花を長持ちさせる方法を紹介・水に洗剤や砂糖を入れる裏ワザ?

みなさんはお花を活けることはあるでしょうか?家のインテリアとしてやお見舞いなどお花を活ける場合があります。今回はお花を長持ちさせる方法を紹介したいと思います。長持ちの裏技に水に洗剤や砂糖を入れるなどの方法がある?お花を活ける機会がある方はぜひ、ご覧ください。

花を長持ちさせる方法を紹介・水に洗剤や砂糖を入れる裏ワザ?

目次

  1. 花を長持ちさせる方法を紹介・水に洗剤や砂糖を入れる裏ワザ?チェック
  2. 花を長持ちさせる方法・新鮮な花
  3. 花を長持ちさせる方法・花瓶や水は新鮮なものにする
  4. 花を長持ちさせる方法・水切りを毎回し茎をチェックする
  5. 花を長持ちさせる方法・花をチェックする
  6. 花を長持ちさせる方法・延命剤を与える
  7. 花を長持ちさせる方法・水と栄養のバランス
  8. 花を長持ちさせる方法・花粉を取り除く
  9. 花を長持ちさせる方法・玄関に置く
  10. 花を長持ちさせる方法・水の量
  11. 花を長持ちさせる方法・火で炙る
  12. 花を長持ちさせる裏ワザ・洗剤や漂白剤を使う
  13. 花を長持ちさせる裏ワザ・酢を使う
  14. 花を長持ちさせる裏ワザ・10円玉を使う
  15. 花を長持ちさせる裏ワザ・砂糖を使う
  16. 花を長持ちさせる裏ワザ・サイダーを使う
  17. 花を長持ちさせる方法を紹介・水に洗剤や砂糖を入れる裏ワザ?まとめ

花を長持ちさせる方法を紹介・水に洗剤や砂糖を入れる裏ワザ?チェック

今回はお花を活ける機会が多い方は、ぜひ、ご覧になって頂きたいと思います。お花を活けたら、なるべく長く持たせたいと思いますよね。どういう風にしてお花を長く持たせるのかわからない方は方法をお伝えしますので、ぜひ、チェックしてみてください。そして水に洗剤や砂糖を入れるなど裏ワザがあるのかもご覧ください。

花を長持ちさせる方法・新鮮な花

今回は花をなるべく長く持たせたい方法として「新鮮な花」についてお伝えします。

お花を活けたらなるべく長く持たせたいと思いますが、では、どんな風にして長く持たせるのでしょうか?お花を長く持たせる方法はいくつもありますが、今回はその一つとして新鮮な花の方が長くもつことをお伝えします。新鮮の花であればあるほど良いです。古い花はすぐに枯れてしまうので、気をつけてください。

なので、よくお花屋さんに行かれて、お花を購入する機会が多い方は古い花は選ばないようにしましょう。新鮮な花ほど、長持ちしますので、お花屋さんのスタッフに一番新鮮な花がどれかを聞いてみましょう。そして、どのくらい持つかも聞いてみると良いでしょう。新鮮な花を買うことを覚えておきましょう。

花を長持ちさせる方法・花瓶や水は新鮮なものにする

今回は花をなるべく長く持たせたい方法として「花瓶や水は新鮮なものにする」についてお伝えします。

お花を貰ったり、買ったりして家にお花を活ける場合、花瓶は綺麗で清潔なものをお使いですか?花瓶を洗ったことがない方はぜひ、お花を活ける時は毎回洗って新鮮な花瓶を使うように癖をつけましょう。花瓶を洗う時は、奥まで入るスポンジや洗剤は台所用を使うようにしましょう。花瓶が清潔だとお花も喜びます。

花瓶を綺麗に台所用洗剤で奥まで洗ったら、次は新鮮な水を入れましょう。水は毎日、入れ替えるようにした方が良いでしょう。なぜなら暑い夏の時期は、一日で水が腐ってしまいます。これはバクテリアの影響によるものです。なので、花瓶や水は毎日手入れをしましょう。これだけでお花が長持ちします。

