キャンドルネイルのやり方【ジェル・マニキュア別】スタンプも使って簡単に

カラフルさがフェミニンで可愛いキャンドルネイル。一度やってみたいと憧れるデザインですよね。実はこのキャンドルネイル、とっても簡単に出来ちゃうんです。そこで、ジェルとマニキュアでのやり方の違いとおしゃれなデザインを紹介します。

キャンドルネイルのやり方【ジェル・マニキュア別】スタンプも使って簡単に

目次

  1. 幻想的で可愛いキャンドルネイル!
  2. ジェルとマニキュアはどう違うの?
  3. ジェルならぷっくりとした可愛いキャンドルネイルに!
  4. マニキュアで簡単おしゃれなキャンドルネイル
  5. 簡単時短!スポンジで出来ちゃうキャンドルネイルのやり方
  6. おしゃれで可愛いボーダー状のデザインのやり方
  7. ジェルネイルを張り付けたキャンドルアートデザインのやり方
  8. 今年流行りのピンクカラーベースのキャンドルネイル
  9. 派手さがおしゃれなレッドベース
  10. 幻想的なパープルベースで大人っぽく
  11. 夏にぴったり!涼しげなブルーベース
  12. 優しいグリーンベースのキャンドルネイルも
  13. 明るいイエローベースでお花みたいなキャンドルネイルに
  14. ホワイト多めでフェミニンなキャンドルネイルに
  15. キャンドルネイルにぴったりのデコレーションパーツは?
  16. 意外と合う!スタンプを使ったキャンドルネイル
  17. セルフで出来る!おしゃれで可愛いキャンドルネイル

幻想的で可愛いキャンドルネイル!

グラデーションキャンドルのように幻想的でおしゃれなキャンドルネイル。トップコートをマットにすることでグラデーションネイルやマーブルネイルとは一味違った可愛さがありますよね。

一昨年頃から流行り始めましたが、まだまだその魅力は劣ることなくtwitterやinstagramでも現在進行中で様々なデザインのキャンドルネイルがUPされています。そこで、あらためてキャンドルネイルのやり方と可愛いデザインを紹介したいと思います。

ジェルとマニキュアはどう違うの?

キャンドルネイルと言えばジェルで作ることが多いですが、実はお家にあるマニキュアでも簡単にセルフで作れるんです。そこで、ジェルとマニキュアの違いを先に少し紹介します。

ジェルネイルの特徴は?

ジェルネイルはゲル状の樹脂を硬化して作るネイルのことです。非常に透明感のあるふっくらとしたネイルになるのが特徴です。

一度UVライトで硬化してしまえばすぐに触ることが出来ますし、硬くて丈夫なので2~3週間は剝がれることなくきれいな状態を保てます。ただし、剥がすときにはリムーバーでは落ちないので専用のファイルで削っていく必要があります。

マニキュアの特徴は?

マニキュアはアクリルなどの合成樹脂を有機溶剤に溶いたネイルです。光沢感があり、ラメなどの入った質感が特徴です。

塗ってから乾くまでにはかなりの時間がかかり、有機溶剤の刺激臭があるのが難点です。ベースコートやトップコートをしっかり行ってもジェルよりは長く持ちません。しかしネイルリムーバーを使えばすぐに落とすことが出来るので、短期間だけネイルを楽しみたい方やデザインを頻繁に変えたい方にはおすすめです。

ジェルならぷっくりとした可愛いキャンドルネイルに!

