コーヒーを飲むと腹痛になる?胃が痛くなる原因と対処法を徹底調査!

コーヒーを飲むと腹痛や胃が痛いなどの症状を起こすかたは少なくないようです。カフェイン過剰摂取以外にもコーヒーの成分により腹痛や胃痛を起こしてしまうこともあるようです。そんなコーヒーによる腹痛の主な原因は何か、対処法や治し方などについてもご紹介していきます。

コーヒーを飲むと腹痛になる?胃が痛くなる原因と対処法を徹底調査!

目次

  1. コーヒーを飲むと腹痛や胃が痛くなる原因とは
  2. コーヒーを飲むと腹痛がするのはカフェインが原因?
  3. コーヒーは腹痛だけじゃない!胃にも影響がある?
  4. コーヒーに含まれるタンニンも腹痛の原因かも
  5. コーヒーからくる腹痛は食品アレルギーも関係している?
  6. コーヒーによる腹痛の際の簡単対処法は反時計まわりマッサージ
  7. コーヒーによる腹痛や胃の痛みの治し方にはムチンが効果的
  8. コーヒーを飲み過ぎて腹痛が起きたらディカフェ対処法もあり?
  9. コーヒーによる腹痛や胃の痛みが気になったら気をつけること
  10. コーヒーによる腹痛は原因を知り摂取量コントロールも大切

コーヒーを飲むと腹痛や胃が痛くなる原因とは

コーヒーを飲むと腹痛を起こしたり、胃が痛くなったりするかたは少なくないようです。毎日、お仕事の集中力を高めるためにコーヒーを飲むかたもいれば、おやつの時間に一息入れながらコーヒーを楽しまれるかたもいらっしゃいます。

でも、コーヒーを飲み過ぎてしまったり、コーヒー豆が酸化していたりすると美味しいコーヒーも腹痛などの原因を招いてしまうと言われています。対処法や治し方もある程度知っておくと、コーヒーによる急な腹痛や胃痛にも対処していけるでしょう。

コーヒーを飲むと腹痛がするのはカフェインが原因?

コーヒーを飲むと腹痛がしてしまうのはカフェインが、まず原因のひとつと考えられるようです。

コーヒーのカフェイン含有量はそこまで多くない?

コーヒーによる腹痛は、カフェインが原因のひとつと考えられるといわれていますが、一体コーヒーにはどれくらいカフェインが含まれているのでしょうか。

カフェインが含まれている飲み物は、コーヒー以外にも、緑茶や紅茶などお茶類も多いです。ただ、イメージ的にコーヒーはカフェインが含まれている飲み物のなかでも最もカフェイン含有量が多いと思われがちですが違うようです。

以外にも、玉露には、コーヒーの含有量60mgに対し、160mgとコーヒーの約3倍弱のカフェインが含まれているようです。玉露を出したからには、煎茶はどうなのかとなると20mgとかなり低めのカフェイン含有量となっています。ちなみに、紅茶は30mgと少し煎茶に比べて多めになっています。

こういった数値からみて、カフェインが入っているお茶類を飲んでもあまり腹痛などを起こさないのはカフェインの含有量がコーヒーよりもかなり低くなっているというのも理由のひとつといえるでしょう。

コーヒーによる腹痛が原因とされるカフェインにはどんな働きがある?

コーヒーによる腹痛が原因とされるカフェインには、どんな働きがあるのかも知っておきましょう。コーヒーに含まれるカフェインには、眠気を覚ますような覚醒作用もあり、疲労回復効果やリラクゼーション効果などもあるため、仕事や勉強に集中したいというときにコーヒーを飲むかたも多いです。

また、利尿作用や運動1時間くらい前に飲むことでダイエット効果にもつながるともいわれています。こういった作用を知ってしまうと、ついコーヒーを飲み過ぎてしまうことも多いといわれています。ダイエット中に効果的なカフェインの強いお茶を飲んでいる場合も、コーヒーと合わせた摂取量をみるとカフェインが過剰摂取してしまっているという場合もあるようです。

Thumbシナモンコーヒーのおすすめレシピ!人気の理由とその効果とは?

コーヒーは腹痛だけじゃない!胃にも影響がある?

コーヒーは、腹痛だけではなく胃にも負担をかけてしまうことがあるといわれています。それには、コーヒーに含まれる成分「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種である成分の分泌も関係してくるようです。

クロロゲン酸による胃酸の分泌による症状

コーヒーに含まれているクロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で決して悪い成分ではなく、抗酸化作用でアンチエイジング効果や、中性脂肪を減らす効果も期待され、抗がん作用もあるといわれています。

でも、このクロロゲン酸は胃酸の分泌を活発化させてしまいそれによって胃が痛む症状をおこしてしまう原因に導いてしまうこともあるといわれています。

コーヒーに含まれるタンニンも腹痛の原因かも

コーヒーによる腹痛から下痢を起こしてしまうこともあるといわれています。腹痛だけではなく、下痢などの症状を起こしてしまう原因は、コーヒーに含まれるタンニンという成分が原因であると考えられるようです。コーヒーを飲むとお腹がぐるぐるしてきたというかたもいらっしゃいますが、これはタンニンの影響なのかもしれません。

タンニンもポリフェノールの一種であり、摂取量に寄っては下痢の対処法としても効果を発揮してくれる成分でもあるといわれています。でも、コーヒーを飲み過ぎてしまうことにより、タンニンの過剰摂取となってしまうと腹痛だけではなく下痢まで起こしてしまうといわれています。

コーヒーからくる腹痛は食品アレルギーも関係している?