花を長持ちさせる方法・水切りを毎回し茎をチェックする

今回は花をなるべく長く持たせたい方法として「水切りを毎回し茎をチェックする」についてお伝えします。

今回はお花を長持ちさせるために、毎回お花を水切りし茎の状態を調べることについてお伝えしたいと思います。お花が枯れる原因としては、前にもお伝えしましたが、バクテリアの存在があります。バクテリアが繁殖すると枯れてしまいます。なので、まず、水切りは毎回することを心がけましょう。毎回というのは1日に何回かしても良いと思います。

そして、水切りをする時は新鮮な水の中で行なってください。そしてお花の茎をその新鮮な水の中で切りましょう。水の中で茎を切ることで空気に触れないので、水分がよく茎の中を通っていきます。こうすることでお花を長く持たせることができます。水切りはお花を長持ちさせるには大事なことですので、覚えておいてください。

花を長持ちさせる方法・花をチェックする

今回は花をなるべく長く持たせたい方法として「花をチェックする」についてお伝えします。

今回はお花を活けたら、マメにお花や葉など、どういう状態なのかをチェックしましょう。お花の種類のよって、どのくらいの期間もつかは異なってきます。なるべくお花を長持ちさせたいと思っている方は、マメにお花の状態をチェックしてください。お花や葉など枯れていないかどうかということです。

そして、もしお花や葉がしおれていたり枯れていたりしている花な葉の部分がありましたら、取り除くことをしましょう。特に萎れていたり枯れていたしてしている花にはエチレンガスという物質が出ていてエチレンガスが花を枯れさせる原因になりますので、気づいたら、なるべく早く取り除くことをしましょう。そして、ほっとかないことを心がけてください。

花を長持ちさせる方法・延命剤を与える

今回は花をなるべく長く持たせたい方法として「延命剤を与える」についてお伝えします。

今回、お花を長持ちさせるために延命剤を使うことについてお伝えします。いろんな延命剤が出ていますので、スタッフに現在、活けている花に利用できる延命剤を紹介してもらうと良いでしょう。延命剤は切り花を長く持たせる効果がありますので、ぜひ、使ってみてください。延命剤を活用すると1週間くらい水を取り替えなくても良いそうです。

では、延命剤にはどんな働きがあるのかお伝えしたいと思います。まず、1つ目は枯れる原因になるバクテリアの働きを抑える効果があります。2つ目は花に栄養を与える働きをします。他に水の吸収を助ける働きもあります。そして、銀イオン剤が含まれている延命剤は花の廊下を防止する効果があります。

花を長持ちさせる方法・水と栄養のバランス

今回は花をなるべく長く持たせたい方法として「水と栄養のバランス」についてお伝えします。

今回は花を長持ちさせる方法としてぜひ、水と栄養のバランスを考えると良いです。花には多くの葉がありますが、葉の量が多いと根っこから水を吸う量より出ていってしまう水の量が多くなります。なので、葉を適度に取り除く必要があります。葉を取り除く方法や何枚くらい取り除けば良いかわからない方は花屋さんのスタッフに聞くと良いでしょう。

また、花になる前のつぼみも取り除く必要があります。取り除く必要があるのは花が咲かないようなつぼみです。花を咲かせないつぼみをほっといてしまうと他の花に栄養が補給できなくなりますので、マメにお花をチェックして花が咲かないようなつぼみを見つけましたら、すぐに取り除きましょう。花と水のバランスをとりましょう。

花を長持ちさせる方法・花粉を取り除く

今回は花をなるべく長く持たせたい方法として「花粉を取り除く」についてお伝えします。

今回は花を長持ちさせる方法として花粉を取り除くことについてお伝えします。花はめしべに花粉を受粉することによってタネを残します。そして、花粉がめしべに受粉したら、花としての役割が終わってしまい、その結果、花は枯れてしまうのです。花が咲くシステムを理解しておきましょう。

