「寂しい」と「淋しい」の違いは何?使い分けの方法まとめ!正しい意味は?

「寂しい」と「淋しい」の違いはどこにあるか知っていますか?両方とも悲しいときに使う言葉ですが、使い方に明確な違いがあります。また、読み方も「寂しい」「淋しい」それぞれが、「さびしい」と「さみしい」のどちらとも読めます。それらの違いを詳しくご説明します。

「寂しい」と「淋しい」の違いは何?使い分けの方法まとめ!正しい意味は?

目次

  1. 「寂しい」と「淋しい」使い方の違い
  2. 「寂しい」と「淋しい」の読み方の違い
  3. 漢字の由来「寂しい」
  4. 漢字の由来「淋しい」
  5. 「寂しい」と「淋しい」の成り立ちの違いとは
  6. 「寂しい」と「淋しい」のイメージの違い
  7. 口語による「さびしい」と「さみしい」の違いと使い分け
  8. 漢字で使う「さびしい」と「さみしい」の違い
  9. 「寂しい」と「淋しい」の利用例と違い
  10. 「寂しい」と「淋しい」に間違いはないかも

「寂しい」と「淋しい」使い方の違い

「寂しい」と「淋しい」には「さびしい」や「さみしい」という読み方に違いがあるようです。使い方に違いがあるのでしょうか。なぜこのように複数の変換ができたのでしょうか。その場合どの点に違いが出てくるのか調べてみました。

私、「さみしい」です。この時、どんな漢字が当てはまるでしょうか。情景や場面によって使い分けが違うかもしれません。どんな違いがあるのか見ていきましょう。

「寂しい」と「淋しい」は悲しさを伝える言葉です。漢字やひらがなでも違いを詳しく見ていきましょう。ちなみに、うさぎが「さびしいと死ぬ」のは嘘のようです。野生のうさぎは単独で動くことが多いです。

草食動物なので肉食動物から攻撃されないようにするため、病気やケガを隠すという特性があるそうです。うさぎを飼う場合、気づかないうちにうさぎの体調が悪くなっていることもあるそうです。生物学的にも「さびしいから死ぬ」ということは考えにくいようです。

「寂しい」と「淋しい」の読み方の違い

「寂しい」の漢字、「寂」の音読みでは「セキ」と「ジャク」の2つがあります。訓読みでは「さびしい」と「さびれる」です。部首はウ冠です。対して、「淋」の音読みは「リン」ですが、常用漢字ではないので訓読みがないようです。部首はサンズイです。明確な違いがあります。

しかし、平仮名で検索すると「寂しい」と「淋しい」の両方が出てきます。この時点では使い分けが不明瞭なようです。この場合、書き言葉としては、両方とも合っていると言えそうですが、口語としてどのような違いや使い分けがあるのでしょうか。

漢字の由来「寂しい」

「寂しい」の字には「静寂が包む」という熟語があります。取り巻く状態空気をイメージさせる言葉です。もの悲しさが表現されています。

人の情景、集まった人たちの状態、人の気配や空気など「人や物」に関わる言葉で、あったものがなくなった状態と言えそうです。

漢字「寂」の「叔」は、細かく小さい意味があり、「寂」は「家」+「叔」で、家の中の人声が細かく小さくなったさまを表す。

漢字の由来「淋しい」

日本語の常用漢字としてはなく、中国語の簡体です。ピンイン【lin】と読み、使われています。アイスクリームなど、「水に流れる」という概念が使われているそうです。実際も現在、中国語で使われています。

漢字の源流である中国語で使っている漢字もあるようですね。常用漢字として記されていなくても日本語として利用されている場面があります。また、同じ漢字でも中国語と日本語で違う意味の漢字もあるので、調べて使うのが良いでしょう。

「淋」の「林」は、木立が続くところから、絶え間なく続くといういみがあり、「淋」は「水」+「林」で、絶え間なく汁がしたたることを表す。

「寂しい」と「淋しい」の成り立ちの違いとは

両方の共通のイメージとして、「静寂が流れる」にある流れや、「淋漓(りんり)」というしたたりながれるさまというものがあり、流れるものという概念があるそうです。

漢字の利用例としては、「静寂が流れる」というにぎやかだった場所が静かに寂しくなる様子を表します。また、「墨痕淋漓」という四字熟語で使われます。これは毛筆で書いた墨汁の様子がみずみずしく、きれいだという意味です。

また、熟語を調べると「物寂しい」や「物淋しい」と両方の言葉が載っている辞典のサイトもあります。また、「人寂しい」や「人淋しい」があり、文学作品からの引用をすることで、同じ使い方と判断するサイトもあるようです。

「寂しい」と「淋しい」のイメージの違い

「寂しい」の違いと使い分け

人形浄瑠璃である「曾根崎心中」の冒頭、最後の部分に「寂滅為楽(じゃくめついらく)」という仏教用語が出てきます。そこからも相当古くから使われている漢字だとわかります。

「寂」の字は、江戸時代にすでに使われている漢字です。この写真では、人形浄瑠璃で有名な「曾根崎心中」の登場人物の徳兵衛とお初です。恋物語にあやかった絵馬がハートの形が縁結びグッズになっています。