コーヒーからくる腹痛は、食品アレルギーも原因のひとつとして考えられています。幼少の頃になかった食品アレルギーでも、時間をかけて食品アレルギーに変わってしまうこともあるようです。

そのため、コーヒーにより腹痛や胃痛が気になる場合は、コーヒーにアレルギー反応を起こしてしまっていることも考えられるといわれています。対処法や治し方としては、やはり専門医に一度診てもらってコーヒーに対してアレルギーがないか検査するのがベストでしょう。コーヒーにアレルギーを持つかたのなかには、腹痛や下痢を始め、じんましん、肌トラブル、震え、頭痛などもあるといわれています。

なかには、アレルギーではなく、コーヒーを飲み過ぎてカフェイン中毒になってしまい、震えや吐き気などを引き起こすこともあるといわれていますので気をつけましょう。

コーヒーによる腹痛の際の簡単対処法は反時計まわりマッサージ

コーヒーによる腹痛の際に、簡単なマッサージで出来る対処法があるようです。お仕事中でも簡単にできるので、万が一の時のために覚えておくといいでしょう。

腹痛が起きたら、まずコーヒーは暫く飲まないようにして、お腹を反時計まわりにゆっくりといたわるようにしてマッサージしてあげましょう。こうすることで、腹痛が和らぐといわれています。

コーヒーによる腹痛や胃の痛みの治し方にはムチンが効果的

カフェインが必要で、知らぬ間にコーヒーを何杯も飲んでしまい腹痛や胃の痛みが気になるという時の治し方には、ムチンという成分が含まれるものを食べると効果的といわれています。

このムチンという成分は、オクラのような粘り気のある野菜に多く、納豆や山芋などもおすすめされています。職場で納豆は臭うから嫌だというかたでも、帰宅してから食べておくと良いでしょう。

コーヒーによる腹痛や胃の痛みなどを感じると、つい食事などは控えてしまいがちになりますが逆に粘り気のある食べ物を摂取する治し方で楽になるなら食べたほうが良いといわれています。

Thumbカフェインの効果は眠気が覚める以外にどんな効果が期待できるのか?

コーヒーを飲み過ぎて腹痛が起きたらディカフェ対処法もあり?

コーヒーは、世界中でも大人気で毎日飲んでいらっしゃるかたが大半といわれています。世界のカフェもカフェインに関しても敏感になってきているようです。コーヒーを飲み過ぎて腹痛が起きてしまったけど、でもコーヒーがやめられないというかたにとっては嬉しい朗報でしょう。

ディカフェ対処法をすることで、カフェインの心配もせずにコーヒーを楽しめる時代がきたようです。あのスターバックスでもディカフェのコーヒーがあるか尋ねてみると、スタッフさんが丁寧にディカフェのコーヒーを紹介してくれるようです。

コーヒーによる腹痛や胃の痛みが気になったら気をつけること

コーヒーによる腹痛や胃の痛みが気になったら、コーヒーの摂取量に注意して、豆をひいてコーヒーを飲んでいるかたは、酸化していないどうかチェックするのも必要といわれています。そして、吐き気なども感じてしまった際には、コーヒーではなく水を飲むのも簡単な治し方としてもおすすめされているようです。

コーヒーの摂取量に気をつけて腹痛や胃痛を避ける

カフェインが含まれる飲み物は、コーヒーしか飲まないというかたは、コーヒー6杯ほど(妊娠中のかたは3杯くらいといわれています)、カフェインの量にして400mgほどといわれています。ただ、お茶なども飲んでいるというかたは、コーヒーの摂取量も3杯くらいに抑えておいたほうが良いでしょう。

コーヒーを豆から入れている人は酸化に注意

コーヒーを豆から入れているという人は、酸化していないかチェックしておくことも対処法のひとつといわれています。コーヒー豆をひいてから、酸化の速度は上がるともいわれているため、あまりにも酸っぱさを感じたら気をつけたほうが良いそうです。

コーヒーを飲んで腹痛だけではなく吐き気もしてきたら水を飲もう

コーヒーを飲んで腹痛だけではなく、吐き気の症状も現れてしまった場合には、急性カフェイン中毒になってしまった可能性もあるといわれています。

そういった場合には、ミネラルウォーターなど水をたっぷり飲むようにして、カフェイン濃度を薄めてあげましょう。この時、なるべく常温の水を飲むことで胃への負担も軽減できるといわれています。白湯を作る時間があれば、白湯もカラダを温めてくれていたわってくれるため良い対処法になるといわれています。

コーヒーによる腹痛は原因を知り摂取量コントロールも大切

コーヒーによる腹痛は、しっかり原因を突き止めてそれに対する対処法や治し方を試みることが大切のようです。そして、カフェインの過剰摂取などからも様々な症状が現れる恐れがあるため、コーヒーの飲み過ぎには注意が必要です。

ディカフェのようにカフェインが除去されているコーヒーも多く出てきているようなので、コーヒーによる腹痛や胃痛などにお悩みだけどコーヒーがやめられないというコーヒーファンのかたは、是非お試しになってみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-25 時点

新着一覧