もし、めしべに花粉がついてしまうと花は枯れてしまいますので、その前に可能であれば花粉を取り除く必要があります。そして、花屋さんで購入する花のめしべに花粉がついている場合もありますので、スタッフに聞いて、もしついてある花があったら、取り除いてもらいましょう。花粉の取り除き方がわからない方もスタッフに聞きましょう。

花を長持ちさせる方法・玄関に置く

今回は花をなるべく長く持たせたい方法として「玄関に置く」についてお伝えします。

今回は花を長持ちさせる方法として花を玄関に置くと良いことについてお伝えします。では、どうして花を玄関に置くと良いのでしょうか?玄関は部屋の中で気温が低い場所で、直射日光の当たらない場所だからです。なので、玄関に直射日光が当たる家は花を置くのを避けましょう。直射日光が当たれば気温も上がってしまいます。

花を気温の低い場所に置いた方が長持ちする理由は、気温が高いと細菌が増えてしまうからです。細菌が増えれば、花は枯れやすくなってしまい、長持ちしなくなります。なので、なるべく家の中で暗い場所で気温が低い場所に置くようにしましょう。そうすれば花の寿命にもよりますが、長持ちする可能性が高くなります。

花を長持ちさせる方法・水の量

今回は花をなるべく長く持たせたい方法として「水の量」についてお伝えします。

今回は花を長持ちさせる方法として水の量をどのくらいにすれば良いかについてお伝えしたいと思います。みなさんは切り花を花瓶に活ける時にどのくらいの水を入れますでしょうか?花を花瓶に活ける場合はあふれない程度に多めに水を入れると良いでしょう。水が時間とともに蒸発するものなので、多めに入れておきましょう。

そして、花瓶を選ぶ時は水量がわかる透明なものをおすすめします。ただ、花の種類によっては花瓶にいっぱい水を入れると枯れるものもあります。例えば、ガーベラ、ひまわり、コスモスは茎が腐りやすいので、水量は少なめにしてください。そしてないと、短期間で枯れてしまいますので、注意してください。

花を長持ちさせる方法・火で炙る

今回は花をなるべく長く持たせたい方法として「火で炙る」についてお伝えします。

今回は花を長持ちさせる方法として茎を火で炙る方法をお伝えします。茎を火で炙るとはどういうことなのでしょうか?実は、この方法は花がしおれてしまった場合に使う方法です。まず、茎をやさしく新聞紙で包みます。そして、うまく立たせて茎の部分を黒くなるまで火で炙り、炭にします。

炭にする意味は殺菌効果がアップするからです。そして、新聞紙で包んだ花を1時間くらい水につけておくと復活する可能性があります。復活しない場合が、茎の先の部分を熱湯に数秒つけると茎の中が広がり、水を吸収しやすくなるために花が復活します。この方法によって花が長持ちすることになります。

花を長持ちさせる裏ワザ・洗剤や漂白剤を使う

花をなるべくな持ちさせたい裏ワザとして「洗剤や漂白剤を使う」についてお伝えします。

花を長持ちさせるために洗剤や漂白剤を使うって一体どういうことなのでしょうか?洗剤や漂白剤を花に使うことでどんな効果があるのでしょうか?実は、洗剤や漂白剤には抗酸化作用があります。なので、洗剤や漂白剤は花を長持ちさせる方法として良いのですが、使う方はぜひ、注意して頂きたい事があります。

それは、花瓶に結構、普通に水を入れるように洗剤や漂白剤を入れてしまうと花が枯れてしまいます。それほど、洗剤や漂白剤は刺激物なのです。では、洗剤や漂白剤を花瓶にどのくらい入れた方が妥当なのでしょうか?それは花瓶に花を入れて水をいっぱい入れて、その次に洗剤や漂白剤をほんの少し入れるだけで良いです。量は一滴ほどです。

