結婚式の二次会の服装は?女性向けのマナーとコーデ画像を紹介!

あなたは結婚式の後の二次会の服装について迷うことはありませんか?結婚式の二次会の服装には女性向けのマナーが決まっています。今回は結婚式の二次会に着ていく女性の服装のマナーや、二次会におすすめのドレスなどを画像でご紹介していきます。

結婚式の二次会の服装は?女性向けのマナーとコーデ画像を紹介!

目次

  1. 結婚式の二次会、あなたなら何を着ていきますか?
  2. 結婚式の二次会の女性の服装のマナーとは?
  3. 二次会の女性の服装で忘れてはいけない靴のマナー
  4. 結婚式服装マナー~ストッキング編~
  5. 小物にもマナーあり!女性は小物にも気を抜けない!
  6. 知っておきたい!結婚式の女性のヘアアレンジマナー
  7. ヘアアクセサリーのマナーを知ろう!
  8. 女性の服装のおしゃれは爪の先まで!ネイルのマナー
  9. おすすめの二次会の服装~ワンピース編~
  10. 二次会におすすめの服装~パンツスタイル編~
  11. ママでもおしゃれ!二次会におすすめの服装
  12. みんなはどんなアクセを選んでる?結婚式おすすめアクセ
  13. 二次会にも便利!サブバックのマナーと選び方
  14. 出かける前に確認して!結婚式の持ち物リスト
  15. 二次会から招待された場合のマナーとは
  16. 結婚式も二次会もマナーを守って華麗な女性に変身

結婚式の二次会、あなたなら何を着ていきますか?

これからの春夏の暖かい季節は絶好の結婚式シーズンです!結婚式や披露宴だけでなく、付き合いで二次会まで参加する機会も増えますね。みなさんは、結婚式の二次会には何を着ていきますか?お呼ばれの服装に悩む女性も多いはずです。

実は、結婚式のみだけでなく、二次会にも女性の服装のマナーがあるんです!今回は、結婚式の二次会用の女性の服装のマナーとおすすめのドレスを画像でご紹介していきます。

Thumbどのドレスブランドにしよう?悩んだら人気を選べ!日本・海外のおすすめ

結婚式の二次会の女性の服装のマナーとは?

二次会もドレスワンピース!女性の服装のマナー

結婚式と同様に、二次会でも一番適している女性の服装はフォーマルワンピースやドレス、スーツとされています。サテン生地などの艶があって華やかな素材のものがベストです。

二次会と結婚式の女性の服装のマナーの違いは、フォーマルワンピースやドレスでなく、お出掛け用のワンピースでの参加も認められているところです。スカートのドレスのみならず、パンツスーツでの参加もオッケーです。

二次会は柄物のドレスも大丈夫です!

結婚式よりも女性の服装のマナーが緩いので、お洒落を楽しむことが出来ますね!

披露宴より砕けた服装可!しかし二次会も白と露出はマナー違反!

結婚式でも、二次会でも、白い服装を避けるのが一番大切なマナーです。結婚式では、花嫁だけが白いドレスを着ていいとされています。

ドレスコードが白という場合を除いては、白のドレスやワンピースは避けましょう。また、あまりに露出が高い服装も失礼にあたります。服装のマナーを頭に入れて、新婦よりも目立つことのない、きちんと感のある服装を心がけましょう。

二次会の女性の服装で忘れてはいけない靴のマナー

二次会の服装に合わせるなら女性らしいヒールがおすすめ!

女性の靴は、ヒールがあるものを履くのがマナーです。ドレスとの色味を合わせて、きちんと感があるものを選びましょう。

素材は、品のあるスエードや艶のあるエナメル素材のものがマストです。結婚式や二次会の服装のマナーを考えるときは、足元まで気を抜かずにお洒落を楽しみましょう。

つま先の開いた靴はマナー違反!

二次会のマナーとして気を付けたいのが、つま先の開いた靴です。いくら素敵なヒールでも、サンダル、ミュールはマナー違反とされています。ブーツも同様にNGです。

結婚式服装マナー~ストッキング編~

正装するときには生足を隠し、ストッキングを着用するのがマナーとされています。フォーマルな場所ではベージュなどの肌の色に近いものがベスト。最近は色々なデザインが出ているので、ワンポイントのラインストーンや、少しラメが入って華やかなものなど、お気に入りのストッキングでおしゃれを盛り上げましょう。

また、黒いドレスに黒いストッキング、黒い靴、といった黒づくめのコーデも禁止です。黒づくしの服装はお葬式を連想させ、不祝儀とされてしまうのでマナー違反とされています。

小物にもマナーあり!女性は小物にも気を抜けない!

