ヒールで脚が痛くなる人必見!痛くならない対策や疲れない方法とは?

沢山の女性が、会社に行く通勤の際やプライベートで履いている方が多いと思います。しかし、ヒールを履くと脚が痛い感じたり、痛いだけでなく疲れてきたりしますよね。なので、今回そんな女性の為に、ヒールを履いても痛くならない対策や疲れない方法を紹介していきます。

ヒールで脚が痛くなる人必見!痛くならない対策や疲れない方法とは?

目次

  1. ヒールを履くと靴と違って痛いのはなぜ?
  2. ヒールを履くと痛い
  3. 痛いと感じないヒールの選び方
  4. ヒールを履くと脚が痛いのはもしかすると・・・。
  5. 脚が痛い外反母趾の予防法
  6. ヒールを購入する前に痛いと感じないか最後に歩きやすいかチェック!
  7. ヒールを履くと痛い!そのまま履いてはいけません
  8. ヒールで足が痛い!そんな方に痛くならない対策方法!
  9. ヒールを履くと痛い時はグッズを使おう
  10. ヒールを履くと脚が痛い!その時の為に筋トレしておこう
  11. 脚が痛い時は「魚の目・タコ」の対策もしておきましょう
  12. ヒールを履いたのにたまらなく脚が痛い!そんな時の応急処置方法
  13. ヒールを履いて痛いし、疲れてしまった時の方法
  14. ヒールを履いて痛い脚にはケアを
  15. ヒールを履くと脚が痛いまとめ

ヒールを履くと靴と違って痛いのはなぜ?

スニーカー靴より、ヒールのある靴の方が女性らしさがあって素敵ですよね。動きやすさや楽な面を重視すればスニーカー靴が最適だと思います。

しかし、ヒールのある靴だと脚が長く見えたり、スタイル良く見えたり、足首が細く見えたり、おしゃれ感がアップしたり、目立てたり等ヒールを履く事はメリットでしかありませんよね。しかし、いつの間にか気が付くとスニーカー靴ばかりになっている時があるかと思います。

その理由は簡単です。ヒールを履くと脚が痛いからなのです。脚が痛いだけならまだしも、ヒールわ履くと肩こりや冷え性、O脚にもなってしまうという事もあるのです。ヒールのある靴を履いて痛い思いを経験した方は多いかと思われます。他の女性からもヒール履いてて凄いなと思われるのはその痛い思い以前にしているからなのです。

ヒールを履くと痛い

なぜヒールを履くと痛いのか、その痛い理由を考えてみると、自分の脚に合わないヒールを履いていたりするからなのです。これは、脚をヒールに合わしているのではなくて、ヒールを脚に合わせていたり、ファッション重視になっているからなのです。

あとは、正しい姿勢で立っていなかったり正しい歩き方をしていない、重心のとり方が間違っている、ヒールの高さが変わっても同じ姿勢や歩き方のまま、ヒールの中でかかとがずれている。これはヒールのサイズが違った場合に多い事です。しっかりと自分にあっているヒールを選ぶ事が第1なのです。

痛いと感じないヒールの選び方

ヒールを履くのに1番大事なのはそのヒールの選び方になってきます。しっかりと自分に合ったヒールを選ぶ事で痛いと感じず、オシャレに女性らしくヒールを履きこなせるかと思うので頭に入れておいて下さい。

初めて履くヒールの際に、自分に合うヒールか考える

お店に行った時等、試しにヒールを履く時に合っているかどうかわかる方法があるので、履いた時にそうなっているか見て下さい。まずは、つま先に1cmほどの余裕があるかどうかです。つま先に余裕がなければ、ヒールを履いて歩いた時に爪や足の指が当たりやすくなって痛いと感じるのです。

次に、チェックする部分は脚の甲の部分がヒールにフィットするかどうかです。つま先を覆う部分に隙間があったり、逆に甲に食い込んでしまっていてもNGです。覆う部分が浅すぎてしまっても歩きにくいのです。甲がフィットし浅すぎないヒールを選びましょう。

最後にそのヒールに屈曲性があるかどうかです。かかとを上げて地面を蹴る時に、ヒールの底の部分が3分の1でしっかり曲がり、屈曲性に違和感なくフィットするかが大事です。ジャストフィットする靴はきつくてすぐに痛くなったり疲れるという考えは間違いです。脚と体の一体感が良いほど歩きやすく、脚のトラブルが少なくなり、足の形が失われにくいのです。

