グリーンスムージーでダイエット!その効果と痩せるレシピを徹底調査!

様々なダイエット法があり、どのダイエットが効果があるのか気になりますよね!話題のグリーンスムージーダイエットをご存知ですか?グリーンスムージーダイエットで痩せた!という口コミで話題のダイエット法です。グリーンスムージーの効果やおすすめレシピについてまとめます。

グリーンスムージーでダイエット!その効果と痩せるレシピを徹底調査!

目次

  1. グリーンスムージーダイエット効果が話題らしい!
  2. グリーンスムージーダイエットとは?効果も気になる!
  3. グリーンスムージーダイエットの効果とは?
  4. グリーンスムージーのダイエット効果に期待!やり方は?
  5. グリーンスムージーダイエットはいつやるのが効果的?
  6. グリーンスムージーダイエット効果アップの注意点は?
  7. グリーンスムージーダイエットはミキサーで作るべし!
  8. グリーンスムージーダイエット効果半減?入れてはいけない野菜は?
  9. 野菜が苦手な人に!グリーンスムージーダイエットの効果抜群レシピ!
  10. 効果に期待!基本のグリーンスムージーダイエットレシピ!
  11. グリーンスムージーダイエット初心者におすすめレシピ!
  12. 痩せる効果に期待!青汁の粉でグリーンスムージーダイエットレシピ!
  13. 風邪予防とダイエット効果!グリーンスムージーダイエットレシピ!
  14. 美肌効果にも期待!グリーンスムージーダイエットレシピ!
  15. グリーンスムージーダイエットで痩せる!効果まとめ

グリーンスムージーダイエット効果が話題らしい!

色々なダイエット法が話題になり、どんなダイエット法が効果があるのか気になりますよね!最近ではグリーンスムージーダイエット効果で痩せた!とクチコミで話題です。グリーンスムージーダイエットとはどんな物でどんな効果があるのでしょうか。グリーンスムージーの効果やダイエット方法が気になります!

グリーンスムージーダイエットは、ミキサーに野菜をかけて作ります。ミキサーにかけることで、野菜の細胞壁が壊れ、吸収、消化の促進効果が期待できます。ダイエットというと即効性の効果を求める人が多いのですが、このグリーンスムージーダイエットはコツコツ続けることが効果を出すために大切になってきます。続けることで年齢を感じない健康でバランスの取れた体型を手に入れられるそうです。リバウンドの心配があるダイエットも多いのですが、長い期間じっくりと続ける事でリバウンドし難いところも人気の理由です。

グリーンスムージーダイエットとは?効果も気になる!

そもそも、グリーンスムージーとは何でしょうか。野菜ジュースと何が違うの?と疑問に思う人も多いと思います。野菜ジュースとグリーンスムージーの違いは何でしょうか。野菜ジュースにはトマトやにんじんなどを使用しますが、グリーンスムージーには「生の葉野菜と果物と水」のみを使用します。

グリーンスムージーは、生の葉野菜とフルーツ、水をミキサーなどでスムージー状にしたドリンクで、栄養価が高く、葉の部分に含まれるビタミンA、C、D、E、B、食物繊維やミネラル、アミノ酸などが効率よく吸収できるという理由で人気です。低速ジューサーで繊維を取り除いた野菜ジュースよりも、グリーンスムージーダイエットは栄養価が高く簡単に作れるので続けやすいというメリットもあります。

グリーンスムージーダイエットの効果とは?

グリーンスムージーを行う事でどんな効果が期待できるのでしょうか。グリーンスムージーダイエットは、ダイエット効果だけではなく、食物繊維やミネラルを豊富に含んでいるため、美容にも効果があるとされという事で人気のダイエット方法です。食物繊維が多いダイエットドリンクなので、デトックス効果も期待出来ます。

また、葉野菜に豊富に含まれる酵素は私達の体の中で活性酸素という有害物質を無害なものへ換える効果が期待出来るため、身体の免疫力を高める効果が期待出来るそうです。体が活性化され、新陳代謝が上がることで、太りにくく痩せやすい体質にも変化する効果があります。

グリーンスムージーのダイエット効果に期待!やり方は?