女性の二次会バックは小ぶりが安心。

忘れてはいけないのがバックやアクセなどの小物マナーです。バックは、結婚式と同様に小振りなパーティーバックを用意しておけば安心です。昼のフォーマルにはサテンなどのシンプルなデザインのものを、夜のフォーマルはビジューやゴールドなどを使ったラグジュアリーなデザインの物を選ぶといいです。

流行りのクラッチなど、時間帯に合わせて服装のアクセントになるおしゃれなものを選びましょう。

結婚式とは違い、アクセサリーは大降りな物や、キラキラ光るものを選んでも大丈夫です。

服装は、アクセサリーで大きく印象が変わります。それを利用して、挙式や披露宴と同じ服装でも、二次会前ににアクセサリーだけ取り替えてイメチェンを狙ってみるのも良いですね!

服装マナー違反の二次会小物とは?

結婚式も二次会も、『喪』をイメージするとしてブラックパールのアクセサリーは禁止されています。

服装に合わせるバックも、革製品のバッグや大きいもの、ファーはNGです。あくまでも、品のある服装を意識しましょう。

知っておきたい!結婚式の女性のヘアアレンジマナー

女性のヘアアレンジは結婚式の注目の的!

結婚式や二次会で女性の服装で意外と注目されているのが髪型です。結婚式や二次会など場には『きちんと感』があるヘアアレンジが求められます。

ショートヘアの方も、セットなしのヘアスタイルでの参加はマナー違反です。せっかくのおめでたい日なので、つやのある華やかなヘアアレンジを心がけましょう。

Thumbパーティーヘアアレンジは自分で簡単に!お呼ばれマナーにあわせて可愛いく

ヘアアクセサリーのマナーを知ろう!

最近は自分でヘアアレンジする方も増えています。自分でセットするときも、あまりにもおおぶりで新婦より悪目立ちするもの、白、ファーのヘアアクセサリーはマナー違反なので避けるようにしましょう。

女性の服装のおしゃれは爪の先まで!ネイルのマナー

結婚式や二次会ネイルは服装に合わせて清楚に!

結婚式などのお呼ばれで意外とわからないのがネイルのマナーですよね。結婚式や二次会のネイルは、決して花嫁より目立たないように清楚で清潔感のあるものを選ぶのがマストです。

一般的に、誰が見ても失礼のないベージュかクリア、ピンクを選ぶのが無難です。フレンチネイルに少しだけパールやラインストーンを乗せたものなどがおすすめです。式や披露宴に参加せず、二次会だけの場合は特にルールはありません。新郎新婦に不快感を与えないデザインであれば、ストーンなどで多少派手目にしてもOKです。

キャラやダークカラーは結婚式のマナー違反

結婚式や二次会にキャラのついたネイルはNGとされています。

また、ダークカラーのネイルや長すぎる爪、つけすぎのラインストーンは悪目立ちで不快感を与えてしまうので避けましょう。

親族の結婚式ネイルのマナーとは?

親族は、基本的に『呼ばれたゲスト』ではなく『招待者』としてのポジションになります。ネイルをする場合はできるだけシンプルに。フレンチなどのさりげないものにするように心がけてください。

おすすめの二次会の服装~ワンピース編~

サテンの艶めきが女らしさを演出

ウエストのリボンがスタイルアップしてくれる黒のバルーンサテンワンピースです。腕のレースが今年っぽいですね。二の腕を出したくない方にもおすすめです。ストールを羽織る必要がないので、動きやすく二次会でも疲れません。

パステルピンクで柔らかく女性らしい印象に

春らしいピンクと黒のベルトがフェミニンな雰囲気のドレープワンピースです。フレンチスリーブが二の腕をほっそりと見せてくれます。白のバッグが清楚なアクセントに。春夏の結婚式にぴったりのコーデです。

デコルテ見せで女性らしさをアピール

丸く広めにあいた胸元から見えるデコルテがセクシーなレースワンピースです。上品ネイビーが清楚さを演出。袖口のリボンが腕をほっそりと見せてくれます。

定番の結婚式コーデは間違いなし!