しっかりと歩けるヒール靴を選びましょう

ヒールのある靴の選び方として、ヒールは5cm程で安定感がしっかりあるヒールを選ぶ事が大事です。おすすめのヒールの高さは3cm以下で高くても5cm位がおすすめです。かかとに当たる部分を上から押してぐらつかないかチェックしてください。あと。前足の部分とかかとを持ちねじる様に左右に力を加えてもぐにゃっとならない強度があるかも大事です。

前足部分が厚底だと脚の指で地面をとらえてしまい蹴りだせなかったりします。脚が長く見える人気のデザインはなるべく避けましょう。そして、内張りが本革であることも大事です。通気性の点もあり、毛穴のある本革が良いと思います。外側は合皮や布生地でも、内側には本革が張られてあるタイプのものを選んでください。

ルブタンのヒールの高さってどのくらい?気になる価格もご紹介!

ヒールを履くと脚が痛いのはもしかすると・・・。

ヒールを履いて脚が痛いのは、もしかすると自分の脚が外反母趾なのかもしれません。外反母趾は、足の親指が外側に曲がる病気の事です。この親指の曲がり具合が酷くなると、脚が痛くて歩けなくなったり、脚が変形して普通の靴でさえも履けなくなるのです。痛くて無理な歩き方をしていると脚が疲れやすくなるのです。

疲れない様にする為に普段履きしている靴を見直す事が大切です。女の人は関節が柔らかく、そして比較的筋力が少ないので簡単に曲がってしまいやすいので女性が特に外反母趾になりやすいのです。

脚が痛い外反母趾の予防法

外反母趾の予防対策には足の指や関節に無理な負担をかけず疲れない様に自分の脚の形に合った適切で正しい靴を選ぶ事が何よりですが、根本的に足の裏の筋力を鍛えるのも非常に重要なので、基本的な予防法と考えれるのです。ヒールを履く場合は脚が前に滑らず、立った時も指先にゆとりがあり、指が動く、ヒールを履いたらあまり歩かないという事が大事になってきます。

ヒールを購入する前に痛いと感じないか最後に歩きやすいかチェック!

デザインがいいからといって、購入したとしても履いた時に痛いともったいないだけになります。最後に本当にこれで大丈夫なのか確認しましょう。歩く時に大事なのは、いつものスピードで歩き、固い所と柔らかい所を歩きましょう。まずはかかとがパカパカと抜けないかです。履いただけでは意外にわからないのが脱げやすさです。いつものスピードで歩き、チェックしてください。

土踏まずの部分が強く当たってしまったり、隙間が出来ていないことも確認しましょう。歩くと靴の側面が浮き、足との間に隙間があるのはジャストフィットしていない証拠なのです。しっかりとヒールを購入する前に歩きやすいかチェックしてください。そうすると自分に合ったヒールに出会えると思いますよ。

ヒールを履くと痛い!そのまま履いてはいけません

ヒールはもちろんおしゃれになれるアイテムですが、痛みや足が変形したりなどトラブルが多いのです。素足で履いたりしても脚が痛くなったり疲れます。しかし足に合わないヒールも状態に合わせたイメージなどを活用する事で足の形に合わせれるのです。つま先の裏が痛くなったり前が滑りやすく脱げたりする人はインソールを使う事がおすすめで疲れない様にもなります。

ヒールで足が痛い!そんな方に痛くならない対策方法!

多くの女性がヒールを履きますよね。しかし痛いと感じた事のある方が多いのかと思われます。「ヒールは痛いもの。」そうゆう風に納得していませんか?そんな事は無いのです。歩き方一つで快適にそして痛くならずにヒールを履けるおすすめの対策方法を紹介します。

ヒールの中敷きは真ん中に敷きましょう

足の指の付け根部分だけに体重がかかってしまうといろんな被害がでてしまう事もありますが、この方法はおすすめです。足の指の付け根と土踏まずの部分に足が靴の中ですべってしまうのを防ぐ為に小さめの中敷きを敷き、歩いた時にアーチ状になる様にしましょう。この時足指がしっかりと下についた状態で歩くのがポイントです。こうすると、自然に足の裏に隙間が出来、勝手にきれいで女性らしい歩き方になります。