ジェルを使ったキャンドルネイルはこんな風にぷっくりとした可愛らしい雰囲気になります。発色もきれいで透明感のあるネイルになるので指や爪を美しく見せてくれる効果もあるんですよ。

こちらも女性らしいフェミニンなジェルネイルです。ピンクベースのカラーが大人っぽくきれいなデザインですね。キャンドルネイルの特徴でもあるホワイトのラインが透明感と立体感を出していてとてもおしゃれです。結婚式などにもおすすめのデザインですよ。

ジェルのキャンドルネイルのやり方

こちらがジェルのキャンドルネイルのやり方です。ジェルネイルの場合、長持ちさせるために甘皮や爪のベースがとても重要になってきます。爪を痛めることにもなってしまうので動画のように必ず行ってくださいね。そして肝心のキャンドルネイル。ベースカラーを塗った上にマーブル上に色を乗せて混ぜるだけ!こんな簡単に出来ちゃうんです!

マニキュアで簡単おしゃれなキャンドルネイル

マニキュアで作るキャンドルネイルもジェルと変わらず幻想的で可愛いですよね。こちらはブルーをベースにしたネイルで、イエローとホワイトの3色で出来ます。ジェルよりも色が混ざりやすく凹凸が出来やすいですが、それはそれでマニキュアの良さでもあるのでおしゃれですよ。

色が混ざりやすいマニキュアはたくさんの色を使ったキャンドルネイルをすることも出来ます。淡い色でまとめればパステルカラーで可愛いですよね。ブルーとホワイトの2色だけでも光沢のあるきれいなカラーになるのでおすすめです。

マニキュアのキャンドルネイルのやり方

こちらがマニキュアで出来るキャンドルネイルのやり方です。グラデーションになるように上から順番に色を重ねていき、最後に竹串でキャンドルの模様を付けていくだけで出来上がります。乾かないようにたっぷりと、でも薄めにマニキュアを塗るというのが少し難しいですが、きれいな模様が出来るのでおしゃれですよ。

簡単時短!スポンジで出来ちゃうキャンドルネイルのやり方

簡単に出来るキャンドルネイルのやり方として、スポンジを利用したネイルがあります。スポンジに色を乗せて爪に当ててポンポンするだけ!時短でおしゃれに出来ちゃうんです。

こちらがスポンジを使ったキャンドルネイルです。ピンクとホワイト、パープルをスポンジに染み込ませて爪にポンポンすれば、おしゃれなネイルの出来上がりです。これはマニキュアを使ったセルフネイルによく使われるやり方で、爪の周りに付いたネイルもリムーバーでOFFしてしまえばきれいに仕上がります。もちろんジェルでも、爪の周りをあらかじめカバーしておけば出来ますよ。

こちらがスポンジを使ったネイルのやり方です。動画ではグラデーションネイルを作っていますがやり方は一緒です。スポンジにたっぷりと液を染み込ませて爪にスタンプするだけ!仕上げにホワイトで線を付けてマットコートをすればキャンドルネイルになりますよ。

おしゃれで可愛いボーダー状のデザインのやり方

キャンドルネイルにはぼやっと色が混ざったものから、はっきりとしたボーダーデザインのものがあります。ジェルネイルではボーダーデザインが多いですよね。

こちらがボーダーデザインのキャンドルネイルです。フェミニンで可愛い定番カラーのピンクとパープル、白のカラーがおしゃれですよね。割とはっきりとしたボーダーで、ホワイトのラインも端から端までキッチリと書かれていますね。

こちらがボーダーのキャンドルネイルのやり方です。ジェルネイルなので上から順番にボーダーで塗った後、一度硬化してどんどんと上から色を重ねてキャンドル風のぼやかしを付けていきます。重ねていくことで立体感のあるボーダーが出来ていてとてもきれいですね。

ジェルネイルを張り付けたキャンドルアートデザインのやり方

キャンドルネイルではスタッズやモチーフデコの付いたデザインも人気ですが、特にジェルネイルを切って貼り付けたデザインのものもおしゃれでよく使われています。立体感のあるキャンドルネイルが作れるのでおすすめです。

これがそのキャンドルネイルのデザインです。白い紙のようなものが貼り付けられていますよね。まるでキャンドルの中に何か入っているような立体感のあるネイルになっていますよね。