痩せたという口コミのほかにも、嬉しい効果がたくさんのグリーンスムージーダイエットですが、どんなやり方をすれば良いのでしょうか。口コミでは「置き換えダイエット」を取り入れている人が多いようです。1食グリーンスムージーに置き換えてダイエットを行う事で、1日の摂取カロリーを減らすことが出来痩せたという嬉しいクチコミが増えています。

このグリーンスムージーダイエットで「置き換えダイエット」を行って痩せたい場合、グリーンスムージは1日に1~2リットル飲むことがおすすめとされています。痩せたいからと言って、グリーンスムージーを1度の食事で1リットル飲むのではなく、食事の前に飲んだり、おやつ代わりにグリーンスムージーを飲むよう心がけることが痩せたい人にはおすすめです。

グリーンスムージーダイエットはいつやるのが効果的?

痩せたい人がグリーンスムージーダイエットを行う場合、ダイエット効果をアップする時間帯におすすめはあるのでしょうか。グリーンスムージーダイエットに多く含まれるポリフェノールは朝摂取すると紫外線や体内で発生する活性酵素を防ぐとされています。そのため、痩せたい人は朝食の代わりに置き換えダイエットとして取り入れるのがおすすめです。

朝は何かと忙しいので朝食を摂らずに出かけていませんか。そんな人にもグリースムージーダイエットは手軽に作ることができるのでおすすめです。忙しくてもミキサーのスイッチを押すだけで作ることができるので簡単でおすすめです。特に、グリーンスムージーダイエットは空腹時に飲むことが推奨されています。グリーンスムージーを摂取した後の40分から1時間は何も摂取しないほうが効果的ともされています。グリーンスムージーダイエットの効果をより高いものにするためには朝食がおすすめというわけです!

何故グリーンスムージーは空腹時に摂ると良いとされているのでしょうか。空腹の時、私達の身体は血液中のブドウ糖が少ない「低血糖」状態です。食事を摂ると、血糖値が上昇します。その血糖値の上昇を抑えるためにすい臓から「インスリン」が分泌されます。血糖の多くは体のエネルギーとして消費されますが、インスリンは身体の中で血糖の余った糖を体脂肪に変える働きがあります。要するに、空腹時に血糖値を急激に上昇させる食べ物を摂取すると血糖値が上昇し、糖を脂肪として蓄えるようになります。これによって人は太るのです。グリーンスムージーダイエットのグリーンスムージーは血糖値の上昇が緩やかなので、空腹時に摂取すると痩せやすい体に変えていってくれるのです。

グリーンスムージーダイエット効果アップの注意点は?

グリーンスムージーダイエットを行う際に注意したい事はどんなことでしょうか。グリーンスムージーに使用する果物は、実よりも皮の部分に多くの栄養を含んでいます。そのため、グリーンスムージーに使用するりんごや桃、みかんの薄皮などは剥かずにそのままミキサーに入れる事をおすすめします。その場合、できるだけ無農薬の果物を使用するようにしましょう。

また、グリーンスムージーに使用する野菜や果物は冷蔵庫から出した詰めたいままの物を使用せず、まず常温にもどしてから使用するようにしましょう。冷蔵庫に保存していた野菜や果物は冷えているため、スムージーも冷たくなってしまいます冷たい飲み物は内蔵を冷やしてしまい、便秘などの症状に繋がり痩せたい人には逆効果が出る事もあります。果物や野菜は常温に戻してスムージーを作る事をおすすめします。

グリーンスムージーダイエットはミキサーで作るべし!

グリーンスムージーを作る際、知っておきたいのがミキサーとジューサーの違いです。グリーンスムージーダイエットレシピの作り方は簡単です。スムージーといっても作り方は様々なのですが、ミキサーは、ミキサーの容器に野菜や果物を切って投入する作り方をします。野菜や果物を丸ごと砕いてグリーンスムージーを作ることが出来ます。ミキサーでは、野菜や果物の食物繊維がまるごと食べられるのが特徴です。

ではジューサーとは何でしょうか。ジューサーとは、容器に投入した野菜や果物を砕き、果肉と汁を分離させる機械です。ジューサーで作るグリーンスムージーは水分を一切入れないので、野菜その物の水分で作る100%ジュースになるというわけです。野菜や果物の食感をあまり味わいたくない人にはジューサーがおすすめですが、グリーンスムージーとしての栄養価が高いのは、野菜や果物そのものを摂取できるミキサーで作ったグリーンスムージーになります。食物繊維を豊富に丸ごと摂れるミキサーの作り方の方がグリーンスムージーにはおすすめです。

グリーンスムージーダイエット効果半減?入れてはいけない野菜は?