ネイビーのシンプルなワンピースにアイボリーのボレロを合わせた定番スタイルです。ネイビー×アイボリーは年齢を問わず人気の組み合わせ。バックや靴も同じ色味で合わせたら、はずさない結婚式コーデの出来上がりです。

大きめフレンチスリーブがエレガント

こちらは今おしゃれ女子が注目のアイスブルーのワンピースです。首元のレースの切り替えと袖のワイドなフレンチスリーブがおしゃれ。ワンピース一枚なのにストールを羽織っているような、エレガントで女性らしい一枚です。

こちらはサーモンピンク×黒の甘辛ワンピースコーデです。結婚式ではシンプルにこのままで。二次会にはゴールドの派手目のアクセを取り入れてイメチェンしてみるのも素敵です。

二次会におすすめの服装~パンツスタイル編~

ケープ風で二の腕が気にならない

流行りのケープ風のデザインが大人っぽいパンツドレスです。ケープ風の袖口は適度に二の腕をカバーしてほっそりと見せてくれます。

レースカーデで女性らしさをプラス

どうしてもクールでボーイッシュになりがちなパンツドレスに、レースカーデをプラスして女性らしい柔らかいイメージに変えました。パンツドレスは、羽織りものをうまく使ってお好みの印象に変えてみましょう。

ガウチョでスタイルアップ

こちらは流行りのガウチョのオールインワンドレスです。胸元がvネックでお顔をほっそりと見せる効果が期待できます。適度なウエストマークによりスタイルアップが期待できるコーデです。高めのヒールと合わせてクールに着こなしましょう。

小物を効かせて引き締める

こちらはバックのクロススタイルが美しいパンツドレスです。どうしてもカジュアルになりがちなパンツくタイルは、小物にパンチを効かせてアクセントにするとラグジュアリーに決まります。

ママでもおしゃれ!二次会におすすめの服装

いつもは育児に時間をとられてなかなか自分に手がまわらないというママさんも多いはずです。でも、結婚式の時くらい、ママでもおしゃれしてみたいですよね!今回は、お子様と一緒に出席されるママにぴったりな服装をご紹介していきます。

結婚式よりもラフな二次会。子連れには動きやすさを重視したいですよね。ストールは抱っこの時に邪魔になるし、しゃがんだりしても安心で、更に気になる二の腕やお腹まわりをカバーできる服装をしたい・・。そんなママ達の願いを叶えるのにおすすめなのがロングワンピースドレスです。

フレンチスリーブが二の腕をカバーし、ウエスト部分にふわっとゆとりを持たせているので、お腹もしっかりカバーしてくれます。抱っこしたり屈んでも足が見えないので安心ですよね。

一番動きやすいのはパンツスーツです。アクセとバックの小物使いでシンプルで清楚なスタイルを実現できます。

みんなはどんなアクセを選んでる?結婚式おすすめアクセ

昼間はシンプルなパールで決まり!

昼間のアクセサリーはシックな雰囲気のものがおすすめです。パールや珊瑚、光を抑えたラインストーンなどが似合います。中でも、冠婚葬祭に万能なパールは、昼から夜にかけての結婚式にもぴったり重宝します。

夜はきらめきゴージャスに!

夜の二次会にはゴージャスなきらめきをプラスしましょう。ダイヤモンドの輝きや、大きめビジューやラインストーンのアクセサリーでラグジュアリー感をget!

ゴールドも、大人のきらめきでドレスをランクアップさせてくれます。

二次会にも便利!サブバックのマナーと選び方

基本的に、結婚式会場に持ち込めるのはパーティバックのみです。最低限の荷物だけパーティバックに入れて、残りはサブバックでクロークに預けるようにしましょう。サブバックには、トート型で、サテンなどのお祝いにふさわしい光沢感のある生地のものを選んでください。

冠婚葬祭に使えるので黒が一番便利ですが、ドレスやパーティバックの色味に合わせるとコーデがおしゃれに決まります。サイズはA4が多いですが、着替えなどの荷物が多い時にはボストンタイプのものでもかまいません。小さいお子様がいる方は、特例で会場へのマザーズバックの持ち込みが許されています。

綿や麻、ビニール素材のバック、紙袋は結婚式のマナーとしてNGです。パーティーバックの大きさやデザイン、色味のバランスを考えて、センスのいいトータルコーデを目指しましょう。

出かける前に確認して!結婚式の持ち物リスト

1.招待状

開始時刻や会場までの地図など大事な情報がいっぱいです!

