鯖・鯖缶の栄養が凄い!美肌効果やダイエット効果も期待できると話題

鯖・鯖缶はタンパク質豊富で栄養満点だと話題です。鯖缶に秘められたタンパク質や栄養、そしてダイエット効果を調査。他にも毎日鯖缶を美味しく食べるコツや鯖缶を使ったレシピもご紹介。美肌効果やダイエット効果も期待できる栄養豊富な鯖缶についてまとめました。

鯖・鯖缶の栄養が凄い!美肌効果やダイエット効果も期待できると話題

目次

  1. 鯖・鯖缶には栄養が豊富。良質なタンパク質がとれる!
  2. 鯖の生態と栄養素
  3. 鯖・鯖缶に含まれる栄養素にはダイエット・美肌効果?
  4. 鯖・鯖缶の不飽和脂肪酸は毎日とりたい栄養素
  5. 鯖と比べる鯖缶のメリット
  6. 水煮の鯖缶に栄養は残っているの?
  7. 良質なタンパク質と栄養の鯖缶、実はローカロリー?
  8. 栄養豊富な鯖缶はジャンクフードではありません!
  9. 鯖缶の栄養って具体的にはどのくらい?
  10. 鯖・鯖缶の栄養と美肌・ダイエット効果に関するまとめ

鯖・鯖缶には栄養が豊富。良質なタンパク質がとれる!

焼いてよし、煮てよし、鯖節にしてもよし、寿司にしてもよしと万能な魚の鯖。日本だけでなく世界中で食べられていて、鯖は食用魚の中では代表的な存在です。

日本では太平洋で水揚げされる秋鯖と九州地方で水揚げされる寒鯖が有名です。一年の半分で旬の鯖を楽しめるだけあって、鯖は日本人にはとても馴染み深い魚といえるでしょう。

日本人の鯖好きは年二回の旬だけでは飽き足らず、鯖は鯖缶としても日常的に消費されています。もはや日本人にとって鯖は毎日食べたいソウルフードといっても過言ではないのかもしれません。

鯖は価格が安価で栄養が豊富。グラム当たりのタンパク質もたいへん多く、栄養や脂質やタンパク質の摂取量を気にしながらダイエットをする人には効果的な食材としても知られています。健康志向の人にも、毎日の鯖や鯖缶はとても心強い味方となってくれるようです。

鯖の生態と栄養素

鯖というのは鱸(スズキ)目の鯖亜目鯖科鯖属に属する魚の総称です。日本で鯖の漁獲は茨城、長崎、静岡が多く、ブランド物としては高知の「清水鯖」、大分の「関鯖」、神奈川の「松輪」などが脂や栄養が豊富だとして有名です。

真鯖と胡麻鯖の全長は約50cmほどで、暖流を好む回遊魚としても知られています。春に北上し、秋になると南下するので、食通や釣り好きの人たちにとって鯖の回遊は季語のようなものかもしれません。また、栄養豊富な鯖だけあって、マグロやサワラなどの大型肉食魚の好物でもあるようです。

日本の近海には真鯖、胡麻鯖、グルクマ、二条鯖という4種類の鯖が生息しています。一般的に市場で見かけられるものとしましては、国産の真鯖と胡麻鯖、そして品質の安定性で知られる輸入物のノルウェー鯖(大西洋鯖)の三種類です。

栄養満点でも足が早い鯖は鯖缶に!

良質なタンパク質を持ち栄養も満点な鯖ですが、残念なことに鮮度の低下が早くて傷みやすいという欠点も有名。鯖は足の早い魚の代名詞として呼ばれることもあります。

鮮度の落ちやすい鯖の味や栄養を落とさずどうやって安全に毎日楽しむかという点で、日本人は昔から苦心してきました。伝統的な調理法のひとつ「しめ鯖」は傷みやすい鯖に対しての効果的な調理方法ですが、現在では鯖を水煮したものを缶詰にする、いわゆる「鯖缶」が鯖の長期保存として有名です。

鯖で気をつけたい栄養成分「ヒスチジン」

栄養素の「ヒスチジン」はアミノ酸の一種で、身体のタンパク質にとっては非常に重要な栄養成分です。この栄養素は鯖に豊富に含まれているのですが、このヒスチジンは体質によってはアレルギー源のヒスタミンを生じさせやすいために注意しなければなりません。

ヒスタミンは体内のタンパク質と結びついてアレルギー反応を生じさせます。鯖を食べて身体がかゆくなった、赤くなった、蕁麻疹が出たなどの症状が出た場合には、アレルギーだと疑ってかからなければなりません。栄養豊富な鯖や鯖缶とはいえ、体質に合わない人は控えたほうがよさそうです。

鯖・鯖缶に含まれる栄養素にはダイエット・美肌効果?

