アーモンドプードルとは何?アーモンドパウダーとの違いは?糖質やカロリーは?

アーモンドプードルとは?お菓子を作る人はよく知っているアーモンドプードル、聞きなれない人は「?」となりますよね。アーモンドプードルとはどんなものなのか、気になる糖質、カロリーはどのくらいなのか、徹底的に知って美味しいお菓子を作りましょう!

アーモンドプードルとは何?アーモンドパウダーとの違いは?糖質やカロリーは?

目次

  1. 知らなかったアーモンドプードルについてのあれこれ
  2. アーモンドプードルとは?アーモンドパウダーとの違い
  3. お菓子作りに大活躍のアーモンドプードルとは
  4. アーモンドプードルとは?気になる糖質は?
  5. カロリーに注意⁈アーモンドプードルのカロリーは?
  6. アーモンドプードルとは?健康に良いの?
  7. アレルギーに注意しなければならないアーモンドプードルとは?
  8. 見た目が違うアーモンドプードルとは?使い分けよう!
  9. 日頃の感謝を込めて作りたいアーモンドプードルを使ったお菓子、料理
  10. アーモンドプードルとは何か知ることができた最後に

知らなかったアーモンドプードルについてのあれこれ

アーモンドプードルとは?

アーモンドプードルとは?聞きなれない方は犬の種類と間違えそうなアーモンドプードル、可愛い名前ですよね。実はプードルはフランス語でpoudre、粉という意味なんです。ちなみに、アーモンドはフランス語でamande、アマンドと読みます。フランス語でアーモンドの粉はアマンドプードルなんですね。

そして英語でアーモンドの粉はalmondpowder、アーモンドパウダーと読みます。こちらの方がわかりやすいと思いますが、なぜか日本ではアーモンドは英語、プードルはフランス語をくっつけた呼び方、アーモンドプードルが定着しています。

アーモンドプードルの使い方

お菓子作りによく使われるアーモンドプードルですが、他にも使い道があるのをご存知でしたか?アーモンドプードルは揚げ物の衣や、野菜に和えたりして使うことができます。アーモンドには栄養が豊富なので、こまめに食事に取り入れたいですね。

アーモンドプードルとは?アーモンドパウダーとの違い

レシピによってアーモンドプードル、アーモンドパウダーと言葉が違うことがあります。ですがどちらもアーモンドを粉末状にしたもので、違いはありません。これを知っていれば製菓材料のコーナーに行っても迷わなくてすみますね。

アーモンドパウダーは英語、アーモンドプードルは英語とフランス語をくっつけたものと覚えておきましょう。意外と知らない方も多いので、豆知識として知っておいて損はありません。アーモンドパウダー、アーモンドプードルの違いをお友達にも教えてあげましょう。

お菓子作りに大活躍のアーモンドプードルとは

アーモンドプードルをそのまま食べても味気ないのですが、お菓子に使うと一変して、香りの良い、しっとりしたお菓子になります。焼き菓子やケーキの上に乗せる可愛いマジパンなど、アーモンドプードルには使い道が沢山あります。特にフィナンシェはプレゼントに作るのに、おすすめな焼き菓子です。

他にも色とりどりなマカロンもアーモンドプードルを使用しています。これを機に、手作りしてみるのはいかがですか?そして、まぁるくて白いスノーボール、タルトにもアーモンドプードルは大活躍です!今まで素朴なイメージだったパウンドケーキもアーモンドプードルを使えばひとランク上の味わいになります。

アーモンドプードルの代用にはきなこが使える?お菓子別代用方法まとめ!

アーモンドプードルとは?気になる糖質は?

アーモンドプードルとはアーモンドを粉末状にしたものです。つまりナッツを食べているのと一緒です。糖質制限をしている方はお菓子を食べるのを我慢していると思います。しかし、アーモンドプードル、アーモンドパウダーの糖質量は100gあたり9.3gと小麦より糖質は低めです。

アーモンドプードルを使ったお菓子や料理は、糖質を気にしている方にはおすすめのアイテムです。ちなみにお菓子によく使う薄力粉の糖質は100gあたり73.3gと高めです。料理で揚げ物をするときにもアーモンドプードルを使って、糖質を下げることができます。

カロリーに注意⁈アーモンドプードルのカロリーは?

アーモンドプードル、アーモンドパウダーは油分を多く含んでいるナッツ類なので、カロリーは高くなります。アーモンドプードルのカロリーは100gあたり598カロリーとなかなかの高カロリーです。ちなみに薄力粉は100gあたり367カロリーとこちらも炭水化物や糖質を多く含んでいるので高めです。

そして、お菓子には他にもバターや砂糖も使うので、カロリーには要注意です!

アーモンドプードルとは?健康に良いの?

アーモンドプードルの元アーモンドについて調べてみましょう。アーモンドには脂質が多く、ダイエットの敵に見られがちですが、実はその逆でダイエットの助けにアーモンドは大活躍なのです。

アーモンドは強い抗酸化力があります。また、アーモンドに含まれているビタミンEにはアイチエイジング効果もあります。さらにビタミンB2も多く含まれ、これは脂肪を燃焼するのに不可欠な栄養素です。

オレイン酸、リノール酸は血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす効果があるのです。心臓や、血液に不安を抱えている方は積極的に摂取しましょう。1日に一握りぶんのアーモンドを食べることをお勧めします。

アレルギーに注意しなければならないアーモンドプードルとは?