ジェルネイルを張り付けるキャンドルネイルのやり方です。普段通りにキャンドルネイルを作った後に、別のシートで硬化しておいたジェルネイルを切って貼り付けるだけで出来ちゃいます。何回かコートを塗りなおしてネイルを重ねて塗っていくことで透明感のある立体ネイルが出来ていてとてもおしゃれですね。

今年流行りのピンクカラーベースのキャンドルネイル

お花のモチーフが付いたピンクのキャンドルネイルが春らしくてとても可愛いデザインです。ピンクとホワイトをドットに置いて混ぜるやり方のネイルなので、ピンクの発色がよくてフェミニンな雰囲気になっていますね。

こちらもピンクが可愛いキャンドルネイルです。パープルに近い落ち着いたピンクを使うことで大人っぽい雰囲気のあるデザインになっていますね。ホワイトの線をはっきりと付けて濃いピンクやパープルのネイルを花弁のようにポンポンと付けるだけで和柄のようになっているのがおしゃれです。

派手さがおしゃれなレッドベース

赤いネイルは少し派手すぎて苦手・・・という方にはキャンドルネイルがおすすめです。ホワイトを混ぜてマットな仕上がりにするので、レッドベースでも柔らかい雰囲気になります。爪の先をホワイトにするグラデーションとジェルを張り付けたデザインがおしゃれですね。

こちらもレッドベースのキャンドルネイルです。ボーダーのデザインなのでホワイトの割合も多く、派手になりすぎないのがいいですね。すべての爪を同じ柄にするのではなく、アクセントとして付けているのも大人っぽくておしゃれです。

幻想的なパープルベースで大人っぽく

パープルをベースにすればより幻想的なキャンドルネイルが出来ますね。ホワイトやブルー、イエローを混ぜることでまさにキャンドルのような立体感のあるデザインになっていますね。ネイルテープがいいアクセントになっていておしゃれです。

こちらも淡いパープルが幻想的なキャンドルネイルです。意外とはっきりとカラーの境目を分けてホワイトの線を入れているので、立体感はないですがおしゃれなデザインになっていますね。モチーフデコのアクセントになっていて可愛いです。

夏にぴったり!涼しげなブルーベース

鮮やかなブルーが海のようできれいなキャンドルネイルです。スポンジをスタンプしたような、かなりカラーの混ざったデザインになっているので落ち着いた大人っぽい雰囲気のある仕上がりになっていますね。ホワイトのネイルも合わせているのでクールな上品さもあって素敵です。

こちらはブルーベースのフットネイルです。ブルーだけじゃなく明るいカラーも入れたレインボーデザインになっていてとても可愛いですね。こちらもスポンジスタンプでも簡単に出来そうですし、セルフでチャレンジしてみてもいいかもしれません。

優しいグリーンベースのキャンドルネイルも

淡いグリーンをベースにしたカラフルなキャンドルネイルです。あまりカラーを混ぜずに、仕上げのホワイトをスポンジでポンポンと傷を付けるようにデザインすることでカラフルなのに落ち着いた雰囲気のあるネイルになっていますね。和柄っぽい感じも大人っぽくて素敵です。

こちらは少し明るいめのグリーンを使ったキャンドルネイルで、イエローやブルーを少し混ぜて透き通った海のようにきれいなカラーを作っていますね。他の指も合わせてグラデーションになっているのがきれいでおしゃれですね。

明るいイエローベースでお花みたいなキャンドルネイルに

イエローをベースにするとお花畑のような華やかな雰囲気のキャンドルネイルになりますね。ピンクやホワイト、ブルーを合わせてカラーをはっきりとさせることで一味違ったキャンドルデザインになっていて可愛いです。

こちらもイエローとピンクを使った華やかなキャンドルネイルデザインです。ピンクとイエロー、オレンジが同じくらいの割合でグラデーションされているのできれいなボーダーになっていますね。ホワイトラインを滲ませているので派手になりすぎない落ち着いたカラーになっています。