ドライヤーを使ってみましょう

高価なヒールにはあまりおすすめ出来ない対策方法にはなってきますが、靴下を何枚か重ね履きした後にヒールを履きましょう。歩いた後足が痛いと感じる部分にドライヤーで軽く熱風を当ててみましょう。こうすると、生地自体が少し変形してその部分が余裕になります。靴ずれなどは足の形に合っていないから起きるもので、ドライヤーを当て靴を大きくする事で足に馴染ませる事が出来るのです。

普段している歩き方を意識しましょう

ヒールを履いている時の歩き方を意識するのも痛くならない対策方法の1つになります。ヒールを履いて歩く事に慣れていなかったり、靴自体が馴染んでいない時には出来るだけ小股を意識して歩く様にしてみて下さい。大股で歩く事によって姿勢が崩れるだけでなく、膝が曲がりがちになってしまって、見た目的にも美しくありません。

そもそも、重心もブレるので、痛いと感じる原因になるのです。小股で歩くと重心がブレルのも防げます。そして腕も出来る限り振らずに歩くのも重心をブラさない様にする為のポイントなので、姿勢を真っ直ぐにして重心をブラさない様に歩くという事を意識しましょう。

ヒールを履くと痛い時はグッズを使おう

グッズを使って脚の痛みを対策しましょう。100均で販売されている耐震用マットです。耐震用マットの使い道は地震が起きた時に家具等が動かない様にするマットです。しかし、これはヒールを履いた時に痛くならない様にするのに靴に貼ると足も前に滑らなくなるのです。1番歩きやすくなる場所に貼る事が大切です。

あとは出来る事として、つま先にクッションの様な物を入れる事によって指への負担を減らせるのです。アスファルトを歩くとアスファルトからの振動でも脚に負担がかかってしまうので、アスファルトからの振動を防ぐ為に靴の裏側に滑り止めを貼ると足への負担がなくなるのです。

ヒールを履くと脚が痛い!その時の為に筋トレしておこう

ヒールを履いて痛いのを予防したり、疲れない様にする為に脚で筋トレをしましょう。足の指でグーチョキパーをスムーズに出来ますか?どれか出来なかったりするとサボり気味の足の指があるかもしれません。足の指がサボっていると、ヒールを履いた時にグラグラしたり、猫背や靴が脱げやすくなったり、足の裏が痛くなりやすいのです。なので、まず筋力を付けましょう。

脚が痛い時は「魚の目・タコ」の対策もしておきましょう

靴を脱いだ時に指やその付け根あたり赤く腫れたり固くなったりしている部分はありませんか?それは魚の目やタコの予備軍なのです。放っておくと角質化が進んでしまいます。さらに悪化してしまうと痛みで歩けなくなることもあるので対策をしておきましょう。自分でタコを削ったり、魚の目をほじくったりすることはダメです。もし、靴などの原因が思い当たらない時は病院に行きましょう。

ヒールを履いたのにたまらなく脚が痛い!そんな時の応急処置方法

自分の足に合っている靴を履いていたり、痛くならない方法を試しても痛くなってしまう事がありますよね。痛いと感じてしまうと、足をかばう様な歩き方になってしまってさらに足を痛める原因に繋がるので、出来るだけ痛みを取り除ける対策方法をする事がおすすめです。靴選びや痛くならない様にした後でも、痛くなってしまった時の対策を知っているだけでも、さらに良い状態でヒールを履けますよ。

ストッキングや靴下を履きましょう

ストッキングや靴下を履くと、直接ヒールを履いて痛くなった部分を保護する事が出来るので、痛みを軽くする事が出来ます。靴ずれを起こしてしまった時に1番避けたいのが悪化させてしまう事です。靴ずれの状態でヒールを履き続けると、靴づれの場所はもちろん悪化してしまいますし、痛みを防ごうとして歩き方が不自然になって、靴ずれしていなかった部分まで靴ずれしてしまう原因にもなります。

ストッキングや靴下を履く事によって、靴ずれを起こしている所を保護する事が出来るだけでなくて、他の部分の靴ずれまでも防ぐ事が出来るのです。なので、ヒールを履く際はストッキングや靴下を履くか持ち歩くことが対策方法なのでおすすめします。