2.ご祝儀&ふくさ

必ず持っていかなければならないご祝儀は、前日からしっかり確認して用意しておきましょう。ふくさは冠婚葬祭で利用できるので、社会人なら一枚は用意しましょう。

ご祝儀袋のマナーはこちらで詳しく紹介されています。

3.ハンカチ、ティッシュ

感動の涙を流した時の必需品のハンカチ。色々使えるティッシュとセットでバックに忍ばせておくと便利です。

4.カメラ

シャッターチャンスが多い結婚式や二次会。スマホでも撮影はできるけど、やはりカメラで撮った写真は一味違います。大事な場面をバッテリーきれで逃すことのないように、あらかじめフルに充電しておくのをお忘れなく。もしもの為に予備のバッテリーや充電器を持っていくと安心です。

5.携帯電話、スマホ

カメラや動画の撮影はもちろんのこと、久しぶりに再会した友人や新しい出会いの連絡先の交換に役立ちます。

6.メイク道具

ついつい盛り上がって二次会に着く頃にはメイクがヨレヨレなんていうこともしばしば。崩れた時に必要な道具を吟味して、メイク道具を忍ばせておきましょう。かさばるときは、サンプルなどを使うと荷物が小さくて済むのでおすすめです。

7.財布

予定より早く着いた時の時間つぶしなど、何かあった時のためにお財布は必要です。普段長財布を愛用している方は、小さいパーティバックを使う場合は小さい財布に入れ替えると便利です。二次会までの空き時間や、二次会後のタクシー代などを予測して、お金を多めにいれておくようにしましょう。

8.予備ストッキング

普段使わないアクセサリーやネイルをしていって、ついつい引っ掛けて伝線させてしまうというトラブルが多発するストッキング。予備があると安心ですね!特に子持ちの方は不慮の伝線に備えて予備を忘れないようにしましょう。

9.絆創膏

ドレスなどの服装に合わせた履き慣れないヒールで靴擦れをおこしてしまったときの必須アイテムが絆創膏です。自分以外にも、分け合える絆創膏は忍ばせておいて損はありません。

10.バックハンガー

意外と狭いことが多い披露宴。背もたれにバックが置けない時に活躍すすのがベックハンガーです。これがあればバックの置き場所に困りません。

その他に、余裕があれば手鏡、エコバック、ヘアピン、ヘアワックス、行き帰り用の靴などがあれば更に便利です。

二次会に必要なものとは??

女性が二次会に必要なものは、会費、招待状、カメラ、財布、携帯電話、カメラ、充電器、ハンカチ・ティッシュ、常備薬、ストッキング、化粧品、バックハンガー、エコバックです。結婚式とさほど変わらないですね!

二次会から招待された場合のマナーとは

挙式、披露宴は参加せず、二次会だけに参加する場合はご祝儀は不要とされています。どうしても渡したい場合は事前に渡すようにしてください。当日に受付で渡すのはマナー違反です。

会費を渡す際は、包まずそのまま受付に渡しても大丈夫です。新札ではなくきれいめのお札で、ぴったりの金額で渡すようにしましょう。

結婚式も二次会もマナーを守って華麗な女性に変身

今回は、結婚式の二次会の女性のマナーや、おすすめのコーディネートを画像付きでご紹介してきました。靴やアクセ、バッグなどの小物など、二次会マナーは理解できましたか?

たくさんおしゃれな服装がありましたが、あなたはワンピースとパンツスーツのどちらが気に入りましたか?二次会は結婚式よりも融通がきくものの、公の場なので、服装や髪型にはきちんと感が大切です。時間帯や、場所に合わせてお気に入りの服装を見つけてみてください。

二次会のマナーを守り、おしゃれをして二次会を楽しんでくださいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-07-19 時点

新着一覧