現在、子供から大人まで、様々な方が食物アレルギーを抱えています。卵、牛乳、そば粉、小麦粉など有名なアレルゲンですが、実はナッツ類もアレルギーの原因となるのです。現れる症状は様々ですが、アナフィラキシーショックや喘息など、重い症状が現れる場合もあります。

アーモンドなどのナッツ類は ヒスタミン遊離物質などを含むものがあります。つまりアレルギーの元を持っているということです。軽い症状では口腔のかゆみ、腫れ、蕁麻疹。さらに重くなると、アナフィラキシーショックや喘息などの症状が現れます。

もしそのような症状が現れたら、迅速に病院へ行くことをお勧めします。

見た目が違うアーモンドプードルとは?使い分けよう!

アーモンドプードルには二種類あります。皮付きと皮なしです。見た目も真っ白いのと、つぶつぶ茶色いものが混じっているのがわかると思います。

この2種類も作るお菓子によって使い方を分けます。マジパンやマカロンなど色を綺麗に見せるものには、皮なしを使います。一方焼き菓子は皮の香ばしさなどを際立たせるため、皮付きのアーモンドプードルを使うことが多いです。焼き菓子なので、皮のぶつぶつも目立ちません。

日頃の感謝を込めて作りたいアーモンドプードルを使ったお菓子、料理

可愛さ満点のマカロン

材料:卵白50g、砂糖20g、アーモンドプードル50g、粉砂糖90g、お好みの色の食紅少々、ガナッシュクリーム、ホワイトチョコ30g、生クリーム(植物性)大さじ4

作り方:①アーモンドプードルと粉砂糖をこしざるで3回こします。②ボウルに①を入れ、食紅を少々入れて、泡立て器でよく混ぜておきます。③卵白をボウルに入れ、砂糖を分量から、ふたつまみほど入れホイッパーで泡立てます。④メレンゲの泡が軽くたつくらいまで泡立てます。

⑤残りの砂糖を加えさらに泡立てます。⑥ツノがピーンと立つまでしっかり泡立てます。⑦食紅を混ぜたアーモンドプードル類をメレンゲに加えていきます。⑧切るように混ぜ、すくい上げるように混ぜるのを繰り返します。⑨粉っぽさがなくなったらゴムベラで泡をつぶすようにペターっと、ボウル全体を混ぜます。

⑩ペターっと混ぜる、すくって混ぜるのを何回かくり返すと、生地にツヤが出てきます、ヘラですくうとタラ〜っとリボン状に落ちればOK11/鉄板にクッキングシートを敷き、口金が丸の絞り袋で鉄板に絞り出します。12/絞り出した生地を乾かし、30分後触って何もついて来なければOKです。

13/130度に熱しておいたオーブンで25分焼きます。焼けたら冷まします。14/ホワイトチョコを細かく刻み、耐熱容器に生クリームと一緒にレンジ600wで20秒加熱します。15/よく混ぜてホワイトチョコを溶かします。16/冷やしながらツノが立つまで混ぜます。17/冷めたマカロン生地にクリームを挟んで出来上がりです。

シックな大人にはフィナンシェがおすすめ

材料:アーモンドプードル50g、薄力粉30g、バター65g、卵白2個分、粉砂糖70g

作り方:①バターを入れた鍋を中火にかけ、バターが褐色になるまで煮て焦がしバターを作ります。②熱いうちに焦がしバターをこします。③別のボウルに卵白と粉砂糖を入れ、泡立て器でよく混ぜます。この時、泡立てないように混ぜます。④アーモンドプードルと薄力粉を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。

⑤最後に焦がしバターを加えて、すくいながらよく混ぜます。⑥バターを塗ったフィナンシェ型に生地を流し入れ、170度のオーブンで15-20分焼いて出来上がりです。

糖質制限中におすすめの唐揚げ

材料:とりもも肉2枚、塩小1/2、生姜小2、にんにく2かけ、酒大2、醤油大1、卵1個、片栗粉大6、アーモンドプードル大6

作り方:①とりもも肉に塩を揉み込みます。②とりももを一口大に切ってボウルに入れ、生姜、にんにく、調味料を加え、1-2時間ねかします。③溶き卵をとりもも肉に絡めます。④片栗粉とアーモンドプードルを混ぜ合わせた粉にとりももをまぶします。

⑤フライパンに1/3油を入れ、もも肉の皮の方を下に並べ、火をつけます。⑥揚げ色がついてきたら裏返し、中まで火を通します。⑦よく火が通り、色もよくなったら、油を切りながら引き上げます。⑧お皿に盛り付け、レモンを添えたら出来上がりです。

アーモンドプードルとは何か知ることができた最後に

アーモンドプードルとは、美味しくて健康にもおすすめな食材です。アーモンドプードルとは何か聞かれた時にさらっと、プードルはフランス語で粉という意味だよと答えられたら、尊敬の眼差しで見られること間違いなし!

美味しくて体にも良いアーモンドプードルを知ることができました。これからアーモンドプードルを使う時が楽しみですね。是非おすすめのお菓子を作ってみてください。糖質制限している方も、お料理にアーモンドプードルを使ってみてください。

アーモンドについてもっと知りたい方へ

Thumbスイートアーモンドオイルの効果効能は?顔にも髪にも◎使い方まとめ
Thumbアーモンドオイルの効能や効果は?肌にもいいって本当なの?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-02 時点

新着一覧