靴ずれしている部分に絆創膏やハンカチをあてましょう

ヒールを履いて痛いと思った場合、1度ヒールを脱ぎましょう。そうするとどの部分が靴ずれを起こしているのか、痛くなっているのかすぐにわかります。その部分に一重、二重に重ねた絆創膏を貼る様にし、ヒールと肌が直接触れない様に工夫をするだけでも靴ずれの痛みや悪化を少しでも軽くできます。

さらに良くするには、薄手のハンカチがある場合に靴の中に入れるとクッションの役割をしてくれるのでおすすめです。ヒールを履いて出かける時は、絆創膏やハンカチを持ち歩いて靴ずれを起こした時には安心して対処が出来るのでおすすめです。

痛い部分をマッサージしてあげる

足が痛くなってしまうと、疲労も積み重なってしんどくなってきます。足に疲労が溜まっていれば、それだけ足がダルい感じがしてさらに靴ずれをしてしまいやすくなってしまうので、出来るならヒールを1度脱いだ後に軽く脚をマッサージする事がおすすめです。マッサージすると、血流を良くし、足の疲労を取り除けます。

またヒールを履き続けるよりかは、靴を脱いで脚を開放してあげるだけでも脚にとってはかなり回復をする事が出来るのです。ヒールを履いて出かければ余裕な時に定期的にヒールを脱いで脚を休ませてあげましょう。

ヒールを履いて痛いし、疲れてしまった時の方法

ヒールを履くのはお洒落だったり、スタイルを良く見せる為になど、女性はヒールを好んで履く人が多いのかと思います。しかし、ヒールには履いていると足が疲れやすくなるというデメリットがあるのです。ヒールを履くと疲れるのはもちろんですが、少しでも疲れやすさを取り除きたいものですよね。これからヒールを履いても脚が疲れない方法を紹介していきます。

ヒールのサイズはぴったりな物を履きましょう

ヒールを履き疲れにくくする為には、自分の足のサイズにぴったりのヒールを履きましょう。パカパカであったり、逆にきつくてもそれだけで歩く時に無駄があり足に負担がかかりやすくなって疲れやすくもなるのです。なので、そうさせない為にも自分の脚にフィットするヒールを履く事で疲れない様にしましょう。

姿勢を良くして歩きましょ

ヒールを履いた際の歩き方はとても重要なポイントです。歩き方でヒールを履いた際の疲れに大きな差が出るのです。きちんと正しい姿勢で歩けば脚に対する負担を減らせるので体をまっすぐにして姿勢をよくして歩きましょう。直線に沿ってまっすぐに歩く事がおすすめです。猫背になってたり、がに股だと脚に負担がかかってしまい疲れやすくなるので、姿勢正しく歩くことが疲れないポイントです。

ヒールで長時間歩くのは出来るだけ避けましょう

いくら正しい姿勢で歩いたとしても、ヒールはつま先立ちの状態になっているので、普通のスニーカーよりかは疲れてしまいます。なので、なるべく長時間ヒールで歩く事は避けて下さい。ヒールを履くのはファッション重視する時だけ履く様にしましょう。歩く事が多い時は歩きやすいスニーカーで歩く事をおすすめします。それが疲れない対策にもなります。

高すぎるヒールは履かない

ヒールを履く時に高すぎるヒールは履かない様にしましょう。高くなると足脚の角度が大きくなってしまい、それだけ負担がかかるので疲れやすくなるのです。なので、ヒールを履く時は無理に高いヒールを履く事はやめましょう。疲れない様にもなりますよ。

ヒールを履いて痛い脚にはケアを

ヒールを履くと脚が痛くなりますよね。脚の筋力や関節に疲労が思っている以上に溜まります。ヒールを履いた後には脚にケアをしましょう。おすすめはゴルフボールを使ってのマッサージです。ゴルフボールに体重をかけてころころ動かすだけで大丈夫です。土踏まずを中心にして、ツボ押しの様に足裏をグリグリと刺激して下さい。こうするだけでヒールによって不自然に強ばった筋肉がほぐれて血行もよくなります。

ヒールを履くと脚が痛いまとめ

以上がヒールを履いた時に痛くならない対策や疲れない方法です。女性はヒールが憧れだったり大好きです。しかし、無理をしてヒールを履くと負担が大きいのもわかって頂けたのかと思います。デメリットがあるのはわかっていてもヒールは女性にとって必要不可欠なアイテムです。なのでいろいろな方法で快適にヒールを履きましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-12-05 時点

新着一覧