ホワイト多めでフェミニンなキャンドルネイルに

ホワイトがかなり多めのキャンドルネイルもフェミニンで可愛いですね。ジェルネイルをセルフで作っていて、トップコートもかなりマットな感じに仕上げているのでフワフワとした雰囲気がおしゃれなデザインです。カラーは春っぽいですが冬ネイルとしてもおしゃれですね。

こちらは透明感のあるホワイトがベースのキャンドルネイルです。爪の先か根元のどちらかにカラーを寄せてグラデーションを作っているので派手になりすぎず大人っぽいデザインになっています。ジェルネイルならではの透明感もあるので夏にぴったりの涼しげな雰囲気がありますね。

キャンドルネイルにぴったりのデコレーションパーツは?

キャンドルネイルはそのデザインだけでももちろんおしゃれで可愛いですが、すべての指が同じデザインだと、ベースカラーによってはぼんやりとして見えてしまうこともあります。そこで、デコレーションでアクセントを付けるのもおすすめなんです。

こちらは形は一緒ですが大きさやカラーの違うラインストーンです。せっかくのキャンドルネイルですから、カラーを活かすためにあまり大きいものを付けるのはおすすめしませんが、キャンドルネイルをしていない単色ネイルには大きいストーンでアクセントを付けるのもいいですね。

こんなモチーフのデコパーツを使うのもおすすめです。キャンドルネイルは幻想的なデザインが多いので、例えばブルーベースのネイルに貝殻や星のモチーフを付ければ海や星空を表現できますし、ピンクベースのネイルにお花モチーフを付ければ桜のようにも見えますよね。

意外と合う!スタンプを使ったキャンドルネイル

簡単に出来るスタンプデコも人気があります。キャンドルネイルなのにスタンプ?と思われがちですが、意外とこれがおしゃれなんです。

こちらがそのスタンプデコのキットです。模様の付いたイメージプレートの上にネイルを塗って、スタンプのスクレーパーを押し付ければ、スクレーパー自体に模様が付くので、今度はそれを爪に押し当てるだけできれいなデコレーションが出来上がるんです。手間をかけて描かなくてもいいのでおすすめですよ。

そしてこれがキャンドルネイルにスタンプデコを付けたものです。幻想的なキャンドルネイルにバラの花がよく合いますね。こうやって爪全体に付けてもいいですし、お花の一部分だけを上手くスタンプするデザインもおしゃれですよ。

こちらはブルーベースのキャンドルネイルに雪の結晶を付けたきれいなデザインです。きれいなグラデーションとホワイトのスタンプが雪が降り積もっていくようでとてもおしゃれですね。冬にぴったりのキャンドルネイルです。

セルフで出来る!おしゃれで可愛いキャンドルネイル

いかがでしたでしょうか?幻想的なキャンドルネイル、一度やってみたことがある方も、初めて知った方もこれを機にチャレンジしてみませんか?幻想的できれいなので派手になりすぎず、結婚式や落ち着いた場にも向いているデザインです。

キャンドルネイルのやり方もいくつか紹介しましたが、ジェルでよく使われているやり方やマニキュアでよく使われているやり方とがありますが、基本的にはどんなやり方でもおしゃれに仕上がりますよ。少し凸凹しても上手くホワイトラインが出せなくても、それもまた味のあるデザインなんです。正解なんてないんですよ。是非、自分好みのキャンドルネイルを作ってみてください。

もっとネイルについて知りたい方はこちらへ

Thumbオーロラネイルのデザインまとめ!自宅で簡単にできるセルフのやり方
Thumb天然石ネイルのやり方は簡単!パーツの乗せ方も紹介します!
Thumbデニムネイルのやり方を紹介!簡単に出来るコツはスポンジ?
Thumbリキュールネイルの塗り方&グラデーションのやり方まとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-23 時点

新着一覧