き、スイッチを押します。

ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【ホットケーキミックス編】

シフォンケーキと言えば、薄力粉を入れるイメージですが、ホットケーキミックスを使うとより簡単にシフォンケーキを楽しむ事が出来ます。そのレシピを今からご紹介していきます。

レシピ①|シンプルなシフォンケーキ

ホットケーキミックスで作るシンプルなプレーンのシフォンケーキレシピです。ホットケーキミックス50g、卵2個、卵黄に入れるグラニュー糖20g、卵白に混ぜるグラニュー糖35g、ココナッツオイル大さじ2、牛乳大さじ1を準備します。

作り方

卵黄と卵白にそれぞれの分量のグラニュー糖を加えて、卵白でメレンゲを作ります。卵黄ももったりするまで混ぜて、そこにホットケーキミックスを入れてさらに混ぜます。メレンゲを先ほど作った生地に少しずつ合わせてさっくり混ぜたら、型に入れて、空気を抜きましょう。軽くラップをして600Wのレンジで2分20〜30秒加熱して、竹串で焼き上がりをチェックしてOKだったら、逆さまにして冷まし、完成です。

レシピ②|はちみつシフォンケーキ

はちみつの甘い香りが美味しいシフォンケーキです。ホットケーキミックス90g、卵3個、牛乳50cc、サラダ油50cc、砂糖60g、はちみつ35g、塩ひとつまみを準備します。卵白と卵黄は別々にして、卵白は冷蔵庫に入れておきましょう。紙コップを準備しておきましょう。

作り方①【はちみつの生地とメレンゲを作ろう!】

卵黄と砂糖半量を白くなるまで混ぜたら、サラダ油と牛乳とはちみつを入れてさらに混ぜます。ホットケーキミックスを入れて混ぜたら、オーブンは170度で予熱しておきましょう。卵白に塩をひとつまみ加えて、メレンゲを作ってから、砂糖半量を加えてひっくり返しても落ちて来ないくらいまで泡立てます。

作り方②【カップに入れて焼いていきましょう!】

先ほどの卵黄のボウルにメレンゲを2〜3回に分けて加えて、さっくり混ぜたら紙コップの6〜7分目くらいまで生地を入れて空気を抜きます。170度のオーブンで30分焼いて、焼き上がったら横にして冷ましておきましょう。

ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【米粉編】

スイーツの材料でよく登場するのは、小麦粉です。しかし、小麦粉アレルギーの方は、小麦粉の入ったスイーツは食べる事が出来ません。そこで、小麦粉の代わりに入れるのが米粉です。シフォンケーキも米粉で作る事が出来ます。食感や弾力も変わってくるのでおすすめです。

レシピ①|バナナシフォンケーキ

バナナを入れてボリュームアップのシフォンケーキです。バナナ2本、卵2個、砂糖30g、米粉65g、水40cc、サラダ油20cc、レモン汁10ccを準備します。

作り方

卵白に砂糖を入れて、ハンドミキサーでメレンゲ作ります。卵黄に水、サラダ油、レモン汁、バナナをちぎって入れてバナナを潰すようにすり混ぜて、メレンゲを2回に分けて入れます。メレンゲを潰すようにさっくり混ぜたら、型に入れて、空気を抜き、170度のオーブンで35分焼きましょう。焼き上がりを竹串で確認してOKだったら逆さまにして冷ましておきます。

レシピ②|オレンジヨーグルトシフォンケーキ

オレンジの爽やかさとヨーグルトの酸味が一緒になったシフォンケーキです。米粉100g、卵5個、ヨーグルト80g、サラダ油30cc、砂糖60g、オレンジピール30g、オーブンを170度に予熱して、米粉とベーキングパウダーを合わせておきます。

作り方

卵白に2/3の砂糖を入れて角が立つまで泡立てたら冷蔵庫へ入れておきます。卵黄に残りの砂糖を入れて、白っぽくなるまでよく混ぜたらサラダ油、ヨーグルト、オレンジピールを入れて混ぜておきます。卵黄のボウルに米粉を入れ、冷蔵庫の中の卵白を取り出して、少し加えて混ぜます。それをメレンゲの方に入れてさっくり混ぜ、型に入れ、空気を抜いてから170度のオーブンで30分焼いて逆さまにして冷ましておきます。

ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【組み合わせ編】

続いては、2つの食材を組み合わせて作るシフォンケーキのレシピです。1つで2つの味が楽しめるのは嬉しいです。

レシピ①|オレンジ×紅茶のシフォンケーキ

オレンジと紅茶の香りが印象的なシフォンケーキです。卵白4個分、砂糖30g、卵黄3個分、砂糖35g、水40cc、油35cc、ブランデー小さじ1、紅茶1パック、水大さじ1、オレンジピール50g、小麦粉70gを準備します。下準備として、紅茶の葉をティーパックから取り出して、大さじ1の水に入れて少し置いておきましょう。オブーンは、160度で予熱しておきましょう。

作り方①【紅茶とオレンジピールの生地を作ろう!】

卵白に砂糖30gを少しずつ加えて角が立つまで泡立たせます。卵黄にも砂糖を35g少しずつ加えて、もったりするまで混ぜたら、水、油、ブランデー、オレンジピールの順に入れ、よく混ぜ合わせましょう。