鯖や鯖缶の栄養素は安価な魚としては目を見張るものがあります。実は鯖という魚は美容や美肌に嬉しく、ダイエットにも最適な栄養を含んだ食材なのです。ここでは鯖や鯖缶に含まれる栄養についてご紹介していきます。

鯖の栄養と効能

鯖の栄養によって得られる効果は多岐にわたります。鯖の栄養は高血圧や動脈硬化を予防し、ボケにくくしてくれて、目を疲れにくくし、体力までつけてくれます。それらの効果は鯖に含まれる良質な脂質とタンパク質、栄養素のビタミンB群、ビタミンDやタウリンといった栄養素の働きによるものです。

さらに鯖の背骨の近くは鉄分などの栄養素が豊富ですから、貧血予防や疲労回復も期待できます。毎日の生活に欠かせない栄養が豊富に含まれている、栄養の宝庫のような食材なのです。

血流が良くなると目の下にできるクマやシミを撃退してくれます。さらに血液によって全身に栄養素や水分が運ばれるため、肌の新陳代謝が高まり、肌トラブルの予防や美白効果も期待できるわけです。

鯖・鯖缶の不飽和脂肪酸は毎日とりたい栄養素

鯖には不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪が多く含まれていることは、最近ではよく知られるようになってきました。DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といった鯖の不飽和脂肪酸は「オメガ3脂肪酸」といわれ、毎日の健康を気にする人には要注目の栄養素です。

鯖の持つこれら不飽和脂肪酸は血中のコレステロールや中性脂肪を減らし、血流を良くしてくれる効果が期待できます。この効果が動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の予防になるのはもちろんのこと、血流が良くなることによってダイエットや健康促進など様々な副次的効果も期待できます。

鯖と比べる鯖缶のメリット

足の早い鯖を毎日食べるのは、保存を考えるとけっこう大変だったりします。切り身にしてしまえばあまり持ちませんし、成魚は冷蔵庫にいれるには大きく、なによりとても生臭いから他の食材に臭いがうつってしまいます。

そこでおすすめなのが鯖缶です。鯖缶ならば臭いも気になりませんし、保存するスペースも最小限で済みます。鯖缶ですと常温保存も可能で、なにより食べるときには鯖缶をそのまま出してもいいですし、調理するときも鯖缶を開けて中身を取り出すだけととても手軽です。

水煮の鯖缶に栄養は残っているの?

鯖缶のほとんどは水煮した鯖です。処理されていると栄養素が失われてしまうのではと心配になる方もいるのでしょうが、栄養価としてみた場合には普通の鯖と鯖缶で栄養素に大きな差異は認められません。それどころか真空状態で処理される鯖缶は、家庭で調理するよりも栄養の損失が少ない場合さえあります。

栄養豊富な鯖缶ですが、一日一缶食べることで厚生労働省が定めた栄養目標である「DHAおよびEPAの目標摂取量を1日1g以上が望ましい」というものをクリアすることができます。毎日必要な栄養素は鯖缶一つに十分含まれているということですね。

良質なタンパク質と栄養の鯖缶、実はローカロリー?

良質なタンパク質と豊富な栄養素と聞くと、やはりカロリーも高いのではないかと気になる方もいるかもしれません。しかしダイエットのお供としても用いられるほど、鯖や鯖缶は栄養価に対してのカロリーが低いようです。つまり、低カロリーでたくさんの栄養をとることができます。

栄養とカロリーを考えたときには水煮の鯖缶を選びたいですが、味噌煮の鯖缶であってもそれほどカロリーは増えないようです。カロリーや栄養価を気にしながらダイエットする方であっても、精神の栄養という意味でもたまには味噌煮の鯖缶を選んでも大丈夫ではないでしょうか。

栄養豊富な鯖缶はジャンクフードではありません!

鯖缶には豊富な栄養が含まれていることはお分かりいただけたかと思います。缶詰というとジャンクフード、手抜きだというイメージをもたれがちですが、栄養面でみればむしろ鯖缶は鯖そのものよりも魅力的かもしれない食材なのです。

鯖缶を料理の材料として使う際の最大の魅力は、なんといっても煮る必要がないことにあります。先にも書きましたが、生の鯖のように下ごしらえや煮込む際に栄養が流出してしまう心配もありませんから、料理方法次第では生の鯖を調理するよりも鯖缶を選択したほうが栄養的にプラスとなることでしょう。

鯖缶の栄養って具体的にはどのくらい?

鯖缶に栄養が豊富なのはお分かりいただけたかと思いますが、一般で市販されている鯖の水煮缶を100g食べると具体的にはどのくらいの栄養がとれるのでしょうか。

鯖缶100gで取れる栄養素と一日の推奨栄養摂取量を比較した際に目を引くのが、やはりビタミンB12とビタミンD、そしてDHAです。これらは一日に推奨されている栄養摂取量に対して100%以上の数値ですので、鯖缶100gで一日に必要な栄養がとれるということになります。

そしてビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、ナイアシン、タンパク質、脂質、カルシウム、亜鉛、銅、リンも、鯖缶100gで一日の推奨栄養摂取量の20%~40%を取れるようです。

もちろん食事というのはバランスが大切ですから、「それでは毎日、鯖缶を300g食べよう」などと考えてはいけません。ですので他の食材と並行しながら毎日100gほどの鯖缶を食べることが、健康的な生活をサポートしてくれるのではないでしょうか。

鯖・鯖缶の栄養と美肌・ダイエット効果に関するまとめ

鯖と鯖缶の栄養素や、鯖のもたらしてくれる美肌・ダイエットに効果的な栄養に関するまとめは以上となります。身体の血流を改善してくれる栄養素を含んだ鯖は、万病を予防してくれるとても健康的な食材のようです。

お値段が手ごろで栄養も豊富な鯖は魅力たっぷりな食材。さらに生の鯖だけでなく鯖缶であっても栄養素が失われないのはたいへん魅力的です。ぜひとも毎日の食事に取り入れたい食材ですね。

気になる鯖缶情報はこちら

Thumb【ラ・カンティーヌ】ギフトにぴったりな鯖缶!取扱店やレシピまでご紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-07-02 時点

新着一覧