「淋しい」の違いと使い分け

風林火山の中で「徐(しず)かなること林の如く」という文の意味が含まれているもしれません。「淋」の部首はサンズイですので、右の「林」の部分に意味が含まれます。

「淋しい」の林という字には静かな状態、さみしい状態とかかわりが深いように思えます。日本文化の「わびさび」のもののあわれと通じるところがあるのかもしれません。

中国語と日本語の違い

学習の面や旅行先での筆談などで、注意が必要のようです。漢字を使っていくうちに変わったり、生活様式によって使い勝手の良いように変わったのでしょうか。興味深い例です。

漢字の起こりは中国で「音読み」の起源となっていますが、日本でも独自の意味が足されています。訓読です。時代による流行や廃りがおこり、省略や付加が緩やかに行われることで、違いが出てきたようです。その違いが明確に起こっていない場合もあるのも当然かもしれません。

日本語として使っている漢字と読み方が中国語で上記のつぶやきのような違いができ、違った意味になっています。習慣で使っているものも、知らず知らずの間に変化している漢字もあるかもしれません。辞典のみならず、インターネットで使われ方の調査をするのも良いかもしれませんね。

口語による「さびしい」と「さみしい」の違いと使い分け

「さびしい」の方が、鎌倉時代から登場しているようです。「さみしい」の方は、江戸時代から出てきました。時代背景に違いがあります。しかしこの時点では、どちらの言い方も正しいと思えます。違いはどこにあるのでしょうか?

発音の違いで「さみしい」と「さびしい」があるだけなら、口語で言うときや書くときに、使い分けに違いが必要でしょうか?言葉の響きで印象が変わると言われます。2つの場合はどう違いが出るのでしょうか。

心や身体など感覚的な違いで使い分けや違いがでるようです。お悔やみの言葉では、「さびしくなります」や「さみしいです」など両方が使われて、違いがない印象です。

一応の定義はあるものの、「さびしい」と「さみしい」の使い方が間違いであるという明確な使い方と違いはないように感じます。「寂しい」と「淋しい」の使い分けや違いに混乱が起こるのも無理はないでしょう。例文で実際に使い方と違いを見てみましょう。

漢字で使う「さびしい」と「さみしい」の違い

おおまかにわけて3つ、使い方の違いがあるようです。違いを例文とイメージ画像でそれぞれご紹介します。

「ここに飼い主がいなくて寂しい(淋しい)。」など存在した人や物、いてほしい人や物がない状態を指します。

「一人で暮らしていると寂しい(淋しい)。」心細いなど心情を表すときに使います。「寂しい(淋しい)生活を送る」など、今まであったものがない状態は、上記の意味と通じるところがありそうです。

人気がない状態です。「街並みが寂しい(淋しい)」や「寂しい(淋しい)夜道」など、人や物以外にも情景をさすこともあります。

どちらとも違いがなく使えるようですが、特別なこだわりがない限り常用漢字の「寂」を使った方が、良いかもしれません。特に教科書を使う場合です。調べている印象だと、「淋」の字を目にする機会が少ない印象でした。

「寂しい」と「淋しい」の利用例と違い

「淋」の字での利用例は、「淋しい熱帯魚」という曲名で使われています。昭和の歌で、文学的な使い方を意図して使っているように思われます。もし「淋しい」ではなく、「寂しい熱帯魚」とタイトルになれば、水槽の中の熱帯魚が少ないという意味にもとれるかもしれません。

日本では「淋」の字が、「淋しい熱帯魚」という曲名で使われたり、一部の文学作品で使われています。総じて、「さびしい」と「さみしい」では、の漢字変換では「淋」は使われにくい漢字のようです。

Thumb相田翔子の旦那は相澤宏光!職業は麻酔医師?創価学会に加入?

「寂しい」と「淋しい」に間違いはないかも

人とお別れして悲しい時や、しばらく会えないと実感したときにに「寂しい」と使われています。一般的な使い方でしょうかよく見かけます。

「淋しい」も数が少ないですが、使われているつぶやきがありました。心情的なさびしさであるなら、「淋しい」でも間違いだとは言えないと思われます。柔軟性があるのが漢字の特性なのかもしれません。

「淋しい」はことわざや文学作品に出るようです。翻訳者により「さびしい」や「さみしい」など変わるかもしれませんが意味は通じますね。翻訳するときに迷うかもしれません。文学作品であるかどうかが、「寂しい」か「淋しい」のどちらにするか決める要素なのかもしれません。

辞書やサイトにおいて、詳細な使い分けがされているものの、実際の使い方を見ると、確実に間違いといった違いはないのかもしれません。しかし、成り立ちや概念には明確な違いが見られます。実際に言葉は使っていくうちに合わさり変化していくため、明確な線引きが難しいものもあるのだと思います。

もっと漢字の語源の意味を知りたいあなたへ

Thumbだるいの意味・語源まとめ!漢字の書き方が2種類あるって知ってた?
Thumb「すべからく」の意味と正しい使い方まとめ!【誤用しやすい日本語】
Thumb甲斐性がある男とは一体どういう男性?言葉の意味や語源を調査!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-15 時点

新着一覧