花を長持ちさせる裏ワザ・酢を使う

花をなるべくな持ちさせたい裏ワザとして「酢を使う」についてお伝えします。

花を長持ちさせるために料理でよく使われる酢を使うとはどういう事なのでしょうか?酢にはどんな効果があるのか抑えておく必要があります。料理でよく使われる酢には先ほどお伝えしました洗剤や漂白剤のように抗菌化作用があります。なので、花を長くもたせたい場合、酢を使うのは有効な事です。

使い方は花を活けている花瓶の中に酢を入れるだけです。では、どのくらいの量の酢を入れれば良いのでしょうか?これも洗剤や漂白剤でもお伝えした通り、たくさん入れてしまうと花が枯れてしまいますので、目安は数滴だと覚えておいてください。洗剤や漂白剤、酢などは花にとって、抗酸化作用があることを抑えておいてください。

花を長持ちさせる裏ワザ・10円玉を使う

花をなるべくな持ちさせたい裏ワザとして「10円玉を使う」についてお伝えします。

今回は花を長持ちさせる方法として10円玉硬貨を使うとは、どういう事なのでしょうか?10円玉硬貨を使うことで一体、どんな効果があるのでしょうか?みなさんは花を長持ちさせるために花が活けている花瓶の中に10円玉を入れた事があるでしょうか?10円玉で花が長持ちさせる事ができるなら、誰でもできますから便利です。

10円玉にどんな効果があるか調べたところ、これも先ほどお伝えしました抗酸化作用がある事がわかりました。ですが、10円玉の厚さが薄いために、何枚も入れなければいけない事がわかりました。ですが、何枚も10円玉を入れることによって、花瓶が傷つく恐れがありますので、あまりおすすめしません。

花を長持ちさせる裏ワザ・砂糖を使う

花をなるべくな持ちさせたい裏ワザとして「砂糖を使う」についてお伝えします。

今回は花を長持ちさせるために砂糖を使うことについてお伝えしたいと思います。花を長持ちさせるために砂糖を使うってどういうことなのでしょうか?砂糖は糖分ですが、花にとってどんな効果をもたらすのでしょうか?砂糖は花に対しては栄養になりますので、砂糖を使うのも良いと思います。

ただ、注意して頂きたい事は砂糖を花が活けている花瓶の中に入れると、バクテリアやばい菌が増えて行く事です。なので、抗酸化作用の効果がある洗剤、漂白剤、酢などと一緒に使うと効果的ですので、砂糖だけ入れないようにしてください。花がなかなか咲かず栄養が不足している場合に砂糖を使うと良いでしょう。

花を長持ちさせる裏ワザ・サイダーを使う

花をなるべくな持ちさせたい裏ワザとして「サイダーを使う」についてお伝えします。

今回は花を長持ちさせるためにサイダーを使うことについてお伝えしたいと思います。花を長持ちさせるためにサイダーを使うってどういうことなのでしょうか?サイダーには炭酸の飲み物にあたりますが、炭酸には抗酸化作用があります。そして、サイダーは糖分が含まれていますので、花の栄養としても使えます。

ですが、サイダーを花が活けている花瓶の中に入れる量を気をつけないと活けません。炭酸が強すぎても弱すぎてもいけないと言われています。ですので、もし、サイダーを花が活けている花瓶の中に入れる場合は気が抜けた状態の時に入れることを心がけましょう。サイダーは延命剤と同じ役割を果たします。

花を長持ちさせる方法を紹介・水に洗剤や砂糖を入れる裏ワザ?まとめ

今回は花を長持ちさせる方法を紹介や水に洗剤や砂糖を入れる裏ワザなの?についていろいろお伝えしましたが、みなさん、何か試したい方法はありましたでしょうか?水に洗剤や砂糖を入れるなど花を長持ちさせる裏ワザとして紹介しましたので、ぜひ、やってみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2020-11-30 時点

新着一覧