野菜その物の栄養や食物繊維を豊富に摂る事ができグリーンスムージーダイエットには様々な葉野菜を使った作り方が紹介されていますが、葉野菜や果物以外にもグリーンスムージーダイエットでたくさん栄養が摂りたい!という人の中には様々な野菜を入れた作り方をしている人も見かけます。しかし実は、グリーンスムージーの作り方にあまりおすすめ出来ない野菜もあるんです。

グリーンスムージーには葉野菜の他に味を調えるために多くの果物を入れた作り方が主流です。そんな果物は、でんぷん質を多く含む野菜とあまり相性が良くないのをご存知ですか。特ににんじんはでんぷん質の多い野菜として知られています。にんじんのようにでんぷん質の多い野菜と果物は相性が良くないので、腸内でガスを発生しやすくするデメリットがあるそうです。グリーンスムージーを作る際は葉野菜と果物で作るレシピの作り方をおすすめします。

野菜が苦手な人に!グリーンスムージーダイエットの効果抜群レシピ!

どんなに体に良い、ダイエットの効果が期待できると聞いても野菜が苦手な人にはグリーンスムージーダイエットは向いていないのでは?と疑問に思う人もいるかもしれません。しかし、野菜が苦手だからこそグリーンスムージーダイエットを取り入れるべきなんです!なぜなら、グリーンスムージーダイエットなら野菜その物の味や食感を失くして野菜の栄養を摂取することができるからです!

野菜が苦手な人におすすめのグリーンスムージーダイエットレシピがあります。グリーンスムージーには葉野菜と果物を使用します。グリーンスムージーダイエットに入れる野菜の味を隠すためには、果物を6割、野菜を4割の比率で入れる事をおすすめします。野菜と果物を4:6の割合で入れたグリーンスムージーは、野菜本来の苦味などが消え、野菜が苦手な人でも飲みやすい味になります。

効果に期待!基本のグリーンスムージーダイエットレシピ!

まずはグリーンスムージーダイエットの基本的な分量や材料を理解しましょう。葉野菜で使いやすいものの一つにほうれん草があります。最近では、サラダ用ほうれん草という名前で苦味や渋みの少ないほうれん草も多く販売されています。野菜が苦手な人はそのようなほうれん草を使うと良いかもしれません。

基本のグリーンスムージーダイエットレシピです。材料は一人分ですバナナ1本、りんご 1/2個、ほうれん草1~2株、水大匙2ほど。加減をみて水を加えましょう。飲みやすくするためにレモンを数的入れると良いですよ。あまりどろどろ缶が好みではない場合は水の量を増やすと飲みやすいでしょう。

グリーンスムージーダイエット初心者におすすめレシピ!

グリーンスムージーと聞くと緑色の野菜匂いがするドリンクを想像しますよね。今回はこれを機会にグリーンスムージーダイエットを初めてみようという人の為により飲みやすい、痩せた!と評判の部リーンスムージーダイエットレシピを紹介していきます。お伝えした通り、グリーンスムージーダイエットは継続して地道に続けていくことが大切です。劇的なダイエット効果を期待せず、健康なダイエット法として、継続することが大切になってきます。そんなグリーンスムージーダイエットのレシピに入れたいのが葉野菜と果物ですが、やはりクセの少ない野菜をまずは取り入れましょう。

例えば、ビタミンが豊富でクセの少ない小松菜は初めてグリーンスムージーダイエットを始める人におすすめです。小松菜とあわせて入れたいのがカリウムを豊富に含むバナナです。小松菜とバナナのスムージーは、食物繊維を多く含み、便秘解消にも効果が期待できます。更にさっぱりとした味わいにするためのレシピでは、これにレモンやハチミツを入れると飲みやすいでしょう。作り方は簡単です。比率は4:6が理想です!レシピはコップ1杯分で小松菜茎ごと3本分ほどバナナ1本に対して水大匙1で、これをミキサーにかけます。簡単な作り方で出来ますね!小松菜とバナナのスムージーは飲みやすく痩せたというクチコミも多い人気のレシピです。

痩せる効果に期待!青汁の粉でグリーンスムージーダイエットレシピ!