作り方②|【紅茶を合わせて型に入れよう!】

小麦粉もふるい入れ、さらに混ぜたら少しずつメレンゲを加えてさっくり混ぜ、カップ一杯分の生地と紅茶を混ぜておきます。紅茶の生地から型の中に流し入れて、その後オレンジの生地をそっと加えて側面に生地を塗ったら、160度のオーブンで40分焼きましょう。焼き上がった事を確認して、逆さまにして冷ましたら完成です。

レシピ②|はちみつレモン×ヨーグルトのシフォンケーキ

はちみつレモンとヨーグルトのバランスのよいシフォンケーキです。卵5個、薄力粉100g、砂糖60g、サラダ油30g、レモンの絞り汁1個分、ヨーグルト40g、はちみつ20gを準備します。オーブンはあらかじめ170度に予熱しておき、レモンは絞っておきましょう。全ての材料も測っておいたら、卵白と卵黄は別にしておきます。

作り方①【生地を準備しましょう!】

卵白に砂糖を2/3入れて、角が立つまで泡立てたら冷蔵庫へ入れておきます。卵黄に残りの砂糖を入れてクリーム状になるまで泡立て、サラダ油、レモン汁、ヨーグルト、はちみつを入れてさらに混ぜましょう。薄力粉をふるい入れ、ダマがなくなるまでしっかり混ぜたら、メレンゲを2すくいほど入れて混ぜ合わせます。それをメレンゲのボウルに移して、さっくりと均等に混ぜます。

作り方②【型に入れて焼き上げましょう!】

型に流し入れ、優しく空気を抜いてから170度のオーブンで30分焼きましょう。竹串で出来上がりをチェックしてOKだったら、逆さまにして冷まします。

ふわふわで美味しいシフォンケーキ簡単アレンジレシピ【デコレーション編】

シフォンケーキレシピの最後を飾るのは、ケーキのようなデコレーションされたシフォンケーキです。ふわふわの食感とクリームの甘さがマッチした誕生日の時などにもぴったりのレシピです。

レシピ①|柚子のシフォンケーキ

卵白3個、きび糖55g、コーンスターチ5g、卵黄3個分、ゆずジャム100g、水20g、ゆずのリキュール小さじ1、太白胡麻油35g、薄力粉70g、きび糖10gを準備し、デコレーション用で生クリーム200ml、グラニュー糖大さじ2、サワークリーム50g、ゆずジャム50g、ゆずピール適量を用意しておきましょう。

作り方①【メレンゲと生地作りをしよう!】

卵白でメレンゲを作ります。低速で泡立て始め、高速に切り変えてしっかり泡立てたら、きび糖を少しずつ加えてさらに泡立てます。最後に加えるきび糖をコンスターチを合わせて混ぜてから入れましょう。しっかりとしたメレンゲになったら、別のボウルに卵黄を入れてほぐし、ゆずジャム、水、ゆずのリキュール、太白胡麻油を加えて、ハンドミキサーで混ぜてクリーム状になったら、薄力粉を加えて再び混ぜます。

作り方②【メレンゲと生地を混ぜ合わせましょう!】

卵黄にきび糖を加えて甘さを調節したら、メレンゲを再度泡立ててから少しずつ合わせていきます。半量くらいのメレンゲを卵黄の中に入れて混ぜてから、メレンゲに移してさっくり混ぜます。型に入れて、生地を平らにして空気を抜き、160度のオーブンで30分焼きましょう。焼き上がったら高い所から一度落として逆さまにして冷ましておきます。

作り方③【デコレーションをしよう!】

ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れて、氷水で冷やしながらホイップします。そこへ、サワークリームを加えて混ぜ、ゆずジャムも加えて混ぜたら、型から取り出したシフォンケーキに塗って、ゆずピールを飾ったら完成です。

レシピ②|ティラミスシフォンケーキ

ココアシフォンケーキの材料は、卵3個、砂糖90g、牛乳50g、サラダ油40g、薄力粉40g、純ココア20g、ベーキングパウダー小さじ1です。チーズクリームは、マスカルポーネorクリームチーズ100g、砂糖20g、生クリーム200mlで、コーヒーシロップは、インスタントコーヒー小さじ1、お湯大さじ3、砂糖小さじ半、ラム酒orブランデー適量、ココアパウダー適量です。薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダーを袋に合わせてふるいます。

作り方①【ココアシフォンケーキを作ろう!】

卵は卵黄と卵白に分けて、大きめのボールに入れ、卵黄に砂糖半分を加え混ぜてから、牛乳、サラダ油を加えてさらに混ぜます。合わせておいた粉類をふるい入れて混ぜたら、メレンゲ作りに入りましょう。卵白に砂糖を少しずつ加えながら角が立つまで泡立て卵黄の中に少しずつ加えてなじませます。型に入れて、170度で30分焼きます。

作り方②【チーズクリーム&コーヒーシロップを作ろう!】

チーズに砂糖を加えて混ぜてなめらかにしたら、生クリームをホイップしてチーズと合わせます。コーヒーシロップは、インスタントコーヒーをお湯で溶き、好みで砂糖や洋酒を加えましょう。焼き上がって冷ましておいたシフォンにコーヒーシロップをかけて、クリームでデコレーションしてからココアパウダーをふりかければ完成です。

まとめ【シフォンケーキのレシピで自宅でふわふわしっとり食感を体験しよう!】

いかがでしたか?シフォンケーキは、一度食べたらまた食べたくなるスイーツです。材料の幅を広げたり、デコレーションをしたりすることで可能性がどんどん広がります。色んな味を試してみて、自分のお気に入りを見つけてみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-04 時点

新着一覧