野菜を切ったり保存しておくのが面倒な人におすすめのレシピが市販の青汁系の粉を利用したグリーンスムージーダイエットレシピです。青汁で痩せた。という人もいますが、更にそこに果物を取り入れる事で栄養価アップも期待できます。青汁の粉なら保存に気を使う必要もないし、お手軽です。色々な栄養補給にも期待できますね。

よくスムージーは水で作るべだと言われますが牛乳や豆乳でグリーンスムージーレシピを作ってもダイエット効果は見込めるのでしょうか。牛乳にはたんぱく質とカルシウムが含まれ、豆乳は大豆の汁なので豆乳には女性ホルモン(エストロゲン)に似たイソフラボンが含まれています。この栄養によって野菜や果物の栄養吸収を妨げる働きは無いとされています。よって牛乳や豆乳をグリーンスムージーのレシピに取り入れても問題ないようです。では一人分のレシピです。作り方はミキサーに材料を投入するだけ!青汁の粉1本、バナナ1/2本、りんご1/8個、豆乳か牛乳100ミリリットル。青汁の飲みにくさを和らげてくれるグリーンスムージーダイエットのレシピです。

風邪予防とダイエット効果!グリーンスムージーダイエットレシピ!

季節の変わり目は気温差があったりして風邪をひき易くなります。そんな時におすすめの風邪予防にもダイエット効果にも期待できるグリーンスムージーダイエットレシピです。使用する野菜は小松菜、ばなななど定番の野菜ですがここに乳酸菌飲料やしょうがをプラスすると風邪予防やダイエット効果がアップするそうです。

ダイエット効果と風邪予防にも効果が期待できるグリーンスムージーダイエットレシピです。レシピは一人分です。小松菜1~2株、しょうが1かけ、りんご1/4個、ばなな1本、乳酸菌飲料50ml、甘さをプラスしたい人は、はちみつをお好みでプラスしてください。しょうがは血行を良くする働きもありますし、ダイエット効果の他にも、冷え性改善にも効果が期待できますね。

美肌効果にも期待!グリーンスムージーダイエットレシピ!

ダイエットの時は食事制限をしたりすることで肌荒れが気になっている人も多いようです。そんな悩みを解決してくれるグリーン数ージーダイエットレシピをご紹介します。そもそも、グリーンスムージーレシピには野菜や果物がたくさん入っていますが、美肌効果を高めるにはビタミンCを積極的に摂りたいですよね。そこでダイエット効果も美肌効果も期待できる食材がキウイです。キウイは特にゴールドキウイが多くビタミンCを含んでいるし、甘みも強いのでおすすめです。またアボカドも肌の保湿を促してくれるのでダイエットレシピに取り入れたいですね。

では美肌効果やダイエット効果が期待できるグリーンスムージーダイエットレシピです。ダイエットレシピは1人分です。アボガド半分、ちんげん菜2枚、キウイ1個、水250cc、蜂蜜大さじ2です。蜂蜜の代わりにシロップや酵素シロップでも代用できるそうです。ダイエットをしながら美肌にも効果があるなんて女性には嬉しいレシピですね。

グリーンスムージーダイエットで痩せる!効果まとめ

グリーンスムージーダイエットについてご紹介してきました。グリーンスムージーダイエットのメリットとしては、市販の野菜ジュースと違って生の野菜をそのままジュースにして摂取することで熱処理で壊れやすいビタミンなどの栄養をそのまま摂る事ができ、お腹の調子を整えたり、新陳代謝がアップする効果があることが解りました。また、生の野菜が苦手な人には果物の甘みで生の野菜の食感や味を和らげることが出来、ダイエットや健康面にも効果が期待出来るそうです。

グリーンスムージーダイエットの効果をより大きいものにするためにおすすめなのは朝の置き換えダイエットです。グリーンスムージーダイエットはなるべく空腹の時に摂取後は40分から1時間は他の物を口にしないほうが効果的だそうです。空腹時に野菜や果物がたっぷり入ったグリーンスムージーを摂ることで血糖値の上昇を緩やかにし、痩せやすい身体作りが出来ます。今回はほうれん草や小松菜といったスーパーで簡単に手に入る野菜を中心にダイエットレシピを紹介しました。身近な野菜で色々なスムージーを作って、継続して続けられると痩せやすい体を手に入れる事が出来るかもしれません。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-20 時点

新着一覧